にじめん。 じめん

じめんタイプ (じめんたいぷ)とは【ピクシブ百科事典】

にじめん

この前、何となく「ぢめん」と入力して漢字変換しようとしたら、変換されません。 この場合は「じめん」が唯一の正解のよう。 「じめん」と入力したら、きちんと「地面」に変換されました。 ただし地面の「地」はもともと「ち」と読む訳なので、地面は「ぢめん」が正しいのでは?という疑問も感じます。 せっかくなので「じ・ず」と「ぢ・づ」の使い分けについて、きちんと確認してみることにしました。 調べたところ、昭和61年に出されたにおいて「現代仮名遣い」が定められています。 そこでは「じ・ず」の使用を標準としつつ、以下のような場合には「ぢ・づ」の使用も認めるという形で用例が紹介されていました。 さっそく内容を見ていきましょう。 5 次のような語は、「ぢ」「づ」を用いて書く。 (1)同音の連呼によって生じた「ぢ」「づ」 例 ちぢみ(縮)・・・ つづみ(鼓)・・・ たしかに「ちじみ」や「つずみ」という文字の並びには違和感がありますね。 (2)二語の連合によって生じた「ぢ」「づ」 例 はなぢ(鼻血)・・・ みかづき(三日月)・・・ 鼻血は「はな(鼻)+ち(血)=はなぢ(鼻血)」という成り立ち。 だとすると、「ち(地)+めん(面)=ぢめん(地面)」という等式も成り立ちそうに思いますが、なぜダメなのでしょう? なお、次のような語については、現代語の意識では一般に二語に分解しにくいもの等として、それぞれ「じ」「ず」を用いて書くことを本則とし、「せかいぢゅう」「いなづま」のように「ぢ」「づ」を用いて書くこともできるものとする。 例 せかいじゅう(世界中)・・・ いなずま(稲妻)・・・ 「じ・ず」と「ぢ・づ」の両方が使えることばもあるんですね。 たしかにさきほどの二語の連合という視点で見ると、「せかい(世界)+ちゅう(中)=せかいぢゅう(世界中)」となりますが、「せかいじゅう」の方が馴染みがよい気がします。 〔注意〕 次のような語の中の「じ」「ず」は、漢字の音読みでもともと濁っているものであって、上記(1)、(2)のいずれにもあたらず、「じ」「ず」を用いて書く。 例 じめん(地面) ぬのじ(布地)・・・ ここで地面が登場! しかし「じめん」の「じ」がもともと濁っているとはどういうことでしょう? この説明だけではややわかりにくいですね。 調べてみると「地」という漢字には、もともと「ち」と「じ」という二つの音読みがあったのだとか。 これは文字の成り立ちに関わるなかなか難しい話。 100%晴れ晴れと納得!という訳にはいかないのですが、そういうものですかと思っておくよりほかなさそうです。 アーカイブ•

次の

「地面」はなぜ「じめん」なのか? : 日本語、どうでしょう?

