交通 系 ic カード 一覧。 交通系ICカードはどれが良いか

交通系電子マネー全10種類をまとめて解説!全国相互利用が可能

交通 系 ic カード 一覧

JR北海道の札幌エリアを中心にKitacaが利用できます。 また札幌圏のSAPICA(サピカ)エリアの地下鉄・バス・市電でも、Kitacaが使えます。 これは他の全国相互利用サービス対象の交通系ICカードでも当てはまります。 その一方で、SAPICAカードはKitaca含む他のICカードエリアでは使えないので注意してください。 Kitacaにはオートチャージや乗車ポイント付与などのサービスがないので、全体的なスペックは低めです。 ただし、Kitacaは、みどりの窓口でのみ 「クレジットカード支払いによるチャージ」が可能です。 クレジットチャージに使えるのが、、JRタワースクエアカードといった提携クレジットカードです。 つまり、提携クレジットカードを使ってKitacaにチャージをすることで、チャージ金額に応じたカード会社のポイントが獲得できます。 イオンカードKitacaの場合は、カード利用額200円ごとに1ポイント(1ポイント=1円相当)のポイントが付与されるので、実質的に0. 5%程度お得になります。 Suicaの利用でJRE POINTが貯まるほか、JR東日本グループのクレジットカード「ビューカード」との連携で、オートチャージの設定も可能です。 また、おサイフケータイ対応のスマホやiPhoneを持っていれば モバイルSuicaが使えます。 Suicaカードを持ち歩かず、手持ちのスマホやiPhone1つで、電車やバスに乗車したり、買い物の支払いができたりします。 決済用にクレジットカードを登録することで、ネット経由でクレジットチャージが可能なので、券売機やコンビニのレジで、Suica残額が少なくなる度にチャージする手間が省けます。 もちろんビューカードと結びつければ、オートチャージ機能も使えます。 どちらも人気の交通系ICカードですが、今のところ発行枚数ではSuicaが圧勝しています。 PASMOの利用でポイント付与されるのは、東京メトロでPASMOを使って乗車すると「メトポ(メトロポイントクラブ)」が貯まる程度です。 PASMO利用でポイントを貯めるには、クレジットカードとの提携が必要です。 オートチャージやクレジットチャージの金額は、PASMOと紐付けたクレジットカードに請求されるので、利用額に応じたカード会社のポイントが貯まります。 PASMOに対応するクレジットカードは以下の通りです。 中にはPASMO一体型クレジットカードもあります。 小田急OPクレジットカード(小田急電鉄)• 京王パスポートカード(京王電鉄)• 京急プレミアポイント(京急電鉄)• 京成カード(京成電鉄)• SEIBU PRINCE CLUBカード(西武鉄道)• 相鉄カード(相模鉄道)• 東武カード(東武鉄道)• Tokyo Metro To Me CARD(東京メトロ)• 横浜交通hama-eco card(横浜交通)• パスタウンカード(PASMO公式) 基本的に自分がよく利用する鉄道会社のクレジットカードを申し込むのがお得です。 各カードの詳しい説明については「」をご覧ください。 利用頻度の高い沿線がどこなのか?によってSuicaを選ぶべきかPASMOを選択する方がいいのか分かれますが、「」という記事では、最終的にトータルで見るとSuicaの方が良いと結論付けました。 manaca(マナカ)では「マナカマイレージポイント」というポイントサービスを展開しています。 ポイントの付与率は利用する交通機関によって違いますが、単独でポイントサービスを行っている交通系ICカードは限られているため、嬉しいサービスです。 また、manacaを使って名古屋市交通局が運営する市バスや地下鉄を90分以内に乗り継いだ場合、乗継割引の適用が受けられます。 そのため、名古屋市交通局の電車・バスを利用する機会が多い人にとっては、非常にメリットがあります。 