千と千尋の神隠し 食べるシーン。 千と千尋の神隠しのレビュー・感想・評価

【ジブリ】千と千尋などのご飯シーンが食欲をそそる!

千と千尋の神隠し 食べるシーン

世界中で大ヒットを飛ばしたジブリ映画『千と千尋の神隠し』。 あのプニプニは「台湾グルメの肉圓(バーワン)」だというのである。 だがしかし! 私・沢井メグは思った。 「あのプニプニは私の知ってる肉圓じゃない」と! 気になって調べたところ、衝撃の事実が判明。 結論からいうと、 プニプニは肉圓ではなかった。 繰り返す、プニプニは肉圓ではない!! 詳細は以下のとおりである。 ・お父さんが食べているのは『肉圓』? そもそも『肉圓(バーワン)』とは何なのか? 肉圓とは、台湾のB級グルメで、サツマイモ粉などで作られた皮の中に、豚肉をメインとした餡(あん)が入っているものだ。 調理方法はいくつかあるが、蒸したものは、葛餅みたいに半透明でプルンプルン。 謎のプニプニっぽいと言えなくもない。 だがしかし! 肉圓の皮にはそれなりに厚みがあり、お箸で持ったところであんなにテロ~ンと伸びたりはしない。 千尋パパみたいに「じゅるッ」とすすって食べるものでもない。 私も年に何度も台湾に行くが、あんな肉圓は見たことない。 念のため、台北出身や台湾通の友人に聞いてみたところ、「(肉圓とは)まったく思わない!」「バーワンってこんなにデローンとならんでしょ」とのことであった。 ……やっぱり怪しい。 ・台湾メディアも疑問視 「謎のプニプニ=肉圓説」が、広く拡散したのは2014年頃だ。 しかし、拡散元となったと思われる日本の記事には根拠が示されていなかった。 その点について、台湾メディア『ET Today』は、このように指摘を入れている。 「九份が日本人観光客に人気なのは、『千と千尋』の舞台だと言われているからだ。 しかし2013年に宮崎監督がインタビューで(九份が舞台であることを)ハッキリと否定している」 「このことから、プニプニが肉圓であるかどうかも、いまだ証明されていないと言えるのだ」 つまり、信憑性が薄いということ。 また、日本の記事では、日本で肉圓が提供されている店が紹介されていたため、「店の宣伝だと疑わない方が難しい」とさえ言っているのだ。 これは手厳しい。 けど……ますます怪しい。 ということで、スタジオジブリの広報に問い合わせてみたぞ! ジブリサイドも、肉圓説がネットで拡散しているのも把握されているそう。 それも踏まえて、とても丁寧な答えが返って来た。 「特定のものではないんですね」 つまり、「特別に肉圓をモデルにしたわけではない」というのだ。 ……違った。 公式の回答は、「謎のプニプニ=肉圓」ではなかったのだ。 では、肉圓説は一体どこから来たのだろう。 また、 宮崎駿監督は台湾に行ったこともないという。 ……そうなのか! 好きな作品なら、「ここが聖地かも!」「これがモデルかも!! 」と想像するのは楽しいもの。 今回の件はそんなワクワクが、一人歩きしてしまった結果だと言えるかもしれない。 参考リンク: 執筆: Photo:Rocketnews24..

