楽天カード 還元率。 楽天カードの還元率、ポイント付与ルールと、還元方法のまとめ

【朗報】楽天ペイが7月から還元率が最大1.5%に変更、楽天カードは必須

楽天カード 還元率

7月から楽天ペイの還元率が最大1. しかし、7月からの改定では、 楽天カードを紐づけることで、還元率が最大1. 今回は、7月からの楽天ペイの還元率変更について解説します。 最大1. 楽天カードからのチャージで0. 楽天ペイで支払う場合は、 支払い方法を楽天キャッシュに設定しておくことが必要です。 ちなみに、楽天キャッシュとは、楽天ペイにチャージした残高を指します。 楽天キャッシュは、楽天カード、楽天銀行からチャージすることができます。 また、ラクマの売上金を楽天キャッシュに移し変えることも可能です。 とりあえず、楽天カードを発行し、楽天キャッシュにチャージしてから利用するようにしてください。 楽天カードの発行は 楽天キャッシュにチャージして楽天ポイント山分け 同時に7月から 「楽天キャッシュへチャージ&楽天ペイアプリでのお支払いで100万ポイント山分けプレゼント!」キャンペーンが開始されます。 キャンペーンはなので、注意してください。 楽天ペイで貯めた楽天ポイントを利用する場合は、楽天会員でログインし、会員情報を紐づける必要があります。 また、楽天カード以外での支払いは、還元対象外です。 この手法だと、楽天カードから楽天キャッシュにチャージした手法よりも、 還元率が0. 楽天カードを紐づけた場合は、一度楽天キャッシュにチャージして、楽天キャッシュで支払うことをオススメします。 楽天カードの発行は.