manacaではオートチャージやクレジットチャージが使えますが、特定の鉄道事業者とクレジットカードに限定されています。 JR西日本の列車や一部ICOCAポイント加盟店でICOCAを利用すると、ポイントが貯まるようになりました。 残念ながらICOCAではオートチャージが使えませんが、クレジットカードと連携したICOCAジャード「SMART ICOCA(スマートイコカ)」では、クレジットチャージが可能です。 ICOCAのクレジットチャージは「クイックチャージ」という名称で、チャージ専用機や券売機にSMART ICOCAを入れて希望チャージ金額を選択するだけで、すぐにチャージが完了します。 チャージ金額はSMART ICOCAと紐付けたクレジットカードに請求されるので、利用額に応じたカード会社のポイントも貯まります。 JR西日本の公式クレジットカードは「J-WESTカード」ですが、それ以外のクレジットカードとの連携も可能です。 そのため、紐付けるのはポイント還元率が高いクレジットカードを選択した方がお得です。 例えば、SMART ICOCAへのチャージに使えるクレジットカードの中で、最もポイント還元率が高いのが REXカードです。 (しかも年会費は無料です) チャージ時に1. 25%のポイント還元、そしてJR西日本の電車に乗車したり、ICOCA加盟店で買い物したりすると、ICOCAポイントが貯まるので、ポイント二重取りができます。 基本的にPiTaPaとクレジットカードを連携することで、PiTaPaエリア内では事前チャージなしで電車やバスを利用できます。 また各交通機関では、毎月のPiTaPa利用に応じた割引やポイントサービスが受けられます。 もちろんPiTaPaに対応したお店では後払いで買い物が可能です。 利用金額に応じて「ショップdeポイント」が1%還元されます。 一方で、PiTaPaは、電子マネーに関して全国相互利用ができないという問題も抱えています。 またPiTaPaポストペイエリア外、例えばSuicaエリアでPiTaPaを利用する際は、事前にチャージが必要になります。 PiTaPaへのチャージで最も手軽なのは、オートチャージです。 PiTaPaエリアの自動改札機や運賃箱にPiTaPaカードをタッチした時、残額が1,000円以下の場合、自動的に2,000円がチャージされます(金額は千円単位で変更可)。 また他の交通系ICカードと同じように、自動券売機での現金チャージに対応しています。 ただし、コンビニやスーパーなどではPiTaPaチャージできないので注意してください。 JR西日本の一部ICOCAエリア(京阪神)でも、PiTaPaポストペイサービスに対応したので、利用する機会は少ないかもしれません。 関西圏で使い勝手の良い交通系ICカードは、ICOCAとPiTaPaが2強ですが、 大阪の地下鉄や阪急・阪神・京阪・近鉄などの私鉄を利用するなら利便性が高く運賃割引があるPiTaPaがお得です。 (参照:) ただしPiTaPaは広義のクレジットカード扱いになる関係で、高校生を除く18歳以上しか申し込めず、発行には審査があります。 そのため、申込みから入手までには数週間かかり、発行枚数ではICOCAの方が圧倒的に多いのが現状です。 JR九州エリア・筑肥線内の乗車で1%のポイント(JRキューポ)が貯まります。 また、自由特急券の購入やJRキューポ加盟店で利用した場合もポイント付与の対象になります。 さらに特定のクレジットカードとの提携で、オートチャージも利用できます。 JR九州や北九州モノレールの自動改札機にSUGOCAをタッチして入場した際に、残額が設定金額を下回っていた場合、自動的に一定金額がチャージされます。 SUGOCAではクレジットカードを利用したチャージ方法がオートチャージしかないので、SUGOCAをさらにお得に使うには、提携クレジットカードを持つ必要があります。 そのうちは年会費完全無料で使えます。 