匿名の質問箱 特定したい boxfresh。 BOXFRESH

質問 箱 bot

匿名の質問箱 特定したい boxfresh

「BoxFresh」は、URLをInstagramやTwitterのプロフィールページに貼り付けて、質問を受け付けることができるのは他の質問箱ツールと同様ですが、「BoxFresh」を使用している他のユーザーのフィードが閲覧できることなど独自の機能が用意されています。 BoxFreshの基本的な使い方 ではここから質問箱としての「BoxFresh」の基本的な使い方をご紹介いたします。 これにてBoxFreshのアカウント連携が完了いたしました。 InstagramのプロフィールにBoxFreshのリンクを掲載する方法 Instagram のプロフィールページにBoxFreshのリンクを掲載する方法です。 注意 InstagramでBoxFreshのURLを掲載する時の注意点は、必ず ウェブサイトのところにペーストを行うことです。 Twitterと同じように 自己紹介の欄にURLのペーストを行った場合、問題なくURLを表示させることができますが、タップした時に画面が切り替わらないただのテキスト表示になってしまいますので、必ず ウェブサイトにペーストするようにしましょう。 TwitterへのURL貼り付けは「Web」の欄と「自己紹介」の欄に貼り付けることによって、BoxFresh質問ページに移動する「リンク化」がなされます。 もし、自分が既にホームページなどを所有していて「Web」の欄にはそのサイトへのURLを掲載したい場合、BoxFreshのURLは自己紹介欄に掲載するようにしましょう。 インスタで返答する方法 Instagramでその返答を行う場合は基本的にストーリーズで回答する形になります。 画像保存して独自で質問に答える方法 Instagram の場合ストーリーズではなく通常の投稿で返答画像をアップしたい場合、もしくはその他 SNS で回答を行いたい場合は、質問画像をダウンロードしてから各SNSに投稿することができます。 補足 Instagramで複数アカウントを持っている場合は、 意図しているアカウントに投稿されるか確認が必要です。 Instagramへ移動した時は直近でログインしているInstagramアカウントでの「ストーリー編集画面」となるためです。 BoxFreshの画面・機能解説 ではここからはBoxFreshのアプリにおける各ページの機能や役割を解説していきます。 ここに掲載されている質問は自分宛の質問として回答することもできます。 画面上部では おすすめ 新着 今週 履歴と回答数や注目度で人気の質問を確認することができます。 「質問」ページ 質問ページはいわゆる受信箱です。 自分宛に投稿された質問や、BoxFreshの bot が作成するランダムな質問に対して、こちらのページから返答を行うことが可能です。 ここでは おすすめと 新着にページが分けられており、 注目度や見られた回数などによっておすすめに登場するようになっています。 また、質問を受け取ったユーザー側の画面でも投稿者を特定できる情報は何一つ表示されていません。 もちろんBoxFreshを経由しないコミュニケーションややりとりがあればその限りではなく、質問の内容で投稿者が特定できるような情報は入力しないことが前提となります。 さらに一般のユーザーから投稿された質問か、Botが自動的に投げかけてくる質問かどうかはBoxFreshなアプリ上では判別できません。 純粋にユーザーからの質問を受け付けたい場合はできるだけBotからの質問を削除したいですよね。 そんな時は、以下の判断基準で 「Bot質問である」と考えることができます。 このような質問は実際的には一般のユーザーからの質問ではなく、Botが自動的に表示しているものとなります。 回答直後に受信する質問 またBoxFreshアプリから回答を行った直後に、相次いで質問を受け取る時があります。 それらの質問はBotからの自動配信である可能性が高いです。 