オール ユー ニード イズ キル ラスト。 【ネタバレ】「オール・ユーニード・イズ・キル」感想と考察ラストシーンの謎

「オールユー・ニード・イズ・キル」ネタバレ!あらすじや最後ラスト結末!

オール ユー ニード イズ キル ラスト

7と比較的高評価。 しかもトム・クルーズとエミリー・ブラントで。 実際、CGやストーリー構成にもかなり力が入っていますが、原作と異なる部分も多いため、日本での評価は若干低くなっているようです。 映画公開時は、「バクマン」「デスノート」「ヒカルの碁」の小畑健によるコミック化もされ、非常に話題になりました。 戦闘スキルゼロのケイジ少佐は最前線に送り込まれ、開戦5分で命を落とす。 だが次の瞬間、彼は出撃前日に戻っていた。 その時から同じ日を無限に繰り返すケイジ。 やがて彼は最強の女性兵士リタと出逢う。 死んだらやりなおして、敵の親玉「オメガ」を倒すこと。 しかし、タイムループ能力の譲渡が複雑なので、その辺は後程解説していきますね。 「オール・ユー・ニード・イズ・キル」制作陣・キャスト それでは本作を作った最高の監督・制作、キャスト陣の紹介をどうぞ。 監督 ダグ・リーマン 「 ボーン・アイデンティティー 2002 」や「 Mr. スミス 2005 」など、アクションムービーに定評のある監督。 ちなみに個人的に好きなのが、瞬間移動能力でガンガン戦う「 ジャンパー 2008 」です。 かなり力入れて作られており、続編も匂わせていましたが、結局それっきり。 主要キャストはほぼ2人のみ! ウィリアム・ケイジ (トム・クルーズ ) 広報担当なのに最前線に放り出される不運な少佐。 繰り返すたびに、だんだん表情が凛々しくなっていく演技はさすがのトム・クルーズです。 「 ミッションインポッシブル」シリーズや、「 トップガン」など、出演作を挙げたらきりがありませんね。 「オール・ユー・ニード・イズ・キル」が好きな方には「 マイノリティ・リポート 2002 」がおすすめです。 リタ・ヴラタスキ (エミリーブラント ) ヘリコプターの回転翼を用いた大剣を振り回す、女性軍曹。 とはいえ、英雄となった際にはタイムループ能力を使っていたため、本作では割とすぐ死ぬ。 演じるのは、エミリー・ブラント。 ホラーからアクションまで何でもござれの名女優ですね。 2020年も新作目白押しです。 演じるビル・パクストンは「 エイリアン2」「 プレデター2」「 アポロ13」「 タイタニック」「 ターミネーター」などにちょい役ながら出演しているすごい人。 カーター博士 (ノア・テイラー ) ケイジ、リタの事情を知る唯一の人物。 突然、オメガを見つける逆探知機を、都合よく開発してたりする。 ド〇えもんかな? 「オール・ユー・ニード・イズ・キル」ネタバレ感想 ゲーム好きの心をくすぐるアクションSFムービー 男の子ならぜったいワクワクすること間違いなしのアクション映画。 それが「 オール・ユー・ニード・イズ・キル」です。 古くはスーパーマリオブラザーズから最新のゲームまで、何度も死にながら、繰り返すうちにステージを覚えていってうまくなっていく感覚ありますよね。 あの感覚がばっちり映像化されているんです。 しかも、その工程を全部見せるんじゃなくて、観ている側もいったい何回目かわからなくなっていきます。 リタを最初に助けるシーンも、ノールックで銃を撃ちギタイをかっこよく退治しますが、あのシーンだけでも10回は死んでいるんでしょう・・。 僕なら頭おかしくなっちゃいそうですが、主人公ケイジはそれを苦も無くやり遂げます。 全体的には大きな矛盾点も感じないし、 タイムループものとしてはかなり観やすい内容でした。 タイムループ、理解してますか? 時間跳躍の概念について、簡単に説明を。 (物理的見解ではなく、あくまで映画を楽しむ知識として読んで下さい。 ) この映画に出てくるのはタイムループ。 タイムトラベルとは別のものです。 その大きな差は• タイムループと共に消滅した• タイムループ後も、ケイジが死んだ世界は残っている 結論から言うと、答えはありません。 つまり、ダメでもやり直せばOK!っていう考え方ですね。 そうじゃないと、ケイジが死んだ世界で希望もなく生きることになるので。 その理由は一度だけ、ケイジが腕立て伏せ中に車に引かれたシーン。 引かれた後に、ファレウ曹長が 「なんというアホだ」と発言しているんです。 つまり、ケイジの死後もその世界が存在していることが示唆されます。 まあ、ケイジが即死でなかったため、ファレウ曹長が発言した時はギリギリ世界が消滅していなかったともとれるので、実際のところ、どちらが正解かはわかりません。 リンク ギタイの能力確認 ラストシーンの考察をする前に、ギタイの種類と能力について説明します。 まず前提として、 ギタイ・アルファ・オメガは個々の生物ではなく、1つの個体であるということ。 つまり人間で例えると、オメガが脳、アルファは能力を持った重要な器官(目・耳・鼻など)、ギタイは爪や髪の毛のような感じです。 ギタイ めっちゃ強いが、それだけ。 タイムループ能力はありません。 ギタイもアルファも、個別の生物ではなく、オメガの一部です。 作中ではドローンのようなものと表現されていました。 アルファ 618万匹に1匹の割合で存在するギタイの上位。 アルファが死ぬと、反射的にタイムループする仕組みです。 