オートチャージ時にクレジットポイントを獲得、そしてエリア内での乗車・SUGOCA加盟店での電子マネー利用時にポイントが獲得できることから、「ポイントの二重取り」も可能です。 ポイント二重取り時の還元率は、後述のnimoca(ニモカ)よりも若干高くなっています。 nimocaエリア内の電車やバス利用で乗車ポイント、加盟店での電子マネー利用ポイントが貯まります。 nimoca一体型クレジットカードがあると、オートチャージやクレジットチャージ(ポイント交換機でのクイックチャージ)が使えるようになり、さらに得られるポイントが増えます。 nimocaのオートチャージはバス・市電・筑豊電鉄の車載機や駅の自動改札機にカードをタッチすることで働きます。 九州の広範囲で使える交通系ICカードは、nimocaとSUGOCAの2枚です。 そのため、よく利用する鉄道会社が「西鉄など」か「JR九州」によって、各交通系ICカードのお得感や使い勝手の良さは変わってきます。 ちなみに、クレジットカードと連携した場合のポイントを考えると、SUGOCAの方が若干ポイント還元率が高くなっている印象です。 オートチャージやクレジットチャージが使えず、電子マネー利用時にもポイントは貯まりません。 しかし、それを補う形で得られるのが「 乗車ポイント」です。 福岡市地下鉄の月間利用金額に対して2%のポイント還元が受けられます。 あくまでも福岡市地下鉄の乗車に限定されますが、還元率2%は他の交通系ICカードと比較してもかなり高いです。 さらに、月間の合計乗車料金に対して段階的にボーナスポイントが付与されます。 例えば、1ヶ月の利用料金が1,000円以上なら50ポイント、3,000円以上なら200ポイントなど。 ボーナスポイントも含めると、交通系ICカード単体での還元率はトップクラスです。 あわせて読みたい: 交通系ICカードで知っておきたい3つのこと 続いて、交通系ICカードを使う上での注意点をまとめます。 電子マネーPiTaPaは相互利用ができていない 関西圏を中心に展開している交通系ICカード・電子マネーの「 PiTaPa(ピタパ)」は少し特殊です。 交通系ICカードの中では珍しい「後払い方式」のカードである点もよく取り上げられるのですが、実は PiTaPa電子マネーは全国相互利用の対象外となっています。 交通系ICカードとしては相互利用ができるので、例えばSuicaでPiTaPaエリアの改札を通過できます。 またPiTaPaを持っていれば福岡のnimocaエリアの電車・バスに乗車可能です。 しかし、電子マネーを使って買い物をする場合のみ、Suicaその他電子マネーでは「PiTaPaでの支払いができます。 」と書かれているショップでしか支払いができません。 逆も同じく、PiTaPa電子マネーが使えるのはPiTaPaエリアのみとなっており、「ICOCAで買い物ができます」といったお店では使うことができません。 これはよく指摘されるデメリットなので、関西圏にお住まいの方や関西に旅行・出張に行く予定のある方は注意です。 オートチャージはエリア外では機能しない 一部の交通系ICカードは、オートチャージ機能が付いています。 チャージ残高が一定金額を下回ると、改札通過時に自動的に一定金額までチャージをしてくれるので、券売機などで手動チャージをする必要がなくなります。 オートチャージを使うには原則としてクレジットカードとの連携が必要ですが、利便性が一気に高まるので個人的にもおすすめしたい機能です。 しかし、オートチャージ機能が働くのは「エリア内のみ」となっています。 例えば、Suicaのオートチャージ機能を設定しておけば、Suicaエリアを移動する分には手動チャージは一切不要となります。 しかし、旅行などでエリア外(例えば福岡など)に行った時、改札は問題なく通過できるものの、オートチャージ機能が働かないのでチャージ残高が0円になるまで使いきってしまいます。 