アリミデックス 副作用 ブログ。 「アリミデックスを術後すぐから5年服用」の後の選択肢として...

乳がんのホルモン療法について

アリミデックス 副作用 ブログ

「ホルモン療法の副作用は、 関節痛が多いです」と話す 蒔田益次郎さん 乳がん手術後のホルモン療法に伴い、ほてりやのぼせ、うつなどの更年期症状が現れることがある。 また、関節痛や骨粗鬆症などの副作用で、ホルモン療法を中止せざるを得ないケースも少なくない。 副作用を和らげる対処法を紹介する。 治療期間が長いと再発予防効果が高い 乳がんの約7割の患者さんで行われるホルモン療法。 ホルモン療法の薬剤には、抗エストロゲン剤( ノルバデックス( *)、フェソロデックス( *)など)、LH-RHアゴニスト製剤( ゾラデックス( *)、リュープリン( *)など)、アロマターゼ阻害剤( アロマシン( *)、アリミデックス( *)、フェマーラ( *)など)があり、閉経前か閉経後かによって使い分けられる。 がん研有明病院乳腺センター外科副部長の蒔田益次郎さんは説明する。 「閉経前やホルモンが不安定な閉経前後には、タモキシフェンを使います。 さらに、30~40代の若年者やリンパ節転移の数が多い場合は、がんが増殖するのに必要なエストロゲンを確実に抑えるために、LH-RHアゴニスト製剤も併用します。 そして、閉経後はアロマターゼ阻害剤を使います」 ホルモン療法の副作用は、抗がん剤と比べて軽いと思われがちだが、副作用によって治療を中止するケースも少なくないという。 「ホルモン療法の期間について、『ホルモン療法は長く継続するほうがよい』と考えられるようになってきています。 現在ホルモン療法中の患者さんについても、今後治療を延長する可能性もあります。 5年10年というホルモン療法の期間を、副作用により治療を中断することがないよう、副作用に適切に対処して治療を完遂し再発を予防することが、今後ますます重要になります」と蒔田さんは強調する。 *ノルバデックス=一般名タモキシフェン *フェソロデックス=一般名フルべストラント *ゾラデックス=一般名ゴセレリン *リュープリン=一般名リュープロレリン *アロマシン=一般名エキセメスタン *アリミデックス=一般名アナストロゾール *フェマーラ=一般名レトロゾール 頻度の高い副作用はほてりや発汗、関節痛 それぞれ、「症状はない」、「症状は軽度で気にならない」、「症状はあるが、日常生活に支障はない」、「症状が強く日常生活に支障がある」などの4段階でセルフチェックする [図2 タモキシフェンの副作用の症状] [図3 アロマターゼ阻害剤の副作用の症状] [図4 よくある副作用(374人中)] 生殖器の発育など、本来は女性の体全身で重要な働きをしているエストロゲンが、ホルモン療法によって抑制されると、閉経前でも更年期同様の状態になり、更年期症状が出ていた人はより重症化する傾向があるという。 同乳腺センターで、患者さんに副作用の自覚症状(図1)を記入してもらった問診票(1200人分)を集計した結果( *注1)、タモキシフェンを服用中の約半数がほてりや発汗などのホットフラッシュ、アロマターゼ阻害剤服用中の約半数が手指のこわばり、4割強が膝や肩の痛みなどの関節痛を訴えていた(図2、3)。 別の調査では、アロマターゼ阻害剤(アリミデックス)を服用した374人のうち、治療を中止した人が3割にものぼり、治療の完遂を妨げるもっとも大きな要因は関節痛だった(図4)。 「タモキシフェンの副作用では、ホットフラッシュのほか、体重増加、うつ、不眠などもみられます。 LH-RHアゴニスト製剤を併用しているときも同様です。 代表的な副作用について、有効な対策を紹介していこう。 まず、ホットフラッシュは、エストロゲンの減少によって自律神経が乱れ、温度調節中枢が適切に働かなくなって起こると考えられている。 それに対する治療法としては、「抗うつ薬が有効だ」という。 日本で承認されている抗うつ薬のトレドミン( *)は、前立腺がんのホットフラッシュに有効との報告もあり、タモキシフェンとも併用可能で、乳がん治療でも使用できる。 そのほかの抗うつ薬では、ジェイゾロフト( *)は併用できるが、パキシル( *)はタモキシフェンの効果を弱めるので使用できず、注意が必要だ。 「ただ日本では、抗うつ薬の保険適用が限られるうえ、使い始めに吐き気などの副作用が起こりやすいことなどから敬遠されがちです。 その点、漢方薬は更年期障害に古くから使われ作用も穏やかなので使いやすく、治療薬として期待できます。 ホットフラッシュに対して有用性が報告されている漢方製剤の桂枝茯苓丸を、ほてりや発汗で困っている患者さんに処方したところ、2~3割は改善がみられました(図5)」 体質によっては、漢方製剤の加味逍遥散も同様の効果があるという。 一方、自分でできる対策はあるのだろうか。 「家庭では、ぬるめの湯で入浴したり、シャワーを浴びると症状が抑えられる効果があります。 空調を調節し、汗で体を冷やさないように吸湿性のよい肌着やパジャマを選び、こまめに着替えましょう。 熱い飲み物や香辛料は避けてください」 *トレドミン=一般名塩酸ミルナシブラン。 セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬(SNRI)の1つ *ジェイゾロフト=一般名セルトラリン。 セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)の1つ *パキシル=一般名パロキセチン。 セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)の1つ.