次の

「千と千尋の神隠し」食事シーンでお父さんが食べるプニプニは肉圓?ジブリの回答

千と千尋の神隠し 食べるシーン

千と千尋の神隠しで好きなシーン(好きな場面) ・好きな場面は千が泣きながらおにぎりをほおばっているシーンです。 ご飯を食べることによって安心した気持ちと、これからの不安がないまぜになっているのが分かって、見ているほうも悲しくなります。 女性、25歳 ・千と千尋の神隠し好きなシーンは千尋が湯婆婆の双子の姉を尋ねて、カオナシたちと電車に乗っているシーンです。 日が暮れてだんだん心細くなっていくような何とも言えない切なさがありました。 女性、54歳 ・腐れ神だとおもっていた川の神様が「よきかな」と千の頑張りを褒めてくれたシーン。 理由は千尋から千に変わり一生懸命仕事をしていたのが報われ嬉しい気持ちになるため。 女性、33歳 このシーンは地味に味があっていいですよね笑 ・腐れ神が油屋へやって来て、千尋たちのおかげで人間たちに汚された川から本来の河の神様の姿に戻って帰っていくシーン。 女性、30歳 ・湯婆婆に名前を変えられてしまうシーン。 あそこあたりから作品の雰囲気が変わってこれからどんな展開になるのか気になるような面白さが出てくるように感じるか 男性、30歳 ・ハクが千尋におにぎりを作ってきてくれるシーンが好きです。 ハクの優しさを感じるシーンでもあり、それまで千尋が張り詰めて頑張っていたということに心を打たれるシーンで好きです。 女性、21歳 ・ハクが千尋におにぎりをあげ、千尋が大粒の涙を流しながら頬張るシーン。 今まで辛かったのをずっと我慢していたんだな辛かったんだな、と胸がキュウっとなるからです。 女性、35歳 この動画だとアフレコのため完全に雰囲気が壊れてしまっています(笑)が、本篇では本当に感動ですよね。 ・千尋たちがゼニーバの家に行ってゆっくり話をするところ。 なんだかほんわかしてとても和めるシーンだから。 女性、39歳 ・ハクと千尋が最後別れるシーンがとても心に残っています。 あわよくば2人には幸せになってほしかったので、ハクの振り向かないでという場面で何度も胸がつらくなります。 ですがその反面そのシーンが1番好きでもあります。 男性、27歳 千と千尋の神隠しで好きな曲(好きな音楽)の生の声を紹介 ・千と千尋の神隠しで好きな曲は、仕事はつらいよです。 吹奏楽部で曲を吹いたのですが、その時の印象が強く残っています。 御湯屋の雰囲気と途中でカオナシが入ってくるところの音楽が好きです。 女性、25歳 ・やはりエンディングで流れる「いつも何度でも」が一番好きです。 初めて聴いた瞬間に衝撃を受け、すぐさまCDを購入しました。 木村 弓さんの歌声とハープがとても優しく、暖かく、心に響きました 女性、54歳 ・「いつも何度でも」。 千と千尋の神隠しと言ったらこの曲。 この曲を聞くと、心が穏やかになり癒やされるため 女性、33歳 ・いつも何度でも、この作品の内容にぴったりで歌詞は切ないが、未来を見続ける純粋な歌詞が好きです。 柔らかい歌声にも癒されます。 女性、35歳 ・千尋がハクにおにぎりをもらって食べながら泣いているときに流れる音楽が好き。 その音楽と千尋の涙を見てるとなんだか切なくなってくる。 女性、39歳 ・やはり、いつも何度でもです。 これを聞くと、ああ千と千尋だなあとしみじみと思います。 木村弓さんの歌声とハープの奏でる音が本当に綺麗ですごく印象に残るからです。 それにこの曲が流れる度またもう一度視聴してみたいという気持ちにもなれます。 男性、27歳 まとめ 千と千尋の神隠しで好きなシーン(好きな場面)と好きな曲(好きな音楽) ここでは、もののけ姫が好きすぎるファンの方のその好きなところについて生の声を伺いました! 映像の綺麗さから世界感、キャラ自体や声が好きなどさまざまな「好き」が詰まっているのがわかります。 なお、何度みてももののけ姫は面白いので、以下のような映画見放題のネット動画などを活用して、再度たのしむのもいいです。 素晴らしい映画にたくさん触れて毎日の生活をよりたのしんでいきましょう。

次の

千と千尋の神隠しで使われている、あの日の川あの夏へ について...