当然、チャージ残高が0円になると改札を通過できなくなります。 もしこのような事態になっても安心してください。 現金チャージはエリア外でも行えるため、上記の例で言えば福岡の券売機やのりこし精算機、コンビニなどにSuicaを持っていけば、いつでも手動チャージができます。 エリア外ではポイントも貯まらない 一部の交通系ICカード・電子マネーは、電車・バスの乗車時や電子マネーで買い物をした時にポイントが貯まるものがあります。 しかし、これらはいずれも「エリア内」で利用した場合に限られ、エリア外での利用についてはポイント獲得の対象外となります。 つまり、Suicaを持っていれば大阪中心の「ICOCA」エリアの電車に乗ったり、ICOCA支払いOKのお店で電子マネーが使えますが、いずれもポイントの獲得には結びつかないので注意が必要です。 最も利用する鉄道のICカードがベストだけど…モバイルSuicaは例外 交通系ICカード・電子マネーごとにスペックの違いがあるのは事実です。 しかし、多くの場合は 自分が最も利用する機会の多い鉄道会社のカードを選ぶのが一番良いという結果になります。 なぜなら、エリア外ではオートチャージ機能も使えませんし、ポイントの獲得もできません。 そういった意味で、 交通系ICカードは相互利用できるようになったが、エリア外で使うと本来のスペックを生かし切れないのです。 一方で、 モバイルSuicaだけは唯一の例外になります。 モバイルSuicaとは、スマホやiPhoneでSuica機能が使えるJR東日本が提供するアプリです。 確かにSuicaはSuicaエリアとPASMOエリア外だとオートチャージ機能が使えませんが、モバイルSuicaは ネット経由でチャージができることが大きなメリットです。 還元率の高いクレジットカードで、Suicaにチャージすれば、利用金額に応じたポイントが付与されます。 特にJR東日本グループのクレジットカード「ビューカード」は、チャージでポイント3倍(1,000円ごとに15円相当のポイントが付与)と、ポイントが多く貯まります。 提携カードの ビックカメラSuicaカードは、 年会費が初年度無料&2年目以降は年1回以上の利用で無料になるので、ビューカード初心者でも使いやすいです。 詳しくは下記の記事で紹介しています。 あわせてご一読ください。 >おじさんさん 基本的にはそうなります。 ただ、私は主に関西方面でモバイルSuica+プラスEX(エクスプレス予約)を使って新幹線を利用するのですが、モバイルの場合だと改札でエラーが出ることも多いです。 その場合は、駅員さんに「モバイルSuicaです」と伝え、手動で手続きをしてもらうことで改札を通過できます。 現在は、モバイルSuicaアプリを使って、SuicaとプラスEXを連携することで、カード不要、モバイルSuicaのみで大阪の在来線から新幹線の改札、東京や名古屋の在来線まですべて通過できるので、たいへん便利です。 manacaカードの話と少しずれてしまいましたが、ご参考になれば。 >おおまま001さん Suicaカードの解約(返却・払い戻し)は、Suicaエリア内のJR東日本の駅にある みどりの窓口で行なえます。 係員に「Suicaカードを返却したい」と伝えれば、解約の手続きができます。 ただし、Suicaにチャージ金額が残った状態で返却すると、 最大220円の払い戻し手数料がかかります。 Suica残高が半端に残った場合は、コンビニなどで使い切ってください。 残高不足の場合は現金と併用も可能です。 ちなみに、すでにICOCAやTOICA、マナカなどの交通系ICカードをお持ちであれば、そちらもSuicaエリアで使えるので、新しくSuicaカードを発行する必要性はありません。 またスマホでもSuicaは使える(発行手数料:無料)ので、対応機種をお使いならば、こちらも検討しても良いかと思います。

次の

IOCOCAとPiTaPaの違いを比較。関西ではどちらの交通系ICカードがお得?

