スマートex。 スマートEXのご利用で永久不滅ポイントプレゼント!

新幹線のWeb予約「スマートEX」をオススメする4つの理由

スマートex

スマートEXとは?Suicaなどの交通系ICカードで新幹線の乗車が可能!スマホで簡単予約 「スマートEX」と聞いても、実際のところどんなサービスなのかピンと来ないという方も多いかもしれません。 そこで、スマートEXがどのようなものなのか、詳しくご紹介していきます。 利用方法も含め、ご確認くださいね。 スマホから東海道・山陽新幹線の予約ができる 2017年9月30日よりサービスが開始されたスマートEXは、スマホやパソコンからいつでもどこでも東海道・山陽新幹線のチケットを予約できるというものです。 スマートEXの概要は、以下のようになっています。 年会費無料• 予約の変更が発車直前まで何度でも無料でできる• 予約後は交通系ICカードで新幹線に乗車できる• 早特割引が受けられる 一番のメリットは、窓口や券売機に並ばなくても新幹線のチケットが取れるというサービスを、無料で利用できるということでしょう。 さらに、乗車直前まで何度でも予約変更ができるのも、従来の紙のチケットにはない魅力です。 運賃も通常の運賃より200円安くなります。 手持ちのクレジットカードと交通系ICカードで簡単登録 スマートEXを利用するには、簡単な登録が必要です。 そして、登録のための準備として、クレジットカードと交通系ICカードが必要です。 とはいえ、厳密に言えば、交通系ICカードを登録しなくてもスマートEXを利用できるのです。 しかし、その場合はネットで予約したら、紙のチケットを受け取りに行かなければなりません。 ですから、やはり交通系ICカードの登録がオススメです。 利用できる交通系ICカード• ご覧のように、全国の鉄道で相互利用できる10種類のICカードが利用できます。 また、モバイルSuicaやApplePayのSuicaも交通系ICカードとして登録できるので、それを利用すれば、スマホひとつで予約から乗車までが可能になるというわけですね。 新幹線代は登録したクレジットカードで予約時に決済 新幹線代は登録したクレジットカードで、予約した時に決済されます。 以下のブランドのクレジットカードを登録できますので、交通系ICカードと手持ちのクレジットカードを登録すればすぐに予約頂けます。 【登録可能なクレジットカードブランド】 ・VISA ・Mastercard ・JCB ・アメリカンエキスプレス ・ダイナースクラブ ・J-WESTカード(ベーシックのみ) スマートEXで予約したチケット代金は、クレジットカードから決済されますので、必ずクレジットカードの登録も必要となります。 主要な国際ブランドの一般的なカードであればほとんどのカードが利用できます。 ただし同じくJR東海・JR西日本が運営する有料版の新幹線予約サービス『エクスプレス予約』に登録済みのものは利用できませんのでご注意ください。 会員登録後すぐに予約ができる スマートEXへの会員登録は、専用サイトから画面の指示に従って必要事項を入力していくだけで簡単に行えます。 会員登録が済んだら、すぐにスマートEXで新幹線の予約ができるようになります。 急に出張やお出かけが決まったときでも助かりますね。 予約ができたらチケットレスで乗車するだけ 会員登録後ログインしたら、画面の指示にしたがって乗りたい新幹線の予約を行います。 