にじめん

概要 は種族ごとに、1,2種類のタイプが、技には1種類のタイプが必ず付加されている。 そのタイプの相性でバトルの有利不利が決定される要素の一つ。 むしタイプのカテゴリーに分類されるポケモンの特徴としては、 の類をモチーフとしたポケモンが入れられる。 「むし」という分類でこそあるが、実質的に種族として虫である事が基本なので、他のタイプみたいな「この外見でこんなタイプ!?」といった変わり種はかなり少ない(系統と、ぐらいか)。 や、などの甲殻類系や、などではあるが広義的な虫に入る生物がモチーフならむしタイプとしてカウントされるのだろう。 (アーマルドのモチーフであるは節足動物の中でも絶滅したグループであり、原生の虫の祖先に繋がるということでむしタイプにされたと思われる。 ) 逆に虫っぽい外見なのに虫じゃない奴らはそこそこいる。 とかとかとかとか。 そういった奴らは基本的にタマゴグループで補完されている。 唯一系のみタマゴグループが虫ではないが、ラランテスは「虫に見えるけど虫じゃない」が一種のコンセプトなので問題ない。 昆虫をモチーフにしている為、 他のタイプと比べて成長が早いことが利点として挙げられる。 ポケモンで最初に 進化を経験させてくれるのは大体むしタイプのポケモンである。 その関係上 ゲームの序盤に一種類は必ずと言ってよいほど出現する。 その他ステータス的な特徴として、 ある能力に極端に偏ったポケモンが多い。 特にすばやさは超高速帯を占めており、一般ポケ最速のを筆頭に、、、と、 広く「高速ポケモン」として認知されるすら及ばない素早さ種族値140すらをも超えるポケモンが4匹いる。 とを除くと、素早さランキング上位 4体中3体がむしタイプという爆速一族である。 ちなみに唯一むしタイプじゃないのは。 しかもレーティングバトルに参加可能なポケモン(メガシンカ含む)において、能力の高さランキングで6つのステータス中 4つでむしタイプのポケモンが1位を取っている。 こうげき:、ぼうぎょ・とくぼう:、すばやさ: 攻撃と特攻が両方高い、いわゆる二刀流のポケモンが少ない点も特徴の1つ。 欠点としては、昆虫をモチーフにしている為か、ないし序盤に出て来る種族が多い為か、 他のタイプに比べてステータスが低いポケモンが多いこと。 特に HPは「虫の息」よろしく種族値3桁に届くポケモンがとしか存在しないという有様。 その次が だし…… ランキング1位を取れるほどのステータスの高さを持つポケモンがいるのはいいが、同時にあまり種族値合計に恵まれない種族であるため、極端に偏ったピーキーな性能のポケモンが多く、安定性に欠けてしまうのも問題。 また、タイプ耐性に難があり、半減にできるにはこっちの攻撃もイマイチ、尚且つ技の採用率が高いため有利になりづらい。 もこちらの攻撃が通るものの、ほぼいわ技を搭載しているので、やはり有利かというと結局微妙という現実がある。 には攻守ともに有利だが……くさタイプは他にもいくつか弱点は有り、とにかく圧倒的にこのタイプに有利!という状況がむしタイプにはあまり無いのが辛い所。 ただし、いわに耐性のあるじめん、かくとう、との複合であれば話は別。 じめん複合は能力の高いポケモンがいないためほとんど使われないが、かくとう複合になると 途端にかくとう・じめん始め多くの物理アタッカーとの殴り合いに強くなるし、はがね複合になるとはがねの弱点を補えるため需要はかなり高い。 この辺りは「こおりに強いくさタイプが皆強い」という理屈に似ているかもしれない。 逆にを苦手としている者の、やの複合の場合は寧ろ、ひこうタイプの防御力の低さや4倍弱点の多さを逆手に攻撃する事が出来る事が多い。 更にどちらもじめんタイプに対してもむしタイプの複合によって等倍に抑えられる利点がある。 特にやはひこうタイプに対して優位に運ぶ事が出来る。 更に、これらの複合はじめん技をサブウェポンできるポケモンなら弱点となるタイプに対して弱点 ほのお、いわ、はがねは何れも地面タイプが弱点。 更にむし技に耐性があるどくタイプにも有効。 を狙う事も可能になっている。 むしタイプの技は今でこそ、物理・特殊共に安定したものが揃っているが、第3世代までは とことん技不足に悩まされていた。 加えて 半減が7つもある(5世代までは6つ)ので、攻撃を当てても倒しきれないことがしばしば。 変化技は 「」「」「」など固有かつ強力な効果を持つものが多い。 この辺はくさタイプに似ているが、むしタイプは状態異常以外での妨害や自らの強化が主となる。 もっとも第七世代現在では、威力命中とも安定していながら確実に相手の攻撃を下げる効果まである「」、同じく体力吸収効果のある「」、音の技なのでみがわりを貫通する「」など、他タイプの同格のものに比べて優秀な性能を持つ技が増えてきている。 