もち吉 苫小牧。 『美味しい!でもしょっぱい。 しょっぱい!でも美味しい!』by うさのママ : もち吉 苫小牧店

もち吉のビスチョコ畑の販売期間はいつまで?値段や味の口コミも紹介!

もち吉 苫小牧

1929年、自然豊かな福岡県直方市の地に、もち吉は誕生いたしました。 創業から今日まで、全国のお客様に、こだわりの米・素材ともち吉職人の技によって作られた、美味しいおせんべい・あられをお届けしています。 創業以来もち吉が守り抜いていること、それは、こだわりであるおせんべい・あられの原料となる米はすべて国内産を使用していることです。 多くのお客様に美味しいと満足していただくため、原料選びにはとてもこだわっています。 国内産ならではのゆたかな風味、焼いた時のほどよいふくらみ具合、サクサクッとした食感。 ひとくち食べた瞬間、稲穂の揺れる田んぼの風景が見えてくるような、思わず笑顔がこぼれるような、ほっとする味わいです。 作りたてのおせんべい・あられをまっすぐお客様にお届けできるよう、熟練の職人たちは米への深い感謝をこめて、今日も変わらぬ美味しさを作り続けています。 お届けしたいのは、「うれしいおいしさ」。 そんな味を追い求めていたもち吉の創業者・森田長吉は、あるときそれまでにない食感のせんべいに出会いました。 このせんべいに運命的なインスピレーションを感じた長吉は、社員たちとともに、新しいせんべいの開発に挑みました。 原料の米を、一般に使われていたものより格段に高級なものとし、きめの細かい粉に挽く方法を改善、水・蒸し方・練り方・乾燥などにも試行錯誤を繰り返し、ついに、それまで主流だった関東の堅焼せんべいとはまったく異なるソフトな口どけのせんべいの完成に至りました。 適度な厚みがあるのにサクッとしたほどよい歯ごたえ、米粉が空気を含んで、香ばしく焼きあげられた自然な甘み。 「これなら、小さなお子様からお年寄りまで、どの世代の方にもおいしく味わっていただけるに違いない」。 当時の社員たちは、手を叩き、肩を抱き合って喜びあったといいます。 長いせんべいの歴史に新しい風を吹き込み、もち吉に大きな転機をもたらした最初の自信作「餅のおまつり」は、こうして誕生したのです。 SPA製造小売業 最高の素材にこだわれる理由があります。 商品がお客様のもとに届くまでのさまざまな業務を自社でマネジメントし、圧縮したコストをつねに品質向上にフィードバックする。 すべてに本物を使うもち吉の、「最高の素材にこだわれる理由」が、ここにあります。 もち吉は、「お客様の顔が見える、マーケットの声が聞こえること」を大切に考えています。 お客様と直接の接点をもつことによって、ニーズ・ご要望にそった商品開発が可能に。 お客様が欲しいと思う商品を、適正な数量、店頭に揃えることをめざす販売体制を構築。 通信販売、直営店の全国展開、インターネット販売など、それぞれの販売チャネルの強化をすすめています。 直営店をはじめとしたお客様とのふれあいで得られたお客様の声は、商品開発はもちろん調達・製造・物流部門にもフィードバックされます。 お客様ニーズの共有は「お客様満足(CS)」向上の要です。 (写真は中津店) Supply Chain供給計画 いち早く新鮮なままお客様のもとへ。 もち吉は、一切卸売を行っていません。 だから、自信と責任をもって「いち早く新鮮なままお客様のもとへ」安全な商品をお届けできるのです。 もち吉は、工場から出荷された商品が店頭に並ぶまでのリードタイムの短縮に努めています。 Direct Managed Retail Store直営店 地域の皆様に愛される店に。 昭和63年に直営1号となる直方本店を開店以来、もち吉は全国に店舗展開を続けています。 もち吉の店舗運営のいちばんの特徴は、直営へのこだわり。 全国に214店舗(平成28年6月現在)あるお店のすべてが直営店です。 全店とも、お子様からお年寄りまですべての方が、楽しい時間を過ごし、幸せな気持ちになれる店をめざしています。 これからも日本全国どの街でも、地域の皆様から愛される「あなたの街のもち吉」の展開をすすめていきます。 どの商品を揃え、どう並べるのかというきめ細やかな店頭戦略を店ごとに打ち出し、実現できるのは直営店ならではのこと。 新しいおいしさに出会っていただけるよう、店内では試食もできます。 (写真は銀座本店) Direct Marketing通信販売 お電話1本で、「もちだんご村」から全国へ。 全国でできたての商品をお買い求めいただける通信販売は、もち吉が卸を一切しない「製造直販=つくって売る企業」としてスタートしたとき以来の販売形態として、店舗展開に先駆けてその体制を確立してきました。 お声の調子などにも心配りをし、つねにお客様の立場に立ったコミュニケーションを心がけています。 E-Commerceインターネット販売 心の通う、あたたかいつながりを大切に。 「欲しい」と思っても近くにお店がなかったり、仕事帰りにお店が開いていなかったり、そんな不便を解消してくれるインターネット販売。 近年お客様からのご要望が増大しており、私たちは、その体制整備とシステムの強化拡大をいっそうすすめていきたいと考えています。 これまでに築き上げたお客様とのご縁を大切に、心が通ったあたたかいつながりを、ここでも築いていきたいと思います。 インターネットもお客様との大切な接点。 ご予算だけでなく、味や食感、ご用途でお選びいただけるよう商品の選び方ガイドも充実しています。 もちだんご村 春には一面の菜の花がひろがり、秋には約500万本のコスモスで埋め尽くされる…。 四季折々の自然に恵まれた広大な敷地に広がるのが、もち吉のふるさと「もちだんご村」です。 小さなお子様からお年寄りまで皆様に親しまれるこの憩いの場では、焼きたてのせんべいやあられを試食・ご購入いただけるほか、深い地層から湧き出る天然水を「力水」として、地域の方や「もちだんご村」を訪れる方に安価で提供しております。 この「もちだんご村」には、現在さらなる構想が進行中。 さまざまな施設を整備・拡充して、直方「もちだんご村」観光を多くの方にいっそうお楽しみいただける場としていきます。 もち吉の夢と挑戦をリードする本店。 焼きたて商品の試食・ご購入コーナーの他、ホッと一息つける休憩処もご用意。 餅乃神社 もち吉の住所として表記される「福岡県直方市下境2400番地 字餅米もちだんご村 餅乃神社前」。 餅乃神社は、この由緒ある土地に、お客様のご健康とご繁栄、地域の発展、そして、「餅を愛し 餅に生きる」というもち吉の米菓づくりへの想いを込めて建立されました。 毎月二日には、「安全祈願祭」を開催し、ものづくりの安全と精進を祈願しています。 餅乃神社で毎月執り行われる「安全祈願祭」には、地域の方々をはじめ多くの方々が参拝に訪れ、賑わいをみせます。 地域とともに もち吉は、地域と足並みを揃えて、ともに栄える企業であることを大切にしています。 地元の人々とともに生き、ともに歩んでいくことが地域に根ざすもち吉の使命です。 これまで私たちは、地域の皆様に向けて、年初めの「大鏡餅びらき」や春の「もち吉菜の花ウォーク」などを開催してまいりました。 これからも、地域に対して積極的に貢献し、さまざまなかたちでお役に立ちたいと考えています。 働く人ひとりひとりが笑顔で、いきいきと働ける職場であること。 「うれしいおいしさ」は、そんな職場から生まれます。 私どもの企業理念は「お客様の喜びを求めて汗を流す」ということです。 「もち屋」に生まれた私は、餅を愛し、まさに餅一筋に生きて参りました。 米菓づくりの伝統を守り、つねに素材である米と水、さらに技術の向上に心を砕き、吟味し、研鑽を重ね、本物だけをお客様にお届けすべく、日夜精進を続けて参ったのです。 その成果として、永らくお客様からご愛顧いただける商品を次々と世に送り出すことができました。 しかしながら、米菓づくりの道は奥が深く、さらなる努力が必要と、肝に銘じております。 時代とともにお客様のニーズも多様化して参りました。 だからこそ本物の味が求められるのです。 また、もち吉ならではの製造直販システムを活かし、新鮮でいいものをいち早く全国のお客様にお届けするための努力をして参ります。 さらに、福岡県直方の自然豊かな広大な地に、「もちだんご村」の夢を描いて、お客様に訪れていただき、四季折々に手づくりのあられ、おせんべいをご賞味いただくだけでなく、今後いっそう出会いや癒しを満喫していただけるよう尽力していく所存です。 もち吉は、これからも過去の実績に安住することなく、ますますチャレンジ精神を燃やし、将来を担う若い力を結集して、全社一丸となって「お客様の喜びを求めて汗を流して」参ります。 予めご了承ください。

