ノーサイド 視聴 率。 「ノーサイド・ゲーム」視聴率では測れない凄み

「ノーサイドゲーム」あらすじネタバレに視聴率も!1話から最終話!|ENTAMENOTE

ノーサイド 視聴 率

Contents• 「ノーサイドゲーム」あらすじネタバレ 1話あらすじネタバレ トキワ自動車の君嶋隼人(大泉洋)はエリート社員で家では妻の真希(松たか子)と二人の息子、博人(市川右近)と尚人(盛永晶月)に囲まれ幸せに暮らしていた。 ある日君嶋は企業買収を推し進めようとする常務の滝川桂一郎(上川隆也)に対し反対意見を述べる。 君嶋の意見が通り買収は見送られことのなったが、本社から府中工場の総務部長に飛ばされる。 異動した初めの日、君嶋は総務部員の佐倉多英(笹本玲奈)からトキワ自動車ラグビーチーム「アストロズ」の選手たちを紹介される。 社長である島本博(西郷輝彦)が創設し、かつては強豪だったアストロズだったが、今は低迷。 しかも、14億の莫大な赤字を抱えて、会社のお荷物となっている状況。 ラグビーについて知識も経験もない君嶋には気が進まないことだらけ。 後がないのは君嶋は、自らの再起を考えることに。 今回は第2話です。 返り咲きを狙う君嶋は、勝利のため、新監督人事に乗り出すが、「経費を削りながらチームを強くする」難題に直面する。 今回は第3話です。 初公式戦を前に練習に余念のない新生アストロズ。 そんな中君嶋はファン獲得のためボランティアを提案。 プラチナリーグが始まりました。 最初の相手は東埜建設工業タイタンズです。 合宿での成果やファンの応援で最初の試合を勝つことができました。 試合を観戦していた子供たちから選手たちにラグビーを教えてほしいというオファーがたくさん集まるようになりました。 アウェーのため観客は5千人ほどでしたが、勝つことができました。 3回戦目は、熊谷ラグビー場で中央電力サンダーズ戦です。 接戦ではありましたが、相撲部屋で磨いたスクラムが冴えて勝利することができました。 観客数はあまりいませんでした。 でも、アストロズは順調に勝ち進んでいきます。 そして、君嶋は雑誌の力を借りて観客数を増やしていきます。 次の相手はミツワ電器ファイターズ戦です。 去年は大敗をした相手です。 データの分析を行い、準備に力をいれています。 佐々は、たまたま営業部で府中グリーンカントリークラブの担当者である青野からの電話をかわりに受けましたが、打ち合わせ時間を間違えて伝えたため、青野を怒らせてしまいました。 青野はラグビー好きだったので、里村のサイン入りのラグビーボールをプレゼントしましたが、青野はサイクロンズのファンでした。 そのため、府中グリーンカントリークラブからの受注がキャンセルになってしまいました。 そんな時、君嶋はアストロズの選手層の薄さを感じていました。 ニュージーランドから帰国後、まだ就職が決まっていない七尾をアストロズに誘います。 しかし、日本ではラグビーでは食べていけないからラグビーをやらないと断ってきました。 彼は今後のアストロズのカギを握ることになります。 先日取材を受けた雑誌が発売になりました。 しかし、ほとんどがサイクロンズの記事でした。 サイクロンズの鍵原によって内容が操作されていました。 君嶋にとってさらにショックな出来事が起きました。 滝川の進めている買収計画が島本社長の承認を得たのです。 滝川の力はさらに強くなり、ラグビー部の存続に大きな影響を受けるものでした。 アナリストの佐倉多英(笹本玲奈)が選手たちの動きのデータを取るために少し延長して練習をしている時、里村がケガをしてしまいます。 父親の影響でラグビーが好きな佐倉は責任を感じてしまいます。 