安生洋二 焼き鳥。 安生洋二の現在

安生洋二 200%の真実 (UWF International Books)

安生洋二 焼き鳥

blogspot. html? 彼はこの抗争に参戦。 当時はまだ19歳で無名でしたが、これを機に 「目つきが悪い金髪の選手=ヤマケン」の イメージで覚えた方も多いかと思います。 やっぱ25年も前の動画だから 選手もレフェリーもみんな若いですね。 この後、安生洋二率いる ザ・ゴールデン・カップスの一員として、プロレスのリングで 活躍してました。 いやー懐かしいです。 naver. 大先輩の中野龍雄との一戦です。 berserker. 現在は奥様の実家である北海道に住んでいます。 実業家としての顔を持っているヤマケンは 北海道札幌市東区にある、 格闘技道場「POWER OF DREAM」のオーナーを務めています。 すみません。 ジンギスカン屋ではなかったんですね。 実はこの居酒屋 、 「居心地が良すぎてヤバイ!」と、 プロレスファンにはとても評判なんです! 店の中はプロレスや 格闘技のポスターで埋め尽くされていて、 プロレスファンであれば 入店してすぐにテンションが上がること間違いなし! プロレスの映像を見ながら プロレス談義に花を咲かせる。 しかも ヤマケンもほぼ毎日顔を出すようで、 ご本人が登場したら、一気に夢のような空間になります! ファンにとってはこれ以上ないくらい最高のシチュエーションになるんです! 普段は、周りの目があるから 遠慮がちにしか話せないと悩んでる方でも、 ここなら堂々とマニアックなプ ロレスネタをたくさん話せるって事ですよ! 最高だと思いませんか? そしてそしてすごいのは空間だけじゃないんです! 居酒屋としてのクオリティも秀逸だそうです。 なかでもおススメはUWF時代からの 伝統の道場鍋と、 通常の居酒屋では絶対に無い 熊本から直送の馬刺 しの旨さだそうです。 yahoo. 先にガリガリ君を食べて、 あとはサワーを飲む?それとも混ぜてから飲む? そんな事をワイワイ話しながら 味わえるのもこの店の醍醐味と言ったところですね。 プロレスファンが、心の底からプロレスの世界に浸れる空間。 改めてプロレスファンでよかったと思える空間。 皆様も北海道に行ったら是非行ってみてください。 東日本大震災で、東北、北海道は 多くの爪痕を残しました。 しかし、その中で生まれた助けあいか 、人との繋がりや絆を深く実感するように なったようで、「よりお客様に楽しんでもらえるアイデア」を 常に考えているそうです。 機械化が進み、便利な時代になっても やっぱり人と人との繋がりは「会話」に 限るんだなと改めて実感しました。 ヤマケンのお店のように、プロレスファンが心から楽しめる、 居心地の良い場所がどんどん増えていって欲しいなと私も心から思います。

次の

安生洋二 200%の真実 (UWF International Books)