交通系ICカードを登録した方は、あとは当日に交通系ICカードを改札にタッチして新幹線に乗車するだけです。 交通系ICカードを登録していない方は、券売機か窓口にチケットを受け取りに行き、そのチケットを改札に通して乗車します。 それならJR東海・JR西日本が提供するネット予約サービス『スマートEX』がオススメだよ!スマホやパソコンで新幹線のネット予約ができて、変更もいつでも何度でも可能なんだ。 しかもSuicaなどの交通系ICカードがチケット代わりになるんだよ。 スマートEXとエクスプレス予約の違いは?年会費や割引に差がある! スマートEXの概要と利用方法をご紹介してきましたが、似たようなサービスでスマートEXよりも前からあるとどう違うのか、気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。 そこで、ここからは、スマートEXとエクスプレス予約の違いについてご説明します。 主な違いは年会費や切符代と専用カード発行の有無! では、さっそくスマートEXとエクスプレス予約の違いを表で確認してみましょう。 項目 エクスプレス予約 スマートEX 年会費 1,000円(税別) 無料 チケット代 会員価格 一般の切符より200円安い クレジットカード 対象のクレジットカードのみ利用可能 ・ ・三井住友カード ・三菱UFJニコス ・トヨタファイナンス ・ ・イオンカード ・セディナ ・三井住友トラスト ほとんどのクレジットカードが利用可能 登録から利用までの時間 2~3週間 登録後すぐ予約可能 乗車に使うICカード 専用ICカードを発行またはモバイルSuica 手持ちの交通系ICカードを利用 (ICカードを登録しなくても利用可能) もっとも大きな違いは、料金や年会費に関することでしょう。 エクスプレス予約は年会費がかかるものの、新幹線のチケット代の割引があり、利用区間によっては往復割引もあるので、結果的にはお得になるケースも多いのです。 また、何で改札を通るのかというところも、両者の違いのひとつです。 スマートEXは手持ちの交通系ICカードをそのまま利用できます。 エクスプレス予約は専用ICカードが送られてくるのを待たなければならないので、スピーディーさやお手軽であることにおいてはスマートEXの方が勝っています。 ここで通常運賃とエキスプレス予約運賃、スマートEX運賃の価格を比較してみましょう。 どちらが良いかはどんなふうに使っていくかによって異なるのですが、選ぶ際のポイントをおさらいしてみましょう。 【スマートEXがオススメな方】 ・今すぐ新幹線の予約がしたい ・東海道・山陽新幹線に乗る機会は少ない ・交通系ICカードを持っている ・早特のみ利用する(急な新幹線利用はない) 普段、交通系ICカードを使わない、持っていないという人には、スマートEXのメリットはあまりないかもしれません。 そういった方にはエクスプレス予約の方が便利です。 また、新幹線の利用頻度が高い人も、やはりエクスプレス予約の方が便利でお得になっていくでしょう。 しかし、スマートEXでも、3日前までに予約すれば「EX早特」が利用でき、早特のチケット代はエクスプレス予約の早特と同じお値段です。 したがって、早特しか使わないという方は、年会費がない分スマートEXの方がお得になります。 EX早特利用時の新幹線代 参考までにEX早特だといくらほど安くなるのか案内しておきますね。 赤文字の金額が通常運賃(一般の紙切符)より安くなる金額です。 そちらもぜひ活用してくださいね。