工場内ではリストラの話題が持ち上がっている中、リストラの対象はラグビー部員だという話を聞いて、府中グリーンカントリークラブの件で責任を感じている佐々が君嶋に退部届を出します。 そんな時、ゴルフ場建設反対の団体が府中工場の門の前に押し寄せてきました。 それは府中グリーンカントリークラブの事だとわかりました。 君嶋は青野を訪ねました。 以前青野がキャンセルしたのは、この反対運動が原因であることを知りました。 佐々のミスが原因ではありませんでした。 君嶋は佐々にこのことを話し、退部を思い留まらせます。 責任を感じていた佐々にみんなが信頼していることを教えます。 そんな佐々をチームのみんなが温かく迎えるのです。 君嶋、紫門、そして、選手たち。 三位一体となり、プラチナリーグの11試合目。 相手はブルズ。 試合は順調に白星をあげます。 これで11連勝です。 その後もさらに勝ち続け、13連勝となります。 しかし、サイクロンズの試合をみて、力の差を感じます。 チーム力を上げるために君島は、七尾に声をかけ続けています。 七尾は、トキワ自動車に内定し、海外事業部に配属されます。 君嶋はカザマ商事の風間と滝川の関係を調べてみると、なんと2人は大学の同期でした。 滝川の本当の狙いは何か、君嶋は本当の狙いを探るために動きだます。 君嶋は元上司である脇坂にこの話をして、調査してくれるように頼みます。 滝川は、風間と会食をともにしていました。 ラグビー表室では、試合のメンバーが発表になりました。 息子 ・博人はゼッケン21番です。 でも本人は少しガッカリです。 何故かいうと、15人のメンバーには選ばれませんでした。 佐々は、自分と同じ番号だと博人を励ましました。 紫門は、対サイクロンズの戦略を練っていましたが、隙のないサイクロンズに中々良い手立てが浮かびません。 そんな時、君嶋と話をしていた紫門は、ふっと何かアイデアが浮かんだようで、急いでサイクロンズの試合の映像を見に行ったのでした。 紫門はスクラムが潰されてからのリロードの速さを増すことがサイクロンズ攻略のカギとなると思いつくのでした。 今度は、リロードの速さをつけるためにレスリングジムに通い、タックルの練習に励むことになりました。 そこには、またもや何故か君嶋がレスリングのユニフォーム姿で登場していました。 その先には、吉田沙保里が ・・・。 紫門も七尾の才能をこのままにしておくにはもったいないと感じてアストロズに誘いますが、やはり七尾は断るのでした。 一方で、マスコミからサイクロンズの津田監督との取材依頼を受けます。 君嶋は集客を増やすため共同記者会見をこのトキワ自動車で開くことを承諾します。 いよいよサイクロンズとの戦いの幕がおります。 記者会見上では、紫門と津田。 両者挑発的な態度です。 一歩も譲らない姿勢でその場を後にします。 いよいよサイクロンズとの対戦の日。 記者会見の効果もあり、観客は今シーズン最高の数を記録します。 紫門は選手たちの士気を高めます。 試合が始まり、序盤はことごとくタックルを潰されていくアストロズです。 津田は里村にプレーをさせないようにガッチリとディフェンスさせています。 なかなか里村のパスは通らず、逆に相手にボールを取られトライを決められてしまいます。 しかし、アストロズも負けずにトライを決めます。 こうして一進一退が続き、前半は終了します。 後半は、里村に代わり佐々が登場します。 佐々はみごとな動きで観客をうならせます。 アストロズは後半になっても動きが衰えず、スピードが落ちません。 息子の博人も佐々の活躍で嬉しそうに観戦しています。 試合も終盤になり、サイクロンズが4点リードであと1プレイの時間しかありません。 