ひ の え うま 年齢。 馬の年齢と人間の年齢

UMIN|和暦・西暦・年齢対照表

ひ の え うま 年齢

【馬の豆知識】 ・馬の年齢と人間の年齢 以前にブログで馬の年齢の数え方をご紹介しました。 では馬の年齢は人間の年齢に当てはめると何歳になるのでしょうか? よく言われているのが馬の年齢を4倍すれば人間の年齢になるというものです。 馬で4歳だと人間では16歳、5歳で20歳、6歳で24歳、7歳で28歳。 競走馬で活躍する馬の多くはこれらの年代なので人間に当てはめても違和感はありませんね。 しかし、あの名馬シンザンは35歳まで生きました。 35歳を4倍して人間に当てはめると140歳になります。 人間で140歳まで生きた人というのはちょっと聞いたことがありませんよね。 また、馬は20歳でも子供を産む牝馬もいます。 これも4倍して人間に当てはめると80歳で出産ということになります。 なので、単純に馬の年齢を4倍すれば人間の年齢に換算できるというものでもなさそうです。 馬の場合は生まれた後、短期間のうちに急速に成長します。 体重を例にあげると、人間の場合は出生直後の体重が倍になるのには約6ヶ月かかります。 しかし、馬の場合はたった1ヶ月で倍の体重になります。 馬はおよそ6ヶ月齢で離乳されますが、この時期の馬の行動の幼さから見るとこの時は人間に当てはめると小学校低学年ぐらいになりそうです。 また馬の成長はほとんど5歳~6歳ぐらいで終了するとされています。 この年齢は人間でいうと20歳~24歳。 その後の老化の程度を比較すると馬の30歳は人間でいうと80歳ぐらいと言ってよいかもしれません。

次の

馬の年齢と人間の年齢

ひ の え うま 年齢

のウマが疾走している様子。 ウマ( 馬、: Equus ferus caballus)は、ウマ目()の ウマ科 の ()の亜種である。 社会性の強い動物で、野生のものも家畜も群れをなす傾向がある。 原産とされるが、の野生種は、数千年前に絶滅している。 南東部にいたが家畜化したという説もある。 古くから、、北などで家畜として飼われた歴史がある。 運搬用(「荷役馬」)、農耕(「農耕馬」)、乗用(「乗用馬」)、軍用(「軍用馬」「騎馬」)、競技用(「競技馬」)などに使われるほか、食用(「食用馬」)にもされる。 学名は Equus caballus(エクゥウス・カバッルス)。 equus も caballus ともにラテン語で「馬」の意。 生物学的特徴 [ ] は2. 4 m〜3 m程度。 は300 kg〜800 kg程度。 首と頭が長く、長い四肢をもつ。 角はない。 各脚とも第3指を残し他の指は退化している。 よく発達した(ひづめ)をもち、硬い土の上を走ることが出来る。 尾と、頭から首の上部にかけての(たてがみ)だけは長いが、全身の毛は短い(だが、ある程度の寒冷地での生活にも耐えられる)。 であり、よく発達したとで食べ物を噛み切り、擂り潰す。 ウマはであり、動物とは異なり胃は一つしかもたない。 しかし大腸のうち盲腸がきわめて長く(約1. 2 m)、結腸も発達している。 これらの消化管において、微生物が繊維質を発酵分解する。 がないことも草食に適している。 硬くて甘味の強い食物全般を好むとされている。 なお、英語でロバや馬などを鼻先に釣った人参で誘導する様子を と言うように、英語圏や日本等では通俗的には「ウマはが好物」だと語られるが、国によって「が好物」や「が好物」()など、様々に言われている。 優れたをもつが、や血のにおいなどを嗅ぎ分けることは出来ない。 顔の両側に目が位置するため視野が広く350度ほどあるともされている が、反面、両眼視出来る範囲は狭いため、距離感を掴むことは苦手とするなど、ヒトとはやや異なった視覚認知を持つ。 走るときに背中が彎曲しないため、乗用に用いることが出来る。 一般に、立ったまま寝ることができることでも知られるが、本当に安全な場所であればリラックスし横になって休むこともある。 は約25年、稀に40年を超えることもある。 は春で、期間は335日。 単子であること(一回の妊娠で宿す子が一頭であること)が多い。 毛色、白斑、旋毛 [ ] 毛色 詳細は「」を参照 馬の特徴の中でも、一見して最初に目につくのが毛色である。 日本馬事協会は、、、、、、、、、(ぶちげ)、、、、、の14種を定めている。 家畜馬では、鹿毛、栗毛が特に多い。 家畜化以前は薄墨毛が多かったと考えられている。 白斑 毛色の他に個体の識別に使われるものとして白斑がある。 白斑は主に頭部、脚部などに見られる白い毛のことで、毛色やその他の特徴(旋毛等)と合わせると無数の組み合わせがあり、個体識別に利用することが出来る。 そのため血統登録の際記載が義務づけられている。 代表的なものに、頭部では星・曲星・流星・環星・乱星・唇白・白面・鼻白・鼻梁白・作、肢部では白・半白・小白・微白・長白・細長白・長半白等がある。 なお、白斑に至らない程度のものを刺毛という。 旋毛 馬のつむじのことを旋毛(せんもう)という。 位置に個体差があることから、白斑と同じく個体識別に利用することが出来る。 位置によって「珠目」、「華粧」といった名称がある。 白斑・旋毛の詳細については参照のこと。 身体の各部の名称 [ ] 図に基づき説明する。 英語名 日本語名 備考 forelock 前髪 poll 項 ( うなじ ) withers 鬐甲 ( きこう ) back 背 loin 腰 croup 尻 dock 尾根 point of shoulder 肩先 shoulder 肩 forearm 前膊 ( ぜんはく ) elbow 肘 knee 手根関節(前膝) 人間の手首に相当 fetlock(ankle) 球節 人間の手で言うところの指の付け根の部分の関節に相当 flank 膁 ( ひばら )、脇腹 stifle 後膝 gaskin 脛 ( けい ) hock 飛節 人間の足首に相当 cannon 管 人間の手で言うところの掌部分に相当 pastern 繋 ( つなぎ ) coronet coronary band 蹄冠 hoof(foot) 蹄 骨格 [ ] 図に基づき説明する。 英語名 日本語名 備考 cervical neck vertebrae coccygeal tail vertebrae 尾椎 scapla shoulder blade ulna radius carpus knee 副手根骨 metacarpal Bone patella knee cap 膝蓋骨 tibia fibula long pastern bone 繋骨 基節骨、第1指骨 short pastern bone 冠骨 基節骨、第2指骨 coffin bone(pedal bone) 末節骨、第3指骨 cannon bone 管骨 第3中手骨および第3 歯 [ ] (ばし)は一生を通じて硬い草を食べ続けるため上下に長い形状をしている。 考古学においては馬歯は遺跡においても遺存しやすく、馬歯の摩耗具合から個体の年齢を推定する手法も確立している。 また、乗用馬に使用するであるはの第二前と接し続けるために摩耗する。 