安西 先生 バスケ が。 スラムダンク三井が不良化したのは安西先生が無能でクズだから

安西智和

安西 先生 バスケ が

あきらめたらそこで試合終了ですよ:スラムダンクの名言 スラムダンクでもっとも有名な名言 スラムダンク 第69話「WISH」より引用 「あきらめたらそこで試合終了ですよ」が使われた背景 中学生の神奈川県大会決勝で、 残り数秒で逆転シュートを決めてMVP選手に選ばれた三井寿。 彼は県の最優秀選手に選ばれたにも関わらず、弱小バスケットボール部がある 湘北高校に入学します。 その理由は県大会決勝で勝利を諦めかけたとき、湘北高校バスケットボール部顧問の安西先生に、 「 あきらめたら試合終了だよ」と言われたからです。 この言葉に救われ、三井寿は逆転シュートを決め、県大会優勝を果たします。 そのことが切っ掛けで、 安西先生の下でバスケがしたいと決意し、弱小高校である湘北高校へ入学します。 三井は湘北高校で全国制覇を果たし、安西先生に恩返しすることを目標として練習に励み、 同学年で同じバスケ部に入学した赤木や小暮と出会います。 入部してすぐに一年生の実力を測るために催された1年生対抗試合で、 三井はMVP選手としての実力を存分に発揮しますが、試合の最中、膝に激痛が走り、しばし入院することとなってしまいます。 「あきらめたら試合終了だよ」 この言葉を胸に、湘北高校バスケ部へ復帰を果たしますが、 膝の痛みが再発し、またも入院してしまうこととなりました。 インターハイ予選には間に合うことができず、同級生である赤木が試合に出ているところを目の当たりにし、 その日を最後に、 三井は湘北高校バスケットボール部から姿を消してしまいます。 バスケットボールを題材にした漫画で金字塔を打ち立てたスラムダンクにて、最も有名な名言です。 セットで使われるもう1つの名言。 「安西先生・・・バスケがしたいです。 」 後々、湘北高校バスケ部で主要メンバーとなる三井寿。 彼は安西先生の「 あきらめたら試合終了だよ」という言葉を胸に、赤木や小暮と同じ全国制覇の夢を持ちますが、 怪我によってインターハイ予選に出ることができず、安西先生の期待を裏切ってしまったと考えてしまい、 そんな自分を許せずに、不良の道を歩んでしまいます。 2年の宮城や主人公の桜木を潰すために体育館へ足を踏み入れ、バスケ部を壊そうとしますが、 それはバスケット選手として期待されている宮城や桜木に悔しさを感じ、期待に応えられなかった自分が許せなかったからだと思われます。 不良仲間の堀田から「本当はバスケ部に戻りたいんじゃ・・・」 小暮から「何が全国制覇だ・・・何が日本一だ!!何が湘北を強くしてやるだ!!夢見させるようなことを言うな!」 宮城から「三井さん、いちばん過去にこだわってんのはアンタだろ」 彼らの問いかけに心が揺れ、そこに恩師である安西先生が登場し、今まで三井が心にため込んでいた思いが溢れ、 この台詞をいいます。 「 安西先生・・・バスケがしたいです。 」 道を踏み外してしまってからずっと心の奥底にあった思い。 様々な紆余曲折がありましたが、三井はこの時を境に、またバスケ部へ復帰するのです。 三年である彼に残された時間は少ないですが、 「あきらめたら試合終了だよ」 この言葉を信念とし、湘北高校バスケ部の3ポイントシューターとして、バスケ部には無くてはならない存在になります。

次の

「安西先生・・・バスケがしたいです」バスケスーパーダンク珍プレー好プレー74連発!

