帝国 データ バンク 調査。 【紛らわしい】(株)帝国データバンクや(株)東京商工リサーチっぽい会社一覧

2020年度に設備投資する企業が大幅減少…製造業は6割 帝国データバンク調査

帝国 データ バンク 調査

2%、2年連続低下 〜 全年代で不在率低下、「60代」は初めて5割を下回る 〜 はじめに 地域の経済や雇用を支える中小企業。 しかし、近年は後継者が見つからないことで、事業が黒字でも廃業を選択する企業は多いと見られている。 日本政策金融公庫によれば、60歳以上の経営者のうち50%超が将来的な廃業を予定。 このうち「後継者難」を理由とする廃業が全体の約3割に迫る。 経済産業省の試算では、後継者問題が解決しない場合、2025年頃までに最大約650万人の雇用と約22兆円分のGDP(国内総生産)が喪失されるとしている。 地域経済の衰退や雇用喪失のインパクトが大きいことから、後継者問題は喫緊の課題として国や県、地域金融機関などが中心となってプッシュ型の事業承継支援を積極的に推し進めている。 1 2019年における後継者不在率は65. 2%となった。 全ての年代で後継者不在率が低下したほか、「40代」以降で後継者不在率は調査開始以来最低を記録した点が特徴。 地域別では「北陸」は3年ぶりに、「関東」「中部」は2年連続で低下したが、「四国」・「九州」は4年連続、「東北」は3年連続で上昇した• 2 2019年の事業承継は「同族承継」により引き継いだ割合が34. 9%に達し、全項目中最も高かったが年々低下傾向で推移。 後継候補が判明する全国約9万5000社の後継者候補の属性を見ると、最も多いのは「子供」の40. 次いで「非同族」の33. 2%が続いた。 60代以降の社長では後継候補として「子供」を選定するケースが多い一方、50代以下の社長では「親族」や「非同族」を後継候補としている企業が多い.

次の

帝国データバンクからの調査を拒否しました・・・。

帝国 データ バンク 調査

帝国データバンクに情報提供していないのに売上額が記載されていた。 小さな会社を約10年前から経営しています。 昨年秋頃に訪問調査を受けました。 決算書を見せてくれと言われましたが断り、売上げや利益等について口頭でも全く答えていません。 先日、帝国データバンクのWebからTDB企業サーチで自社名を検索したところヒットし、TDB会社情報を購入してみたところ、過去2年分の売上高が記載されていました。 利益の欄は空欄のままです。 帝国データバンクはどうやって売上高を把握したのでしょうか? ・取引先からの依頼で決算書を提出する事はありますが、 ここ2年位は依頼が無いので提出していません。 ・取引銀行は地方銀行の1行のみですが、 借金はしていないので銀行に決算書は出していません。 ・決算は会計事務所にお願いしています。 ・社内での経理は自分でやっていますので、社員は知りません。 ちょっと思ったのは、取引銀行が1行なので、その口座に1年間に入金される額を合計すれば売上額がかなり正確に把握できるんじゃないかと思いますが、銀行が入出金情報を帝国データバンクに渡す(売る?)事なんてあるんでしょうか? 帝国データバンクがどうやって売上高を把握したのかわかりますでしょうか? また、今後は知られない様にするにはどうしたら良いでしょうか? よろしくお願いいたします。 補足記載されていた売上高ですが、2年分ともに合っているんです。 でたらめな額なら無視するんですが、正確なのでとても気持ち悪いです。 上場企業は有報辺りをベースに状況分析が出来ますけれど、大抵の場合は、聞き取り等に拠る「間接調査」が主となる様です。 彼らは正に興信所ですから、足を棒にする様な地道な収集活動は、恐ろしいモノが有ります。 警察とは違うのでそのものズバリを訊くことは無いですが、「問うに落ちず語るに落ちる」みたいな感じで、何気ない会話の中から情報を収集したりします。 確実性が高い情報源としては、銀行を含めた金融機関 街金なども含む ・会計士や税理士・取引先 得意先・仕入先 辺りが中心となろうかと思います 借入金がないのであれば、銀行は外れると思いますが。 それらの積み上げなんですね。 危ない先だと、街金辺りの情報は結構リアルな話が出てくる様ですが。 勿論、守秘義務の問題も絡んできますから、特定することは不可能でしょうけれど、貴殿の場合も複数の情報を積み重ねた結果だと思います。 如何しても秘密にしたいのであれば、取引先を一切持たないことですね 笑。 現実的にそれは無理な話でしょうから、あまり気にされないことです。 寧ろ、間違ったデータが出ている方が余程拙い訳で 笑。 ほぼ現実に近い数値が出ているのであれば、あまり気にされないことですよ。 それに拠って、貴殿が直接的な被害を蒙ることは有りませんのでね。 真っ当な数値であれば、銀行も含めて新規の取引先が増えていくことだって有るんですから。 逆に、貴殿が他社のデータを観ていて、それが 悪い意味で 誤った数値だと判ったら驚愕するでしょう? sankyousaikyouへ。 本当にデータバンクの財務データはデタラメと言えるか?日本最大の情報機関として100年以上の歴史を刻んできた企業が、デタラメの数字で現在までその地位を守れると思ってんのか? とんでもない世間知らず野郎だな、お前。 電話で対象企業に直接聞くのは、反面調査の一環だよ。 たまに詳しく業況を教えてくれる会社もあるから、試しに聞いてるだけなんだよ。 銀行が絶対に情報を出さない?本当にそう言い切れるのか? 銀行は与信判断上、様々な企業情報を欲しがる。 もし、バーターとしてデータバンクと情報交換しているとしたら? データバンクは様々な所に情報源を持つ。 別に銀行だけが情報源では無い。 企業であれば税務署に売上ほか、重要な財務情報を提出するだろ? どこかの下請けをしている会社だったら、元請先(発注先)へ定期的に財務報告してないか? 上場企業でなくても、株式会社だったら株主へ貸借対照表、損益計算書を公開しているのでは? 本気になれば一企業の財務情報なんて把握することができる。 外部では無くとも、内部に情報源がいないとも限らないだろ。