タイムループ能力の源は血液であり、血液がかかるとその能力は譲渡されます。 ケイジはアルファの血をかぶったことで、タイムループ能力を得ました。 オメガ ギタイ・アルファの本体。 オメガ自体にタイムループ能力はありません。 なんでオメガにはタイムループ能力が無いの?おかしくない? これはオメガが人間の「脳」に当たる部分だからです。 人間で考えると、髪の毛や爪(ギタイ)が攻撃されても問題ない。 けど、目や耳(アルファ)をつぶされたら、命の危険があるので反射的にタイムループすることができる。 しかし、 脳(オメガ)をつぶされちゃうとタイムループできない。 というイメージです。 つまり、あくまでオメガが死ぬまでは、アルファを殺そうが、ギタイを殺そうが、オメガからすれば「ケガ」のようなもんなんです。 アルファがやられた場合は、反射的にタイムループするようにできています。 反射行動なので、ケイジがタイムループしていても、オメガは最初気づきませんでした。 「オール・ユー・ニード・イズ・キル」のラストシーン考察 ラストシーン、ケイジの落とした爆弾によって、オメガは死亡。 この時点で すべてのアルファ・ギタイも死にます。 本来なら、残念ながらケイジやリタ、J部隊のメンバーは死亡するも、オメガを倒すことができて一件落着のはずでした。 (映画的にはバッドエンドですが) しかしここでケイジが、オメガの血を浴びます。 ここで初めて発覚することが、 オメガが死ぬと、すべての時間におけるオメガ(含めたアルファ、ギタイ)という存在も消滅するということ。 そうでないと、タイムループした過去でもオメガは生きているはずなので。 これは、オメガが自由にタイムループできる代償であり、オメガの最大の弱点でもあります。 つまりオメガには 2つの弱点があります。 オメガにはタイムループ能力が無いんだよね?なら、オメガの血でケイジがタイムループ能力を得るのはおかしくない? 少し複雑なんですが、ケイジがオメガの血で得たのは、オメガの能力で間違いありません。 オメガは、アルファ・ギタイを含めて1つの生命体であり、その能力は 「生命の危機を感じる身体の重要な器官(アルファ)の損傷時に、自身をタイムループさせること」でした。 (下図の左参照)そのため、アルファやケイジが死んだときには反射的にタイムループが起こっていました。 ラストでその能力を得たケイジもまた、「生命の危機を感じる損傷を受けた際に、自身をタイムループさせる能力」を得たんです。 オメガの能力を得たとき、すでにケイジは瀕死の状態。 そのため、タイムループが発動しました。 (下図の右参照) ここで重要なのは、 オメガの能力である以上、即死した場合はタイムループできないということ。 これまでは図らずしも、オメガがケイジをアルファと勘違いして、タイムループさせていました。 しかし、オメガが消滅し、能力がケイジに移ったので、ケイジが死ぬとタイムループは起こりません。 つまり、ケイジは即死さえしなければ何度でもやり直せる能力(オメガの能力)を手に入れたと考えられます。 まあ、もう危機は去ったので、必要ない能力かもしれませんが。 ケイジがヘリで目を覚ました後、着陸すると 「今朝、ギタイが消滅した」との報道がされています。 仮に目を覚ました時間をAM9時、ギタイが消滅した時間をAM8時としましょう。 実際にケイジがタイムループして戻ってきた時間が、AM8時だとして、その時間にオメガ・アルファ・ギタイがすべて消滅。 しかし、ケイジはヘリの中で眠っているため、起きたときには消滅から1時間経過したAM9時である。 と考えれば、ギタイの消滅とケイジの目が覚めた時間がずれている理由となります。 (整合性をとるために無理やりな部分もありますが) このように考えると、ラストシーンを矛盾なく考察することができます。 「オール・ユー・ニード・イズ・キル」次回作は? 公開当初から続編の話は出ていましたが、米Deadlineによると、マシュー・ロビンソンが脚本執筆を開始しているとのこと。 「オール・ユー・ニード・イズ・キル」の制作を手掛けた制作陣も表明し、何と「HEROES」のマシ・オカや、「週刊少年ジャンプ」編集表の佐々木尚氏が製作総指揮を執ることが報道されています。 監督も、ダグ・リーマンが続投し、トム・クルーズ、エミリー・ブラントも引き続き出演する意向を示しているとのことです。 (契約は未締結) また、2016年時点の情報ではありますが、 ダグ・リーマン監督が「 次回作は前日譚の続編」であり、「 従来の続編とは違ったものとなる」と語っています。 詳細は不明ですが、かなり面白い作品になりそうなので、期待が膨らみますね。 しかし、トム・クルーズは2020年に「ミッションインポッシブル」2部作の撮影が開始するとされているので、「オール・ユー・ニード・イズ・キル」の続編が製作されるのはかなり先のことになりそうです。 「オール・ユー・ニード・イズ・キル」ラスト考察まとめ 「オール・ユー・ニード・イズ・キル」のラストシーンは、なんとなく時が戻って一件落着、となっていましたが、考察すると意外と矛盾点が多いですね。 僕の考察も、可能性の一つなので、自分なりにラストシーンを考察してみても面白いと思います。 タイムトラベル・タイムループ系が好きな方は、で他の作品も観てみてください。 この記事で登場する映画を観たい方は、で31日間すべて見放題です。 (見放題作品は変更する可能性があるので、確認してください。