なぜなら、今回の検証にて、一度BoxFresh上で回答を行った直後、Instagram・Twitterで掲載中のURLを一時的に削除した際にこのようにいくつかの質問を受け取ったためです。 もちろん、閲覧ユーザーがURLを独自に保存・コピーして質問ページにアクセスし質問を行うことも技術的には可能ですが、通常質問箱のURLを保存することは考えにくいため、これらの質問はBotからの自動質問である、ということが考えられます。 Twitterログインしている場合、「スキップしてはじめる」で再確認 Botの自動質問を見分ける、という目的に対して、やや手間が多いですが、確実に判別する手段は、Twitterログインしている状態から一度ログアウトし スキップしてはじめるで再ログインして再確認する方法です。 そうすると、特段認証などを行わずユーザー名のみ決めてサービス利用を開始することができますが、その後、 質問タブを見てみましょう。 Twitterで認証して利用していた時と同じ質問が表示されている場合、 その質問はBotからの自動質問とほぼ断定することができます。 理由は、Twitterで認証して利用することと、認証せずに利用することは全くの別ユーザーとしての利用になるはずですので、質問が同じ場合、アプリ内に保存されている=閲覧ユーザーが行ったものではない、ということになります。 Bot質問への対処方法 アプリ上で表示される質問一覧の中では、Botからの質問か、一般ユーザーからの質問かも 判別が難しい状況ですが、ある程度Botからの質問を少なくさせるという方法は 「ブロック」があります。 こちらのブロックを行うことでBotからの連続する質問を軽減させられる可能性があります。 明らかなBot質問は削除する、という手段もある Botからの質問であることが明確で、BoxFreshアプリ上で以降その質問を見たくないという場合は、それらの質問を個別に削除する方法があります。 質問を削除することによって、以降その画面内においてBotからの質問が目に入らなくなりますので、余計な情報が入ってくることを避けることができます。 【お知らせ】 現在アクセス数の急増によりサーバーが一部ダウンしております。 また、今は世の中全体が自粛中で、日本全体のネット速度が低下傾向にありますので、深夜でもログインできない場合は、 より遅い時間に何度か試してみると良いでしょう。 BoxFresh側で非対応の文字が名前に使用されている ログインできない原因の可能性として挙げられているのが 「非対応の文字が含まれていること」があります。 ユーザー名が特殊なフォントのため対応出来ていない可能性があります。 お手数ですがTwitterのユーザー名を一時的に変更し、再度BoxFreshにログインして頂けると幸いです。 お使いの端末の通信環境 上記以外でログイン不備として考えられるのが、 「端末の通信環境」です。 見落としがちなのが、コンビニやレストランなどで提供されている公共のWi-Fiを利用して、 回線速度が知らぬ間に「超低速」や不安定な状況になっている場合。 その時は、通信が遅いばかりか、とぎれとぎれになってしまっていることでも、うまくログインできない要因になることがあります。 そのような時は、一度Wi-Fiの通信を切り、携帯キャリアが提供する4G等に接続し、再度ログインを行ってみるようにしましょう。 まとめ いかがでしたでしょうか。 今回は質問箱として 人気急上昇の「BoxFresh」というサービス/アプリの解説をいたしました。 質問箱サービスとしての使い方は、Instagramのストーリーズの編集画面へ直接移動できる点などがPeingやマシュマロと似通っています。 また良くも悪くも矢継ぎ早に質問が数多く飛んできますので、 自作自演に抵抗が無い方は「質問に困らない」という状況を楽しむことができます。 自分のプロフィールページにどの質問箱サービスを設置しようか悩んでいる方は、一度お試ししてみてはいかがでしょうか。