このため野生馬と家畜馬、もしくは乗用馬と・を区別するための指標としても活用されている。 肢 [ ] ウマの前肢の構造を見ると、体の外側にあるのは肘から先ののみで、上腕は体の内側にある(躯幹に密着している)。 前腕を構成するのは橈骨と尺骨で、主に橈骨によって形成されている(尺骨の下半分は退化しており、橈骨とくっついている(癒合))。 前腕の先には手根関節(前膝)がある。 手根関節は7つの手根骨からなる。 手根関節の先には中手骨がある。 このうち最大のものが第3中手骨で、第2・第4中手骨は小さく退化している。 第1・第5中手骨は退化して消滅している。 第3中手骨の一部はその先にある繋骨(基節骨、第1指骨)とともに球節と呼ばれる関節を形成する。 球節の後ろ側には種子骨がある。 球節の先には指骨がある。 指骨は繋骨(基節骨、第1指骨)・冠骨(基節骨、第2指骨)・蹄骨(末節骨、第3指骨)の3つの骨からなる。 なお、ウマの指は第3指(ヒトの中指に相当)のみ存在する。 つまり、人間に当てはめるとウマは手足の中指の指先だけで歩いているということになる。 後ろ脚の構造を見ると、大腿骨があり、その先に膝関節(ヒトの膝に相当)がある。 膝関節の中には膝蓋骨がある。 その先にあるのが下腿で、脛骨と腓骨からなるが、腓骨は前脚における尺骨と同様下半分は退化して脛骨にくっついている。 その先にあるのがと呼ばれる大きく屈曲した関節で、ヒトの足首に相当する。 その先は前脚とまったく同様の構造をしており、第3中足骨が大きく発達した中足骨、球節、指骨(趾骨)と続く。 進化 [ ] 詳細は「」を参照 ウマ類は化石資料が豊富であり、進化の過程を鮮明に残している。 その理由として環境の順応能力が高かったことや、草原で群体を成していたことが挙げられている。 ウマ類の最古とされる化石は、6,500万年前()の地層から発見されたである。 ヒラコテリウムは北アメリカ大陸やヨーロッパの森林に生息し、若芽や草の実など柔らかい植物を摂取していたとされる。 ヒラコテリウムはほどの大きさで、前肢は第1指がなく、後肢は第1と第5指が退化している。 その後、始新世の、、漸新世の、、中新世の、という系統進化が明らかになっている。 約1,000万年前(前-中期)のメリキップスは、真の草食性を示す高冠歯を獲得したことと、より高速での走行を可能にした下肢骨(尺骨と橈骨、脛骨と腓骨)の癒合の2点で画期的であった。 当時は乾燥気候が広がるとともに大草原が拡大しつつあり、メリキップスの出現は、草原への進出の結果だった。 約400万年前(中新世中-後期)のは、第2・第4指を完全に消失させることで指が1本になり、現在のウマに近い形態をしていた。 ウマの仲間は、のにを渡り、やアフリカ大陸に到達し、現在のウマであるエクウス(ウマ属)に分化する。 南北アメリカ大陸に残ったウマ科の動物は、氷期に絶滅した。 ミオヒップスやメリキップスからも多様な種分化が起こり、ウマ類は一時、大きな発展を示したが、系統の大半はすでに絶滅し、現存する子孫が、ウマ、シマウマ、ロバの仲間のみとなっている現状は、反芻類の繁栄と対照的である。 ウマ類は反芻類に比べ、植物を消化してタンパク質に再構成する能力が劣っているため、反芻類に駆逐されたものと考えられているが、ウマは高い運動能力を獲得することで生き残った。 野生のウマはほとんど絶滅に近いが、内燃機関が発明されるまでの長い間、人類にとって最も一般的な陸上の移動・運搬手段となることで、家畜動物として繁栄した。 ゲノム [ ] 馬は31対のと、XYの、計32対64本のを持つ。 この他にに小さな環状(約1万7千塩基対)のを持っている。 馬ゲノムプロジェクトは、犬や牛など他の主要な家畜に比べれば若干遅れたが、2006年に開始された。 このプロジェクトでは、日本のも参加している。 約18億円の巨費を賭けたこのプロジェクトでは、2007年2月にまず雌のについて全塩基配列の解読を完了した。 総配列は約27億、遺伝子の総数は約21000個と考えられている。 現在読まれているゲノムは全て雌のものであり、Y染色体の配列は決定されていない。 2009年、同定された遺伝子は2万322個であることが発表され、このうち約4分の3に当たる1万5027個についてヒトの遺伝子と一致することが判明した。 動き [ ] 馬は駆けたり、することが得意である。 (訓練次第で)さまざまな で歩いたり駆けたり、ジャンプすることができる。 歩法 [ ]• リアリングしたウマの骨格 後ろ蹴り [ ] ウマが攻撃しようとする時にとりうる行動のひとつが「うしろげり」を食らわせることである。 まず後脚で地面を蹴り尻を上げ気味の姿勢になると同時に後脚をやや引き付け、足先を鋭く後方に突き出す。 ウマの目は頭部の側面についていて、視野は350度ほどある、と言われており後方もほぼ視野に入っており 、後方にいる対象がほぼ見えた状態で狙いをつけてかなり正確に蹴りを繰り出す。 ウマどうしのでも、しばしば互いに後ろ蹴りを食らわせる。 人間が不用意にウマの後方から近づくと(ウマの機嫌が悪い時などは特に)ウマは突然後ろ蹴りをすることがあり、これを食らうとしばしば死亡事故となる。 そもそも馬の脚力は猛烈で、動作も素早くて避け難い上に、馬の足裏には金属性の硬いがつけられているので、人が頭部に食らえばしばしばの即死という結果となりがちなのである。 胸部・肩・鎖骨などに受けても骨折するほどの大怪我となりがちである。 馬の調教本の多くでも「ウマの後方に立たないように」との注意がなされており、「ウマの後ろ(尻側)に立たないこと」は乗馬クラブなどでも乗馬初心者に対してまず最初に指導されることのひとつである。 ウマの 牡(オス)馬は歯をむき出しにして、あたかも笑っているような表情を見せることがある。 これを「」と呼び、ウマだけでなく様々な哺乳類に見られる。 このフレーメンによって鼻腔の内側にある(鋤鼻器)と呼ばれるを感じる嗅覚器官を空気にさらすことで、発情した牝(メス)馬のフェロモンをよく嗅ぎ取れるようにしている。 発情したの生殖器の臭いをかがせるとこの現象を容易に起こせるため、ウマのフレーメンに関する歴史的エピソードがいくつかある。 また、ウマはなどのきつい匂いをかいだり、初めて嗅いだにおいのときにもフレーメンをし、牝馬もフレーメンをすることがある。 2005年のアメリカでの調査では、下級戦にもかかわらず302 のレースのラスト101 mの平均速度が92. (ただし、馬は速くはあるが、瞬間最高速度ではしばしば「地上最速」(駆ける速度が最速)と形容されるには、さすがにかなわない。 ) 速力に優れ、ヒトを乗せてかなり速い速度で走ることができる。 実際のレースでの記録としては、の世界レコードで440ヤード(402 m)を20. 274秒 というものがあり、これは時速に換算すると71. もう少し長い距離ではが有利となり、1000 mの世界レコードが53. 07秒(時速68 km)を記録している。 3200 mでも世界レコードは3分12. 5秒(時速60 km)となっていて、なお速度を維持している。 