鼻洗浄。 慢性副鼻腔炎|耳鼻咽喉・頭頸科|順天堂医院

【慢性副鼻腔炎】鼻洗浄開始!退院後レポとその後の経過

鼻洗浄

杉原徳彦(すぎはら・なるひこ) 医療法人社団仁友会院長。 医学博士。 専門は呼吸器内科。 認定医、専門医、日本スポーツ協会公認スポーツドクター、全日本スキー連盟アンチドーピング委員。 著書に『つらいせきが続いたら鼻の炎症を治しなさい』(あさ出版)などがある。 副鼻腔炎の症状改善に「鼻うがい」が役立つ 長引く咳や、その原因となっている鼻の不調を改善・解消、あるいは予防するために、みなさんがご自分でできるセルフケアをご紹介しましょう。 慢性副鼻腔炎は、正直なところ、治りにくい病気ですが、その治療効果を高めてくれるセルフケアはあります。 それは、「鼻うがい」です。 当院でも、薬を使った治療と同時並行で、患者さんには鼻うがいをおすすめしています。 そして、それを習慣にするようになった方からは、副鼻腔炎の症状である痰がらみや後鼻漏などをあまり感じなくなった、という感想を数多くいただいています。 軽い副鼻腔炎の人の場合、鼻うがいだけで治るケースもあります。 そのため、妊娠中など、薬物治療を避けたほうがいい場合などで、症状の軽い患者さんの場合、食塩水による鼻うがいだけで治していただく場合もあります。 鼻うがいで副鼻腔炎の症状がやわらぐのは、1%の食塩水で鼻腔や咽頭あたりを洗うことで、炎症性の物質が薄まるからです。 その結果、副鼻腔炎で生じやすいネバネバした鼻水がすっきりしたり、後鼻漏をあまり感じなくなったり、といったことが起こるのです。 気管支等に流れ込む炎症性の物質が薄められることで、炎症の悪化を抑え、ぜんそく等の気管支や肺に関連する疾患の症状も、やわらげることができます。 そのほか、アレルギーの原因物質やウイルス・細菌なども除去することができ、アレルギー性鼻炎やぜんそくの症状の予防にもつながります。 一般的には、約0・9%の生理食塩水が用いられますが、私はそれよりもやや濃い1%の食塩水をおすすめしています。 塩による粘膜の引き締め効果をしっかり出すためです。 より効果を高めるには、行う「タイミング」も重要です。 おすすめしているのは、 「寝る前」と「起きた後」の2回です。 副鼻腔で産出される炎症性の物質を含んだ鼻水や膿は、寝ている間も上気道や下気道へと流れていきます。 そこで、寝る前の鼻うがいで、炎症性の物質を薄めておくのです。 そうすれば、鼻腔より下に炎症が飛び火するのを防ぎやすくなります。 また、1日の活動で鼻腔内に溜ったハウスダスト等を、鼻うがいで洗い流す効果もあります。 朝起きたあとにも鼻うがいをするのは、寝ている間に溜った炎症性の物質を洗い流していくためです。 2つのタイミングで行うことで、鼻腔内がよりきれいになり、その結果、上気道から下気道への炎症もやわらげることができます。 気軽に使えるスプレーの「鼻うがい」 また、最近は「スプレー」タイプのものもあります。 鼻の中にノズルで食塩水を流し込むのが苦手な 患者さんには、「サイナスミスト」(ニールメッド株式会社)のような、スプレータイプのものをおすすめしています(ネット通販で購入できるので、ぜひ試してみてください)。 この場合、手順が通常の鼻うがいとやや異なります。 まず、鼻の穴に液体をスプレーした後、頭のてっぺんを床側に向けるように深くおじぎをし、20秒ほど待ちます。 こうすることで、鼻腔の粘膜全体に液体を浸透させることができます。 そして、もとの姿勢に戻し、鼻をかんで鼻の中の液体を出します。 杉原家は江戸時代から続く医師の家系で、17代目の医師になるものとして生を受けるが、レールの敷かれた人生に反発し、高校時代は文系を選択。 部活のスキーの大会で肩関節を脱臼し手術を受けたことで、医師の仕事のすばらしさに目覚め医師を志す。 94年、杏林大学医学部を卒業。 2001年、同大学院修了。 東京都立府中病院(現・東京都立多摩総合医療センター)呼吸器科勤務を経て現職。 自らも喘息を患った経験があり、教科書通りの医療では良くならない患者がいることに疑問をもち、上気道と下気道の炎症に着目した独自の視点で喘息診療を行っている。 仁友クリニックを設立し、喘息治療で功績を残した杉原仁彦は祖父にあたる。