安生洋二 焼き鳥

僕がプロレスを好きになったのは、 小学生の頃全日本プロレス中継を見たのがきっかけでした。 当時はスタンハンセンがかなり強くて暴れまくっていて、 ジャンボ鶴田選手や天龍選手も凄く活躍されていました。 ジャパンプロレスを率いて全日本プロレスに参戦されていた長州力選手が好きで、 僕も思わず長髪にしたいと思いましたが、 僕の通う中学校は当時、男子は全員丸坊主が校則だったので断念しました。 (現在はその校則は流石に無くなったそうです。 もう20年以上前なので) 当時のプロレス人気はかなり凄く、 実家の父ちゃんも新日本プロレスを見ていた記憶があります。 当時の僕は長州力選手が参戦している全日本プロレス派でした。 そうこうしてるうちに年月はたち、 新日本プロレスとUWFインターの対抗戦をテレビで見て、 僕のプロレス好きな気持ちが一気に再燃しました UWFインター派に鞍替えしていた僕は、 高田延彦選手が好きでしたが安生洋二選手が相当ツボでした。 ブラジルのヒクソングレイシー道場の道場破りマッチから、 東京ドームでのvs 長州力戦からその後のPRIDEでの試合まで、 安生洋二選手は僕の中で最も注目するプロレスラーでした。 Sponsored Link 当時の「Mr. 新日本プロレスとUWFインターの対抗戦が1995年なので、 その頃はもう20年前の出来事なことに驚きます。 時間は早いですねー。 UWF時代の安生洋二選手。 道場では相当な実力者だったとのことです。 そんな安生洋二選手が2015年3月19日に後楽園ホールで引退試合を行われました。 安生洋二選手の引退試合と今 安生洋二選手の引退試合大会は2015年3月19日に後楽園ホールにて、 ご本人が5年以上現役の試合から遠ざかっている状況の中開催されました。 引退試合を開催されるというニュースをネット上で見て、 その時に初めて現在安生選手が用賀の焼き鳥店「市屋苑」にて 焼き鳥職人を目指して修行中ということを知りました。 これは僕には相当な衝撃でした。 ここまで大っぴらに焼き鳥店で修業中を全面に出された会見とニュースは、 一時代を築いたプロレスラーとしては衝撃に思いました。 今でこそインターネットが普及して情報がかなり早く伝わるようになり、 誰がどこで何をしているかが伝わりやすいご時世になりました。 現役レスラーでも飲食店で働いていたり、 経営していたりするのがよく知る話ですし、 引退されたレスラーやプロスポーツ選手の第2の人生もwikipediaにのってるくらいです。 それでもやっぱり全開で打ち出すには勇気がいるもんだと思います。 安生選手の引退試合はやっぱりかなり注目されて盛り上がり、 かなり感動的で楽しい大会になったようです。 UWFのかつての同僚に当たる船木選手、鈴木選手と安生選手。 僕は物凄く会場に行きたい気持ちでしたが、 現在した状況なことや、 それ以外の色々な想いが交錯して行かなかったです。 ネット上のニュース速報を見て楽しませていただきました。 安生洋二選手の体が現役バリバリ時代と比べて、 相当痩せておられたことも驚きました。 そういったコンディションの中でも引退試合を開催し、 現役バリバリの選手の中で試合されたことも素晴らしいと思います。 安生選手、本当にお疲れ様でした。 引退記念の安生選手の単行本。 僕もオーダーしました。 プロレスのムック本「KAMINOGE」でも安生洋二選手の引退記念対談がありました。 いい感じの暴露対談で興味深かったです。 安生洋二選手の焼き鳥店「市屋苑」で 安生選手が焼き鳥修行をされている用賀の「市屋苑 (いちおくえん)」は、 僕は用賀某所に勤め仕事の勤務先があったことから、 お店の場所と由来は知っていました。 (オーナーはUWFインターの元取締役鈴木健氏) まさか、安生洋二選手が焼き鳥職人修行をされているとは… 当時の勤め先の飲み会場所でこの「市屋苑」を強く主張したのを覚えています。 懐かしい思い出です。 安生洋二選手は引退試合の挨拶で「また、お会いしましょう…焼き鳥屋として!」とのこと。 そりゃお店にいきたくなってしまいますよね。 ポジティブに暴露していくのは清々しく感じる 華々しいことをやってきた人間は、 どうしても引退したりやめて違うことをする時に寂しさを感じます。 仕事でも何でも新天地での活動はまたイチからのスタートです。 それまでの華々しい過去の実績も一度ゼロにしてやり直します。 華々しい経歴なくても、転身するのはかなり覚悟がいります。 僕自身これまで何度も経験してきましたし、 その度に何とも言えない恥ずかしい気持ちを大なり小なり感じます。 (実際にはそんなこと言ってられないですが) 安生選手はプロレスラーとして輝かしい実績と人気を持っておられた中、 焼き鳥店で修業中という 現在を明るくポジティブに暴露して引退されました。 現役時代のキャラクターの部分もあるかもしれないですが、 これはなかなか相当もの凄く勇気がいる表現だと思います。 やっぱりソーシャルな時代で色々な情報がすぐにクリアになる今、 何でもかんでも明るくポジティブに情報公開していくのがいいですね。 清々しさを感じます。 そんな感じに思いました。 僕自身も地道に努力を続けていきます。 追記:市屋苑にいきました 2015年末に用賀にある市屋苑に行きました。 安生洋二選手がガチに焼鳥を焼いておられて、衝撃的でした。 市屋苑の焼き鳥は普通においしい。 そしてリーズナブル。 近所にあったらしょっちゅう行きたくなる感じですね。 安生洋二選手の引退大会の幕もありました。 帰り際、なんと安生洋二選手がお会計してくれて、 「良いお年を~」 なんて送り出してくれました。 う~ん、すごい。 感動しました。 近くにある川田利明選手の店「俺の王道ダイニング 麺ジャラスK」にもそのまま行きました。 麺ジャラスKでは、ルービーとラーメンをオーダー。 市屋苑で食べ過ぎて、ちょっとしたフードバトルでしたが、 おいしく完食しました。 川田利明選手が厨房で料理されているのは、普通に衝撃が走ります。 みんな人間、みんなそれぞれの人生がある。 っていう感じで、僕も引き続き頑張りたいと思います。 そんな感じですね。 Sponsored Link.