馬は加速に時間がかかるため、特に短距離戦ではレース中の大部分を上記の速度よりも遥かに速い速度で走っている。 2005年のアメリカでの調査では、330ヤード(302 m)のレースのラスト101 mの平均速度が92. 4 kmに達していた。 402 mではサラブレッドもレース終盤で時速83. 9 kmを記録している。 ただし、この2005年の調査は何れも下級戦である。 同じ調査で、1006 mのレースでのサラブレッドの速度は、レース中盤でも時速59. 6 kmに過ぎなかった。 これは、2002年に日本でほぼ同じ距離(1000 m)で記録されたレース中間の200 m区間平均時速75. 0 km(9. 6秒) よりかなり遅い。 競技のカテゴリーに入るは、ヒトにおけるに相当する競技であり、30〜50キロメートルごとに馬体検査(心拍数が規定値を超えると失権)と休憩を挟みつつ最大160キロメートルを走破する。 走路は整地されているとは限らず、山や川があったりする。 平均速度はこの距離でも時速28 km近くに達することがある。 使用するのは中間種でもサラブレッドでも何でもよいが、が良く使われる。 競歩に相当するでは、Always B Mikiというが、二輪をけん引してで1マイル(約1609 m)を1分46秒(時速55 km)で完歩した。 人の感情を読み取る能力 [ ] ウマは(イヌ同様に)人の感情を読み取ってそれに敏感に反応しているということはウマに関係する人々の間ではかなり古くから言われていたものの、それについての科学的な研究はほぼ無かったが、2018年にようやく発表された。 2018年6月、は、馬は人のとを関連付けて、人のを読み取るという研究成果を発表した。 種類・分類、品種 [ ] さまざまな分類法がある。 たとえば解剖学的分類、用途による分類、運動性能による分類、体高と体長の比率による分類 等々がある。 どの分類方法も曖昧さを孕んでいる。 動物的にはこれらすべてがウマ(正確には イエウマ)という単一の種である。 解剖学的分類 [ ]• 東洋種と西洋種• 短頭種と長頭種 用途による分類 [ ]• 乗用馬 ・ 輓用馬 ・ 駄馬 - ウマの使用目的に沿った分類法。 外観や能力による分類法 - いずれも個々のウマの外観的特徴に基づく分類ではなく、登録されている品種単位での分類である。 常歩馬 ・ 速歩馬 ・ 駈歩馬 - に着目した分類法。 ドイツのミツテンドルフが考案したものでかつては普及していた。 温血種 ・ 冷血種 - ウマの運動性能に基づく分類法であり、大まかな分類として温血種は軽種、冷血種は重種が該当される。 なおイギリスでは温血種をサラブレッドとアラブに限定している。 軽種 ・ 中間種・ 重種 - 日本で最も一般的に用いられる分類法で 、軽種は、サラブレッドやアラブもしくはアングロアラブに限定して適用される。 対して重種は、ペルシュロンやブルトンといった大型の種に適用される。 なお中間種は、軽種と重種の交雑された種に適用される。 この分類法は1937年に馬政局が発令した「馬の種類呼称」という規則が発端となっている。 正方形馬・ 長方形馬・ 高方形馬 - 体高と体長の比率による分類法。 ドイツでつくられた考え方。 純血馬・ 半血馬 - 純血といっても遺伝的・生物学的な根拠に基づくものではなく、公式な血統管理団体による登録による分類法である。 正常馬・ ポニー - 1899年にイギリスの王立農業協会で提唱された分類法で、体高が148センチ以下のものを機械的にポニーと称した。 なお現代においては目安としての信頼性しか持ち得ない。 競走馬については現在は主に登録されたに基づいて分類を行うのが主流である。 たとえば、サラブレッドとして然るべき団体から登録を受けたウマがサラブレッドであり、サラブレッドであれば軽種である。 仮にこれとまったく同一の遺伝子を備えていたとしても登録がなければサラブレッドとは認められない。 「」も参照 在来種と改良種 [ ] 各地にそれぞれ 在来種と呼ばれる固有の特徴をもった品種が少数存在する。 在来種は古来のウマの特徴を比較的よく残しているが、それらも多かれ少なかれ人間の手によって改良されている。 細かくみると約250種類以上確認される。 混血も多い。 それに対して、 改良種は、スピードや耐久力、パワーなどを高めるようながなされており、ひきかえに不定期の給餌に耐える体質や危険から身を守る本能の一部を失っている。 サラブレッドやなど、現代人が乗馬クラブや競馬場で頻繁に目にする馬の多くは後者の「改良種」のほうである。 日本での分類 [ ] 現在日本では、ウマを軽種とそれ以外に分類している。 このうち軽種については、財団法人が登録規定を行っている。 軽種以外は社団法人が登録を行っており、登録規定で乗系、輓系(ばんけい)、小格に分類している。 ただし日常的には重種、中間種などの表現が用いられることもある。 和種・洋種・雑種• 甲種・乙種・丙種・丁種 野生種 [ ] 都井岬の御崎馬 現在では、野生種は絶滅したとされる。 アメリカのやイタリアの、宮崎県のなどは、半野生状態で生息しているが、いずれも家畜として飼育されていたものが逃げ出し、繁殖したものである。 かつては北海道では野生化した馬を狩猟・捕獲し、ばん馬として荷物や馬ソリの牽引をさせることもあった。 に生息する「」 は、現在、世界で唯一とされる真の野生ウマとされていたが、最近の研究で人間によって家畜化された個体であったことが判明した。 1968年以降、生息が確認されなくなり、本国では一度絶滅したとされる。 その後、海外ので飼育されていたものを里帰りさせ、自然保護区の国立公園内で繁殖を重ね、200頭を超えるまでになっている。 軽種 [ ] 重種の代表、 主に農耕や重量物の運搬のために改良された品種。 中世ヨーロッパでは重いを着込んだ重装備ののとされた。 大きな個体では体重1トンを超えることも珍しくない。 また、軽種よりも美味とされ、食用として用いられるのは重種馬が多い。 特有の競走の一種、で用いられているのは、この重種でもペルシュロンやベルジャンの混血馬や、これらと北海道和種などの在来種の混血(重半血)が多い。 軽種馬以外の登録を管轄する日本馬事協会では、平成15年度 以降に生産されるばんえい競馬向けの馬については、純系種同士の馬による配合馬のみ一代限りで「半血(輓系)種」とし、それ以外については「日本輓系種」として登録されている。 (ベルジアン)• ポニー [ ] 詳細は「」を参照 現存するは以下の8種。 北海道和種以外は非常に飼育頭数が少ない。 在来馬はファラベラのような小型ポニーや、シェトランドポニーのような中型ポニーではなく、蒙古馬系に属する比較的大型のポニーに含まれる。 また、大型在来馬である南部馬等は近代化による西洋種との交雑により多数の大型在来馬は絶滅した。 現存する小型在来馬は西洋種との交雑に用いられたものは少なく、当時の使役馬・駄馬の範疇に含まれるものが多く遺る。 北海道和種(北海道島):「道産子(どさんこ)」の俗称で親しまれている。 (、)• (野間)• 御崎馬()• () 人間とウマ [ ] 人間によるウマ利用の歴史 [ ] 馬はスポーツでも使用されている。 写真はの試合。 Equus(エクウス、ウマ属)の学名で呼ばれるウマやロバの直接の先祖は、200万年前から100万年前にあらわれたと考えられている。 は古い時代からウマを捕食し、あるいは毛皮を利用していたことが明らかにされており、に属するの壁画にウマの姿がみられる。 純粋な野生のウマは、原産地の北アメリカを含め、人間の狩猟によりほとんど絶滅した。 紀元前4000年から3000年ごろ、すでにその4,000年ほど前に家畜化されていた、、に続いて、ユーラシア大陸で生き残っていたウマ、ロバの家畜化が行われた。 これは、ウマを人間が御すために使うをウマの口でとめ、ウマに手綱を引く人間の意志を伝えるための馬具であるはみ(銜)がこの時代の遺物として発見されており、ハミは馬のの第二と接し摩耗痕を残すことが観察されるため、馬の家畜化を判断する指標として活用されている。 同じく紀元前3500年ごろ、でが発明されたが、が広く使われるようになるのは紀元前2000年ごろにが発明されてが軽く頑丈になり、馬車を疾走させることが出来るようになってからである。 馬車が普及を始めると、瞬く間に世界に広まり、世界から流域のまで広く使われるようになった。 これらの地域に栄えた古代文明の群では、馬車は陸上輸送の要であるだけではなく、(戦車)として軍隊の主力となった。 また、ウマの普及は、ウマを利用して耕作を行う馬耕という農法を生んだ。 ウマは反芻動物ではない上にウシやヒツジなどに比べてが高く、それらと比較すると体重に対して約30パーセント以上多くのを必要としたため、中東の古代国家ではウシやヒツジと同時に大量のウマを飼うことは困難だった。 ウマはその貴重さから食用として発達することはなく、この地域から馬肉に関するが生まれたと考えられている。 一方、メソポタミアからみて北方の草原地帯ではウマに直接に騎乗する技術の改良が進められた。 こうして紀元前1000年ごろ、広い草原地帯をヒツジ、ヤギなどの家畜とともに移動するという生活形態が、著しく効率化し、、などの騎馬遊牧民が黒海北岸の南ロシア草原で活動した。 騎馬・遊牧という生活形態もまたたくまに広まり、からに至るまでの農耕に適さない広い地域で行われるようになった。 彼ら遊牧民は日常的にウマと接し、ウマに乗ることで高い騎乗技術を発明し、ウマの上からを射る騎射が発明されるに至って騎馬は戦車に勝るとも劣らない軍事力となった。 遊牧民ではないが、には、騎射を行う弓騎兵を活用して世界帝国に発展した。 中国ではに北で遊牧民と境を接していたのが胡服騎射を採用し、騎馬の風習は定住農耕民の間にも広まっていった。 さらに騎乗者の足や腰を安定させるための(あぶみ)や(くら)が発明され、が普及して、非遊牧民の間でも、の騎士や日本ののような騎兵を専門とする戦士階級が生まれた。 15世紀から16世紀に進んだ火薬・銃の普及による軍事革命は騎士階級の没落を進めたが、騎兵の重要性は失われず、また物資の運搬にもウマは依然として欠かせなかった。 各国はに適したウマを育成するためにを振興し、競馬を通じて馬種の改良が進められた。 やがて大航海時代に入り、白色人種はアメリカ大陸に到達した。 彼らが手にする鉄器や火薬の威力、乗りこなす馬の機動力や威圧感、そして彼らが持ち込んだなどの伝染病はそれらを知りえなかったを恐怖に陥れ、白人によるは短期間で完了。 結局、やなど、独自の文明をもって栄えていた社会はほぼ壊滅させられる。 しかしなど北米のの中には、馬の機動性をいち早く取り入れ、生活様式を向上させるものもあった。 20世紀に至り、2度の大戦を経て軍事革新が進んで軍馬の重要性は急速に失われていったが、軍隊、警察においては儀典の場で活躍している。 さらに競馬・乗馬は娯楽、スポーツとして親しまれ、世界では現在も数多くの馬が飼育されている。 また近年では、世界最小のウマであるアメリカンミニチュアホースをのウマ版と言える盲導馬として使用する試みも始まっている。 その他、乗馬を通じ心を癒すも注目を浴びている。 日本の馬 [ ] 縄文・弥生・古墳時代 [ ] 先史時代の日本には乗馬の歴史はなく、大陸から伝来した文明、文化とされる。 日本に馬が渡来したのは古くても、弥生時代末期ではないかといわれ、4世紀末から5世紀の初頭になって漸く乗馬の風習も伝わったとされる。 4世紀末から馬骨・馬具の出土は古墳の築造と連動して東国など広範囲で確認されており、この頃に馬事文化が大陸から日本へと運ばれたのではないかとされている。 日本列島における馬の渡来は東日本・中部高地において先行し、山梨県甲府市塩部ののからは4世紀後半代の馬歯、甲府市下向山のの方形周溝墓からは4世紀末の馬歯、長野県長野市のからは4世紀後半代の馬歯が出土している。 の埋葬馬 大阪府四條畷市出土。 5世紀初めには馬形埴輪が登場する。 5世紀前半のの陪塚やの陵墓の副葬品として馬具が出土しており、5世紀中ごろになると馬の骨格の実物も出土し、古墳のも鞍、(くつわ)、鐙(あぶみ)などの馬具や馬形埴輪の出土も増えることから、日本でこの頃には馬事文化が確実に普及したと考えられる。 群馬県のからは馬の足跡が4万個以上パックされたが確認されている。 これはの噴火による堆積物で馬の足跡が遺存したもので、蹄の大きさから中型馬であると考えられている。 その後の古書や伝承には馬にまつわる記述がみられる。 『』にはが岩戸に隠れたのはが斑駒の皮を剥いでアマテラスの機織小屋に投げ込み、機織女が驚いて死んだためであるとのくだりがある。 『』では、スサノオの息子であるが国からでかける際に鞍と鐙を装した馬に乗っていたと書かれる。 はによる戦闘を得意とした騎馬民族だったとされ、飼育した馬を側に売っていた。 またとなった蝦夷により飼育法の他、乗馬や騎射などの戦闘技術がもたらされた。 飛鳥・奈良時代 [ ] 646年のによる一連の制度の整備によって、・といった通信手段としての乗用馬が設立され、各地に馬も開かれた(ただしの技術は導入されなかった)。 当時のモデルであった大陸の朝は、遊牧民出身の軍事集団が政権中核の貴族層を構成し、その軍事制度も遊牧民の軍制を色濃く継承していたため、律令制の導入は最先端の軍事技術としての馬文化(軍馬)の導入という性格も有していた。 ではが率いて急行した千余騎や、勇士らの騎馬突撃など、の活躍が目立った。 7世紀に造られた跡では、酷使により関節部の癒合・肥大化をきたした馬の骨が見つかった。 宮の造営には多数の馬が用いられたようである。 藤原宮跡の骨の中には、肉を取るための削り痕が残っているものと、そうした痕跡がないものがあり、部分的に食用にされたと考えられる。 4年(675年)4月17日のいわゆる肉食禁止令以後 、食用を禁止する命令がたびたび下されたが、いずれも一時的な禁令で、あまり行き渡らなかったようである。 平安時代 [ ] には、いわゆる競馬が行われていたというはっきりとした記録があり、盛んに行われていた。 