むしタイプが弱点を突けるタイプにやが入っていることに疑問を覚える人が少なくないが、 恐らくこれはをリスペクトしたものと思われる。 (のモデルのが未だにポケモンになっていないのは内緒である。 また、エスパータイプに対抗できる点ではこのがリスペクト元とも言えなくは無い) またとはどちらも心を表している点、特性の対象にむしタイプが含まれることなどから、むしタイプの攻撃は「心を乱す」要素が少なからず含まれているものと考えられる。 「」「」「」などは最たるもので、こんな攻撃を受けてしまっては瞑想や悪だくみなんてとてもしていられない。 は修行で鍛えた心、は心を浄化させる力があったり、蝶が関連づけられるモチーフだから平気かもしれないし、はもともとが得体のしれない存在であるから虫が飛びついたくらいでは何にも感じないのかもしれない。 漢字では 「虫」と表記される事が多い。 世代別の特徴 第1世代 上記のように、他のタイプに比べてステータスが低いポケモンが多く、活躍は難しかった。 それでも弱点を突けるタイプ自体は優秀で、特に の弱点を突ける唯一のタイプだった。 だが 、肝心のむしタイプ技が枯渇同然のバリエーションだった。 しかも 「」を唯一覚えるがエスパータイプに弱点を突かれるせいでまるで意味をなさなかった。 「」は辛うじてのサブ技として、例えば相手にぶつけることができはしたが……。 まともなステータスを持っていたはずのやも むしタイプの技を一切覚えられないという有様。 そのせいで (ドラゴンタイプなどを除く)他のタイプのポケモンと比べ、非常に不遇なタイプだった。 むしタイプのポケモンだけでパーティーを組む、というのは非現実的な状況だった。 この世代でとは互いに効果抜群という関係だった。 ただし当時の攻略本の相性表ではにむしタイプの技は普通と表記されているため、おそらくプログラムミスと思われる。 第2世代 念願の一線級ポケモン、 、の登場によって改善する傾向が見られた。 しかし この二匹だけ別格扱いで、他のむしタイプのポケモンの待遇は変わらなかった。 別格の二匹も無条件に強いかと言われればそうでもなく、ヘラクロスは専用技 「」こそ強いがかくとう技が 「」しかないことからほぼ「」とのコンボにならざるを得ず、しかも「きしかいせい」は当時何故か 急所に当たらない仕様だった。 ハッサムはむし技がほとんどなく、 耐性を活かしたサポーターとしてしか使われていなかった。 逆を言えばむしの耐性が買われたということになるのだが…… むしタイプの技の追加も上記「」を除けば癖のある 「」のみ。 幸い「」の登場で頑張ればむしタイプの技を威力70で得ることはできた。 根本的な改善にはなっていなかったが…… この他、極端なステータスで話題を呼んだ や、「」の仕掛け人 なども登場したが、耐久を活かした戦法中心でタイプ一致技は当時ほとんど覚えなかった。 第3世代 特性が追加されたが、 大半のむしタイプが十把一絡げに「」を追加されたせいで個性もへったくれもなかった。 だがは 「」を手に入れ、「」の命中率を 97まで引き上げることに成功した。 またヘラクロスは 「」を手に入れて状態異常に強くなり、「」「」などの新アイテムや「」などの技の手助けもあって 一躍に上り詰めた。 特に 「こんじょう」or「むしのしらせ」発動+「こだわりハチマキ」+「メガホーン」は 能力強化なしで 当時の物理攻撃 最高火力を誇った。 ハッサムは特性こそ平凡な「むしのしらせ」だったが、念願のむしタイプの技 「」を獲得した。 この世代の新規追加で最も強力なのは との2匹だろう。 テッカニンは伝説を除くすべてのポケモンの中で 最も「すばやさ」が高いポケモン(160)で、かつ特性「」により 毎ターン「すばやさ」が上昇する。 そこから「」で後続のポケモンを大幅に強化することができた。 いわゆる 鉄火バトンである。 ヌケニンは 「を進化させる際、手持ちに空きが1つでも空いていたら自動的に入手」という特殊な入手条件 第4世代以降では「モンスターボール」を1つでも持っていないとダメ もさることながら、 特性 「」により、 弱点以外の攻撃技を全て無効化してしまう。 変化技や天候、罠などは効いてしまうが、それらの対策がないとヌケニン1匹に全滅させられることもしばしばあった。 特に新登場のは 強過ぎて対策必須と言われるレベルにまで到達した。 特性「かそく」からの 「」(当時命中率 70、最低でも 2ターン「ねむり」)がとにかく強力で、攻撃させても 当時むしタイプ最強の「とくこう」種族値(116)から放たれる 「むしのさざめき」「」で大ダメージを与え、対戦相手を次々と永眠させてきた。 後期では「さいみんじゅつ」の弱体化で勢いを失ったメガヤンマに代わって ハッサムが大幅強化を受けた。 