千と千尋の神隠し 食べるシーン

下記クリックで好きな項目にジャンプ• 映画・千と千尋の神隠しの両親は非常識? 千と千尋の神隠しに登場する千尋の両親は上述したように非常識です。 それは行動であったり、子供の千尋に対しての言動に表れており、観ているこっちが不快に思うほど。 ・狭い山道を車で暴走 ・千尋を車に置いていこうとする ・途中も千尋のことを待たない ・母親が千尋に冷たい ・お店のものを勝手に食べる 千と千尋の神隠しをよく観ている人であれば、この表現だけでどのシーンのことか分かると思います。 両親の言動はとても幼稚で自分勝手なものが多く、観ている人をイラッとさせます。 狭い山道を車で暴走 千尋の父親のクズなセリフとシーンから。 油屋(湯屋)がある世界に迷い込む前に、親子の車は狭い山道を走っていきます。 流石に千尋が「お父さん大丈夫?」と聞くと 「任せとけ、この車は四駆だぞ!」と謎のセリフw 全然話が噛み合っていないこのシーンは、まさにこの 父親の思考力の無さを表現しています。 さらに千尋の父親は何を血迷ったか、さらにスピードを上げて山道を暴走していきます。 これってかなり危ないですよね? 例えばですが、反対から対向車が来たら家族を乗せたまま事故ること間違いなしでしょう。 家族を守るべき大黒柱が、逆に家族を危険にさらすとは何たる醜態。 よく無事に引越し先の近くまで来れたもんです。 千尋を車に置いていこうとする 油屋(湯屋)の世界へと行くトンネルを見つけた後、その不気味な雰囲気に千尋は先へ進むことを拒みます。 千と千尋の神隠しの最初のトンネルのあたりで出てくる像です — Worldplplpl Worldplplpl しかし、父親は自分の感情をコントロールすることが出来ず、どんどん先へ進んでいきます。 さらに嫌がる千尋に対して母親が 「千尋は車の中で待ってなさい」と言い放ちます。 親自身も初めて来た山奥に、自分の子供を1人で置いていこうとするとはまさにクズ親w 本当に千尋が車に残った際に、何かあったらどうするんでしょうか? 慣れている場所ならいざ知らず、初めて来た山奥の車に子供を置いていこうとするとは異常です。 ちなみに千尋が車に残っていたら、この両親は生きて油屋(湯屋)を出ることは出来なかったでしょうね~。 車での留守番を拒んだ千尋に感謝してもらいたいものです。 千尋のことを待たない・気にかけない トンネルに入る際や作りかけの川を渡る際など、千尋の両親は千尋のことを待たないしあまり気にかけません。 中学生や高校生という年齢ならまだこの塩対応も納得出来ますが、千尋はま10歳という年齢。 得体のしれない土地で、小学生の女の子をほとんど気にかけないというのはかなり引っかかる部分です。 作りかけの川を渡るときに父親は母親を受け止めてあげますが、すぐに先に進みます。 で、父親に受け止めて貰った母親は 「千尋、早くしなさい」と淡白に言い放ち旦那を追いかけます。 個人的な考えですが、両親の言動でこのシーンが1番キモいと思っています。 両親は自分の感情をコントロール出来ないためか、子供の千尋を気遣う余裕が感じられません。 子供より 自分優先といった感じがあからさまに出ているシーンだと強く感じます。 全般的に母親は千尋に対して塩対応ですが、 トンネルに入る前の「千尋は車の中で待ってなさい」や、トンネル内での「千尋、そんなにくっつかないで。 歩きにくいわ」などのセリフはとくに冷たく感じます。 怖くて寄ってきた子供に言うセリフではないですよね? しかも、作りかけの川を渡っているときも自分は旦那に受け止めて貰ったくせに、千尋には「千尋、早くしなさい」と言い放ち知らんぷり。 その後も並んで歩こうとする千尋の歩幅に一切合わせようとしないなど、終始千尋に冷たく接しています。 恐らくこの母親自身もこのような塩対応で育てられたため、このような態度を子供にしているんだと思います。 ですが、子供を愛している人からすると、この母親の冷たさは異常と感じるのではないでしょうか? 湯婆婆の坊に対する過保護も子供の成長を妨げますが、この母親の塩対応もかなり悪影響でしょうね。 千と千尋の神隠しの中で両親がお店の食べ物を勝手にガツガツ食べ出すこのシーンがいちばんトラウマ — 水野しほ shihosu320 この行動には驚いた人も沢山いるのではないでしょうか?w 誰もいない店内で「そのうち来たらお金を払えば良いんだから」と肉を食べ始める母親。 千尋が「ねぇ帰ろ、お店の人に怒られるよ!」と正論を言うと、 「大丈夫、お父さんがついているんだから。 カードも財布も持ってるし。 」と、車のとき同様に意味不明な解釈で食べ物を山程に盛る父親。 お金やカードを持っていたとしても、お店側が「売らない」と言えばそれまでです。 なのに、「お金を払えば大丈夫」とか自分勝手にも程があります。 お店側にも食べ物を用意していた事情があるわけですし、それを 勝手に食べだすとは非常識の極みです。 結局豚になり千尋に迷惑をかける非常識なクズ親 山道を暴走し、子供を冷たくあしらって置いてけぼりにし、勝手にお店に陳列しているものを食べ始める千尋の両親。 物語の始まりから散々イキがっておいて、結局豚になるという大失態を犯します。 昨日やっとやっと千と千尋の神隠しを見た訳なんだけど、それはそれは感動した泣けた。 千は勇敢だよ……私なら両親が豚になった時点で失神して物語終了だよ…… — まきっぺ ppxmaki 千尋に少しでも向き合い、耳を傾けていたらこんなヘマは起こさなかったはずです。 普段からの謎の過信や非常識な言動が、自分たちの豚の姿に繋がるなんて思ってもみなかったでしょうね~。 散々自分勝手に行動し、結局は子供の千尋に尻拭いさせるのは親としてどうなんでしょうか? 両親がもう少ししっかりしていれば千尋が恐ろしい目に遭うこともなかったはずです。 それがきっかけで千尋がたくましくなったというのも分かりますが、それは結果論で命懸けの危ない場面も沢山ありました。 豚になった両親をけなげに救おうとする千尋のほうがとても大人に感じますね! こんな両親でも、頑張って最後の試練も超えた千尋に、心の底から感謝してほしいものです。 関連: まとめ 千と千尋の神隠しに登場する千尋の両親はとても非常識です。 ただこれは千と千尋の神隠しに限らず、日常で起こっているものばかりのような気がします。 このような非常識な人間にならないように気をつけて行動していきたいものですね!.

次の