次の

楽天カードのポイント還元率アップ方法まとめ!SPU、楽天市場で最大16倍

楽天カード 還元率

楽天グループで使うことのできる電子マネーを「 楽天Edy 」と言います。 電子マネーと言っても多種多様な商品がありますが、楽天Edyは プリペイド型の電子マネーで、タッチするだけで簡単に支払いをする事が出来ます。 プリペイド型なので、自分で支払いたい額や、上限額を設定する事が出来ます。 そのため、一体何にいくら使ったかが解らない・今月の予算を越えてしまったと言った使いすぎを防ぐ事が出来ます。 それが楽天Edyのメリットです。 楽天Edyはインターネットサイトの楽天市場だけではなく、サークルK・セブンイレブン・LAWSONといったコンビニエンスストアから、紀伊国屋書店・ヨドバシカメラ・マツモトキヨシといった各種店舗で取り扱いをしています。 全国40万か所以上の店舗で利用する事が出来るため、インターネット上だけではなく、実際の店舗で利用する事が出来るのです。 楽天Edyの利用方法は、おさいふケータイ・Edyカード・Edyカード+iPhone・Edy機能付き楽天カードの4種類があります。 Edyカード Edyカードでは、実際にカードにチャージをして、各店舗でカードをかざす、もしくはUSB型のカードリーダー「パソリ」をパソコンに差し込んだものにカードをかざすことで、インターネット上での利用が可能になります。 Edyカードは楽天Edy市場で購入する事が出来ます。 Edyカード+iPhone 楽天Edyは無料でダウンロードできるiPhone向けのアプリ 「Edyカード用楽天Edyアプリ」の提供を始めました。 このアプリでは残高確認や利用経歴の確認など、 おサイフケータイに発行されたもの以外を利用できます。 また、「キャッシュレス・消費者還元事業」で還元されるEdyもアプリ上で受け取り可能です。 Edy機能付き楽天カード Edy機能付き楽天カードでは、クレジットカードの楽天カードにEdy機能を付帯する事によって、楽天カードの機能もEdyの機能も合わせて使う事が出来ます。 楽天Edyは全国のコンビニエンスストアでチャージする事が出来ます。 また、 Edyチャージャーと呼ばれる楽天Edyに現金でチャージする事の出来る機械を設置している店舗もあるため、お金を入れておきたいと思った時に便利に活用する事が出来ます。 その他にもクレジットカード等でチャージする方法もあります。 楽天Edyのチャージ方法一覧 チャージの方法 おさいふケータイ Edyカード Edyカード+iPhone 現金 楽天Edyを利用すると200円=1ポイントが付与されます。 さらに、楽天の実施するキャンペーン期間にエントリーすると、もっとお得にポイントを貯める事が出来ます。 その他にも楽天グループの利用で楽天スーパーポイントを貯める事が出来ます。 楽天グループは美容や銀行、書店やオークションと言った多岐にわたる商品の展開をしており、お買い物の幅も広がり、重たい荷物や日用品をわざわざ持って帰らなくても、もしくは遠方の店舗で買う手間を省いて、直接家に届くサービスを利用する事が出来るため、お得なだけではなく、効率の良いお買い物も可能に。 さらに貯まった楽天スーパーポイントは、 1ポイント=1円 で楽天グループでのお買い物に使えます。 少しずつ使う事も、まとめて使う事も出来るため、普段使いで少しずつ貯まったポイントで旅行へ行ったり、好きなアーティストのコンサートやスポーツ観戦チケットを購入する事も出来ます。 楽天スーパーポイントを貯める・使える楽天グループは以下の通りです。 moraえるモールでは、サイトを経由してお買い物をする事でポイントを貰う事が出来たり、無料でサイトに登録する事でポイントバックが行われたり、毎日行われるスゴロクゲームでポイントが当たったりします。 moraえるモールでは「ポイント3重取り」のシステムがあり、まずユーザーがあらかじめmoraえるモールでEdy利用の際に還元して欲しいポイントを決定しておきます。 ユーザーがあらかじめ選択出来るポイントは、以下の通りです。 ・楽天スーパーポイント ・ANAのマイル ・Ponta ・Edyでコイン ・WALLET ポイント ・Tポイント ・ヨドバシゴールドポイント ・ヤマダポイント ・エポスポイント ・ベルメゾンポイント ・ビックポイント ・プレミアムドライバーズカード ・マツモトキヨシ ・エディオンポイント moraえるモールで貯まったポイントは、1ポイント=1円として換算されるため、楽天Edy・楽天カードと合わせることで、お得に利用する事が出来るのです。 まず楽天カードを利用してEdyにチャージすると、 楽天から200円のチャージで1ポイントを獲得する事が出来ます。 次に 楽天Edyでのお買い物200円につき楽天から1ポイント貰えます。 そしてmoraえるモールを経由してお買い物をする事で、 moraえるモールからユーザーの選んだポイントでポイント還元をされるので、 3倍のポイントを獲得する事も可能なのです。 (例)楽天Edyに楽天カードで200円のチャージをする 楽天スーパーポイント1ポイントを獲得 (例)moraえるモールで還元ポイントを楽天スーパーポイントに設定し、moraえるモール経由で200円のお買い物をする 楽天スーパーポイント1ポイントを獲得 (例)楽天Edyで200円の支払いをする 楽天スーパーポイントを1ポイントを獲得 200円のお買い物で合計3ポイントを獲得 クレジットカードとの合わせ技 楽天Edyを利用する際に、クレジットカードを利用するととてもお得にポイントが貯められますが、 効率良く貯めるにはクレジットカードの選び方も大切です。 楽天Edyを利用した時の楽天カードとリクルートカードを比較して検討してみましょう。 楽天カードのメリット ・年会費が無料 ・お買い物額の1%のポイント還元 ・楽天市場の利用でポイント還元率は3% ・楽天市場にログインする事でいつでも ポイント確認ができ、リアルタイムで還元される。 ・カードの入会と利用で、ポイントをプレゼントされる 楽天カードのデメリット ・ETCカードを利用する場合、年間550円が必要 ・WEB明細を申し込まないと、明細発行手数料84円がかかる ・ポイントの利用には最終買い物月から1年の有効期限があるため注意が必要 リクルートカードのメリット ・年会費が無料 ・カード利用額の1.2%のポイント還元 ・楽天Edyへのチャージの際は、リクルートカード利用で1.7%還元される ・リクルートポイントとPontaポイントとの相互交換が可能 (ポンタは通常1ポイント=1円だが、ローソンにある端末「Loppi」で、多種多様な商品と現金で購入するよりもお得なポイントで代えられる) ・ブランドはJCBを選べばnanacoチャージでポイントが付与され、 VISAだとEdyへのチャージでお得になる ・JCBを選択するとETCカードが無料になる リクルートカードのデメリット ・ JCBを選択するとnanacoへのチャージではポイントが付与されるが、 楽天Edyへのチャージではポイントが付与されない ・リクルートポイントの提携先がじゃらんnetやHOTPEPPER、ポンパレモールなどに限られるため多種多様とは言えない リクルートカードのポイント率は高く、一回ごとのお買い物ではなく月に利用した総額からポイントが還元されるため、切り捨てが少ない面も魅力的ではあります。 しかしカード使用ポイントのリクルートポイントの交換先がリクルートグループに限られるため、女性や若者などファッションや美容、飲食での利用が多い場合にはとても有効に利用する事が出来ますが、HOTPEPPERやポンパレを利用しない方には使い道がありません。 また、有効期限についても1年間と短い期間ではないため、 普段使いに利用していれば特に気になる程のものではないと言えます。 楽天カード新規入会&利用キャンペーンで最大7,000ポイント! 貰えるポイントの内訳は、新規入会特典として 2,000ポイント、カード利用特典として 5,000ポイントです。 ポイントを貰うための注意点 注意点として、 入会後にはかならず「楽天e-NAVI」に登録する必要があるので、入会したらすぐに登録しましょう。 半年以内でないと受け取ることができません。 1円以上からでも問題ないので、ポイントを貰い忘れないためにも早めに楽天カードを利用しましょう。 さらに、最大の注意点として、カード利用特典で貰えるポイントは「期間限定ポイント」であることを覚えておきましょう。 「期間限定ポイント」の有効期限は約10日ほどが一般的なので、7,000ポイントを貰ったら、即座に利用することが重要です。 せっかくのお得なキャンペーンなので、 最大7,000ポイントの取りこぼしが無いように入会しましょう。