次の

トム・クルーズ映画「オール・ユー・ニード・イズ・キル」のネタバレ感想評価!

オール ユー ニード イズ キル ラスト

解説 桜坂洋のSFライトノベル「All You Need Is Kill」(集英社スーパーダッシュ文庫刊)を、トム・クルーズ主演でハリウッド実写化。 「ギタイ」と呼ばれる謎の侵略者と人類の戦いが続く近未来を舞台に、同じ時間を何度も繰り返すはめになった兵士が、幾度もの死を経験し、成長していく姿を描く。 戦闘に対して逃げ腰な軍の広報担当官ウィリアム・ケイジ少佐は、戦闘経験が全くないにもかかわらず最前線に送り込まれてしまい、あえなく戦死。 しかし、死んだはずのケイジが意識を取り戻すと、周囲の時間は戦闘が始まる前に戻っていた。 再び戦死するとまた同じ時間に巻き戻り、不可解なタイムループから抜け出せなくなったケイジは、同様にタイムループの経験を持つ軍最強の女性兵士リタ・ヴラタスキに訓練を施され、次第に戦士として成長していく。 戦いと死を何度も繰り返し、経験を積んで戦闘技術を磨きあげていくケイジは、やがてギタイを滅ぼす方法の糸口をつかみはじめる。 リタ役でエミリー・ブラントが共演。 監督は「ボーン・アイデンティティー」「Mr. &Mrs. スミス」のダグ・リーマン。 2014年製作/113分/G/アメリカ 原題:Edge of Tomorrow 配給:ワーナー・ブラザース映画 スタッフ・キャスト 日本のライトノベルというあまり世界的に日の目を浴びそうにないものがこうして成功したことが嬉しい。 ラノベが海外で出版されるなんてことも初めて知った。 それで偶然アメリカのプロデューサーの目にとまったそうだ。 このネタは日本では非常に有名な作品があり、実写とアニメと2作もあるので今さら・・・という感じがあるがハリウッドでは珍しかったのだろう。 もっと上手く売り込めば日本の作品がたくさんハリウッドで映画化されると思う。 脚色が得意なシナリオライターはどんどんやればいいと思う。 この映画のいいところは何と言っても前半だ。 特に導入部が非常に見事に決まっている。 スケールが大きなことが起こっている中で非常にちっぽけな人間のちっぽけなこだわりだけを描くというコントラストが決まっていた. またトムクルーズの演技が光った。 トムクルーズは強くてクールなキャラだけでなくこのようなへっぽこキャラもうまく演じられるのだと知った。 本当に腰抜けのボンボンに見えた。 脚本には主人公がどうして頑張らなきゃいけないのかということが書かれていない。 こいつは実はすごいやつなんだということも書かれていない。 だから導入部のトムクルーズの演技力が非常に重要なのだ。 単なるぼんくらなのに後で何かやりそうな気がする・・・そういう雰囲気を醸し出していた。 それがフックになって見るものは釣られて作品にのめり込んでしまうのである。 さすが!! また戦闘用のモビルスーツも魅力的だった。 こういうものが一つでも入っていると随分と映画というものは面白くなるものである。 このモビルスーツは漫画GANTZに出てくるものにそっくりのような気がするのだが、やはりハリウッドは日本の漫画をよくチェックしているのかもしれないな。 作品のネタからして途中から飽きてくるのは仕方がないと思う。 最後は何というか単なるドンパチでセオリー通りにまとめてしまった感じすらある。 もうちょっと意外な結末が欲しかったような気もする。 でも全体にエンターテイメントとして中の上ぐらいのレベになっていてよかった。 「デスカムトゥルー」 C IZANAGIGAMES, Inc. All rights reserved. 「ソニック・ザ・ムービー」 C 2020 PARAMOUNT PICTURES AND SEGA OF AMERICA, INC. ALL RIGHTS RESERVED. 「エジソンズ・ゲーム」 C 2018 Lantern Entertainment LLC. All Rights Reserved. 」 C 2019 Sony Pictures Television Inc. and CBS Studios Inc. All Rights Reserved. 「ドクター・ドリトル」 C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

