新型 コロナ プラズマ クラスター。 新型コロナ発症前の患者からクラスター発生:トピックス:日経Gooday(グッデイ)

新型コロナウイルス対策におススメの商品まとめ!次亜塩素酸やプラズマクラスターなどが効果的?

新型 コロナ プラズマ クラスター

シャープが政府要請を受けマスク生産というのが昨日の新聞に載っていました。 家電メーカーがマスク生産とはアなことに対応できる柔軟な企業なんだなぁと感心したが、予防に活用できるかもしれない携帯型空気清浄機も本業で再生産してくれないのかと思った。 というのも2009年に新型ウイルスが見つかったといって、その後数年間話題になったことがあった。 そのときに携帯型空気清浄機を家族分購入した経緯があったからだ。 どこに行ったのか?探しましたら出てきました。 2010年9月に発売された携帯型のイオン発生機「IG-CM1」というもの。 充電式で台座をたたみコンパクトな状態にして、首からぶら下げるとか胸ポケットに入れるなどで顔面に向けて清浄された空気を当てることができる。 スイッチを入れてみると、電池容量が無く、青色の稼働ランプが点灯しません。 ならばと、古い mini USBコードを引っ張り出して充電。 赤色の充電ランプが付いたと思えば点滅、バッテリー異常のよう、それでも何回か抜き差しすると、充電ランプが点灯したままとなり充電できました。 発生器の部品にも寿命があるが、まだ到達していないようです。 満充電にして使ってみたところ、6時間は使えました。 いまさら、にも作用するのか調べてみると、シャープが北里研究所との共同研究でネコでイオンによる不活化実証実験で不活性化する働きがある実験結果が同社Webページで発表されていました。 同内容が日経メディカル Webサイト 2004. 29にも掲載 対策としての利用では、地下鉄ので、の感染拡大防止の取組みのひとつとして、30000系車両11列車にを使用したと2020年02月21日の同社Webページで発表されていました。 私もにも利いてくれればいいなと願いつつ、重くもないので通勤 の電車内で使用することにしました。 この機種のようにバッテリーを内蔵する携帯型の生産は現在されてないようです。 そこで冒頭の思いに戻りまして、シャープがマスクとともに本業であろう、この商品も再生産しないかなぁと思うのでした。 ちなみに、カーエアコン取付型のIG-JC1-Tが現在も製造販売されています。 moriju.

次の

新型コロナも予防できる?SHARPのプラズマクラスター徹底解説!

新型 コロナ プラズマ クラスター

国内では24日、新たに95人の新型コロナウイルス感染者が確認された。 東京都では55人の感染が判明。 都で1日当たりの感染者数が50人を超えるのは5月5日以来で、同月25日に緊急事態宣言が解除されて以降最多となった。 北海道では小樽市でクラスター(感染者集団)が発生するなど10人が感染。 死者は北海道、東京などで4人増え、累計では982人となった。 東京の新規感染者のうち、23人は感染経路が不明。 12人はホストクラブの従業員で、新宿区などが実施した集団検査で陽性が判明した。 他に8人が接待を伴う飲食店など「夜の街」で感染したとみられる。 また、同じ会社の社員9人の陽性が新たに判明した。 23日までに同社の別の7人が感染しており、都はクラスターが発生したと認定した。 都によると、社員の一部で飲み会を開いていたという。 小樽市では、昼間にカラオケを提供する飲食店の利用者ら男女9人の感染が判明した。 市によると、感染したのは飲食店の利用者7人と経営者1人、利用者の家族1人。 利用者はカラオケサークルの活動で、定期的に店舗を利用していたとみられる。 同市内での感染確認は5月8日以来で、クラスター発生は初めて。 迫俊哉市長は記者会見で「これまでにない件数の感染者が一度に出ている」と危機感を示した。

次の

新型コロナも予防できる?SHARPのプラズマクラスター徹底解説!

新型 コロナ プラズマ クラスター

各種イオン発生機 タイトルには(僕が)最も馴染み深いプラズマクラスターの名前を出しましたが、代表例です。 プラズマクラスターのようにイオンを発生して空間を奇麗にしようという発想の機器が多数発売されています。 クラスターとは房や集団を表す言葉らしいですけど、いち早く取り入れていて、流石です(違 うちにも、プラズマクラスターをはじめナノイーやらストリーマやらを発生する機器があふれています。 地区の医師会を通じて存じ上げるとある先生から「プラズマクラスターって新型コロナウイルスに効くの?」という質問があったので、ソレ関連をちょっと調べてみました。 各社、プラズマクラスターやらナノーやらストリーマやら独自の名前で呼んでいますが、基本的には皆あまり変わらない技術であるという印象です。 つまりはプラズマ放電を行って殺菌や脱臭といった効果を謳う荷電粒子を放出するというものです。 各社いろんな効能を謳っていまして、まとめると• 浮遊・付着カビ菌を除菌する• 浮遊・付着ウイルスの作用を抑える• 花粉・ダニ等のアレル物質の作用を抑える• 脱臭する• ホルムアルデヒドなどの有害化学物質を除去する こんな感じです。 新型コロナウイルスに効くのか 新型コロナウイルスの感染拡大が懸念されている昨今、プラズマクラスターやらナノーやらストリーマやらが新型コロナウイルスに有効なのかどうなのか、気に掛るところです。 プラズマクラスターならばSHARP、ナノイーならPanasonic、ストリーマならDAIKINの各サイトで調べてみたら、色んな研究機関で調査して前述の効能に対するエビデンスの蓄積があるようです。 ヒトコロナウイルスに対しての実験は行っていないようですが、北里研究所で同じコロナウイルス科に属するネココロナウイルスに対するプラズマクラスターイオンによる不活化実証実験を行って、効果が確認されているようです。 なので、その話を真に受けると「新型コロナウイルスにも効きそうじゃん!」という事になるんですが、実はちょっと意見が違う論文も発表されています。 オゾンが効いてる説 日本感染症学会で、数種類のイオン発生式空気清浄機で対象空間の広さとイオンの有無、オゾンの有無について調査した結果、殺菌効果は一緒に発生するオゾンの殺菌力に由来するものであると発表があった模様です。 「イオンに効果は無いものの、極めて狭い空間ではこれらの製品に一定の殺菌効果がある」という、どっちつかずの結論です。 ちなみに、オゾンとはO3で表わされる酸素の同位体で、紫外線照射や放電によって発生し、細菌やウイルスの不活化に用いられます・・・まんまやん。 うちにはプラズマクラスター、ナノイー、ストリーマ、3つが揃っていて、それぞれを作動させる時には何だか凄い粒子がバシバシ放出されて臭いや微生物を破壊していく様子を想像してワクワクしていましたので、ちょっぴり残念な気がします。 いずれにせよ 僕が持ってるプラズマクラスターの機器は除湿器です。 ナノイーも除湿器で、ストリーマはエアコンです。 新型コロナウイルス流行が危ぶまれるこんなご時世なのでウイルス不活化に注目しましたが、それぞれの本来の機能に関しては全く文句ないレベルに良く働いてくれています。 特に除湿器に関しては「えっ?こんな水、どっから来たの?」と驚くほどの水量を空間から奪ってタンクに貯めてくれます。 部屋の除湿にも、洋服の乾燥・消臭にも、靴の乾燥・消臭にも、1年を通して凄く働いてくれていますので、新型コロナウイルスに対して効果が疑わしくったって全然問題ありません。

次の