最後の1プレイは岬がトライを決めますが、ビデオ判定でノーゴールになってしまい、観客の応援も届かず、数点の差でサイクロンズに負けてしまいます。 「多むら」の居酒屋でいつも通り集まっていたアストロズのメンバーですが、みんな元気がありませんでした。 君嶋隼人(大泉洋)はアストロズを廃部にさせないとメンバーに伝えると、落ち込んでいたアストロズのみんなが次のシーズンに向けて頑張ると元気を取り戻していったのです。 君嶋は滝川が反対すると思っていたため、やはりと思うのでした。 しかし、予算は島本博(西郷輝彦)社長が、自ら退くことを伝えると、予算の承認されることができたのです。 後日、脇坂賢治(石川禅)は君嶋を呼び、滝川がこれ以上暴走しないように本社である経営戦略室に戻ってこないかと言ってきたのです。 君嶋は奥さんの真希(松たか子)に脇坂に本社に呼ばれたことを伝えたのでした。 君嶋はGMとして自分にできることをやり遂げようと考え、君嶋はGM会議でラグビー界の全体を変えようと決めて改革案を提出したのです。 GM会議には、蹴球協会の一番偉い存在と言われている、富永重信(橋幸夫)会長を見かけることになった君嶋でした。 柴門琢磨(大谷亮平)から富永会長がラグビー業界の鍵を握る人物だと聞いていたのです。 改革案を提出した君嶋でしたが、富永会長の意向として変えられないと言い、君嶋の改革案は受け入れてもらえませんでした。 君嶋が柴門とアナリストの佐倉多英(笹本玲奈)にメンバーを減らさなければいけない状況だと伝えていると、アストロズのメンバーである本波寛人(天野義久)は君嶋達の話を聞いてしまっていたのです。 君嶋は滝川に呼び出され、府中工場でAIを導入することに対して、反対意見が多く出ているため、府中工場のみんなを説得しろと頼まれるのでした。 さらに、嫌味まで滝川に言われた腹を立てた君嶋でした。 君嶋の息子の博人(市川右近)は、ジュニアアストロズのBチームに入ることができずにいました。 一生懸命頑張っている博人を知っている君嶋はどうやって励まそうか悩んでいました。 しかし、佐々一(林家たま平)に負けたくないからと練習相手を頼み、頑張っている息子の姿を見た君嶋は、逆に博人に励まされることになります。 ケガをしている本波は、アストロズのみんなに迷惑をかけるのが嫌だと言い、引退を伝えます。 本波は、君嶋達が話していたことを聞いていたため、アストロズのために、自分が去って余計なお金を減らそうと考えたのです。 本波の並々ならぬ決心を聞いたアストロズのメンバーは本波の意見を聞き入れたのでした。 君嶋は本波になぜ今まで続けてこられたのかを聞くと、アストロズのメンバーで優勝したかった、これまで諦めきれず残り続けたことを伝えたのでした。 君嶋は本波の言葉に胸を動かされ、脇坂に本社に戻らないと連絡したのです。 君嶋は本社に戻らないことに決めたと真希に伝えると、絶対に優勝するように言われたのでした。 君嶋はアストロズのファンのために感謝祭を開催しようと考えました。 ラグビー協会で君嶋の提案が受け入れられなかったと木戸祥助(尾藤イサオ)専務理事が言うと、君嶋は何度でも反論し続けると言い切ったのです。 トキワ自動車研究所の星野信輝(入江甚儀)から君嶋に連絡が来て、二人は会うことになりました。 星野は、2年前に白水商船のタンカーの座礁事故の原因が、カザマ商事のバンカーオイルが原因かもしれないと聞かされたのです。 もっと調べるように伝える君嶋でした。 アストロズファン感謝祭が行われると、ファンや選手たちが集まりにぎわってしました。 メインのイベントである紅白戦が始まり、より一層にぎわい出したファンたちでした。 