次の

オール・ユー・ニード・イズ・キル : 作品情報

オール ユー ニード イズ キル ラスト

「オール・ユー・ニード・イズ・キル」(原題: Edge of Tomorrow、別題: Live Die Repeat)は、2014年に公開された、アメリカのSF映画です。 原作は日本のライトノベル「All You Need Is Kill」で、ハリウッド映画としはかなり珍しい採用事例となっています。 数々の日本のアニメがハリウッドで実写化されるほど、日本人のストーリーメイクは世界でも評判ですが、そこに大迫力のCGと超有名俳優を掛け合わせたことで名作に仕上がっています。 主演はキャスティングは「ミッション・インポッシブル」しりーずでおなじみのトム・クルーズで、ヒロインのエミリー・ブラントは翌年に「ボーダーライン」でも高い評価を得た女優です。 ウィリアム・ケイジ:米軍メディア担当の少佐。 「アルファ」の血を浴びたことでタイムループする能力を身につける。 当初は腰抜けなキャラが何度も生き返るうちに成長しヒーローになっていく• リタ・ヴラタスキ:劣勢だったギタイとの戦争に最初の勝利をもたらした「ヴェルダンの女神」と称される英雄。 ケイジ同様タイムループしていたが輸血により能力が消滅した。 ギタイを殲滅するためにケイジに協力し厳しく訓練する• ブリガム将軍:ギタイの殲滅作戦を指揮する司令官。 前線での取材任務を断ったケイジの身分を剥奪し、初年兵として戦場に送り込む• カーター博士:かつてリタのタイムループを信じ協力した唯一の人物。 ギタイの逆探知装置を作るも精神異常者扱いされブリガム将軍の命令で整備工に追いやられる 特殊なギタイ「アルファ」を道連れに自爆し、アルファの血を浴びたケイジが同じタイムループの経験を持つ英雄リタと協力してギタイを殲滅するストーリーです。 メインはほぼこの2人ですが、キーマンとなっているブリガム将軍とカーター博士を覚えておけば大筋を把握することができます。 「オール・ユー・ニード・イズ・キル」のストーリーを解説 ここではストーリー全体をさらに理解できるように、ストーリーを紹介していきます。 あなたが「オール・ユー・ニード・イズ・キル」を観ていなくても、これを読めばざっくりしたあらすじをつかむことができます。 大まかなストーリー 1. 【タイムループ】• ヨーロッパを中心にギタイから侵略を受ける地球• 機動スーツを投入し英雄リタの活躍で初めて勝利• ケイジ少佐が将軍から前線の広報活動を命じられる• 将軍を脅し任務を拒否したため逮捕され戦場に送られる• J分隊に入り翌朝出撃するも待ち伏せされ攻撃を受ける• 輸送機が落とされ仲間が次々と死にパニックになるケイジ• リタが戦場に降りるもケイジの目の前で撃たれて死亡• ケイジがアルファを道連れに自爆した直後目が覚める• 昨日と全く同じ光景に戸惑いつつも今後はリタを助ける• ギタイに殺されて目覚め周囲に未来を話すも信じられず 2. 【見えない打開策】• 何度も生き返るうちに成長し強くなっていくケイジ• リタにタイムループを打ち明けると自分を探せと言われる• 生き返りリタを訪ねるとタイムループしていたと明かされる• カーター博士からオメガやアルファの正体を教わる• ケイジは毎日死に続けてオメガに存在を気づかせる必要• オメガが刑事を探すと居場所を示す幻覚を見るため• 何度も死ぬうちにケイジが幻覚を見て博士に会いにいく• オメガはドイツのダムにいるため戦闘を抜け出す策を考える• 何度も死んでやり直すもなかなかビーチを抜け出せない• 絶望しバーで飲んでいるとロンドンがギタイから総攻撃される• ドイツに移動するために車を手に入れリタと向かう• この流れは何度も試したけど失敗するためやり方を変える 3. 