次の

『もち吉さんと言えば』by kimumiyu : もち吉 苫小牧店

もち吉 苫小牧

所用で苫小牧に行きました。 食べログで検索したもち吉へ。 札幌に支店があるのは知っていましたが食べたことがなく、あの有名な「もちのお祭り」の店だとは知りませんでした。 夫も、何度も通りかかっているけれど、今回中に入るまで一久のような大福系の餅屋だと思っていたそうです。 中に入ると所狭しと色々な種類のおかきが並んでいます。 試食も数種あります。 さらにはお茶までくれます。 おちょこのように小さい湯飲みですが・笑 それにしてもあまりに種類があり過ぎて迷います。 入り口に壊れが2袋500円くらいであったので4袋、他に2袋買って親と分けました。 まずは「餅のお祭り・醤油」を。 壊れと言っていますが、ほとんどは壊れていないように見えました。 それにどうせ割って食べますしね。 噛み心地がさっくりと軽い! 実に美味しいです。 美味しいけれどしょっぱくて、私は1枚でノックアウト。 チョコレートがかかっているのも海老マヨも、とても美味しいけれど、塩分がきついです。 一番気に入ったのは、ふくよか餅サラダ・アーモンド入りです。 でもこれもやはりあとからジワ~っと塩が効いてきて、舌がヒリヒリになります。 3個が限度でした。 笑 餅のお祭り・サラダと太陽の輝きは親にあげたので食べていません。 私より塩分に強い夫や親は、とても気に入り何枚も食べられ、止まらなくなります。 苫小牧に行ったらまた買ってきたいですね。 贈答用の箱入りもありましたが、自宅用なら壊れがCP抜群です。