去年出場したスタメン対控えの真剣勝負が行われ、サイクロンズのアナリストや津田三郎(渡辺裕之)監督や鍵原誠(松尾諭)GMにも映像が送られ、見ていたのです。 試合が始まるとキャプテンの岸和田にタックルをした七尾圭太(眞栄田郷敦)の姿がありました。 七尾は、キックパスを受け取り、トライを奪い、さらにはドロップゴールを3本も決め、浜畑譲(廣瀬俊朗)のランニングも七尾が止めて控え組が勝ったのでした。 七尾は柴門にアストロズのメンバーに入りたいと伝えました。 七尾が加入して盛り上がるアストロズだったが、サイクロンズはアストロズに欠かせないエースの浜畑を移籍しないかと引き抜かれていたのです。 アストロズに入ることになった七尾圭太(眞栄田郷敦)は、府中工場に異動を決めたと海外事業部のみんなに伝えました。 君嶋隼人(大泉洋)は、タンカー座礁事故の件で星野信輝(入江甚儀)を尋ねるが、星野の勘違いだったと言い出したのです。 サイクロンズの監督である津田三郎(渡辺裕之)が浜畑と会っていたと聞いて驚くのでした。 アストロズに欠かせない浜畑を失いたくない君嶋は、浜畑から話を聞くとサイクロンズの引き抜きを断ったと聞き安心しました。 しかし、もう一人アストロズに欠かせない里村がサイクロンズへ行くと言い出したのです。 里村に何を言っても聞いてくれないため、アストロズのメンバーは里村に嫌悪感を抱くのでした。 移籍承諾書を発行しなければ、1年間公式戦に出場できないため、君嶋と柴門琢磨(大谷亮平)は移籍承諾書を書かないと里村に伝えて必死に引き留めようとしたが、里村の思いを変えることができなかったため、やむを得ず移籍承諾書を書かないと伝えました。 君嶋の息子である博人(市川右近)は、見事ジュニア・アストロズのBチームに入ることができたのでした。 君嶋はグランドから立ち去ろうとしている里村を呼び、渡さないと言った移籍承諾書を里村に上げるのでした。 君嶋は移籍承諾書を渡すか迷っていたとき、浜畑に相談していたのです。 アストロズのメンバーを集めた浜畑は、里村のことをメンバーに理解させ、里村が入るサイクロンズに勝利して優勝を勝ち取ることを誓ったのです。 柴門は、里村がサイクロンズに行く理由が、佐々であることを伝えたのです。 佐々のプレーがアストロズに欠かせないことや、七尾が入り、成長している姿を見て去ろうと決めたのではと柴門は思っていたのでした。 今回は第8話です。 滝川社長誕生を前に廃部の危機に立たされるアストロズ。 次の取締役会でアストロズの予算削減を提案するという。 これが可決されればアストロズ は廃部に追い込まれてしまう。 君嶋 大泉洋 は日本蹴球協会の専務理事・木戸 尾藤イサオ にプラチナリーグの改革案を持ち込むが・・・。 一方、アストロズはサイクロンズとの全勝対決に向けてハードな練習に励む。 ブレイブス戦で膝を負傷し た浜畑 廣瀬俊朗 も懸命なリハビリを続けていた。 そんな時、君嶋は練習グラウンドに怪しい男性がいる との知らせを受ける。 その男・赤木 櫻井翔 はいったい何者なのか。 そして、ついに決戦の日を迎える。 俳優のみなさんの熱い演技が魅力的でしたし、まもなくラグビーW杯も控えているだけにラグビーをみてみようかな?という気持ちになりました。 そんなハラハラや感動の日曜日も終わりを迎えます。 池井戸作品だけに続編も期待したいところですね!• 番組をもう1度みたい方• 見逃してしまった方• 話題になっているからみてみようかな?と思っている方 そんな方は『 』で過去の放送を視聴することができます! また30日間は無料で試すこともできちゃいます!.