次の

帝国データバンクから信用調査されて結局自分がやっちゃった話。その他日常生活における信用情報調査について

帝国 データ バンク 調査

(参考)スポット利用の場合は約5万2,000円~ 東京商工リサーチでは 非会員が利用する場合のスポット料金は5万円と価格表で公開しています。 これに商業登記簿謄本や不動産登記簿の取得費用のほか、現地までの交通費が実費でかかります。 これがざっくり2,000円(商業登記簿と不動産登記簿の閲覧がそれぞれ1件335円、これに交通費)となることから、5. 2万円となります。 帝国データバンクでは非公開としていますが、近い金額だと推察されます。 そんな場合は、 調査会社の会員に加盟することをお薦めします。 安価で調査レポートを取得することができるからです。 どうでもいい話ですが、帝国データバンクではチケット制を、東京商工リサーチではポイント制をとっていて、最低単価の円換算で考えた場合、帝国データバンクは1チケット2万4,000円、東京商工リサーチは1ポイント100円となります。 ちなみに、両社とも年間利用12万円、調査レポート換算5件分としていますが、これより下のグレードもあります。 きっとそういうレベルの会社は相手にしませんよ、という姿勢の表れだと思います。 会員加盟しておくとちょっといいこと ズバリ、担当がつくことですね。 何かあったときに相談(「ここの会社、うちの取引先なんですけど給与遅配があったって聞きました。 何か情報ありますか?」といった使い方)ができることですね。 調査会社側もおせっかいしつ、お客さんに別の商品とか売りつけたいので比較的親身に話を聞いてくれます。 スポンサーリンク 一番合理的な利用方法はチケット、ポイント購入せずにオンラインサービスに加盟すること ここからが本題ですが、 チケット会員やポイント会員でなく、オンラインサービス会員に加盟することで、加盟者特別料金の3万円で調査レポートを依頼することができます。 5万円(スポットだと5. 2万円)で調査できます。 内訳は以下。 調査レポート(新規調査)3万円• 実費2,000円(仮)• 月額料金3,000円 ちなみに、調査会社が 新規調査をしてから2ヶ月以上経過すると、 通常料金の半額(1. 2万円)で調査レポートをオンラインで すぐ購入することができます。 チケット0. 5枚、ポイント120ポイントですね。 少しくらい古くてもいいよ!という方は、 2ヶ月経過するのを待って購入することで大幅にコストを抑えることができます。 まとめ.

次の