次の

簡単な手順【鼻うがいのやり方】副鼻腔炎・後鼻漏の症状改善におすすめ 鼻洗浄の市販品も

鼻洗浄

こんな方におすすめ• 鼻洗浄をオススメされたけど、どんなものか分からず不安で試せない方。 洗浄液の作り方が分からなかったり、コストが不安な方。 鼻洗浄の体験談を聞いてみたい方。 鼻炎の症状で鼻水、鼻づまりが続くと体力が奪われてしんどいですよね...。 冬が近づき冷え込んだりすると、冬用の布団や衣替えで冬支度をすることで、ハウスダストの原因が増えたり空気も乾燥してきたり、空気の乾燥で、喉が痛くなったり肌がカサついたりも。 アレルギー性鼻炎|そもそも鼻洗浄とは? 鼻洗浄は、別名で鼻うがいとも言うのですが、簡単に説明すると鼻の穴の中から温めた塩水を注入し、出すことで鼻の中を洗浄する方法のことです。 では、なぜ鼻洗浄が必要になってくるかと言うと、人間は呼吸をするときに鼻と口を使いますが、その時にウイルスやホコリなどを吸い込むと、鼻の粘膜が炎症をおこしてしまい、鼻水やクシャミの原因になってしまいます。 また、空気が乾燥する季節や、冷暖房の影響で空気が乾燥してくると、敏感な人だとそれだけでも炎症を起こしやすくなってくるので、鼻洗浄をすることでホコリを洗い流したり、鼻の中を適度な湿度で保つための保護にもつながってくるので鼻洗浄をおこなっています。 キットで入っている洗浄液の素(サッシュというそうです)が無くなったら、追加で注文をしても良いし、僕は自分で0. 鼻洗浄|やり方と注意点 鼻洗浄のやり方と注意点もご紹介いたします。 キャップを開ける。 レンジ使用も可 3. 適温になった精製水 煮沸水 240mLに、粉末 1包 を入れて完全に溶かし、洗浄液を作る。 キャップをボトルにしっかり取り付ける。 頭を下げ、口で息をしながら、ボトルをゆっくり握り液を押し出すと、もう一方の鼻孔から洗浄液が流れ出る。 残り半分程度の洗浄液を使い、もう一方の鼻孔から同じ作業をおこなう。 最後に鼻をやさしくかむ。 ご使用になる前にボトルに傷や不具合がないかご確認ください。 痛みを感じた場合は、直ちに使用を中止し、専門医の指導を受けてください。 鼻・耳の炎症がひどい場合は、ご使用前に専門医の指導を受けてください。 鼻・耳の手術後の方は主治医の指導を受けてください。 幼児の手の届かない場所に保管してください。 調合済みサッシェは、必ずニールメッド専用のボトル容器でご使用ください。 精製水、もしくは煮沸水を人肌程度の温度に調整し、ご使用ください。 感染する可能性がありますので、ボトル容器は他の人との共用はしないでください。 ボトル容器は清潔な場所で保管し、衛生のために3ヶ月に一度交換してください。 使用後、鼻を強くかまないでください。 鼻腔に残留した洗浄液が、時間が経過した後に少々流れ出てくることがあります。 ご使用になる前にボトルに傷や不具合がないかご確認ください。 痛みを感じた場合は、直ちに使用を中止し、専門医の指導を受けてください。 鼻・耳の炎症がひどい場合は、ご使用前に専門医の指導を受けてください。 鼻・耳の手術後の方は主治医の指導を受けてください。 幼児の手の届かない場所に保管してください。 調合済みサッシェは、必ずニールメッド専用のボトル容器でご使用ください。 精製水、もしくは煮沸水を人肌程度の温度に調整し、ご使用ください。 感染する可能性がありますので、ボトル容器は他の人との共用はしないでください。 ボトル容器は清潔な場所で保管し、衛生のために3ヶ月に一度交換してください。 使用後、鼻を強くかまないでください。 鼻腔に残留した洗浄液が、時間が経過した後に少々流れ出てくることがあります。 ちょっと細かい点もありますが、理解しての使用することで効果が期待できるので、しっかり読んでおきましょう。 鼻洗浄|まとめ いかがだったでしょうか。 最初は慣れるまで少し違和感があったり、面倒だったりすると思いますが、僕としてはそれ以上によかった感覚があります。 かかりつけのお医者さんと相談しながら検討してみてはいかがでしょうか。 あとがき|鼻洗浄に使う水と塩について 鼻洗浄に使う水と塩 サッシェ なんですが、インターネットの情報や先生などの意見で若干差があるようです。 煮沸させないといけないか?、市販の塩を0.