この時に追加された特性 「」の影響を受ける新技 「」「」を後期に獲得し、前期から獲得していた「」と合わせて火力と小回りを両立する強力なポケモンへと変貌を遂げた。 また、前世代から活躍していたヘラクロスは 「」「」などの追加で、よりその火力に磨きがかかるようになった。 だが、同時に との相性の影響を受ける設置技「」が追加されてしまい、むしタイプの中でもいわタイプが4倍弱点のポケモンは、登場しただけで倒れてしまうリスクを常に背負わざるを得なくなった。 さらにはの登場によりが、の登場により普及。 これによってヌケニンが技以外で倒されやすくなってしまった。 第5世代 恐らくはこの世代は むしタイプのポケモン達が最も活躍した世代といえるだろう。 既に攻撃技の強化は前世代から始まっていたが、この世代で 「とくこう」「とくぼう」「すばやさ」が1段階上昇するという破格の性能の 「」が登場。 これを引っ提げ、かつメガヤンマを抜き むしタイプ最高の「とくこう」種族値 135 を誇るがシングルダブル問わず大活躍を見せた。 また、多くの蝶・蛾のポケモンたちもこれを習得し、以前より活躍の場を広げた。 これ以外にも新登場組は軒並み強力で、を凌ぐ火力を持つ物理アタッカー、を追い抜く素早さから「メガホーン」を使いエスパーを倒してしまう毒複合の、テッカニンに次ぐ「すばやさ」で相手を錯乱し戦う、強力な積み技の「」で高い機動力を発揮する、非伝説のの中では当時最速で特性による高火力を持つ、 むしタイプ初のでよりどりみどりの攻撃技を使いこなすなどが登場した。 今までの不遇ぶりがウソのように改善された。 だがやはり一番の活躍を見せたのは前世代後期からの強化が実った ハッサムだろう。 隆盛の時代、ドラゴンを半減で受け止められ、「とんぼがえり」「バレットパンチ」で相手の攻撃タイミングをかわしつつ戦える性能が評価され、 シングルダブル問わず最メジャーポケモンの認定を受けた。 第6世代 前世代で暴れ過ぎたツケが回ったのか、何と 新登場のに攻撃を半減されることになってしまった。 イメージ的には接点こそあれど強弱の関係はなさそうに思えるが、光属性としての側面が強いフェアリーに走光性のむしは抗えないということなのだろうか。 これによってむしタイプの技が半減されるタイプは 7つになり、 と並んでワースト1位になってしまった。 ハッサムなどの一部のはがねやどく複合組は逆にフェアリーの弱点を突けるものの、 もいるのがもどかしく、それ以外から見ればかなり手痛い弱体化である。 加えて、ただでさえひこうタイプを等倍に抑えられない種族が多いのに、 まで登場。 これの前には「」も「」も「」も形無しで、為す術なく屠られていった。 ORASでは超火力高速高耐久を完全に成し遂げた まで出てくる有様。 それだけならまだしも、弱点を突けるはずのまでもファイアローのお陰で衰退し、加えてファイアロー対策にいわタイプ技や「ステルスロック」の使用率が増加するという 三重苦状態に陥った。 エスパータイプもゴースト、あくの2タイプ強化で衰退し、ますます弱点を突きづらくなってしまったのだった。 結果、 むしタイプは再び不遇へ転落してしまった。 と思われたが第3世代以前の火力不足だった時期を考えればまだ恵まれており、強化されているところもある。 新たに追加されたのは系統のみだが、最終形態 は「すばやさ」89からの 「ふくがん」+「ねむりごな」に加え、 「ふくがん」+「」、 「」といった強力な技を使いこなす侮れない性能となっている。 ただそのせいでバタフリーが大変に可哀想なことになってしまった……。 既存ポケモンでは、、の種族値が 若干の上方修正を受け、、、、には が与えられた。 加えて、は隠れ特性が まさかの「」に変更された。 技では「ミサイルばり」の威力が 25に強化、「むしのさざめき」は 「」を貫通するようになった。 「」という場に出てきたポケモンの「すばやさ」を下げる強力な設置技も登場。 ……それでも他タイプが強化され過ぎて正直虫の息だった。 また、では抜群7・半減3・弱点3・半減3と優秀な性能なのだが、こおりタイプとくさタイプが猛威を振るったせいで、影が薄くなりがち。 第7世代 ファイアローの特性「」及び・の「」が弱体化したことで、むしタイプが少しずつ息を吹き返してきた。 この他脅威の「とくこう」種族値 145を誇るでんき複合の 、足の速さでを上から叩けるフェアリー複合の が登場。 どちらも序盤に出て来るがとても序盤に出て来るとは思えない強さを見せる。 技の面では、専用技で「」の感覚に近い扱い方でしか使えないものの「」同様の優先度でありながら 威力90という先制技トップクラスの威力を誇る「であいがしら」が登場、上記グソクムシャの他『』ではも覚えられるようになった。 