次の

【2020年最新】◯◯ペイ6社+Kyashの還元率比較【クレカあり・なしでの使い分け方法も!】

楽天カード 還元率

【PR】Sponsored by 株式会社リクルートホールディングス クレジットカードのポイント還元率とは? 基本をおさらい ポイント還元率が高いマスターカードを紹介する前に、クレジットカードのポイント還元率についての基本をおさらいしておきましょう。 もしかしたら「思っていたのと違った…!」という方もいるかもしれないので、チェックしてみてください。 ポイント還元率とは「 クレジットカードの利用金額に対して、得たポイントが何円相当か」という比率のことをいいます。 クレジットカードの紹介文などで 「利用金額100円につき1ポイント」と記載されているとき、この情報だけではポイント還元率を求めることはできません。 なぜなら、利用金額100円に対して得ることができた1ポイントが、一体 何円相当かが分からないからです。 上記の情報で求めることができるのはポイント還元率ではなく 「クレジットカードの利用金額に対して得られるポイントの比率」であるポイント付与率なので、ご注意ください。 ポイント付与率ではほかのカードとの価値比較ができませんので、ご注意ください。 ポイント還元率の高いおすすめマスターカード6選 ではさっそく、ポイント還元率が高いマスターカードをご紹介していきます。 年会費が無料のものを多く紹介していますので、気軽に申込めるかと思います。 ポイント還元率が高いマスターカードをお探しの方は、ぜひ参考にしてみてください。 楽天カード 【PR】Sponsored by 楽天カード株式会社 は、楽天が発行するクレジットカードのなかで最もベーシックかつ人気のカードで、年会費は 永年無料です。 海外旅行傷害保険 最大2,000万円まで や カード盗難保険が付帯しているだけではなく、 不正利用や楽天市場における商品未着などトラブルに対するセキュリティ対策が多く備わっており安心のカードとなっています。 楽天カードでは、 100円 税別 につきが1ポイント貯まります。 ふだんネットショッピングをよく利用するという方も、 多様なサービスが揃っている楽天グループサービスにシフトすればお得にポイントを貯めることができますよ。 優待店舗は時期によって入れ替わることがありますが、常になんらかの優待店舗が用意されています。 お得にポイントを獲得するときは、楽天カード会員専用オンラインサービス 「楽天e-NAVI」からエントリーのうえ、楽天カードで支払いをするだけでOKです。 代表的な優待店舗とそのポイント倍率は、以下のとおりです。 【PR】Sponsored by 株式会社NTTドコモ はドコモが発行しているクレジットカードで、年会費は 永年無料です。 旅行保険は付帯していないのですが、 携帯電話の紛失・盗難に遭ったり修理不能となった場合に、購入から1年以内であれば同機種・同カラーの新端末を購入する際の費用の一部を補償してもらうことができます。 また、 お買いものあんしん保険が年間100万円まで、 カードの不正使用といったトラブルにも補償制度が設けられているので安心です。 dカードでは、 100円 税込 につきが1ポイント貯まります。 dカード特約店には、 dカードの利用額に応じてdポイントが貯まる店舗と、 iDの利用額に応じてdポイントが貯まる店舗の2種類がありますのでご注意ください。 dカードの特約店一覧• 上記で紹介したdカード特約店はdカードもしくはiDでの決済をすることがポイント加算の条件でしたが、dカード加盟店は dカードを提示すれば現金払いであっても加盟店ポイントを貯めることができるのです。 「クレジットカード機能を使いすぎるのは心配…」という方には特におすすめといえます。 【PR】Sponsored by 三井住友カード株式会社 は、三井住友カードがアマゾンジャパンと提携して発行しているクレジットカードです。 年会費は 初年度無料で、2年目以降は 1,375円 税込 が発生しますが、 年に1回以上カードを利用すれば翌年度の年会費が無料になります。 旅行保険は付帯していないのですが、 年間100万円までのお買いもの安心保険が付帯しているので安心です。 非常に高い還元率なので、 Amazon決済用のクレジットカードとして持っておくのもおすすめです。 ただし、そのポイント還元率をさらに高める方法があるのです。 それは「 マイ・ペイすリボ」の利用です。 「マイ・ペイすリボ」とはショッピング1回払い利用分が自動的にになる支払い方法のことで、 自分でリボ払いに変更したりお店でその旨を伝える必要がありません。 