次の

ノーサイド・ゲーム:最終話視聴率13.8% 番組最高で有終の美 大泉洋“君嶋”のラストマッチ 「嵐」櫻井翔がゲスト出演

ノーサイド 視聴 率

Contents• 「ノーサイドゲーム」あらすじネタバレ 1話あらすじネタバレ トキワ自動車の君嶋隼人(大泉洋)はエリート社員で家では妻の真希(松たか子)と二人の息子、博人(市川右近)と尚人(盛永晶月)に囲まれ幸せに暮らしていた。 ある日君嶋は企業買収を推し進めようとする常務の滝川桂一郎(上川隆也)に対し反対意見を述べる。 君嶋の意見が通り買収は見送られことのなったが、本社から府中工場の総務部長に飛ばされる。 異動した初めの日、君嶋は総務部員の佐倉多英(笹本玲奈)からトキワ自動車ラグビーチーム「アストロズ」の選手たちを紹介される。 社長である島本博(西郷輝彦)が創設し、かつては強豪だったアストロズだったが、今は低迷。 しかも、14億の莫大な赤字を抱えて、会社のお荷物となっている状況。 ラグビーについて知識も経験もない君嶋には気が進まないことだらけ。 後がないのは君嶋は、自らの再起を考えることに。 今回は第2話です。 返り咲きを狙う君嶋は、勝利のため、新監督人事に乗り出すが、「経費を削りながらチームを強くする」難題に直面する。 今回は第3話です。 初公式戦を前に練習に余念のない新生アストロズ。 そんな中君嶋はファン獲得のためボランティアを提案。 プラチナリーグが始まりました。 最初の相手は東埜建設工業タイタンズです。 合宿での成果やファンの応援で最初の試合を勝つことができました。 試合を観戦していた子供たちから選手たちにラグビーを教えてほしいというオファーがたくさん集まるようになりました。 アウェーのため観客は5千人ほどでしたが、勝つことができました。 3回戦目は、熊谷ラグビー場で中央電力サンダーズ戦です。 接戦ではありましたが、相撲部屋で磨いたスクラムが冴えて勝利することができました。 観客数はあまりいませんでした。 でも、アストロズは順調に勝ち進んでいきます。 そして、君嶋は雑誌の力を借りて観客数を増やしていきます。 次の相手はミツワ電器ファイターズ戦です。 去年は大敗をした相手です。 データの分析を行い、準備に力をいれています。 佐々は、たまたま営業部で府中グリーンカントリークラブの担当者である青野からの電話をかわりに受けましたが、打ち合わせ時間を間違えて伝えたため、青野を怒らせてしまいました。 青野はラグビー好きだったので、里村のサイン入りのラグビーボールをプレゼントしましたが、青野はサイクロンズのファンでした。 そのため、府中グリーンカントリークラブからの受注がキャンセルになってしまいました。 そんな時、君嶋はアストロズの選手層の薄さを感じていました。 ニュージーランドから帰国後、まだ就職が決まっていない七尾をアストロズに誘います。 しかし、日本ではラグビーでは食べていけないからラグビーをやらないと断ってきました。 彼は今後のアストロズのカギを握ることになります。 先日取材を受けた雑誌が発売になりました。 しかし、ほとんどがサイクロンズの記事でした。 サイクロンズの鍵原によって内容が操作されていました。 君嶋にとってさらにショックな出来事が起きました。 滝川の進めている買収計画が島本社長の承認を得たのです。 滝川の力はさらに強くなり、ラグビー部の存続に大きな影響を受けるものでした。 アナリストの佐倉多英(笹本玲奈)が選手たちの動きのデータを取るために少し延長して練習をしている時、里村がケガをしてしまいます。 父親の影響でラグビーが好きな佐倉は責任を感じてしまいます。 工場内ではリストラの話題が持ち上がっている中、リストラの対象はラグビー部員だという話を聞いて、府中グリーンカントリークラブの件で責任を感じている佐々が君嶋に退部届を出します。 そんな時、ゴルフ場建設反対の団体が府中工場の門の前に押し寄せてきました。 それは府中グリーンカントリークラブの事だとわかりました。 君嶋は青野を訪ねました。 