次の

安生洋二の引退試合 安生は前田日明へ来場のオファーを出した?

安生洋二 焼き鳥

blogspot. html? 彼はこの抗争に参戦。 当時はまだ19歳で無名でしたが、これを機に 「目つきが悪い金髪の選手=ヤマケン」の イメージで覚えた方も多いかと思います。 やっぱ25年も前の動画だから 選手もレフェリーもみんな若いですね。 この後、安生洋二率いる ザ・ゴールデン・カップスの一員として、プロレスのリングで 活躍してました。 いやー懐かしいです。 naver. 大先輩の中野龍雄との一戦です。 berserker. 現在は奥様の実家である北海道に住んでいます。 実業家としての顔を持っているヤマケンは 北海道札幌市東区にある、 格闘技道場「POWER OF DREAM」のオーナーを務めています。 すみません。 ジンギスカン屋ではなかったんですね。 実はこの居酒屋 、 「居心地が良すぎてヤバイ!」と、 プロレスファンにはとても評判なんです! 店の中はプロレスや 格闘技のポスターで埋め尽くされていて、 プロレスファンであれば 入店してすぐにテンションが上がること間違いなし! プロレスの映像を見ながら プロレス談義に花を咲かせる。 しかも ヤマケンもほぼ毎日顔を出すようで、 ご本人が登場したら、一気に夢のような空間になります! ファンにとってはこれ以上ないくらい最高のシチュエーションになるんです! 普段は、周りの目があるから 遠慮がちにしか話せないと悩んでる方でも、 ここなら堂々とマニアックなプ ロレスネタをたくさん話せるって事ですよ! 最高だと思いませんか? そしてそしてすごいのは空間だけじゃないんです! 居酒屋としてのクオリティも秀逸だそうです。 なかでもおススメはUWF時代からの 伝統の道場鍋と、 通常の居酒屋では絶対に無い 熊本から直送の馬刺 しの旨さだそうです。 yahoo. 先にガリガリ君を食べて、 あとはサワーを飲む?それとも混ぜてから飲む? そんな事をワイワイ話しながら 味わえるのもこの店の醍醐味と言ったところですね。 プロレスファンが、心の底からプロレスの世界に浸れる空間。 改めてプロレスファンでよかったと思える空間。 皆様も北海道に行ったら是非行ってみてください。 東日本大震災で、東北、北海道は 多くの爪痕を残しました。 しかし、その中で生まれた助けあいか 、人との繋がりや絆を深く実感するように なったようで、「よりお客様に楽しんでもらえるアイデア」を 常に考えているそうです。 機械化が進み、便利な時代になっても やっぱり人と人との繋がりは「会話」に 限るんだなと改めて実感しました。 ヤマケンのお店のように、プロレスファンが心から楽しめる、 居心地の良い場所がどんどん増えていって欲しいなと私も心から思います。

次の