次の

「質問箱」は本当に匿名!?疑問だけでなく要望も知れてバンド活動に役に立つ!|ラウドバンドのベース女子道

匿名の質問箱 特定したい boxfresh

Instagram(インスタグラム)には、質問を投げかける 質問箱(ボックス)という機能があります。 芸能人に気軽に質問できたり、はたまた気になる人に趣味を尋ねてみたり、他の人からの質問に答えてみたりと、質問機能の用途は様々です。 インスタグラムを使って質問するのも、質問されるのも面白そうですし、質問箱を使ってみたいと思う方も多いでしょう。 けど、質問箱を使って見たいけれどなんだか種類が多い。 あのオレンジの質問箱が使いたいけれど、どう使うのかよく分からない。 Instagram(インスタグラム)アプリのストーリーズで質問スタンプが使えると聞いたけど、どこにあるのか分からない。 それに、質問箱は匿名で質問できる?質問がきてもBOTばかりと聞いたけど、本当? この記事では上記の疑問に答えつつ、インスタグラムの質問箱の使い方について解説していきます。 Instagram(インスタグラム)の質問ボックスとは?種類に注意! Instagram(インスタグラム)で使える質問箱には、大きく分けて2つの種類があります。 インスタグラムアプリのストーリーズで使える質問スタンプ• 外部アプリをダウンロードして、インスタグラムと連携して使う質問ボックス(質問箱)アプリ 質問スタンプと質問箱アプリはどちらも質問箱として使え、基本的にどちらもストーリーズで質問に受け答えするのですが、デザインなど異なる部分も存在します。 インスタグラム以外のアプリが必要かどうか• 匿名性について• BOTからの質問 上記の違いについて、解説していきます。 すぐに使えるのは質問スタンプ 質問スタンプはインスタグラムの スタンプ機能の一つなので、インスタグラムアプリをダウンロード済みであれば、すぐに質問スタンプを使うことができます。 しかし、BoxFresh(ボックスフレッシュ)、 Peing(ペイング)といった質問箱アプリを利用するには、それぞれアプリを新しくダウンロードする必要があります。 すぐに質問を使いたい。 あまり不要なアプリをダウンロードしたくないという場合、質問スタンプを利用するのが良いでしょう。 一口に質問箱アプリといっても、数は非常に多く何種類もの質問箱アプリがリリースされているので、質問箱の場合は使う質問箱を選ぶのも大変という面もあります。 質問箱アプリは匿名性に優れる 質問箱アプリの特徴として、 匿名で利用できる点があります。 どんな質問に回答しても、誰の質問に回答しても、質問箱アプリなら匿名性が守られます。 しかし、質問スタンプの場合は違います。 質問スタンプの質問に回答すると、誰が回答したかという履歴が足跡として残り、質問を募集した人に自分の情報が伝わってしまいます。 足跡に残るのはインスタグラムに登録した氏名・ユーザーネームなので、インスタグラムに個人情報を登録していなければ、個人の特定までにはいたりません。 ですが、うっかり本名を登録したアカウントで質問スタンプに回答すると、誰が回答したのか相手に伝わってしまいます。 匿名で利用したいなら質問箱アプリ。 親しい人と使いたいなら、誰が回答したかわかる質問スタンプという風に、用途にあった質問機能を選択するのがよいでしょう。 質問箱アプリではBOTからの質問もくる 質問箱アプリの特徴には、BOTが多いというのもあります。 BOTというのは機械による質問のことで、質問箱アプリに登録すると、それなりの頻度でBOTからの質問が届きます。 質問箱アプリのBOTは、質問箱に登録しても質問が来なくてつまらない、という人に向けて作られた機能のようですが、正直なところ、ありがたいのかどうか微妙な機能です。 機械の質問に答えたところでどうにもならないという気もしますが、BOTでもいいから質問に来てほしいという人もいて、受け止め方も人によって変わります。 BOTにわずらわされのは嫌というなら質問スタンプを使った方が良いですが、退屈しのぎにBOTの質問にも答えたいという人なら、質問箱アプリの利用がよいでしょう。 使うアプリによっては、ある程度BOTからの質問をブロックすることも可能です。 