交通 系 ic カード 一覧

最終更新日 2020年6月11日 ふだん使っている交通系ICカードが旅先でも使えるかどうか、気になったことはありませんか? 自分が持っているSuica(スイカ)などの交通系ICカードが旅行先でも使えるかどうか、現在の状況を一覧にしました。 観光や出張などで、日本各地に出かけるときに、お役立てください。 日本各地を旅行していると、電車やバスに乗るときに独自の交通系ICカードが使えるケースをよく見かけるようになってきました。 さらに、全国共通の交通系ICカードを利用できるところも増えてきました。 私は東京在住で、いつもはSuica(スイカ)を使っています。 旅行先で乗る電車やバスでいつものSuicaが使えれば便利ですが、交通系ICカードが使える電車やバスでも、Suicaが使える場合と使えない場合があります。 Suicaが使えれば、事前に小銭や千円札を用意する必要はありません。 特にバスでは、高額の紙幣の両替には対応していない場合がほとんどです。 距離によっては、千円札を2、3枚用意しなければならないこともあります。 しかし、Suicaが使えれば、金額についてもあまり気にしなくてすみますので、発車寸前のバスに飛び乗っても大丈夫です。 もちろん、Suicaだけではなく、Pasmo(パスモ)や東海地区のTOICA(トイカ)、関西地区のICOCA(イコカ)などをお持ちの場合も同様でしょう。 旅行前に調べておけば大丈夫ですが、なかなかそこまで考えて旅行することはありません。 結局、現地で電車やバスに乗るときに、はたと考えることになります。 「このバス、Suica、使えたっけ?」 この記事では、全国の交通系ICカードが使える電車やバスを一覧し、それぞれどのカードが利用できるかについて紹介します。 目的は、自分が持っている交通系ICカードが旅行先でも使えるかどうかです。 一覧を確認する前に、まず自分がふだん利用している交通系ICカードが、「全国相互利用サービス」の対象カードであるかどうか確認してください。 「全国相互利用サービス」対象カード 交通系ICカードの事業者が連携し、どのカードを持っていても、それぞれの地域で利用できるようにしたサービスが「全国相互利用サービス」です。 対象となるカードは10種類あります。 自分の持っている交通系ICカードを、他の地域で利用するためにはこの10種類のどれかである必要があります。 このリストにないカードの場合は、他の地域ではほぼ使えないとお考えください。 逆に、このリストにあるカードであれば、この10種類のカードの対象地域で相互に利用できます。 そのうえ、対象地域以外でも利用できるところが増えてきています。 詳しいことは、この記事に掲載した一覧表をご覧ください。 「全国相互利用サービス」対象カードは、次の10種類です。 (北海道旅客鉄道株式会社)• (株式会社パスモ)• (東日本旅客鉄道株式会社)• (マナカ)(株式会社名古屋交通開発機構及び株式会社エムアイシー)• (東海旅客鉄道株式会社)• (株式会社スルッとKANSAI)• (西日本旅客鉄道株式会社)• (福岡市交通局)• (株式会社ニモカ)• (九州旅客鉄道株式会社) これらのカードのどれかを持っていれば、他の地域でそのまま利用できる可能性があります。 交通系ICカードの相互利用状況 各地域で、手持ちの交通系ICカードが利用できるかについては、次のように分類できます。 多くの交通系ICカードが使える(「全国相互利用サービス」対象カード)• 独自の交通系ICカードを導入しているが、「全国相互利用サービス」対象カードも使える• 独自の交通系ICカードを導入していて、他のカードはほぼ使えない• 独自の交通系ICカードを導入していて、他のカードはまったく使えない 旅行者にとって便利なのは、1と2のタイプです。 3、4のタイプは不便です。 交通系ICカードを導入していても、その地域しか利用できなくては、そのためだけに買って利用するわけにもいきません。 今後使えないカードを購入するのは、一部のカード収集家だけでしょう。 交通系ICカード対応状況一覧 日本各地を北海道、東北など10の地方に分けています。 それぞれの地区で、どのような事業者がなんという名前の交通系ICカードを導入していて、その交通機関では他の地区のカードが利用できるかどうかについて一覧で説明します。 全国で64項目あります。 表に記載した内容は2019年8月27日時点のものです。 