次の

エクスプレス予約とスマートEXを比較!これから使うならどちら?

スマートex

年会費無料で気軽に新幹線に乗れるスマートEXをご存知でしょうか?スマートEXとは、東海道・山陽新幹線で利用できる便利で快適なネットチケット予約サービスです。 例えば、iPhoneのApple Pay(アップルペイ)サービスにSuica(スイカ)を登録しておいてスマートEXで新幹線を予約すると、iPhoneのみで最寄り駅から新幹線乗車までiPhoneのみで利用出来ます。 私もつい先日このサービスを知ってスマートEXに登録して新幹線に乗ったのですが、思わぬ落とし穴がありました。 自分では、間違いなく登録出来たつもりでも、 新幹線の改札にてエラーが発生。 改札の駅員さんに聞くと・・・ 「Suicaが登録出来ていない」 との事。 自分では、間違いなく登録したつもりなのに・・・ 新幹線出発まであと10分というギリギリの状況でこの始末。 解決策が分からなかったので、自動券売機にてチケットを発券して乗車しました。 これでは、せっかくの快適かつ便利なスマートEXが台無しです。 初めてのスマートEXでは、思わぬ落とし穴や設定のミスがありますので、今回はその解決方法をご紹介します。 iPhoneでの改札エラー発生時の状況 私の使用していた端末は、iPhone7です。 iPhoneであれば、8もXも同じ状況に陥る可能性があります。 新幹線乗車予定日の前日の夜にスマートEXの会員登録及び設定を行いました。 同じくすぐに、のぞみの指定席をスマートEXで予約。 翌日埼玉県某駅よりiPhoneのApple Payに登録したSuicaで乗車したところ、途中までは良かったものの、新感線の改札でエラーが発生しました。 改札エラー発生時のiPhoneでのスマートEX登録状況 のHPより会員登録した後の「会員情報登録」についてです。 を間違えなければ特に問題はありません。 B欄:交通系ICカード情報を入力 Suica Id No. を入力します。 iPhone端末上のApple PayでSuica IDを確認すると、下4桁の番号しか記載されていませんでしたので、 Suicaカード裏面下部に記載されているJEから始まるSuica ID No. をそのまま入力しました。 後のち知ったのですが、 Suicaの場合は、Suicaカード裏面下部に記載されているJEから始まるSuica ID No. をそのまま入力するとスマートEXサービスにSuica IDが登録されないということが分かりました。 なぜSuicaカード裏面のSuica ID No. こちらの番号をメモしておいて下さい。 スマートEXへ正しいSuica ID番号を入力する 先ほどメモしたモバイルSuicaのID番号を「スマートEX」のHP or アプリにて、「お客様情報欄」に入力します。 以上が正しいSuica ID番号の入力方法です。 この方法実施することで私も無事に新幹線の改札でエラーが発生することなく、スマートEXを利用することが出来ました。 まとめ いかがでしたでしょうか?iPhoneでスマートEXを利用する場合の思わぬ落とし穴として、改札エラーの発生理由と解消方法をご紹介しました。 実際にエラーが発生した場合はもちろん、初めて利用される方においても利用までに是非、 正しくSuica ID番号が入力されているか確認していただきたいです。 改札エラーにて、Suicaが登録されていないと言われる状況は、 ・初めてiPhoneにてスマートEXを利用する ・機種変更後、初めてスマートEXを利用する などが挙げられます。 ぜひそのような方々は注意して見て下さい。 実際にスマートEXを問題なく利用できるとなると、チケットレスで新幹線に乗車可能で非常で快適です。 エラー発生時は是非、この記事をご参考にして見て下さい。

次の

スマートEXで新幹線がネット予約できるけど、結局いくら安いのよ?エクスプレス予約と徹底比較!

スマートex

何回操作しても 【往復】の表示が出てこない! この記事は、そんな方に向けて書いています。 私も実際に迷ったのですが、こうすれば買えましたよ! 先日、初めてスマホから 「スマートEX」を利用してみました。 新幹線の切符が買いたかったのです。 大きな画面で見やすくて、分かりやすくて。 「これは便利!」 初めてでも問題なく、どんどん画面が進んでいきました。 ところが、ふと、気付いたのです。 「あれ? 往復が・・・買えない?」 スマートEXは基本的にはとても分かりやすいのですが、 往復切符の購入だけは、初めて利用する人には、少し、分かりにくい表示になっています。 私が無事に解決したこの問題が、同じように迷っている誰かの参考になればと思い、今日はこの記事を書いています。 ここまで来ないと、このボタンが出て来ないから、「往復が買えない!」と迷う人が出てきちゃうんですよね。 もう少し早い段階で、この『往復ボタン』が出てきてくれると分かりやすいのですが・・・ なぜ出て来ないのか? それは、おそらく、こんな理由だと思われます。 スマートEXの往復切符が買えない理由3つ• 切符を買う人は『往復ボタン』を先に押したい!• だけど、先に押せる『往復ボタン』がない!• 往復割引の案内の説明が目立たない! 一度操作をしてしまえば分かる事なのですが、 スマートEXの往復は、先に押せる 『往復ボタン』がないんですよね。 片道の切符を買った後 購入ボタンを押した後 に、往復切符の案内表示が出てくるから、ココが少し分かりにくい! 『購入ボタン』を押すという事は、お買い物の最終決定という事なのに、その時点でお買い物カゴに片道の切符しか入っていなかったら、そりゃ不安にもなりますよ! 「あれ?おかしいな?どこかで操作を間違えたかな?」 「往復ボタンを押し忘れたかな?」 って思っちゃいますよ! それではなぜ、スマートEXでは、往復ボタンは『購入ボタン』を押した後にしか出てこないのか? ここはおそらく、 「往復割引が適用される」と、お客さんに勘違いさせないためなのではないかな?と個人的には思いました。 スマートEXでは、片道のキロ数が601km以上ある場合にのみ、往復割引が適用されます。 ですので、 片道601km以上ある場合には、購入手順の【3】の時に、往復割引の案内もすぐに出てくるのです。

次の