以前青野がキャンセルしたのは、この反対運動が原因であることを知りました。 佐々のミスが原因ではありませんでした。 君嶋は佐々にこのことを話し、退部を思い留まらせます。 責任を感じていた佐々にみんなが信頼していることを教えます。 そんな佐々をチームのみんなが温かく迎えるのです。 君嶋、紫門、そして、選手たち。 三位一体となり、プラチナリーグの11試合目。 相手はブルズ。 試合は順調に白星をあげます。 これで11連勝です。 その後もさらに勝ち続け、13連勝となります。 しかし、サイクロンズの試合をみて、力の差を感じます。 チーム力を上げるために君島は、七尾に声をかけ続けています。 七尾は、トキワ自動車に内定し、海外事業部に配属されます。 君嶋はカザマ商事の風間と滝川の関係を調べてみると、なんと2人は大学の同期でした。 滝川の本当の狙いは何か、君嶋は本当の狙いを探るために動きだます。 君嶋は元上司である脇坂にこの話をして、調査してくれるように頼みます。 滝川は、風間と会食をともにしていました。 ラグビー表室では、試合のメンバーが発表になりました。 息子 ・博人はゼッケン21番です。 でも本人は少しガッカリです。 何故かいうと、15人のメンバーには選ばれませんでした。 佐々は、自分と同じ番号だと博人を励ましました。 紫門は、対サイクロンズの戦略を練っていましたが、隙のないサイクロンズに中々良い手立てが浮かびません。 そんな時、君嶋と話をしていた紫門は、ふっと何かアイデアが浮かんだようで、急いでサイクロンズの試合の映像を見に行ったのでした。 紫門はスクラムが潰されてからのリロードの速さを増すことがサイクロンズ攻略のカギとなると思いつくのでした。 今度は、リロードの速さをつけるためにレスリングジムに通い、タックルの練習に励むことになりました。 そこには、またもや何故か君嶋がレスリングのユニフォーム姿で登場していました。 その先には、吉田沙保里が ・・・。 紫門も七尾の才能をこのままにしておくにはもったいないと感じてアストロズに誘いますが、やはり七尾は断るのでした。 一方で、マスコミからサイクロンズの津田監督との取材依頼を受けます。 君嶋は集客を増やすため共同記者会見をこのトキワ自動車で開くことを承諾します。 いよいよサイクロンズとの戦いの幕がおります。 記者会見上では、紫門と津田。 両者挑発的な態度です。 一歩も譲らない姿勢でその場を後にします。 いよいよサイクロンズとの対戦の日。 記者会見の効果もあり、観客は今シーズン最高の数を記録します。 紫門は選手たちの士気を高めます。 試合が始まり、序盤はことごとくタックルを潰されていくアストロズです。 津田は里村にプレーをさせないようにガッチリとディフェンスさせています。 なかなか里村のパスは通らず、逆に相手にボールを取られトライを決められてしまいます。 しかし、アストロズも負けずにトライを決めます。 こうして一進一退が続き、前半は終了します。 後半は、里村に代わり佐々が登場します。 佐々はみごとな動きで観客をうならせます。 アストロズは後半になっても動きが衰えず、スピードが落ちません。 息子の博人も佐々の活躍で嬉しそうに観戦しています。 試合も終盤になり、サイクロンズが4点リードであと1プレイの時間しかありません。 最後の1プレイは岬がトライを決めますが、ビデオ判定でノーゴールになってしまい、観客の応援も届かず、数点の差でサイクロンズに負けてしまいます。 「多むら」の居酒屋でいつも通り集まっていたアストロズのメンバーですが、みんな元気がありませんでした。 君嶋隼人(大泉洋)はアストロズを廃部にさせないとメンバーに伝えると、落ち込んでいたアストロズのみんなが次のシーズンに向けて頑張ると元気を取り戻していったのです。 君嶋は滝川が反対すると思っていたため、やはりと思うのでした。 しかし、予算は島本博(西郷輝彦)社長が、自ら退くことを伝えると、予算の承認されることができたのです。 