お力添え 意味。 尽力の意味とは?相手への使い方と自分への使い方を例文とともに解説

お力になれずの意味と使い方は?お役に立てずやお力添えできずなどの類語も

お力添え 意味

2.「お力添え」の使い方 「お力添え」は主に、 相手の行いに対して感謝の気持ちを表す時によく使われます。 自分が行ったことに対して、「お力添え」というような使い方はできませんので、注意しください。 それでは、実際に「お力添え」はどのように使えばいいのか、具体的な例文を見てみましょう。 使い方1: 「お力添えをいただき、ありがとうございます。 」 「お力添えをいただき」に感謝の気持ちをつけることで、「力を貸してくれてありがとう」を丁寧な言い回しとして使うことができます。 使用例としては、相手の会社が協力を決断してくれた場合に使用する感じでしょうか。 してくれた場合のお礼の言葉として使用してみてください。 「お力になれず、申し訳ございません。 」 「お手伝いさせていただきます。 」 4. 「お力添え」と「ご尽力」は違う? 「お力添え」の同義語に 「」 と言う言葉があります。 同じ意味で使っている人も多いですが、少しが異なるので、使い分けの方法を確認しておきましょう。 4-1. 「ご尽力」は「力を尽くす・努力をする」の丁寧に言う言葉 「ご尽力」とは、 目的を達成するために、力を尽くす・努力をするといった意味をもつ 「尽力」に 「ご」をつけることで丁寧な言い回しにした単語です。 「お力添え」との最大の違いは、 努力と言う意味が含まれていることです。 「ご尽力」はどちらかと言えば 努力や苦労をねぎらうような意味で使用されます。 対して、「お力添え」には努力の意味は含まれておらず、相手に協力を求めたり、手助けをしてもらった時に使うようにしましょう。 実際に使う時が来た際に、スムーズに使えるようにしておいた方がいいですよね。 そこで、ここでは「お力添え」を使うことが予想されるシーンと、便利なフレーズを紹介して行きます。 お力添えを使用することで、より丁寧な表現の文章の手紙をすることが可能です。 「貴社のお力添えに、深く」といった使い方をするといいでしょう。 手紙を送る相手によってお力添えを使わずに、「心から感謝申し上げます」や「感謝の意を表します」などを使用するのも良いですね。 5-2.お礼や挨拶を言いに行く場合に使う 実際にお礼を言う場合にも「お力添え」を使用することができます。 ここで注意したいことは、 相手に聞き取りやすい内容でお礼を言うことです。 例えば、丁寧な言い方をすると 「貴社のお力添えに、深く感謝を申し上げます。 」と表記することができますが、これをそのまま口にするのは少々堅苦しい感じがするので 「この度はお力添えを頂き、誠にありがとうございます。 」 と言い換えて見るといいでしょう。 5-3.プレゼンテーションで使う プレゼンテーションで使うことはあまり無いかもしれませんが、使うことは可能です。 プレゼンを始める前の挨拶で、協力してくれた相手に対して使用すると良いでしょう。 お礼を言う場合やプレゼンの場合でも、 話し言葉はテンポが大切になります。 難しい表現を使用するよりも、 「お力添えありがとうございます。 」 くらいの簡素さの方がテンポのある会話やプレゼンが行えるでしょう。 まとめ 「お力添え」は、手助けを行う際に使われる言葉です。 普段何気なく使う言葉ですが、上司や顧客など、目上の人の手助けに対してしか使わないので、気をつけておきましょう。 お力添えという言葉をスムーズに使えると、「デキるビジネスマン」の印象を与えることができるので、うまく活用してみてくださいね。