【新たな展開】• リタにも会いにいかずヘリでドイツにむかいオメガを倒す• ダムに到着したらオメガがいなくてアルファが待ち受けてる• 幻覚は罠でケイジの血に混ざった能力を奪おうとしている• 将軍に会いにいき全ての未来を言い当てて装置を手に入れる• 装置をケイジの足に刺してオメガの居場所を突き止める• 逃走中に捕まり負傷したケイジが気を失って治療を受ける• リタに救出されるも能力を失ったためオメガ討伐に向かう 4. 【最終決戦】• パリのルーブル美術館の地下に向けてJ分隊から協力を得る• 待ち伏せされ仲間を失うもリタとケイジは美術館内部へ• リタが囮になりケイジが手榴弾を持ってオメガのもとへ• リタを殺したアルファがケイジを追いかけてくる• 後一歩のところでケイジがアルファに殺されてしまう• 手榴弾のピンが抜かれておりオメガを爆破し倒すことに成功• 瀕死のケイジがオメガに触れ血液が体内に入ってくる• ヘリで目が覚めるとオメガ討伐の翌朝にタイムループ• これまでと違う未来で基地でリタと再会を果たす 本作を鑑賞前の筆者の印象は「キャスティングと映像技術が派手なSFアクション映画」だったのですが、実際に観るとそれ以上でした。 何より主人公ケイジが序盤はとても腰抜けて、全く応援できないキャラクターなのですが、死んで生き返る度に成長していき、最後はリタを想い、地球の運命を背負う頼もしさを見せるんです。 もちろん演技力の高さや映像技術の凄さは期待通りなので、ぜひたっぷり感情移入して楽しんでほしい作品です。 【さらに深堀り】オール・ユー・ニード・イズ・キルの疑問点を先回りで解説 本作をひととおり観終わると、「ん?そういえば何であそこで・・・」と疑問に思うシーンがいくつかあると思います。 ここでは、そんな疑問点を先回りしてピックアップし、解説していきます。 一部推測を含みますが、その場合は何を根拠にそう推測したかまで掘り下げて説明します。 【疑問1】ケイジはなぜタイムループすることになったのか? まずは基本ですが、なぜケイジがタイムループするようになったのかを解説します。 機動スーツの使い方もわからないまま実戦投入されたケイジは、戦場でたまたま特殊なギタイ「アルファ」と戦います。 ちなみに、本作に登場するエイリアンは「ギタイ」と呼ばれますが、たくさんの数が登場するものの生命体としては1つです。 たくさん出てくるギタイはドローン(抜け殻)で、ギタイの中枢になっているのは手足の役割を「アルファ」が、脳の役割を「オメガ」が担っています。 この「アルファ」が傷つくと、特殊能力であるタイムループが発動するわけですが、ケイジは偶然アルファを爆弾で倒し、その返り血を浴びたことでタイムループ能力を取り込んだのです。 そのため、ケイジはアルファ同様に死ぬと記憶を残したままタイムループできるようになります。 【疑問2】リタはなぜタイムループできなくなったのか? 前述のとおり、アルファの特殊能力であるタイムループは血液を取り込むことによって身に付くため、逆に血液を失ったり薄まってしまうと能力は失われます。 ケイジの訓練中にリタも話していますが、戦闘で傷つき大量出血したものの、死んでリセットする前に助けられてしまい、何リットルもの輸血を受けたことで能力が失われたのです。 同じく、ケイジもブリガム将軍との面会後の逃走で捕まり、治療されたことで能力を失ってしまいます。 死ぬことが世界を救うという、なんとも皮肉なストーリーです。 【疑問3】ラストシーンでケイジが目覚めた場所と変化した過去 オメガを倒した際に血液を取り込んだケイジは、なぜかこれまでとは違うポイントでタイムループし、またその際に過去が変わっており、すでにパリでオメガが倒されたことになっています。 