後日、脇坂賢治(石川禅)は君嶋を呼び、滝川がこれ以上暴走しないように本社である経営戦略室に戻ってこないかと言ってきたのです。 君嶋は奥さんの真希(松たか子)に脇坂に本社に呼ばれたことを伝えたのでした。 君嶋はGMとして自分にできることをやり遂げようと考え、君嶋はGM会議でラグビー界の全体を変えようと決めて改革案を提出したのです。 GM会議には、蹴球協会の一番偉い存在と言われている、富永重信(橋幸夫)会長を見かけることになった君嶋でした。 柴門琢磨(大谷亮平)から富永会長がラグビー業界の鍵を握る人物だと聞いていたのです。 改革案を提出した君嶋でしたが、富永会長の意向として変えられないと言い、君嶋の改革案は受け入れてもらえませんでした。 君嶋が柴門とアナリストの佐倉多英(笹本玲奈)にメンバーを減らさなければいけない状況だと伝えていると、アストロズのメンバーである本波寛人(天野義久)は君嶋達の話を聞いてしまっていたのです。 君嶋は滝川に呼び出され、府中工場でAIを導入することに対して、反対意見が多く出ているため、府中工場のみんなを説得しろと頼まれるのでした。 さらに、嫌味まで滝川に言われた腹を立てた君嶋でした。 君嶋の息子の博人(市川右近)は、ジュニアアストロズのBチームに入ることができずにいました。 一生懸命頑張っている博人を知っている君嶋はどうやって励まそうか悩んでいました。 しかし、佐々一(林家たま平)に負けたくないからと練習相手を頼み、頑張っている息子の姿を見た君嶋は、逆に博人に励まされることになります。 ケガをしている本波は、アストロズのみんなに迷惑をかけるのが嫌だと言い、引退を伝えます。 本波は、君嶋達が話していたことを聞いていたため、アストロズのために、自分が去って余計なお金を減らそうと考えたのです。 本波の並々ならぬ決心を聞いたアストロズのメンバーは本波の意見を聞き入れたのでした。 君嶋は本波になぜ今まで続けてこられたのかを聞くと、アストロズのメンバーで優勝したかった、これまで諦めきれず残り続けたことを伝えたのでした。 君嶋は本波の言葉に胸を動かされ、脇坂に本社に戻らないと連絡したのです。 君嶋は本社に戻らないことに決めたと真希に伝えると、絶対に優勝するように言われたのでした。 君嶋はアストロズのファンのために感謝祭を開催しようと考えました。 ラグビー協会で君嶋の提案が受け入れられなかったと木戸祥助(尾藤イサオ)専務理事が言うと、君嶋は何度でも反論し続けると言い切ったのです。 トキワ自動車研究所の星野信輝(入江甚儀)から君嶋に連絡が来て、二人は会うことになりました。 星野は、2年前に白水商船のタンカーの座礁事故の原因が、カザマ商事のバンカーオイルが原因かもしれないと聞かされたのです。 もっと調べるように伝える君嶋でした。 アストロズファン感謝祭が行われると、ファンや選手たちが集まりにぎわってしました。 メインのイベントである紅白戦が始まり、より一層にぎわい出したファンたちでした。 去年出場したスタメン対控えの真剣勝負が行われ、サイクロンズのアナリストや津田三郎(渡辺裕之)監督や鍵原誠(松尾諭)GMにも映像が送られ、見ていたのです。 試合が始まるとキャプテンの岸和田にタックルをした七尾圭太(眞栄田郷敦)の姿がありました。 七尾は、キックパスを受け取り、トライを奪い、さらにはドロップゴールを3本も決め、浜畑譲(廣瀬俊朗)のランニングも七尾が止めて控え組が勝ったのでした。 七尾は柴門にアストロズのメンバーに入りたいと伝えました。 七尾が加入して盛り上がるアストロズだったが、サイクロンズはアストロズに欠かせないエースの浜畑を移籍しないかと引き抜かれていたのです。 アストロズに入ることになった七尾圭太(眞栄田郷敦)は、府中工場に異動を決めたと海外事業部のみんなに伝えました。 君嶋隼人(大泉洋)は、タンカー座礁事故の件で星野信輝(入江甚儀)を尋ねるが、星野の勘違いだったと言い出したのです。 サイクロンズの監督である津田三郎(渡辺裕之)が浜畑と会っていたと聞いて驚くのでした。 