Amazon Mastercardクラシックでは 請求月に「リボ払い手数料」の請求があれば、Amazon以外の利用分のポイント還元率が 1. リクルートカード 【PR】Sponsored by 株式会社リクルートホールディングス はリクルート社が発行しているクレジットカードで、年会費は 永年無料です。 海外旅行傷害保険 最大2,000万円まで と 国内旅行傷害 最大1,000万円まで が利用付帯しているほか、 ショッピング保険も国内・海外問わず年間200万円まで補償を受けることができます。 リクルートカードではが貯まり、その基本還元率は 1. また、リクルートポイント1ポイント=1ポイントの比率で交換することで、 Ponta提携店舗でポイントを利用することができるようになります。 最大21. 1つめは、 ポンパレモールの利用です。 さらに、お買いものの際に リクルートカードで決済をすると基本ポイント還元率である1. 2つめは、 じゃらんnetの利用です。 さらに、上記で紹介したポンパレモール同様、リクルートカードで決済をすると基本ポイント還元率である1. 3つめは、 HOT Pepper グルメ・Beautyの利用です。 また、よりHOT Pepper Beautyをお得に利用したいという場合は、 クーポンを利用して予約をするのがおすすめです。 ただしもっとお得に利用したいと思うなら、 リクルートカードでの決済は欠かせませんよね。 どこでも1. そして、これらの支払いでも 1. 毎月発生する支払いをリクルートカードからおこなえば、あっという間にたくさんのポイントが貯まっていること間違いなしですね。 オリコカード THE POINT 【PR】Sponsored by 株式会社オリエントコーポレーション オリコカード THE POINTはオリエントコーポレーションが発行するの1つで、年会費は 永年無料です。 旅行保険は付帯していないのですが、 カードの紛失・盗難に遭って不正使用されてしまった場合でも60日前にさかのぼり損害を補償してもらうことができます。 オリコカードでは、 100円 税込 につきが1ポイント貯まります。 この期間に貯めることができるオリコポイントは 5,000オリコポイントと上限が設けられていますが、非常にお得にポイントを貯めることができるのでおすすめです。 特別加算については一部対象外の店舗がありますが、それでも1. JAPANカード 【PR】Sponsored by ワイジェイカード株式会社 「ヤフーカード」の愛称で親しまれているYahoo! JAPANカードはヤフーグループのワイジェイカード株式会社が発行するクレジットカードの1つで、年会費は 永年無料です。 旅行保険は付帯していないのですが、 ヤフーカードで購入した商品が届いてすぐ破損したり盗まれてしまった場合に補償してもらえるショッピングガード保険が付帯しているので安心です。 さらに、 月額490円 税抜 を支払っておけば「 プラチナ補償」に加入することができます。 「プラチナ補償」では、 お買いものの補償はもちろん、体調不良などによって発生したキャンセル料を補償してもらうことが可能です。 ヤフーカードでは、 100円 税込 につきが1ポイント貯まります。 ショッピング・LOHACOの利用がお得 Yahoo! 内訳は以下のとおりです。 Yahoo! ショッピング・LOHACOでヤフーカードを利用したときの特典• Yahoo! ショッピング・LOHACOでのネットショッピングをおすすめします。 ポイント還元率が高いマスターカードまとめ 本記事では、ポイント還元率が高いおすすめマスターカード6選をご紹介しました。 ポイント還元率は「 クレジットカードの利用金額に対して、得たポイントが何円相当か」の比率のことで、 ポイント付与率と間違えることのないように注意してくださいね。 また、おすすめマスターカード6選については ほとんどが年会費無料のものなので、気軽に申込みやすいものばかりです。 Amazon Mastercardクラシックのみ2年目以降の年会費が発生しますが、 前年度に1回でのカード利用をするだけで年会費が無料になるので、実質年会費無料のカードといっていいでしょう。 楽天カードは 楽天グループサービス、リクルートカードは リクルートポイント参画サービスでお得にポイントが貯まります。 また、リクルートカードで貯まる リクルートポイントはPontaポイントへの交換が可能なので使い勝手がよいです。 Amazon Mastercardクラシックは Amazonでの利用はもちろん、 マイ・ペイすリボに申込んでおくと 1. オリコカードとヤフーカードも、ポイントをざくざく貯めやすいしくみが盛りだくさんとなっています。 本記事を参考に、 自身の利用するお店やサービスに応じて1番お得にポイントを貯められるマスターカードを見つけてみてくださいね。

次の