次の

鼻うがいはあまり効果がないのか?

鼻洗浄

薬局で一般に入手可能な鼻洗浄装置 鼻腔洗浄は、さまざまな鼻腔の症状に対して処置されている。 慢性副鼻腔炎 [ ] 慢性においては効果的な補助療法になりえる。 さらに鼻腔洗浄は、職場の粉塵に起因する慢性副鼻腔炎に対しての有効な手段であると報告されている。 さらなる根拠は、花粉症と風邪の両方に効果があることも示唆している。 鼻腔洗浄は、アレルギー性鼻炎 や慢性副鼻腔炎の治療にも有効である。 カナダと米国のガイドラインでは、すべての副鼻腔炎と、鼻腔手術後の清掃について鼻腔洗浄を勧告している。 鼻炎 [ ] 鼻腔洗浄はアレルギー性鼻炎に起因する症状の、一時的な緩和として広く受け入れられている。 その作用機序は、鼻および鼻腔におけるアレルゲンについて、大量の生理食塩水による実際のフラッシングである。 急性上気道感染 [ ] 風邪や急性副鼻腔炎といった急性上気道感染については、鼻腔洗浄が利益をもたらすとの仮説がある。 鼻腔手術 [ ] 鼻腔手術によって、鼻腔洗浄の効果を増強することができる。 鼻腔洗浄剤としては、大量の生理的食塩水が好ましい手法である。 技法 [ ] 鼻に水が入ると激しい痛みが起こる。 これは、などの水になどの刺激性の高い物質が含まれていることや、がと異なることが原因である。 通常の水道水を用いて行うこともできるが、これには潜在的なリスクがあり、また粘膜を刺激するので不快になりえる。 したがって通常は生理的食塩水が使用される。 同様の理由にて、冷水よりもぬるま湯が好まれる。 生理食塩水 [ ] は浸透圧が人間の体液に等しい液体で、注射や輸液にも使用されているである。 1リットルの水に9gを溶かすことで作ることができる。 医薬用の生理食塩水は、などで処方されることがある。 生理食塩水は、多くの場合、の容器やのパックに入っている。 市販薬 [ ] 市販の家庭用医薬品で鼻洗浄を行えるものがある。 これは、生理食塩液をベースに作られており、などの香料が入っていることが多い。 小型の型やカップを使って鼻に流し込むタイプなど様々な種類がある。 脚注 [ ]• の16 December 2009時点におけるアーカイブ。 Am Fam Physician 80 10 : 1117—9. November 2009. The Journal of Family Practice 51 12 : 1049—55. December 2002. The Medical clinics of North America 83 1 : 27—41, vii—viii. 1999. Hermelingmeier, Kristina E. ; Weber, Rainer K. ; Hellmich, Martin; Heubach, Christine P. King, D; Mitchell, B; Williams, CP; Spurling, GK 20 April 2015. The Cochrane Database of Systematic Reviews 4: CD006821. ; Psaltis, Alkis; Schlosser, Rodney J. ; Witterick, Ian J. 2010-06-01. 関連項目 [ ]• この項目は、に関連した です。 などしてくださる(/)。

次の