次の

アリミデックス副作用

アリミデックス 副作用 ブログ

アリミデックス(アナストロゾール)の副作用がちょっぴり辛くなってきたので、他のアロマターゼ阻害剤への変更をDr. に相談してみました。 まず、東京のDr. に 1. 他のアロマターゼ阻害剤への変更について、有り?無し? 2. ホルモン剤の変更は、同じ薬をずっと続けるのと何度か薬を変更するのと、薬の効果の差が出るか? 3. 変更して良いなら、フェマーラとアロマシンどちらを薦めるか? お尋ねしました。 お返事は、 1. 有り 2. 無し 3. どちらでも可 Dr. の経験から、アロマターゼ阻害剤の3種の中で、アリミデックス(アナストロゾール)は、比較的副作用が出にくい。 アリミデックス(アナストロゾール)で副作用が出たなら、他の2種に変更した場合、更に副作用が強くなる可能性がある(高い)。 なので、アリミデックス(アナストロゾール)の服用による副作用での薬剤変更を考える時には、他のアロマターゼ阻害剤への変更では無く、ノルバデックスへの変更を薦めるそうです。 私の場合は既にノルバデックスの服用経験がありそれ程副作用がなかったのだから安心だろうしという事も言われました。 ただ、必ず副作用が強く出るというわけでは無く、その人と薬との相性もあるので、変えてみて様子をみるのも有りなんじゃ無いかとも言われました。 地元のDr. にも同じ事を相談してみた。 無し 2. 無し 3. 「1」が無しなので、質問してない 地元のDr. も、東京のDr. と同じで、アリミデックス(アナストロゾール)は、比較的副作用が出にくいお薬なので、このお薬で副作用が出るなら、他のアロマターゼ阻害剤に変更すると、もっと酷い副作用が出るだろうから、変更するならノルバデックス。 私:『でも、先生、閉経後の人の再発予防としてはアロマターゼ阻害剤の方が効果が高いんですよね?」 Dr. :『そうだねー。 』 私:『今、ジェネリックですけど、先発薬にしたり、他社のジェネリックにすると副作用が軽減する事は考えられますか?』 Dr. :『ないと思うよー。 同じお薬なんだから。 』 私:『…、我慢できないってところまでは行ってないので、もう少し、アリミデックスで頑張ってみます。 』 Dr. :『頑張ってみる?じゃ、次は3ヶ月後で良いね〜。 その後ひと月半、副作用は軽減することもありませんが、酷くなってもいません。