安西 先生 バスケ が

もくじ• それは何故でしょうか? 大学バスケ界でも活躍した名監督の安西先生が 指導せず放置していたから1回戦負けのチームのままだったのではないでしょうか。 それは、ゴリのやり方についていけなかったから。 ゴリは部内で浮いていた(武士すぎて) これは作中にも描かれていますが、バスケ部員からこんなことを言われています。 「山王工業に挑戦したいなら、海南にでもいけばいいだろ。 ここは神奈川県立湘北高校だぜ。 取り立てて何のとりえもない…フツーの高校生が集まるところさ。 強要するなよ 全国制覇なんて。 お前とバスケやるの息苦しいよ」 安西先生がちゃんと指導して部員たちをまとめていたら、やる気のないバスケ部員がゴリに投げ飛ばされることもなかったでしょう。 そのせいで、ゴリとメガネ君しか残らなかったということが考えられます。 「お前のためにチームがあるんじゃねぇ。 チームのためにお前がいるんだ」という考えの先生とは思えない行動ですね。 実際は三井・宮城・流川のリクルートには失敗しているけれど、陵南高校を強くするために頑張っていたと言える。 一方、安西先生は「うちは公立だから・・・」と言って全くその気を見せないシマツ。 そもそも公立高校は、そういうことはしないのかもしれないけれど、その辺のことは分からない。 明らかに監督としても指導者としてもやる気がないとしか思えない行動です。 1回戦負けの湘北に中学MVPという逸材が入ってきたわけですし、長身の赤木も入り監督としては嬉しいできごとでしょう。 その後、ミッチーは膝のケガをきっかけに復帰が遅れる事態になります。 結果、赤木は徐々にバスケ部で活躍し注目されるなか、復帰できない現実を突きつけられ、ミッチーはバスケ部から姿を消した。 その成れの果てが長髪不良にまで落ちぶれた 「女男ミッチー」 ケガをしたミッチーのフォローを安西先生がしていれば、三井はバスケ部を去りグレて不良になるところまではいかなかったと思います。 中学MVP男ミッチーこと三井寿は安西先生がいるから湘北に入ってきたのです。 他の強豪校の勧誘を断って安西先生目当てで湘北に入ってきたわけです。 中学MVPの実力者であり「目標は全国制覇です」と言い切る男なのですよ。 それだけの強い気持ちがあり、将来有望な才能あふれる選手を放置して腐らせた罪は重い。 鉄男とともにバスケ部を潰しにきた三井を発見した時、安西先生は「おや?君は・・・」と発言をしています。 ということは、三井のことなんて全然考えてなかったということが言えます。 本当に湘北バスケ部を強くしようと考えているならば三井の力は絶対に必要です。 彼が部に戻りやすいように働きかけることくらい名将安西なら容易いことでしょう。 安西先生は、山王戦直前や試合中に的確なアドバイスで湘北メンバーの気持ちを見事にコントロールすることに成功しています。 こういったところから 監督として能力がないのではなく、やる気を出さずに見捨てたということが分かります。 実は本編では描かれていないだけで、三井がバスケ部から離れないように監督として何かしたのかもしれないけれど・・・ 仮にそうだとしたら、三井が安西先生を一目見ただけで泣き崩れるシーンにはならないのではないかと思います。 おそらく、絶大な信頼をおく安西先生に「バスケ部には君が必要だ」的なことを言われたら三井はバスケ部に戻っていたと思う。 三井がグレたせいで宮城がリンチされて入院することになったんだから、宮城のブランク期間をつくったことにもなる。 そう考えると、 安西先生は三井をあえて放置して腐らせた無能監督と言わざるを得ない。 それに彼らは特別な個性など何もない選手扱いとなっていることから、ほとんど指導などされていなかったことが考えられます。 桜木や流川が入ってきて、このチームなら強くできると思ったからやる気を出し始めたのでしょう。 ところが、安西先生は流川の自分勝手なところは放置したまま。 谷沢の時の失敗をまた繰り返すというシマツ。 これは明らかに無能としか言いようがない。 安西先生がちゃんと指導していれば、山王戦の前に流川の強化とともに湘北チーム力の底上げができていたはずだ。 赤木、いつまでも夢見てるんじゃねぇよ。 」 こう思っていたから三井を放置して腐らせ、ほとんど練習にも顔を出さなかったのではないかという結論に至りました。 安西 「基本的にはキャプテンの赤木君に任せます(せいぜい全国制覇を目指して頑張りたまえ。 無理だろうけどな)」 だから、練習にもたまにしか顔を出さない。 赤木3年時 赤木・宮城・流川・桜木と良い逸材が入ってきたことをきっかけに 「このメンバーだったら、そこそこいいところ目指せるか。 よし、そろそろ指導してやるか。 」 となった感じがしてならない。 その豊玉対策は何も指導していなかったように思われる。 安西先生は豊玉戦の際、相手のラフプレイでイラつき、暴走気味だった赤木・宮城に対してこんなコメントをしています。 宮城に対し 「相手の安い挑発に乗って独り相撲のポイントガード」 赤木に対し 「予想された徹底マークに意地になって無謀な攻めを繰り返す主将」 もし事前に豊玉のビデオを見ていたらラフプレイをしてくることや、藤真が南に 「ゴッ」 されていることから、流川が狙われる可能性を考えておくことができたはず。 海南の牧ですら流川に「あいつ(南)には気をつけろ」と言っているのに、監督は何もしていないという事実。 実際、流川が南に 「ゴッ」 された後も予想外に活躍し続けたことと、南が絶不調になったことが重ならなかったら翔陽のように負けていたかもしれない。 「全国制覇とは、口だけの目標かね」 そんな偉そうなことを言うくせに、勝てるように準備・指導をしていない安西先生はどうなんだ。 この点は監督として、素晴らしい働きをしたと思う。 ただ、山王対策に関しては完全にアウトな行動だといえる。 毎年優勝し続けている王者山王の対策は前日にどうにかなるものではない。 そのせいで一気に点差が開き、湘北を壊滅させるほどのダメージを負わせた罪は重い。 一方、海南の高頭監督は「うちのように山王のゾーンプレス対策をしていなくては勝てない」と発言していた。 その場で指示を出せば何とかなると思ったのか? 山王は行き当たりばったりの作戦で挑むような相手ではないことくらい分かっていたはず。 選手が自信喪失すると思ってビデオを見せなかったというような発言がありました。 ということは、 湘北メンバーでは山王に勝てないと監督が思ってしまっていると言える。 「君たちは強い」と選手には言いながら、選手のことを信じていないということが現れている。 その上、桜木が動けなくなったことをきっかけに「監督失格です」と自ら認めながらも、桜木の 再出場を止めないという選択。 結果、桜木は数ヶ月の戦線離脱のリハビリ生活となった。 これは結果的に再出場していなくても同じことになっていたかもしれないけれど、そこはしっかり止めないとダメでしょ。 安西監督は無能! 結論 谷沢をうまく指導できず素晴らしい素材をダメにした経験がありながら、三井で同じ過ちを繰り返した安西先生。 正確には同じ過ちではないけれども。 「まるで成長していない」のは谷沢よりも安西先生の方だった。