「競馬式(こまくらべ)」、「きおい馬」、「くらべ馬」、「競馳馬」等と称して、単に馬を走らせて競う走馬、弓を射るなどが行なわれ、勝者と敗者の間では物品をやり取りする賭け行為が行われる場合もあった。 この競馬の起源は尚武(武術の研鑽)にあったと考えられるが 、平安時代の貴族社会では、もっぱら神事などの行事ごと、娯楽へと変遷したと考えられる。 宮廷儀礼として様式化された「競馬」はやがて神社にも伝わり、祭礼としての競馬も営まれるようになった。 このなかでは、賀茂別雷神社(上賀茂神社)で毎年五月に行われるが有名である。 賀茂競馬は古代から中世を通じて継続し、による荒廃の際でも万難を排して開催され、日本の馬事文化ではもっとも歴史のある行事とされる。 また藤原道長は馬を好み度々天皇の行幸を仰いでまで馬比をおこなっている。 また、平安時代の大乱のは騎馬に巧みで、関東平野を中心に騎馬による機動的な戦闘を行ったとされ、その後の源平合戦でも関東地方の武者達が騎馬に巧みであったことがなどに記述されている。 馬は金と並んで東国の産物とされ、「後撰和歌集」には尾駮(おぶち)の牧が歌われ、がに軍馬を贈る等、軍事物資としても貴重な存在であった。 鎌倉時代 [ ] 10世紀に武士が誕生すると、を着て騎射を行う武芸とされ、朝廷や国衙による軍事動因や治安活動は、この武士の騎馬弓射の戦闘力に依存するようになった。 またに古代に於いて直刀だった刀剣が、斬撃に適するよう、刃に反りがつけられる進化を促したともされている。 彼ら平安時代半ばからにかけての武士の馬術への深い関心は、である『平家物語』に記されたで馬に乗ったまま崖を駆け下りたの鵯越え(ひよどりごえ、なお畠山重忠は馬を背おって下りたという)などの逸話によって多くの日本人によく知られている。 馬事はふたたび武術としての性格をもちはじめ、後にたしなみとして「競馬」、騎射、、などが盛んになり、やがてとして厳格に体系化された。 武士の騎乗戦闘の様子や騎乗抜刀の様子は数多くの絵画史料で見ることが出来る。 『』前巻絵五 の手勢 『』には白石通泰勢百余騎の騎馬隊が騎射をしながら敵陣に突進する様子が描かれている。 室町時代以降馬術の「乗用三段」に見られる騎馬隊で突撃して敵陣を切り崩すような集団騎馬戦術が発達していった。 大坪流馬術は戦国時代・江戸時代を通じて武士が学ぶ軍事的素養となっていた。 江戸時代初期に描かれた『』には御鞭打といわれる皮竹刀を使った騎馬集団による軍事演習の様子が描かれている。 また、領主としての土着性が強かった初期の武士にとっては、馬が排出する馬糞は自己が経営する農地のとしても貴重なものであった。 によれば、1193年、が淡路国で九本の足を持つ珍妙な馬を発見し、将軍に見せたという。 この馬はその後陸奥国まで連れて行かれたが、その道中皇后大進為宗の家人によって射殺されてしまったという。 江戸時代 [ ] 武士の鎧と馬の鎧 これらの競馬の伝統は中世を通じて維持され、政治史にあわせた盛衰はあるものの中期まで続いた。 特に、、らは武芸としての馬事を推奨し、江戸の高田に馬術の稽古場をつくった()。 ただし騎乗が許されたのは一部の旗本以上の階級のみであった。 8世紀初頭に制定された大宝律令では(左馬寮・右馬寮)が設置された。 また、8世紀のの時代には、関東に大規模なが設けられ、年間200〜300頭規模の馬産が行なわれていた。 御料牧場は、に関東を制覇したによって整備され、・の広い地域にまたがっていた。 これを監督していたは後にに滅ぼされて新領主であるの直轄地域(千葉野、後の・)となり、同氏がを開いた江戸時代に入るとが設置されて最盛期には年間2000〜3000頭規模の馬産を行った。 これが明治時代のの前身である。 ただし牧場や馬産といっても、大陸の遊牧民、牧畜民によって発達し、現在も行なわれているような体系的なものではなく、大規模な敷地内に馬を半野生状態で放し飼いにして自由交配させ、よく育った馬を捕らえて献上するというやり方であった。 この方法は、優れた馬ほど捕らえられ戦場に送り込まれることになり、劣った馬ほど牧場に残って子孫を残し、優れた馬ほど子孫を残しにくくなるため、現代の馬種改良とは正反対の方法だった。 このような手法で生産された馬は野駒と呼ばれた。 一方、仙台や薩摩藩では、種馬として藩主の乗用馬が下賜され、管理された繁殖が行われた。 こうして生産された馬は里馬と呼ばれた。 古い文書の記述を信用するのであれば、日本の馬は江戸期に小型化した。 平将門の愛馬「求黒」が160 cm もの大型馬で人を踏み殺したと言うのは誇張だとしても、平安期の名馬といわれる馬は概ね体高140 cm以上の馬格を有していた。 奥州藤原氏が献上した名馬はみな体高150 cmで高幹 とされた。 戦国時代まで馬の大きさの基準は概ねこの程度であったが 、江戸末期の御料牧場の繋養馬は平均して10-15 cmほど小型化していた。 改良が全く行われなかったわけではない。 徳川家では東南アジア経由で外国産馬をしばしば輸入しており、これを「日本の馬とは違って体が大きく、おとなしい」と称賛している。 のは15世紀から代々モンゴル馬を輸入したといわれており、 [ ]のや、の産地を支配したは、ペルシャ種馬を導入しての改良を行ったと伝えられている。 江戸時代の徳川吉宗やは諸外国から種馬を輸入し品種改良しようとした。 しかし、全体としての馬産の方法論は前時代のままであり、継続的な選抜と淘汰による体系的な品種改良という手法は導入されていない。 これを象徴する出来事として知られているのが、江戸時代にからアラブ馬を贈られた一件である。 1863 文久3 年、14代将軍の時代にフランスで流行病によってが全滅した際に、江戸幕府が代わりの蚕を援助した。 この返礼として品種改良の一助になればとからアラビア馬 16頭が贈呈された。 しかし当時の幕府首脳にフランス側の意図を理解する者がおらず、珍貴な品扱いで全て家臣や諸侯等へ下賜してしまった。 明治に入ると、外国から多くの種馬が輸入され、日本の在来馬の改良に充てられた。 「」より。 明治以前の日本には蹄鉄の知識がなく、馬は専用のわらじを履いていた。 江戸期の太平の時代になると、軍馬としての馬の需要は減り、一方で市民経済の発展に伴ってに用いられるものが増えてきた。 また、農馬はの耕作や、副次的に馬糞を田畑への肥料とするため飼養された。 なお、日本には明治に至るまで蹄鉄の技術が伝来せず、馬には専用のを履かせていた。 近代 [ ] 明治に入り、4年(1871年7月22日)にの乗馬が許可され 、民間での娯楽としての乗馬の道が開けた。 ・以降には軍馬の改良をすすめるため軍馬資源保護法を制定し日本在来馬の禁止などの政策がとられ 、本格的な品種改良を伴う洋式競馬も創設された(詳しくは参照)。 太平洋戦争後の経済復興期に日本国内の道路網の舗装が整備されて自動車が普及するまで、ウマは農耕、荷役、鉄道牽引などに用いる最もポピュラーな実用家畜であり、ピーク時には国内で農用馬だけで150万頭が飼育されていた。 1945年、指令により国による馬の施策、研究、団体の解散と再編が実施された。 