インスタグラムの質問スタンプの使い方 インスタグラムの質問スタンプは、 ストーリーズのスタンプ機能の一つとして使用できます。 質問スタンプを使うには、まず、インスタグラムアプリからストーリーズに使う写真・動画を決めます。 投稿する写真・動画が決まったら、アプリ画面上のスタンプアイコンをクリック。 もしくは画面を上にスワイプします。 スタンプ一覧が表示されるので、質問と書かれたアイコンをクリック。 質問スタンプを起動すると、質問スタンプのテンプレートがストーリーズ上に作成されます。 赤枠内の「質問はありますか?」の部分をクリックすると、質問内容を変更できます。 質問スタンプの色は、上部にあるカラーアイコンをクリックすると変更できます。 質問スタンプの位置はドラッグアンドドロップで変更。 ピンチアウトで質問スタンプの拡大・縮小を行えます。 質問スタンプの内容、位置が決まったら、アプリ画面右下の送信先からストーリーズを投稿できます。 送信先を選択できるので、ストーリーズを一般向けに公開するのか、特定の人に見せるのかで送信先を選択しましょう。 質問スタンプの回答の仕方 質問スタンプへの回答は、質問スタンプの付いたストーリーズから行います。 テキストを入力の部分をクリックすると、回答を入力できます。 質問の回答を入力したら、送信をクリックで、質問回答が完了です。 ストーリーズの画面上でも注意が出ますが、インスタグラムの質問スタンプは足跡が残るので、注意しましょう。 インスタグラムの質問スタンプで回答してくれた人へ返信する方法 質問スタンプに回答してくれる人がいたら、お礼を言ったりクイズの答えを教えたりで、返信を送る場面も出てきます。 質問に回答してくれた人へ返信するには、質問スタンプを貼ったストーリーズを開き、画面を上にスワイプします。 ストーリーズを閲覧した人がいるかは、画面左下の赤枠内で判断できます。 画像の赤いアンダーラインの上には、回答した人のユーザーネームが表示されます。 回答に返答するには、赤枠内の返答と書かれた部分をクリックします。 回答への返答は、ストーリーズかダイレクトメールで行うことが可能です。 返答をクリックすると、上画像のポップアップが開きます。 「返答をシェア」をクリックすると、ストーリーズでの返答に。 「メッセージを送信」をクリックすると、ダイレクトメールでの返答が行えます。 ストーリーズで返答する場合 ストーリーズで返答を行う場合、「返答をシェア」をクリックすれば、質問スタンプがついた状態でストーリーズの作成画面へ移動します。 返答用に新しく写真・動画を撮影してもいいですし、アルバムから質問に使った元の写真・動画を呼び出して使うこともできます。 返答事に画像をかえることも、可能です。 返答済みの人は、画像のように色が薄くなるので、返答を送ったかどうかが一目でわかります。 質問スタンプには一斉返信機能はなし インスタグラムの質問スタンプには、 大勢の人に一斉に返信する機能がありません。 一応画像のダウンロード機能を使えば、一つのストーリーズに返答をまとめて乗せるのは可能ですが、正直いってかなりの手間です。 多数の人に返答を返すのは大変なので、返答をどうするのかは先に決めてから質問スタンプを送る範囲を決めた方が良いでしょう。 インスタグラムで質問箱アプリを使う方法 質問箱アプリを使うには、インスタグラムのアプリとは別に、BoxFresh(ボックスフレッシュ)、 Peing(ペイング)といった 質問箱アプリをダウンロードする必要があります。 オレンジ色が特徴の質問箱・BoxFresh(ボックスフレッシュ)の導入手順 質問箱アプリの例として、ボックスフレッシュの導入手順を解説します。 まずは、Playストア・Appストアでボックスフレッシュをダウンロードします。 ダウンロードが終わったらアプリを開きます。 ボックスフレッシュはTwitterで登録・ログインもできるのですが、今回はTwitterでの登録はしない手順を解説します。 スキップしてはじめるをクリック。 ユーザーネームを登録します。 ここに入れるのは、ニックネームで構いません。 ユーザーネームを入力したら、次へをクリック。 