アストロズに欠かせない浜畑を失いたくない君嶋は、浜畑から話を聞くとサイクロンズの引き抜きを断ったと聞き安心しました。 しかし、もう一人アストロズに欠かせない里村がサイクロンズへ行くと言い出したのです。 里村に何を言っても聞いてくれないため、アストロズのメンバーは里村に嫌悪感を抱くのでした。 移籍承諾書を発行しなければ、1年間公式戦に出場できないため、君嶋と柴門琢磨(大谷亮平)は移籍承諾書を書かないと里村に伝えて必死に引き留めようとしたが、里村の思いを変えることができなかったため、やむを得ず移籍承諾書を書かないと伝えました。 君嶋の息子である博人(市川右近)は、見事ジュニア・アストロズのBチームに入ることができたのでした。 君嶋はグランドから立ち去ろうとしている里村を呼び、渡さないと言った移籍承諾書を里村に上げるのでした。 君嶋は移籍承諾書を渡すか迷っていたとき、浜畑に相談していたのです。 アストロズのメンバーを集めた浜畑は、里村のことをメンバーに理解させ、里村が入るサイクロンズに勝利して優勝を勝ち取ることを誓ったのです。 柴門は、里村がサイクロンズに行く理由が、佐々であることを伝えたのです。 佐々のプレーがアストロズに欠かせないことや、七尾が入り、成長している姿を見て去ろうと決めたのではと柴門は思っていたのでした。 今回は第8話です。 滝川社長誕生を前に廃部の危機に立たされるアストロズ。 次の取締役会でアストロズの予算削減を提案するという。 これが可決されればアストロズ は廃部に追い込まれてしまう。 君嶋 大泉洋 は日本蹴球協会の専務理事・木戸 尾藤イサオ にプラチナリーグの改革案を持ち込むが・・・。 一方、アストロズはサイクロンズとの全勝対決に向けてハードな練習に励む。 ブレイブス戦で膝を負傷し た浜畑 廣瀬俊朗 も懸命なリハビリを続けていた。 そんな時、君嶋は練習グラウンドに怪しい男性がいる との知らせを受ける。 その男・赤木 櫻井翔 はいったい何者なのか。 そして、ついに決戦の日を迎える。 俳優のみなさんの熱い演技が魅力的でしたし、まもなくラグビーW杯も控えているだけにラグビーをみてみようかな?という気持ちになりました。 そんなハラハラや感動の日曜日も終わりを迎えます。 池井戸作品だけに続編も期待したいところですね!• 番組をもう1度みたい方• 見逃してしまった方• 話題になっているからみてみようかな?と思っている方 そんな方は『 』で過去の放送を視聴することができます! また30日間は無料で試すこともできちゃいます!.

次の

大泉洋『ノーサイド・ゲーム』6.7%|エンタMEGA

ノーサイド 視聴 率

俳優の大泉洋さんが、TBS系のドラマ枠「日曜劇場」(日曜午後9時)で初主演を務める連続ドラマ「ノーサイド・ゲーム」の最終話が9月15日に放送され、平均視聴率は13. 8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。 初回でマークした13. 5%を上回る番組最高の数字で、有終の美を飾った。 ドラマは、人気作家・池井戸潤さんの新作同名小説(ダイヤモンド社)が原作。 大泉さんの池井戸さん原作ドラマへの出演、同局の連続ドラマでの主演は、共に初めて。 大手自動車メーカー「トキワ自動車」で働いていたが工場に左遷され、低迷中のラグビーチーム「アストロズ」のゼネラルマネジャー(GM)を兼務することになった君嶋隼人(大泉さん)が自身とチームの再起に挑む姿が描かれた。 20分拡大で放送された最終話には、「嵐」の櫻井翔さんがゲスト出演。 脇坂賢治常務(石川禅さん)が次の取締役会でアストロズの予算削減案を提案しようとする中、君嶋は日本蹴球協会の専務理事の木戸祥助(尾藤イサオさん)にプラチナリーグの改革案を持ち込む。 同じころ、「ブレイブス」戦で膝を負傷したアストロズの浜畑譲(廣瀬俊朗さん)は懸命なリハビリを続けていた。 そして、アストロズとサイクロンズとの決戦が行われる……という展開だった。

次の