太平洋戦争直後の1950年に飼育されていたウマは農用馬だけで100万頭を超すが、農業の機械化に伴って需要は急減していき、1960年代中頃には30万頭に、1975年には僅か42000頭まで減った。 2001年の統計では、国内で生産されるウマは約10万頭で、そのうち約6万頭がで、農用馬は18000頭にすぎない。 2005年現在では日本在来馬は8種、約2000頭のみとなった。 なお、上、馬が引く車および人の騎乗した馬はに分類される。 昔から馬を大切にしていた地方では現代でも、馬は「蹴飛ばす」=「厄を蹴飛ばす縁起物」などと重宝しているところもある。 乳の搾取 [ ] モンゴル高原のの間では、現在でもウマは重要な乳用家畜の一つであり、は(アイラグ)などのの原料とされる。 食肉 [ ] (そもそも人類は、時代、さまざまな野生動物を捕えて食料としていたわけで、が行われる以前、人類の一部は(逃げ足が速くて捕獲するのはかなり困難であったであろうが)野生馬も捕獲して食用にするということも行っていた、と考えられている。 日本の中にはを食べることがさかんな地域はいくつかあり、「桜肉(さくらにく)」と称する。 荷役(荷役馬) [ ] 荷物を背負わせたり、荷車、、運河の船などを引かせるために用いる。 詳細は「」および「」を参照 軍事に使用される馬。 歴史的には、当初は荷物運びに使われ、やがて(戦闘馬車)をひくためなどに使用され、すなわち当初は人(戦士と御者)が車の上に立ち、のちに馬の背に直接乗って戦うようになったと考えられている。 戦時に人が馬の背に乗ることが広まったのは以降だと、指摘されるようになっている。 は騎馬兵を用いて中央アジアから現在のロシア南部や現在のウクライナあたりで帝国を築いていった、と考えられている。 馬に乗り戦う兵をと言う。 は騎馬弓兵で各地の軍を圧倒しヨーロッパにまで及ぶ巨大なを築き、日本のも弓馬の道を修めた。 中世ヨーロッパの貴族にはという階級も生まれた。 イギリスやフランスなどのは長いをたずさえて、馬で駆けつつ突き倒すという攻撃の衝撃力で歩兵を圧倒した。 当然騎士どうしの闘いも起き、敵騎士の攻撃から身を守ろうとが重装備化し、防具の重さだけで20 から35 kgほどに達した。 ここに武器のみならず、馬を護るための鎧()も加わるので、こうした総重量に耐えるように、中世の騎士用の馬は大型でずんぐりした体形のものが選ばれるようになった。 が発達して弾丸の貫通力が増した17世紀頃からは、プレートアーマーを強化しようにも人馬が耐えられる重量には限界があり、銃弾の威力に対抗できなくなった。 その結果、全身の完全防護をあきらめ、胸・腹あたりだけを分厚く護る胸甲が主流になり、軍馬が担う負担はやや軽減された。 鉄砲・大砲になどの火器が普及してその性能が上がり、威力やが増大するにつれて、移動速度の大きさも優位のひとつであったの重要度は下がったが、それでも馬の突進力を生かした突撃は、時に勝敗を分ける事もあるほど強力な物であった。 凛々しい軍服に身を包み戦場を颯爽と駆け抜ける姿や 戦況を決定づける役割は依然憧れの的であり、たとえばヨーロッパ大陸(旧大陸)を見ると、(1805-1815)でも騎兵は重要な存在であった。 19世紀前半まで騎兵は軍隊の「花形」であり続けた。 新大陸に目を向けると(1775-1783)の時でも軍用馬は重要な役割を果たし、 1861-1865)でもなお軍馬は活躍できた。 (1904-1905)でも「世界最強」と称されたの騎兵隊の大軍と日本の騎兵隊()が激突し、その結果が同戦争の大局にも影響を与えたが、純粋な騎馬隊どうしの戦いと言うより、日本側の騎馬隊はその弱点を補うための歩兵・工兵との混成部隊となっていた。 騎兵が消える大きな要因となったのはの普及であり、騎兵は機関銃の格好の的にされてしまうようになり、活躍の場が失われていった。 とは言え自動車化・機械化の黎明期にあって、軍馬はなお敵後方への奇襲や輸送・偵察・伝令・警備といった任務を担い、(1939-1945)までは世界各国に存在し続けた。 なお実戦で最後に本格的な騎馬襲撃が実施されたのは、に行われたでの騎兵第4旅団の戦闘である、とも言われている。 同旅団は日本最後の騎兵旅団である。 3月27日に老河口飛行場の乗馬襲撃、占領に成功し、世界戦史における騎兵の活躍の最後を飾った。 現代の軍隊では基本的に、戦力としては用いられておらず、主に儀式の時に用いられている。 たとえばでは、歴史的経緯もふまえて「騎馬隊」という名称を残しているが、本当の戦力ではなく、軍パレードなどに駆り出されるような場合以外はさほど活躍しない。 山岳部隊を保有している国では、峻嶮な地形での物資輸送をウマやロバで行っている事例がある。 民間薬として [ ] として、馬肉・馬油には解熱効果があるとされ、捻挫などの患部に湿布として使用される()。 女子柔道家のが使用したことでも有名。 また馬肉パックと称して美肌効果を期待する向きもある。 また(は商品名)は皮膚への塗布用のものが販売されている。 人間に最も近い自然の油であるため、大火傷、日焼け、虫刺され、霜焼け、しみ、皺、白髪等に効果があると言われる。 皮革 [ ] 馬革はホースハイドといい牛革(成牛革)よりも滑らかである。 ホ-スハイドは革製品の裏革などに用いられる。 また、ベンズ部をタンニンで染色加工したものはコードバンと呼ばれる最高級品で緻密で強靭な構造を持つ。 コードバンはバッグ、紳士靴、財布、ランドセルなどに用いられる。 尾毛 [ ] 詳細は「」を参照 警察が市内パトロールのために使用した。 現在でも一部の国のが使っているが、日本では主に明治時代から昭和初期までであり、それ以降は警察車両に取って代わられたため殆ど無用となってしまった。 (東京府・東京都の警察)では伝統を重んじる姿勢から、第三方面交通機動隊の中に騎馬隊を維持しており、平成19年6月現在16頭の警察馬を徴用している。 また、でも「平安遷都1200年」を記念して1994年2月10日にが創設されている。 しかし、活躍の場はいずれも交通安全パレードの時の市中警戒に使用される程度である。 騎馬警官が市街地の警備や交通整理を担う場合もある。 自動車と比べ環境を劣悪化させる排気ガスや騒音を出さないクリーンな乗り物であるが、乗馬者にとっての環境が未整備ということもあり、大々的には行われていない。 海外では、やなどの大都市で使用されている。 これは騎乗することにより遠くまで見渡すことが出来、威圧感もあることと、もともと街中に乗馬のための設備がそろっていることによる。 なお、国家警察は現在でもを称している。 伝承・民話・神話 [ ]• (の愛馬)• (アレキサンダー大王()の愛馬)• (の乗馬)• 『』モンゴルの民話。 馬頭琴の発祥とされる。 (日本各地)• ()- 騎乗する者を選ぶ馬。 翼が生えている馬でもある。 (ギリシア神話)• (神話)• (神話)• ヨハネの黙示録の4人の馬乗り()• 有名な馬 [ ]• 賢馬ハンス 養蚕と馬 [ ] 日本では江戸時代後期から近代にかけてが盛んに行われ、養蚕に関係する民俗も成立した。 養蚕には動物に関わる民俗があり、と馬に関するものが知られる。 