これで、ボックスフレッシュへの登録は完了です。 電話番号やメールアドレスの登録は必要ありません。 ボックスフレッシュなどの質問箱は匿名性がウリですが、それが良く表れているのが登録です。 ボックスフレッシュへの登録はユーザーネームのみでできてしまうのです。 そもそも、質問箱には個人情報を入力する必要がないのだから、匿名性は高くなって当然といえます。 ユーザーネームを登録したら、プロフィール画面へ移ります。 最初にプロフィール画像の入力を求められますが、これも必須ではありません。 プロフィール画像を準備しなくても、ボックスフレッシュの利用ができます。 質問箱アプリとインスタグラムの連携はURLをコピー ボックスフレッシュをインスタグラムと連携するには、インスタグラムのプロフィール画面にボックスフレッシュの URL をコピーする必要があります。 まずは、ボックスフレッシュのマイページから、URLをクリップボードにコピーします。 URLをコピーしたら、インスタグラムのアプリを起動し、インスタグラムアプリのプロフィール画面を開きます。 プロフィールを編集、をクリックしたら、画像赤枠内、薄くWebsiteと書かれた欄にコピーしたURLを張り付けます。 URLを張り付けたら、右上のチェックマークをクリックし、変更を保存します。 下の画像のように、プロフィール画面にボックスフレッシュのURLが追加されていれば、ボックスフレッシュとインスタグラムの連携が成功です。 質問箱アプリで質問を募集する方法 インスタグラムで質問を募集するには、ボックスフレッシュのマイページからカメラのアイコンをクリックします。 カメラアイコンをクリックすると、下のインスタグラムのストーリーズ投稿画面に移ります。 このストーリーズを投稿・シェアすれば、インスタグラム上での質問募集を開始できます。 質問箱の回答をインスタグラムで行う方法 ボックスフレッシュの回答をインスタグラムで行う場合、下記の操作を実行します。 回答したい質問の横の、カメラアイコンをクリックすると、ストーリーズ画面での回答画面へ移ります。 右上のAaから文字入力を開始し、回答を入力。 ストーリーズに投稿で質問回答完了です。 質問箱アプリで質問箱が開けない?その原因は? 質問箱アプリですが、開けない・使えないという意見が、どのアプリでもそれなりに目立ちます。 質問箱アプリが開けない原因の大半は、質問箱側の サーバー落ちが理由のようです。 インスタグラム自体もそうですが、質問箱も最近人気になり、利用者が増えています。 質問箱では利用者の増加にサーバーの増設が追い付かず、利用が集中すると、サーバーが落ちてしまうようです。 サーバーが落ちると復旧するのを待つしかないので、質問箱アプリが開けない場合は質問箱の公式Twitterで復旧状態を確認し、使えるようになるのを待ちましょう。 質問箱で質問した人の特定はできる? 質問箱の質問をしたのが誰か、これを 特定するのは難しいです。 質問箱の利用者は、マナーの良い人ばかりとは言えません。 時には、誹謗中傷に近いような質問をする人もいます。 また、知人でしか知りえないような情報を、質問の形でばらしてしまうような人もいます。 そういう時は誰が質問したか突き止めたくなりますが、個人情報を登録しなくても利用できるという質問箱の仕様上、誰かを特定するのは難しいです。 ですので、質問箱アプリで不快な質問をする人がいた場合は、NGワードを活用するか、ブロックしてしまうのが解決法になります。 質問箱のブロックの注意点として、一度ブロックすると元に戻せないアプリが多い点は、一応注意です。 まとめ インスタグラムでは、インスタグラムアプリで利用できる質問スタンプと、別に質問箱アプリをダウンロードして使う、2つの質問機能が利用できます。 質問スタンプの方は質問に回答した人が誰かわかるので、使う上での安心感があります。 質問箱アプリの場合、質問に回答しても匿名なので、気軽に使えるのがメリットです。 親しい人たちの間で使うなら質問スタンプ。 匿名で幅広い人と交流したいなら質問箱アプリ、という選び方をすると、楽しく質問機能を使えそうです。 自分に合った質問機能を選び、インスタグラムでの質問を楽しみましょう。