相手に突撃し攻撃力を必ず下げる物理技 「」、味方に使うと何と 回復するという特殊技 「」も登場、新たな戦術を展開できるようになった。 また、それまで威力20ぽっちだった 「」がここに来て 威力80に超強化されている。 ついでにこれまで「あなをほる」を習得出来たはずの「わざマシン28」は第7世代でこの技を習得可能という謎の待遇を受けている。 初代の「きゅうけつ」を知るプレイヤーからすれば「何でこの技が?」「何で威力が80に?」と二度戸惑ったことだろう。 「きゅうけつ」使いでお馴染みだったなどのポケモンは、代替の技が「」になっている。 前世代から行われていた種族値修正は今世代も続き、、、、、が対象となった。 特にアメモースは 「とくこう」「すばやさ」の2つが20も上がっている。 一方で、ここにきてハッサムが先制技を封じる手段の増加で相対的に弱化を受けている。 特に相手に「バレットパンチ」がのはかなりの痛手。 ちなみに、『サン・ムーン』における悪の組織・ボスのはむしタイプを中心としたパーティを使ってくる。 悪の組織のボスがタイプ統一パーティを使ってくるのは実にサカキ以来のことである。 第8世代 このうちイオルブとマルヤクデは持ちだが、いずれもキョダイマックス技は複合タイプの方となっている。 その他既存勢ではバタフリーがキョダイマックスを獲得。 こちらはむし技が「キョダイコワク」となり、相手全体に「どく」「まひ」「眠り」のいずれかの状態異常を付与するという性能になっている。 環境ではが蔓延している関係上ただでさえ良くないむし技の通りが更に悪くなっており、ダイジェットもその強力さから数を増やし、飛行・鋼対策に炎や岩も増えているため全体的に不遇気味。 環境にむし技が効かない相手が多く、その対策にむしに弱点をつけるタイプが増えるという厳しい環境である。 数少ない抜群が取れるやが少ないのも向かい風。 と言うか、それ以上にハッサムやウルガモスといったメジャーなむしポケモンが軒並み出演していないせいで 非常に地味(ただし、いずれも追加DLCで実装予定)。 アイアントやクワガノン、アブリボンなどの実力者は確かにいるのだが。 特に アイアントは特性「」との相性が非常によく、広い攻撃範囲も相まって高火力アタッカーとして存在感を増している。 防御面ではエスパータイプほどの不遇ではないので今後の研究が待たれる。 外伝作品 現状、ほとんどの面において不遇なタイプの一つ。 ジムバトル・レイドバトルにおいては、「」等一部を除いて むしタイプのゲージ技が総じて弱いのが大きな問題であり、ラインナップは他のタイプに比べて大きく遅れを取っている。 そのため、むしタイプで弱点を突くくらいなら他のタイプの技を使ってしまった方が早く終わるため、出番はせいぜいむしタイプのを抱えているポケモン(や等)の相手をする程度に限られる。 では技の性能が全く違うため多少はマシな戦いができるが、こちらは技の性能よりも紙耐久やタイプ相性が問題となりがちであり、ここでもあまり目立った活躍はできていない。 捕獲面でもプレイヤーの苛立ちを誘い、不快感を与えるポケモンが少なくない。 一応、レア度が低いポケモンが多いため、 たくさんゲットしやすい・アメを集めやすい点は評価できる。 の要員が足らないのでシザークロスを覚えたカイロスを入れていたというプレイヤーも多かったことだろう。 そんなわけで現在は不遇であるが、ハッサム、、ゲノセクトのようにステータス自体は優秀な種族もいるため、技の追加・仕様変更等のテコ入れ次第で輝く可能性は十分ある。 今後に期待しよう。 タイプ相性と特性 タイプ相性 攻撃側 タイプ 抜群(2倍) 草、超、悪 今ひとつ(0. 5倍) 炎、闘、毒、飛、霊、鋼、妖 効果なし(無効) - 防御側 タイプ 抜群(2倍) 炎、飛、岩 今ひとつ(0. 5倍) 草、闘、地 効果なし(無効) - タイプ特性• 「」で受けるダメージが倍になる。 ・は 太字で記載。 第1世代 No. 初期 No. 中間 No. 初期 No. 中間 No. 初期 No. 中間 No. 初期 No. 中間 No. 最終 401 402 - - 412 413 - - 414 - - 415 416 - - 〇 451 - - 〇 469 - - 第5世代 No. 初期 No. 中間 No. 初期 No. 中間 No. 最終 664 665 666 第7世代 No. 初期 No. 中間 No. 初期 No. 中間 No. 最終 824 825 826 850 851 - - 872 873 - - ポケモン フォルムチェンジ No. ポケモン 形態名 493 たまむしプレート 773 バグメモリ むしタイプポケモンの主な使い手.