次の

地図 : もち吉 苫小牧店

もち吉 苫小牧

もち吉のビスチョコ畑の販売期間はいつまで? もち吉のビスチョコ畑は毎年の販売期間で直径約11センチの巨大なビスケットになっているのです。 もち吉が販売しています、そして製造しているのは大阪の前田製菓です。 大阪の前田製菓の名前を見ると、懐かしい時代劇風コメディの「てなもんや三度笠」を思い出すと思います、有名になった俳優の藤田まことさんが言ってた「俺がこんなに強いのも、あたり前田のクラッカー! 」だったのです。 クラッカーを聞くと食べてみたいと思うのは年代の方なのです。 今回はクラッカーではなく、とても美味しいビスケットのビスチョコ畑を紹介します。 もち吉のビスチョコ畑の2019年は販売期間が10月31日21:00~11月21日までになっています。 そして、もち吉ネット本店でもち吉のビスチョコ畑が買えないので、もち吉の店舗で買うしかできないのです。 私は兵庫県西宮市に住んでいるので、もち吉西宮店で買いました。 」の大阪の前田製菓で、チョコレートサンドビスケットリサーチの商品を確認しれば分かります、でも購入すると手数料がいりますので判断してください。 >> もち吉のビスチョコ畑の値段はいくら? もち吉の西宮店で購入したので、ビスチョコ畑の値段は151円になっています。 実際には値段が140円で消費税が11円になっています。 ビスチョコ畑の2019年2月は2枚入って1袋120円で消費税が9円でした。 「ビスチョコ畑」のチョコサンドのビスケットがとても美味しいけど、値段は少しずつ上がっていくみたいです。 もち吉のビスチョコ畑の味の口コミを紹介! 私が食べる時のもち吉のビスチョコ畑を伝えます、結構美味しいです。 まずに食べるのはもち吉のビスチョコ畑の袋を開けてそのまま食べます、でもそのまま全部食べると結構大きいです。 次には牛乳を飲みながらビスチョコ畑を食べると結構美味しいです、牛乳とビスチョコ畑のチョコが美味しかったでした。 ビスチョコ畑ではチョコはそんなに多くないし、ビスケットは厚いので、朝食で食べるかも。 ついでに一度コーヒー牛乳を飲みながらビスチョコ畑を食べましたけど、不味くはないけど次は食べないと思います。 最後にはブラックのコーヒーを飲みながら食べました、ちょっとだけ皿にビスチョコ畑を置くと、3時の休憩でコーヒーを飲むとビスチョコ畑は美味しかったでした。 もち吉のビスチョコ畑は袋に2枚入って、素朴の味がしてビスケット2枚の間にチョコレートが挟まっているのです。 ビスケットとチョコを同時に畑で食べるみたいな「ビスチョコ畑」ではいろいろ遊べます。 ビスチョコ畑の直径は約11センチで巨大のビスケットになってるので、珍しく有名なお菓子です。 もち吉のビスチョコ畑の味を聞く口コミでも懐かしいビスケットと多くの方が言われてますし、 サクサクとした昔の懐かし味のビスケットで、ほどよい甘さのチョコがサンドされていて素朴ながらです。 「あたり前田のクラッカー」の大阪の前田製菓が製造してるので、懐かしいと思ってしまうのです。 もち吉のビスチョコ畑は新しい巨大のビスケットとパッケージの子供っぽい絵も可愛いです。 素朴の味でチョコレートサンドビスケットではいろいろ食べます。 そのまま食べるのは当然でコーヒーを飲みながら食べる、わりと牛乳とも合います。 食べ方も結構多いので、半分位がちょうどいいので、二日に分けて食べています。 それにすると何日か食べるのもいいです。 だって、素朴なんだけれども、何ともクセになる美味さなのです。 ネットの口コミではサクサクと歯切れの良い食感のビスケットと、甘さ控えめのチョコとのハーモニーが絶妙と言われる方もよく分ります。 毎年10月末位から買えるのです、期間限定終わるまで買えます。 もち吉のビスチョコ畑のまとめ もち吉のビスチョコ畑は多くの方は食べているのです。 秋から冬には食べてみたいですね、もち吉の西宮店では売っているので買えます。 在庫が終われば、販売期間も終了しちゃいます、なるべく早く買っておきましょう。

次の