次の

アリミデックス(アナストロゾール)の変更を相談してみる

アリミデックス 副作用 ブログ

私が乳がんになったのは、41歳の誕生日を目前にしたときでした。 右乳房のしこりに気づき、婦人科専門病院を受診したところ、すぐに乳がんが疑われ、がん専門病院を紹介されました。 その病院で約2センチの腫瘍を乳房温存法で摘出。 リンパ節転移があり、ステージはIIA。 術後は放射線治療とホルモン療法をすることになりました。 ホルモン療法は、1日2回ノルバデックス(一般名タモキシフェン)の服用と、月1回腹部に皮下注射するLH-RH拮抗剤ゾラデックス(一般名酢酸ゴセレリン)を併用する方法で、前者は5年間、後者は2年間です。 「これらのホルモン療法をすると、更年期障害と同じような副作用が出る」という医師の説明どおり、のぼせや軽いめまい、頭痛などがときどき起こりました。 でも、抗がん剤の副作用のような吐き気や脱毛などのハードなつらいものではないし、ホルモン療法が効くタイプでよかった、と思いました。 ところが、いちばんやっかいなものがあったのです。 それは私の体重でした。 身長150センチで、ずっと40キロジャストをキープしていたのに、1月にホルモン療法が始まってから、2カ月後には2キロ、4カ月後には3キロ、半年で4キロ、1年で5キロ増と、短期間でどんどん太り始めたのです!家族にはトドみたいと言われ、さらに実家の母から「そんなに太って、がん以外の病気じゃない?」と言われてショックでした。 本で調べてみたら、ホルモン療法の副作用の1つに「体重増加」があり、主治医に「体重が増えて困るんですけれど」と訴えても、「ああ、そうですか」でおしまいでした。 食事の量や内容は以前と同じですが、ホルモン療法を始めてから、食欲が増進したような気もします。 2年間のゾラデックスがもうすぐ終了するので、ダイエットをしたいと思います。 よい方法を教えてください。 体重増加に一番強い影響を与えるのは、プロゲステロン製剤のヒスロンH(一般名酢酸メドロキシプロゲステロン)です。 女性ホルモンの一種で、この薬剤を飲むと食欲が増進し、体重増加が起こります。 抗エストロゲン剤の中で、ノルバデックスは体重増加が起こりやすい薬です。 アロマターゼ阻害剤(アリミデックス、アロマシン)とLH-RH拮抗剤はそれほどではないようです。 ただ、LH-RH拮抗剤のゾラデックスには、脂肪の吸収促進、体重増加、中性脂肪値の増加、脂肪肝や肝障害を起こす可能性があると言われています。 体重増加の起こるメカニズムについてはよく分かっていません。 ノルバデックス ヒスロンH Q ホルモン療法で、体重が増加しやすい人のタイプは? A やはり、もともと体重がオーバー気味の人がそのような傾向があります。 やせ気味の人が問題になることは少ないようです。 Q 乳がん患者は、体重が増加すると乳がんの発生を促進してしまうと言われます。 それはなぜですか。 A 乳がんの治療薬としてホルモン剤を使用し、乳がん発生に影響するエストロゲンの働きを抑制します。 ところがその副作用として体重が増加すると、脂肪組織の中でエストロゲンが生産されるので、乳がんの発生を促進してしまうからです。 Q 前立腺がんのホルモン療法で、体重が増加することは? A かつて、前立腺がんの治療に女性ホルモンを頻用していた時代があり、そのころは体重増加が問題になっていました。 最近ではLH-RH拮抗剤が主流になっているので、体重に関する問題は少なくなっているようです。 Q 主治医が体重増加に無関心なのはなぜ? A 主治医は、乳がんを治療することに重点を置いているので、体重増加をあまり重く見ていない傾向はあると思います。 私自身は、これらの薬剤を投与するときには、「体重が増えるかも知れないので、ダイエットをしっかりしてください」と説明しています。 すべての患者さんが体重増加するわけではありませんし、体重増加に抵抗のない患者さんもいますので、一律の指導は難しいかも知れません。 ただ、患者さんから体重増加を相談されたら、フィットネスやダイエット法を指導する必要はあるでしょう。 Q ホルモン療法終了後は、体重が元に戻る? A ホルモン療法由来の体重増加については、薬剤を中止すれば解消されるはずです。 しかし、ホルモン療法中に身についた食事習慣は意識的に改善しなければ、体重の抑制にはつながらないでしょう。 乳がんのホルモン療法とは…… 乳がんの場合、手術後ハイリスクの人に対して術後補助療法が行われます。 どういう治療をするかは女性ホルモンに対する感受性の有無やリンパ節転移の有無、閉経前か閉経後かといった条件で変わってきます。 乳がんはホルモン依存性のがんと言われ、6、7割は女性ホルモンの刺激で増加します。 女性ホルモンに対する感受性のある乳がんか、そうでない乳がんかは、手術でとった乳がん組織中のホルモン受容体 エストロゲン受容体とプロゲステロン受容体 を検査することによりわかります。 こうした女性ホルモンに感受性のあるタイプの乳がんには、女性ホルモンの働きを抑制する薬が効果的です。 ホルモン剤は抗がん剤に比べて副作用が少ないのもメリットです。 尚、ホルモン療法は、術前に行われる場合もあります。 NPO法人「リ・ヴィッド」 乳がん術後の運動障害に悩む患者さんを対象に、京都大学非常勤講師で健康運動指導士の鴇田佳津子さん、同・梅田陽子さんは、運動療法の講座「Re-vid」を開催。 患者さんの多様なニーズに応えるため、これをさらに発展させたボランティアの専門家による支援組織「リ・ヴィッド」が発足しました。 体や心の悩みをかかえる患者さんに、術後のケアに役立つフィットネス、心理面をサポートするグループ療法、暗くならない勉強会、専門家による電話相談などさまざまな活動を行っています。 乳がん体験者、専門家の参加も大歓迎。

次の