このシーンを観て疑問に思うファンは少なくないのですが、結論を先に言ってしまうと、明確な答えがありません。 ここからは仮説になりますが、筆者はこの結末を「1. タイムループ以外の能力説」と「2. 全て夢だった説」の2つを考えています。 まず、前提としてケイジが浴びた血はオメガのものであり、本作の中で他にオメガの血を取り込んだ人間はいないため、アルファと同じタイムループであるとは言い切れません。 タイムループ以外の能力説」 アルファと同じタイムループだとするとオメガを倒したことになっているのは歴史が変わっているのでおかしいです。 筆者は、オメガが「都合が悪い存在を排除した過去をつくれる」だと考えます。 オメガがケイジに倒された際、防衛本能としてこの能力を発動したところ、能力がケイジに取り込まれたため、オメガがケイジを排除するのではなく、ケイジがオメガを排除した過去に戻ったと考えられます。 全て夢だった説」 このシーンには非常に矛盾が多く、前述したような新たな事実がないと説明がつきません。 そこで、本作は全て「ケイジがヘリで居眠りしている間に見た夢」だとすると矛盾がなくなります。 リタとの再会で「何か用?」というセリフと表情も意味深ですが、夢だと考えればリタとケイジは無関係な初見なので、冷たく反応されるのも納得です。 ただ、ここまで感動的なやりとりをしておいて、夢で片付けられるのはかなり寂しいですが… 【口コミ】「オール・ユー・ニード・イズ・キル」の感想を分析! ネット上には「オール・ユー・ニード・イズ・キル」について様々な投稿があります。 ここでは、Twitterに投稿された「オール・ユー・ニード・イズ・キル」についての意見をいくつか取り上げて、傾向を解説します。 でもこの作品の真価はトムクルがループを繰り返す中でのコメディ部分だと思うしそこが好き。 — あやゴリVET ayagorigorish オール・ユー・ニード・イズ・キル再見 最初の戦闘ではよちよち歩きのトムクルーズがループを繰り返すごとに歴戦の戦士に成長していく様がかっちょいい ゲームで言うところの所謂「積んだ」状況であっさり殺されてしまったりする可哀想なトムクルーズも笑えた 再見でも変わらず面白かったです。 — kmym kmym97457689 トム・クルーズ主演映画「オール・ユー・ニード・イズ・キル」 主人公が死ぬと過去のある時に戻ってしまうタイムリープの話で、ずっと前に観たのに今でも印象に残っており、とてもおもしろかった。 皆さんのコメントを読んでいて意外だったのは、「何度も観ている人が多い」ということです。 名優たちの素晴らしい演技や、迫力の映像技術に加えて、ラストシーンが憶測を呼ぶことも要因になっているようです。 【名シーン紹介】育っていくケイジの成長が楽しい!名シーンを一部紹介 本作は死ねば死ぬほど復活して強くなっていくケイジの成長が一番の見どころだと筆者は思います。 武器の扱いに慣れ、ギタイの戦闘パターンに対応できるようになっていくのです。 そんなケイジの成長が一目でわかるように、最初の出撃シーンと何度も死んだ後のシーンを並べて比較できるようにしました。 罪になると思いながらだとせっかくの映画に集中できませんし、楽しめませんよね。 オール・ユー・ニード・イズ・キルを無料で全部観たい!という場合は、まずはU-NEXTやhuluで閲覧できるか無料体験に申し込んでみてください。 (動画サービスの閲覧作品は随時更新されているため、取り扱いがない可能性もあります。 ご注意ください。 ) U-NEXTなら1ヶ月間、 huluなら2週間も 無料で試す ことができ、観たい作品がなかったり、期待していたサービスでなければ途中で解約ができます。 しかも 無料期間中の解約ならお金がかからないので、映画やドラマが好きであれば使わない手はないでしょう。

次の