次の

【ポケモンGO】じめんタイプのおすすめポケモン一覧と弱点

にじめん

この前、何となく「ぢめん」と入力して漢字変換しようとしたら、変換されません。 この場合は「じめん」が唯一の正解のよう。 「じめん」と入力したら、きちんと「地面」に変換されました。 ただし地面の「地」はもともと「ち」と読む訳なので、地面は「ぢめん」が正しいのでは?という疑問も感じます。 せっかくなので「じ・ず」と「ぢ・づ」の使い分けについて、きちんと確認してみることにしました。 調べたところ、昭和61年に出されたにおいて「現代仮名遣い」が定められています。 そこでは「じ・ず」の使用を標準としつつ、以下のような場合には「ぢ・づ」の使用も認めるという形で用例が紹介されていました。 さっそく内容を見ていきましょう。 5 次のような語は、「ぢ」「づ」を用いて書く。 (1)同音の連呼によって生じた「ぢ」「づ」 例 ちぢみ(縮)・・・ つづみ(鼓)・・・ たしかに「ちじみ」や「つずみ」という文字の並びには違和感がありますね。 (2)二語の連合によって生じた「ぢ」「づ」 例 はなぢ(鼻血)・・・ みかづき(三日月)・・・ 鼻血は「はな(鼻)+ち(血)=はなぢ(鼻血)」という成り立ち。 だとすると、「ち(地)+めん(面)=ぢめん(地面)」という等式も成り立ちそうに思いますが、なぜダメなのでしょう? なお、次のような語については、現代語の意識では一般に二語に分解しにくいもの等として、それぞれ「じ」「ず」を用いて書くことを本則とし、「せかいぢゅう」「いなづま」のように「ぢ」「づ」を用いて書くこともできるものとする。 例 せかいじゅう(世界中)・・・ いなずま(稲妻)・・・ 「じ・ず」と「ぢ・づ」の両方が使えることばもあるんですね。 たしかにさきほどの二語の連合という視点で見ると、「せかい(世界)+ちゅう(中)=せかいぢゅう(世界中)」となりますが、「せかいじゅう」の方が馴染みがよい気がします。 〔注意〕 次のような語の中の「じ」「ず」は、漢字の音読みでもともと濁っているものであって、上記(1)、(2)のいずれにもあたらず、「じ」「ず」を用いて書く。 例 じめん(地面) ぬのじ(布地)・・・ ここで地面が登場! しかし「じめん」の「じ」がもともと濁っているとはどういうことでしょう? この説明だけではややわかりにくいですね。 調べてみると「地」という漢字には、もともと「ち」と「じ」という二つの音読みがあったのだとか。 これは文字の成り立ちに関わるなかなか難しい話。 100%晴れ晴れと納得!という訳にはいかないのですが、そういうものですかと思っておくよりほかなさそうです。 アーカイブ•

次の