次の

BOXFRESH

匿名の質問箱 特定したい boxfresh

このとき、単純に自分のインスタの自己紹介欄にURLを掲載しても、リンクが機能してくれなかったりするんです… インスタのプロフィールでBoxFreshの質問を共有したい場合のやり方についてもまとめてみたので、よかったらご覧くださいね! それでは、最後までご覧いただきありがとうございました!. 「質問箱」を使って特定のユーザーに質問を投稿する人は、自分のアカウントや「誰であるか」を完全に隠して質問することができます。 作り方の手順やインスタで活用する方法、ストーリーズでの宣伝の仕方を解説していきますので、あなたのインスタライフを充実させるために、すぐに作ってみてくださいね! Peing質問箱の作り方 作成手順 「Peing質問箱」はインスタグラムのアカウントをもっていれば、下記の流れで作成できます。 連携しているインスタグラムなどのSNSにも自動でシェアされるので、たくさん回答すればそれだけ名前が売れるということに。 1)インスタのプロフィールページの「プロフィールを編集」をタップ 2)「 ウェブサイト」欄にコピーした 質問箱のURLを張り付けて「完了」をタップ プロフィールに質問箱のURLが表示されるので、これでいつでもアクセス可能になり、質問を受け付けることができます。 かんたんスマホで完結 Peing-質問箱-はアプリをダウンロードしてスマホからも登録できます。 インスタグラムの最新機能!「質問」の詳細や使い方を徹底解説! 便利機能設定 便利機能設定画面になります。 マイページのページ下部に、今まで回答した質問が表示されるので、そこから確認をしましょう。 ストーリーズでのPeing質問箱宣伝の仕方 インスタグラムの ストーリーズで、質問を受付中の旨を定期的にお伝えしていきましょう。 そんな中、DeNAの「Pococha」は高画質でしかも低遅延。 Peing(質問箱)の使い方 では、さっそくPeingを使ってみましょう! Peing(質問箱)の始め方(登録~質問募集ツイート) 1. 普通のデートが慣れてきたらこういう遊びを求 める人も少なくないと思います。 第4位「17Live(イチナナ)」 イチナナのおすすめポイント• 女性の方も男性に一度冷められて凄く好きになった経験がございましたら教えていただけると有り難いです。 甘えたいときの甘え方をどうぞ!• 受信したメッセージを確認する方法 ユーザーページの下部にある箱のマークをクリックすると受信したメッセージを確認することができます。 今回は待望のインスタ内に搭載された機能なので、「Saraha」よりも手軽に利用することができます。 「Peing-質問箱-」ってご存知ですか? Peing-質問箱-はそのまんま、インスタをはじめとするSNSに質問箱を設置して、質問を募集・回答できるサービスです。 また、いくつかの質問箱サービスでは、あまりにも酷い誹謗中傷が何度も行われた場合、所持している個人情報を捜査機関・裁判所に引き渡す、という利用規約を明示しているところもあります。 インスタの質問箱って誰が質問したかわかるんですか? まずは「ストーリー」に質問スタンプを貼り付ける Q&A対応のライブ配信を行うためには、 あらかじめストーリーで質問を募集しておく必要があります。 すると文字入力画面になるので、質問に対する答えを入力して 送信ができます。 そのため、完全日本語対応となっています。 まず、BOXFreshのアプリを開き、プロフィールのTwitter横にあるファイルのようなアイコンをタップします。 ただし、スクショなどを行えば、投稿でもセルフで質問に答える事は可能です。 届いた質問を確認・返信する方法 自分のストーリーに質問が届くと通知が来ます。 PeingIDで登録する まずPeingIDで登録を作ってから、インスタグラムで使いたい方はアカウントを作りましょう。 ボックスフレッシュについていくつか質問があります。 通常配信、オーディオ配信、 相互コミュニケーション配信という3つの配信方法を行っています。 スタンプの一覧が出てくるので、 「質問」というスタンプを選択します。 当たり障りのない質問に答えつつ、さりげなくほかの人にもアピールするような発展的な回答をしましょう! 回答は質問をタップすると回答ページへ移動しますので、質問を画像として保存し、インスタグラムのアプリまで持っていきましょう。 もちろん自分の質問に回答してもらったらそれはそれでとても嬉しいですよね!そう考えると、インフルエンサーとしてはPeingをうまく活用することは、フォロワーに自分をより深く知ってもらういいチャンスなのかもしれません。 しかし 逆に配信者と視聴者共に、早めに始めておくのがチャンスとなるライブ配信アプリでもあります。 すべての質問にも答えてよいのですが、中には答えたくないものもあると思います。

次の