次の

スラムダンク安西先生が無能なクズ監督である理由を徹底解説!

安西 先生 バスケ が

「あきらめたら そこで試合終了ですよ…?」 安西監督(湘北バスケ部) 「私だけかね…? まだ勝てると思っているのは…… あきらめる? あきらめたら そこで試合終了ですよ…?」 出典:『スラムダンク 第27巻』、井上雄彦、集英社、P147~148より 残り時間 11分41秒、22点差で負けている状況での、安西先生の言葉です。 この時、安西先生以外、負けると思い込んでいました。 しかし、安西先生は花道へ、花道からレギュラーへ、(まだ勝てる)という念いを伝えていきます。 いまや漫画界の巨匠・井上雄彦。 その最も有名な作品ともいえる『スラムダンク』のなかから、勝手に家訓として安西先生の名言を紹介させていただきます。 『週刊少年ジャンプ』にて、1990年(42号)から1996年(27号)にかけて全276話にわたり連載され、アニメやゲームも制作された 主人公の不良少年桜木花道の挑戦と成長を軸にしたバスケットボール漫画。 単行本第21 -23巻の初版発行部数250万部は、当時としての最高記録である。 2013年時点の累計発行部数は完全版を含め、国内で1億2029万部。 『ダ・ヴィンチ』調べによる漫画家、評論家、書店員、読者の総勢808人が選んだ漫画史50年の中のコミックランキングで第1位に選出。 ジャンプ歴代最高部数653万部を達成した1995年3 - 4号で巻頭オールカラーを飾り、最終回となる1996年27号では表紙、巻頭カラーを飾った。 なお、最終回で表紙を飾るのは、40年以上のジャンプ史における現在でも、史上唯一の作品となっている。 元・全日本の選手でとても穏やかな性格だが、湘北高校の前にいた大学監督時代は鬼指導者であり、ホワイトヘアードデビル 白髪鬼 と呼ばれ恐れられていた。 しかし目にかけていた教え子が反発して安西の元を離れた結果、挫折して死亡した経験から大学界を去り、高校で指導をしている。 今の穏やかな性格はこのことがキッカケであり、今はホワイトヘアードブッダ 白髪仏 と呼ばれている。 その指導力から敵将にも「安西先生」と呼ばれるほど尊敬されており、彼の人物的な魅力から三井寿と宮城リョータは無名の湘北高校に入学するほどだった。 普段は練習などには滅多に口出しせず、「おーう、やっとるか」と顔を出したら後はぼーっと見ているだけだが、その間に選手の素質などを見抜いている。 試合ではここぞとばかりの時にしか動かないので「置物」扱いされることも。 名台詞の宝庫と呼ばれるほどの大物キャラ。 中でも代表されるのが「あきらめたらそこで試合終了だよ」や「まるで成長していない………」。 安西先生本人の台詞ではないが三井寿の「安西先生、バスケがしたいです」も有名。

次の