次の

「ご尽力」と「お力添え」の【意味・使い方・例文・類語】目上の人に使う時は?|語彙力.com

お力添え 意味

「ご尽力」は、「ご尽力」「尽力」と使い方が2とおりありますが、意味はどちらも同じ。 相手に対しては「ご尽力」。 自分に対しては「尽力」を使います。 そして具体的な使い方の例文は以下のとおりです。 ・ご尽力を賜り、感謝申し上げます。 ・ご尽力ご尽力の賜物と、深く感謝いたします。 ・尽力いたします。 ・誠心誠意、尽力させていただきます。 「ご尽力」と「尽力」、シーンによって使い方は異なりますが、便利で使いやすい敬語です。 「お力添え」の意味とは? 「お力添え」とは、目上の人に対して使用できる敬語であるとわかりました。 「お力添え」は、「尽力」よりも、より「助ける」という言葉に近いです。 目上の人に何かをお願いするときや、その後のお礼を伝えるときの敬語表現として使用してみましょう。 ・皆様のお力添えがなければ、ここまで前進することは不可能だったはずです。 ・これもひとえに、皆様のお力添えのおかげです。 ・何卒お力添えいただきますよう、重ねてお願い申し上げます。 「お力添え」も一度覚えてしまえば使い方はむずかしい敬語ではありません。 ぜひビジネスの場で活用しましょう。 ご尽力・お力添え以外の「助ける」の敬語表現 目上の人に助けてもらった際にお礼を述べるなら、「ご支援いただき」「ご協力いただき」などの表現も使用できます。 必ず、「ご」を付けて話すようにしましょう。 「支援いただき」「協力いただき」という言い方を目上の人にすると、失礼にあたります。 具体例は以下のとおりです。 助けてもらったときの敬語表現の例 【助けてもらったときの敬語表現】 「温かいご支援をいただきまして、誠にありがとうございました。 」 「この度は、ご協力いただきありがとうございます」 助ける側の立場のときの敬語表現の例 【助ける側の立場のときの敬語表現】 ・なにか、私にご協力できることがございましたら、なんなりとお申し付けください。 ・ぜひ、お手伝いさせていただきたく存じます。 「ご尽力」「お力添え」よりは、フランクな表現になりますね。 就活のマナーを身につけておこう 就活では、きちんとしたマナーを身に付けていないとマイナスの印象を与えてしまいかねません。 言葉遣いの他にも、身だしなみやメール・電話のマナーなど細かいところでも求められます。 他の就活生がマナーを守る中、振る舞い方を知らないでいると慌てることになります。 そこでおすすめなのが「」です。 こちらでは、 就活で必須のマナーを詳しく紹介しています。 無料でダウンロードできるため、マナーに自信がない就活生は手に入れておきましょう。 慇懃無礼という言葉はご存知でしょうか。 慇懃無礼とは言葉や態度が丁寧すぎて、かえって相手が嫌味に感じて、誠意を感じられなくなるさまをさします。 つまり、「ご尽力を賜り、感謝申し上げます。 」や「これもひとえにみなさまのお力添えのお蔭でございます。 」と丁寧に書いたつもりが、相手からすると「それってただの嫌味にしか聞こえない」と思われてしまうかもしれません。 「ご尽力・お力添え」の敬語の意味を覚え場面によって使い分けよう 「ご尽力」「お力添え」の意味は、どちらも「助ける」です。 しかし、双方を比べると微妙に使う場面が異なります。 「ご尽力」は、力を尽くしてもらったり、努力した時に使用する敬語で、「お力添え」は、支援をもらったりお願いする時使用する敬語です。 受け身で使用する場合は「ご」や「お」をなくして話しましょう。

次の

口添えの意味と使い方と例文|ビジネスにおける口添えの意味

お力添え 意味

例えば、マスコミ志望の大学生が大手新聞社を受験するとします。 競争率が高くかなりの難関。 少しでも有利にはかどるように、この新聞社のOBでゼミの教授に口添えを依頼します。 「新聞社を受験することになりました。 先生にお口添えしていただければと思い、伺いました」というような場合ですね。 逆に、後輩の就職に尽力した時など、「私の口添えがあって、彼は就職できた」と言いますが、何だか自慢げに聞こえますのであまり使うことはないですね。 口添えがあって、物事がうまく運んだ場合の礼状は次のようになるでしょう。 「これもひとえに先生が電話であらかじめお口添えをくださいましたお陰です」。 尽力がなかったら到底うまくいかなかった、配慮、労をとっていただいた事への感謝の思いが、相手に伝わると思います。 「口添え」に尊敬語の「お」をつけて「お口添え」とするのですが、先ほど紹介した教授のケースなど、目上の人に用いる場合がそうですね。 「先生に口添えしていただければ」としますと、何だか偉そうで、耳にした教授もいい気持ちがしませんよね。 「お」をつけるだけで、細やかな心配りが感じられます。 逆に、後輩の就職に尽力したときに、「私のお口添えがあって」としますと、落ち着きが悪いですね。 ここはやはり「お」を付けずに謙譲語として使うのが正解ですね。 最近、社会人として敬語を使いこなせない人が多いと言われています。 就職で口添えしてくれた人への例文を考えてみましょう。 新聞社に内定した学生のゼミ教授への礼状は次のようになると思います。 先日、お願いしました新聞社へのお口添えですが、おかげさまで内定を頂くことができました。 面接官が先生のことをご存じだったらしく、先生のことが話題になり、緊張することなく、対応できました。 陰ながらのご尽力に深く感謝いたします。 ありがとうございました。 まずは手紙でお礼申し上げます。 改めて、お礼に伺います。 用例としましては「先生からなんとお口添えいただこうと、それは引き受けられません」「実は御社の上司にお口添えしてほしいのです」「もし代議士にお口添えしていただけるのなら本望です」などが挙げられます。 口添えは、交渉や依頼などに傍らから言葉を添えてとりなすことを言いますが、類似語には、口をきく、仲介する、間に入る、紹介する、橋渡しをする……など枚挙にいとまがありません。 「口添えも利いて」「口添えを願って」「上司の口添えで」などと使い方も多様です。 口をきくはとりなす、仲裁する、仲介は双方の間に入って便宜をはかる、橋渡しはなかだちをする、と同様の意味ですが、前後の文脈からどの言葉を使うのが適切か判断する必要があります。 関連語として口入れという言葉があります。 取引や金銭の賃借の仲介をすることですが、かつては「口入れ屋」という職業がありました。 お店に奉公人などの世話をする人のことをいい、時代劇によく出てきますが、今では耳にすることはほとんどありません。 使い方と用例 口添えに共通する意味には、対個人や集団との社会的な関係を促したり、契約がまとまるように働きかけること、と言われています。 世話、斡旋、周旋も同義語ですね。 これらの言葉の使い方をみてみますと、世話は「仕事を世話する」「よい建築業者を世話する」、斡旋は「マンションを斡旋する」というように事が進展するように間を取り持つこと、周旋は「土地の売買を周旋する」など売買、雇用などで用いられます。 口添えは交渉や就職などがうまくいくように傍らから言葉を添えることを言います。 実際に用いられる例を挙げますと、「先生から何とお口添えをいただこうと、私の方針は変えられません」「御社の重役のお口添えがあったと聞いておりますが」「あなたから口添えしてもらえますか」などが考えられます。

次の