交通系ICカードの導入と相互利用は、これからも進んでいくでしょう。 ご利用の際は、それぞれのリンクから最新の情報を確認することをおすすめします。 「分類」は、上で記載した「交通系ICカードの相互利用状況」での説明内容に対応しています。 「全国相互利用サービス」対象カードも利用可能です。 ただし、実証実験として2021年3月までの期間限定となります。 JR常磐線:草野駅~浪江駅間の各駅 14 首都圏 「全国相互利用サービス」対象カード 路面電車・鉄道・地下鉄・バス 1 多すぎて書けません。 というか、書いても読めません。 お手数ですが、のリンクからお調べください。 また、あいの風とやま鉄道、IRいしかわ鉄道を含む利用では、大聖寺駅より東側となります。 具体的には、次の駅です。 福知山線:丹波大山~福知山駅間の各駅 山陰線:船岡~胡麻駅間の各駅、綾部駅、和田山駅、八鹿駅、江原駅、豊岡駅、城崎温泉駅 舞鶴線:西舞鶴駅、東舞鶴駅 播但線:生野駅、竹田駅 38 関西地区 「全国相互利用サービス」対象カード 路面電車(阪堺電車)・鉄道・地下鉄・バス 1 多すぎて書けません。 というか、書いても読めません。 お手数ですが、のリンクからお調べください。 各社の利用開始予定時期は次のとおりです。 ・長崎県営バス・長崎県央バス・させぼバス ・西肥自動車 2020年6月予定 これにより、Suica、PASMOなどが使えるようになり、旅行者にとっては便利になります。 もう少し、お待ちください。 それにともない、長崎スマートカードの利用は2019年12月27日で終了しました。 その後については未定です。 おわりに まとめてみると、多くの地域で交通系ICカードを導入していることがわかります。 「全国相互利用サービス」対象カードが利用できる地域も多いですが、県単位でまったく対応していないところも少なくありません。 旅行者にはまだまだ不便です。 独自のカードを導入することは大事だと思いますが、同時に相互利用できるようにしていただきたいと思います。 この記事の内容は2019年8月27日時点のものです。 交通系ICカードの導入と相互利用は、これからも進んでいくでしょう。 ご利用の際は、最新の情報を確認してください。 交通系ICカードについては、この記事以外に• 全国相互利用サービス対応の交通系ICカードで乗れる電車・バスをすべて紹介したもの.

次の

交通系ICカードの選び方|種類や特徴、ポイント還元率、相互利用を完全解説|金融Lab.

交通 系 ic カード 一覧

Contents• 交通系ICカード一覧と検証 それぞれのICカードの主な特徴ですが。 Suica JR東日本発行: 首都圏と仙台 一部 ,新潟 一部 日本で一番発行枚数が多い Suica一体型のクレジットカードも多く発行されている。 電子マネーの加盟店数はトップクラス、多くのお店や自動販売機で使える。 JRグループのクレジットカード「ビューカード」との連携でオートチャージ設定ができる。 モバイルSuicaであればどこのエリアでもオートチャージができる。 (iPhone7以降のiPhoneでもOK) Suicaの利用でJREポイントが貯まる。 自宅でSuicaチャージができる。 ICOCA JR西日本発行: 近畿地区と岡山・福山地区、広島地区、香川地区 関西では発行枚数がダントツ。 SMART ICOCAが利用できる クレジットカードと紐づけて、エリア内でチャージの手間が省け(クイックチャージ機でクイックチャージ)、ポイントが付く、携帯・PCから利用履歴が確認できる。 金沢周辺では駅の券売機では不可(2017年4月から可能になりました) PiTaPa 株式会社スルッとKANSAI発行: 関西の地下鉄・私鉄・バス ポイント制度はないが、PiTaPa加盟店で買い物をした場合に「ショップdeポイント」が貯まる。 大阪地下鉄(10%割引)などの割引制度はあります。 チャージではなく後払い式クレジットカードとの紐づけ必須。 入手に手間がかかる。 (審査があり日数がかかる) 電子マネーとしての相互利用はできない。 (PiTaPaは他で使えない) *昔はスルッとKANSAI協議会に加盟する16のバス事業者がICOCAと PiTaPa以外では使用不可だったのが2016年春に使用可に変わった。 (全てが相互利用可になる) *ICOCAとPiTaPaは東京エリアでは多摩モノレールなど一部乗れないものもある。 更新、2017年4月1日よりICOCAとPiTaPaなど多摩モノレールに乗ることができるようになりました。 