猫は養蚕が害獣であるを捕食することからネズミ避けとして珍重されているが、馬と養蚕の関係は昔話の『馬娘婚姻譚』(ばじょうこんいんたん)に由来する。 『馬娘婚姻譚』は人間と異者が結婚する異類婚姻譚の一種で、馬と娘との悲話が語られる。 これは東北地方からまで日本各地に分布し、特に東北地方では信仰と結びつき、おしら様ののなかでも登場する。 馬に関する慣用句・事物 [ ] ウィキクォートに に関する引用句集があります。 慣用句 [ ] 日本語 [ ] 日本語で馬の鳴くのを特に「 嘶く ( いななく )」(動詞)ということがあり、古くは「 嘶ゆ ( いなゆ )」(下二段動詞)といった。 あ行 [ ]• 意馬心猿 ( いばしんえん )• 生き馬の目を抜く• 牛は牛づれ馬は馬づれ• 馬が合う• 馬並み• 馬に 経文 ( きょうもん )• 馬には乗ってみよ、人には添うてみよ• 馬の背を分ける• 馬面 ( うまづら ) - 縦に長い顔の人を悪く言う言い方。 はでしばしばその馬面をネタにされた。 馬の耳に風• 馬の耳に念仏• 馬乗りになる• 馬を牛に乗り換える• 馬を水辺に連れて行くことは出来るが水を飲ませることは出来ない• 焉馬 ( えんば )の誤まり• 老いたる馬は路を忘れず か行 [ ]• 牛飲馬食 ( ぎゅういんばしょく )• 癖ある馬に乗りあり• 鞍掛け ( くらかけ )馬の稽古• 犬馬 ( けんば )の労 さ行 [ ]• 鹿を指して馬となす(馬鹿)• じゃじゃ馬( 駻馬 ( かんば ))• 将を射んと欲すれば先ず馬を射よ• 尻馬 ( しりうま )に乗る• 寸馬豆人 ( すんばとうじん )• 千里の駒 た行 [ ]• 天高く馬肥ゆ• 駑馬十駕 ( どばじゅうが ) な行 [ ]• 南船北馬 ( なんせんほくば )• 人間 万事 ( ばんじ ) 塞翁 ( さいおう )が馬• 寝牛起馬 ( ねうしおきうま ) は行 [ ]• 馬脚 ( ばきゃく )を現す• 馬耳東風 ( ばじとうふう )• 馬車馬 ( ばしゃうま )のよう• 馬首人身 ( ばしゅじんしん )• 人を射るには先に馬を射よ• 肥馬 ( ひば )の塵を望む• 隙 ( ひま )過ぐる駒• 瓢箪 ( ひょうたん )から駒(駒=子馬) ま行 [ ]• 馬子 ( まご )にも衣装• 名馬に癖(難)あり や行 [ ]• 痩せ ( やせ )馬の先走り(道急ぎ) ら行 [ ]• 老馬の智用うべし 英語 [ ]• go to the dogs - 「落ちぶれる」という意味。 往時にどんなに愛された名馬も最後にはイヌの餌にされたことから生まれた慣用句。 祭事 [ ]• 宗教 [ ]• 企業 [ ]• 作品 [ ]• Equidae• 前者はにまで遡ることの出来る古い語彙。 後者は、イタリア語の : cavallo、スペイン語の : caballo、フランス語の : cheval などに連なる。 : riding horse• : draft horse• : park horse• : walking horse、 walker• : trotter• : galloper、 runner• : hot-blood horse• : cold-blood horse• : light horse• : heavy horse• モウコノウマ、学名は Equus ferus przewalskii。 2013年3月1日〜2014年4月30日。 6000年前頃、野生種のをからの地域で家畜化したものと考えられている。 ウマが家畜化されたと考えられる最古の遺跡は黒海の北岸に位置するデレイフカ遺跡から出土した馬である。 脚の先から肩までの高さ。 このサイズはスピード競争を目的として近代に品種改良が重ねられたサラブレッドの平均的な体高である160-170 cmと比べるとかなり小型であるが、小型種シェトランドポニーの平均的な体高である100 cmに比べると遥に大型である。 モンゴル帝国の征服事業で使われた蒙古馬のようなの遊牧民の優秀な軍馬も日本在来馬と同じ程度のサイズである。 馬は一概に大きければ優秀というものではない。 小型化が意図的な改良の結果かどうかは不明。 江戸期になってウマが軍用としてよりも荷駄用として重用されるようになり、小型のほうが便利だと考えられるようになった、と考える者もいる。 一方で、江戸期の文書に現れるウマへの評価は、以前と同様に、大きいものが良い、というものであり、小型化は意図的なものではなく、当時の繁殖の方法論による帰結とも考えられる。 このうち、吉宗がのの貿易でオランダ商人ケーズルより購入した種馬についてはカンス、トロン、ミキルという名も残っている。 ウマの品種については不明。 当時の日本のウマの分類は産地によるものであり、品種ではないため、オランダ産馬とか唐馬とかペルシャウマと記録されているが、現代でいうアラブ馬に相当するかは不確かである。 品種を意味すると思われるものには安永年間に汗血馬を輸入したという記録もある。 下総御料牧場の記録によればサラブレッド。 明治時代になってフランス公使よりこの件についての抗議を受け、捜索によりが発見された。 この子孫からは昭和に至るまで活躍競走馬が出た。 これについては、ナポレオン3世の贈呈馬は26頭で、日本に到着した年を1867年(慶応3年)とする異説もあり、日本外務省も同様の立場である。 『日本馬政史』の原文と考えられる『大日本馬種略』では馬の散逸は明治政府に責任があるような記述になっている。 詳しくは参照。 欧米では、戦史上最後の騎馬突撃成功例として、第二次世界大戦のにおける騎兵の戦例(1942年)などが挙げられることが多い。 出典 [ ]• 109. , pp. 10,113-114. , pp. 48-51. , p. 13-14. 馬獣医学雑誌 38 S36 : 128-32. The American Quarter Horse Association. 2019年1月3日閲覧。 日刊スポーツ新聞社. 2019年1月3日閲覧。 Diamond Creek Farm. 2019年1月3日閲覧。 Yahoo! ニュース. 2018年6月21日閲覧。 [ ]• 松井章「狩猟と家畜」『暮らしと生業』上原真人・白石太一郎・吉川真司・吉村武彦、岩波書店〈列島の古代史 : ひと・もの・こと ; 2〉、2005年10月、181頁。 110-111. 日高振興局地域創生部地域政策課. 2019年1月5日閲覧。 , p. , pp. 330-331,336-337. , pp. 348-349. , p. 357. , pp. 362-363. , p. 358,360. 日本競馬史 [ ]• 佐藤和彦・谷口榮『吾妻鏡事典』 東京堂出版 267頁• 『日本競馬史』1、日本競馬史編纂委員会、日本中央競馬会、1966年。 [ ]• 日本馬政史,帝国競馬協会,昭和3 [ ]• 日本馬政史 [ ]• 岩波書店編集部『近代日本総合年表』1968年11月、46頁• 杉本竜 2003年12月. 立命館大学人文科学研究所紀要NO. 立命館大学人文科学研究所. 83-115. 2010年7月19日閲覧。 Robert DrewsEarly, Riders: The Beginnings of Mounted Warfare in Asia and Europe. 130. ブライアン・フェイガン『人類と家畜の世界史』東郷えりか訳 河出書房新社 2016年、 p. 253. 参考文献 [ ] は列挙するだけでなく、などを用いてしてください。 記事のにご協力をお願いいたします。 ( 2019年1月)• 『新編日本古典文学全集 4 日本書紀 3』・・・・校訂・訳、小学館、1998年。 山崎健「藤原宮造営期における動物利用 使役と食を中心として」『文化財学の新地平』国立文化財機構奈良文化財研究所、国立文化財機構奈良文化財研究所、2013年5月。 COLIN VOGEL『HORSE CARE MANUAL -馬を飼うための完全ガイド-』本好茂一・太田恵美子(日本語版監修)、鈴木勝(翻訳代表)、インターズー、1999年。 『馬の科学 サラブレッドはなぜ速いか』日本中央競馬会競走馬総合研究所、、1986年10月。 『馬の医学書 Equine Veterinary Medicine』日本中央競馬会競走馬総合研究所、チクサン出版社、1996年。 JRA競走馬総合研究所. 日本中央競馬会競走馬総合研究所. 2009年5月22日閲覧。 [ ]• 『新 馬の医学書 Equine Veterinary Medicine』日本中央競馬会競走馬総合研究所、緑書房、2012年。 『甲斐の黒駒 : 歴史を動かした馬たち』山梨県立博物館、山梨県立博物館、2014年10月。 関連項目 [ ] で 「 馬」に関する情報が検索できます。 ウィクショナリーの ウィキブックスの ウィキクォートの ウィキソースの コモンズで() ウィキニュースの ウィキバーシティの ウィキデータの ウィキスピーシーズの•

次の

ウマ

ひ の え うま 年齢

絵本おまえうまそうだなの内容(あらすじ)と感想は? 「むかしむかし おおむかし、あるはれた ひのこと。 」 「やまが ドドド…… と ふんかして、じしんが グラグラグラ…… そのとき、アンキロサウルスの あかちゃんが うまれました。 」 でも、そこには親らしき恐竜がいません。 アンキロサウルスの赤ちゃんはひとりぼっち。 泣きながらトボトボ歩いていました。 そこへ… 「ガォーーーーーーーー!」 と、ティラノサウルスが「おまえうまそうだな」とよだれを流しながら、アンキロサウルスの赤ちゃんに襲い掛かろうとしました。 しかし、アンキロサウルスの赤ちゃんは「おとうさーん!」とあろうことか、このティラノサウルスをお父さんだと思い込みしがみつきました。 ティラノサウルスが「どうしてお父さんとわかったのか?」と聞くと、それはアンキロサウルスの名前を呼んだからだそうです。 「ぼくの なまえ ウマソウなんでしょ」 それからティラノサウルスは、ウマソウのことを本当の父親のようにかいがいしく世話をしたり、「たいあたり」「ほえかた」を教えたりします。 そんな強くてかっこいいお父さんを見て、ウマソウは言います。 「ぼくも はやく おとうさんみたいに なりたいなあ…」 ティラノサウルスは、ウマソウを想い。 ウマソウは父のティラノサウルスを想い。 本来なら弱肉強食の世界で食う食われるの相容れないはずのティラノサウルスとアンキロサウルス。 そんな二匹のちょっぴりヘンテコで心温まる絵本です。 最初の場面で「ウマソウ」っていう名前なはずがないのに、勘違いしてしまう所でまずクスっと笑ってしまいますよね。 そして、生まれたばかりの赤ちゃんの純粋無垢なこと。 そんな純粋さに凶暴な肉食獣で有名なティラノサウルスも思わず優しさを見せてしまうんでしょうけどね。 ティラノサウルスが初めての「育児」でちょっと戸惑いながらもウマソウから「ちょっとした喜び」を得つつ、奮闘している様は優しい気持ちになりますね。 そして、ティラノサウルスは最後には、本当の親の元へウマソウを帰してあげています。 「さようなら ウマソウ……」 「ティラノサウルスは そう つぶやいて あかい みを ひとつ たべました。 」という最後の一文が何ともギュッと胸を打ちますね。 たくさんの「愛」を感じます。 「おまえうまそうだな」の対象年齢は? スポンサードリンク ストーリーとしてはそれなりに長いので4~5歳児向けですね。 ティラノサウルスとアンキロサウルス、他のシリーズでは別の恐竜も出てきますし、恐竜の絵本なので男の子が特に好きなのではないでしょうか? この絵本はママよりも是非、パパが子どもに読んで欲しいですね。 また、大人にも読んで欲しいです。 親なら共感する部分がたくさんあるのではないでしょうか? 他にも「ティラノサウルスシリーズ」で、 「あなたをずっとずっとあいしてる」「きみはほんとうにステキだね」「おれはティラノサウルスだ」「ぼくにもそのあいをください」 「であえてほんとうによかった」「あいすることあいされること」「ずっとずっといっしょだよ」「わたししんじてるの」「いちばんあいされてるのはぼく」 「あいしてくれてありがとう」「わたしはあなたをあいしています」があります。 怖いと思っていたティラノサウルスだけど、どれも優しさがいっぱい詰まった絵本です。 楽天で購入 「おまえうまそうだな」のねらいは? 本来肉食獣のティラノサウルスと草食獣のアンキロサウルスは、食うか食われるか?の弱肉強食の世界で生きていますよね。 それらしくタイトルも「おまえうまそうだな」で、まさに食べようとしているセリフですし、中でもそのように描かれていますね。 でも、それとは真逆の優しいお話です。 純粋無垢で慕ってくれるウマソウに、優しく時に厳しく接するティラノサウルスは見た目も種族も全く違っても間違いなく親子です。 この絵本では親子の愛がたっぷり描かれています。 なので、子どもも親から愛されていると愛を感じることが出来るのではないでしょうか? そして、他人にも優しくすること、愛することが出来るのではないでしょうか。 ティラノサウルスもウマソウと離れたくなかったはずなのに、最後は「別れ」を選択しました。 ティラノサウルスは、本当の意味でウマソウの「幸せ」を願ったんですね。 相手のために自分は何が出来るか?本当の意味で何をしてあげられるか?相手を思いやる気持ちを自然と学べる絵本だと思います。 人気記事• 1967年初版のロングセラー、ぐりとぐらのあらすじや対象年齢、さらに感想やねらいについても... 子どもに思いやりの気持ちを育む絵本、「どうぞのいす」のあらすじと対象年齢、評価について紹介... 子どもたちにとって身近なくれよんが主人公の「くれよんのくろくん」のあらすじや対象年齢をご紹... こんなパン食べてみたい!パン屋さんへ行きたくなっちゃう絵本「カラスのパン屋さん」のあらすじ... 絵本「おしいれのぼうけん」は、おしいれの暗闇の中でくりひろげられる大冒険のお話です。 この記事では絵本「はじめてのおつかい」のあらすじや感想、対象年齢等について紹介しますね!... 11ぴきの元気なねこたちが繰り広げる冒険シリーズの第1弾!あらすじや人気グッズなどもご紹介...

次の