Kitaca、TOICA、manaca、SUGOCA、nimoca、はやかけんも同じく可能になっています。 manaca エムアイシーと名古屋交通開発機構発行: 名古屋市交通局、 名古屋鉄道、名鉄バス、 名古屋臨海高速鉄道、 名古屋ガイドウェイバス、 豊橋鉄道、愛知高速交通 (愛知県専用) マナカマイレージポイントを展開している。 名古屋市交通局で利用するにはメリットが大きい。 (割引など) 名鉄ミューズカードは名鉄を利用するにはお得、ポイント二重どりができる。 クレジットチャージに唯一対応。 TOICA JR東海発行: JR東海エリア 新幹線を利用するには利便性が高い、「エクスプレス予約」「プラスEX(中止)」「スマートEX」などとのコラボ。 定期券機能の追加、更新ができる。 TOICA定期券で新幹線の自由席に乗れます。 Kitaca JR北海道発行: JR北海道エリア みどりの窓口でのみクレジットカード支払いによるチャージができる。 (イオンカードKitaca、JRタワースクエアカードなどの提携カードで0. 5%ほどポイントがつきます) SAPICA 札幌ICカード協議会発行: 札幌の地下鉄・バス・市電 SAPICAエリア以外では使えない(相互利用に加盟せず) 地下鉄・バス・市電でのポイント還元率は10.0%(切符購入、乗り越し精算) スポンサーリンク クレジットカードと紐づけしてオートチャージができる。 nimoca 株式会社ニモカ発行: 九州エリア 福岡、大分、熊本、佐賀、宮崎)私鉄やバス nimocaポイント展開(乗車でポイント貯まります、オートチャージでクレジットポイント獲得、加盟店でもお買い物で貯まる) 一体型のクレジットカードや多機能nimocaも多く発行されている。 乗車すればするほどポイントが貯まる。 SUGOCAよりもポイント還元率が若干劣ります。 SUGOCA JR九州発行: JR九州エリア(北九州モノレールでも可) SUGOCAポイント展開。 (乗車で1%のポイント貯まります、オートチャージでクレジットポイント獲得、加盟店でもお買い物で貯まる) JQ CARD セゾンは SUGOCAオートチャージ機能やアミュプラザでいつも5%Offの特典あり。 イオンSUGOCAカードだけが永年年会費無料。 はやかけん 福岡市交通局発行: 福岡市地下鉄ほか 福岡市地下鉄の月間利用金額に対して2%の「乗車ポイント」が還元されます。 (合計金額に応じてボーナスポイントあり) 以上が11種類のICカードの特徴の概略です。 *全てのICカードで共通の利用規制は エリアをまたいでの使用は不可 (例:Suicaエリアの熱海駅から乗車してTOICAエリアの沼津駅で降りることができない) こういう場合は事前にまたぐ部分の切符をICカードで券売機で購入する。 オートチャージができるのは本来のエリアのみ(モバイルSuica以外) 以上のことにより判断すると Suicaが一番良いと思われます。 まとめ 交通系ICカードではSuicaが一番いいことがわかりました。 その理由などを以下に示します。 以前はICOCAが一番いいとされていました、 なぜなら、昔はスルッとKANSAI協議会に加盟する16のバス事業者がICOCAとPiTaPa以外では使用不可だったのが 2016年春に使用可に変わった。 つまり昔は一部だけだったバス事業者が全てのバス事業者でも相互利用可になったことで10種のエリアで使える。 (iPhone7以降のiPhoneなどでも対応) Suica一体型のクレジットカードも多く発行されている。 電子マネーの加盟店数はトップクラス、多くのお店や自動販売機で使える。 注意 SuicaポイントのJRE POINTへの移行に伴い、平成29年10月31日よりSuicaポイントクラブが無くなります。 Suicaポイントでの自宅でのチャージはできなくなります。 今はJRE POINTで自宅でチャージできるようになっています。 今までも、いろいろ少しずつ変更されてきました、これからも変更箇所が出てくると思います、 でも、今の優位性は発行枚数が多いカードだから出来ている面もあるでしょう、 今後も有利に推移していくと思われます。 Suicaとアップルの提携でぶっちぎり状態です。 (各地方の割引制度などは他のカードで利用したいですけどね) 交通系ICカードはSuicaということでよろしいのではないでしょうか。 新たな展開になってます。

次の