ニコン レンズ ロード マップ。 ニコンが今日発表する新製品は?Zシリーズレンズロードマップも発表?

ニコンがNIKKOR Zマウントレンズのロードマップを更新

ニコン レンズ ロード マップ

8 VR Sレンズの発表で、現在のZミラーレスレンズラインナップは11本の異なるレンズからなることとなった。 最新のZレンズのロードマップは、まだ発表されていない12本のレンズを含めると2021年までに合計で23本になる。 ニコンがCESのブースで展示していた新しいポスターには、これからやってくるいくつかのレンズの形状を確認することができる。 (記事を一部意訳しています) 2021年までに23本のレンズを発売? ニコンが2021年までに12本のレンズを追加し、合計で23本のラインナップになる可能性があるようです。 現在、米国で開催されているCESという家電の展示会があるのですが、そこでニコンがレンズに関するポスターのようなものを展示しているようです。 そして、そこには2021年までに発売されるレンズの一覧がわかるようになっているようですね。 というわけで、それらをまとめてみると以下のようなレンズになるようです。 8 S-Line ・24-105mm S-Line ・24-200mm ・100-400mm S-Line ・200-600mm ・Micro 60mm ・Micro 105mm S-Line これが、その12本になります。 みるとS-Lineでないレンズが何本もあることがわかりますね。 恐らくプロフェッショナルやハイアマチュアではない一般ユーザを対象にした廉価レンズも今後は発売してくるのだと思います。 廉価なレンズが発売されると、より入手しやすくなるので有り難いですね。 さらに便利ズームにも力を入れていくようで広角~中望遠、または広角~望遠のレンズも発売し、レンズ1本でほとんどをまかないたいという人向けにも対応していくようです。 そしてマクロレンズについても今後2年以内に発売されていくようですね。 DXレンズについても開発は検討されているようで、いまのところ18-140mmという便利ズームがロードマップに掲載されています。 便利ズームは人気のある種類のレンズですので、特に小さなAPS-Cミラーレスでレンズ1本で済ませたいという人にはぴったりだと思います。 あとは広角ズーム、換算35mm、換算50mm、ポートレート用のレンズ、マクロレンズあたりは最低限でも欲しいのかな?という感じですね。 広角のパンケーキがあっても面白いと思いますが、現在の標準ズームがもうパンケーキのように薄いので、あまり需要がないのかな?とも思います。 これらレンズが揃うとかなりラインナップが充実することになりそうです。 詳細は本記事下部の記事元リンクからどうぞ。 (記事元)• コメント (1件)•

次の

ニコンがNIKKOR Zマウントレンズのロードマップを更新

ニコン レンズ ロード マップ

・ 今回の新しいロードマップでは「28mm」「40mm」「Micro 60mm」「Micro 105mm」「24-105mm」「100-400mm」「DX18-140mm」「24-200mm」「200-600mm」の9本のレンズが新たに追加されました。 マイクロレンズを待っていた人はかなり多いようなので、2本のマイクロが追加されたのは大いに歓迎されそうです。 高倍率は28mmスタートという噂もありましたが、24mmスタートの無難なスペックになっているようですね。 8に加えて、100-400mmと200-600mmが新たに追加されているので、これで望遠域はほとんどカバーできそうですね。 24-105と100-400は興味あります。 ちょっと後退した感があって残念ですが、その分描写性能の向上と小型軽量化が両立されればそれに越したことはないので期待します。 100-400は、現行の80-400を置き換えるズームになるのだと思いますが、これも広角側を20mm削ったことにより、少しでも小型化されれば嬉しいです。 できれば全長を現行80-400より沈胴を使うなりして短くしてほしいです。 一方でS-Lineではありませんが、24-200と200-600も気になります。 こちらの方が携帯性が良ければ選択肢に入ってきますので、どのようなものか期待します。 2021年までに出てくるという事ですが、今までは大まかな時期の提示がありましたが、今回からそれが無くなっています。 その点が少し気がかりです。 ついにマクロ (マイクロ) とパンケーキが載りましたね。 パンケーキは 28mm と 「40mm」 ですか。 「ニッコール」 の伝統にならえば 45mm でしょうが、少し広い方が使いやすいという判断でしょうか。 24-105mm の望遠端が短くされたのは 24-200mm とのバランスもありそう。 あと約2年で一般的には十分なラインナップになりそうですが、超望遠や特殊レンズはまだ暫く FTZ を活用してください、ということでしょう。 個人的にはレンズに加えて FTZ の廉価版を望みます。 電磁絞り専用として簡素化し1万円以下で。 レンズ毎に複数台購入しレンズ側に常時固定…後キャップ代わり?にできるような。 前にあった2021年までの発売予定表のリーク?と比べると、135㎜が消えた、65㎜、105㎜がマクロになった、という感じですかね?F1. 8とは言わないですが、F2クラスの明るいマクロ(マイクロ)になれば面白いんですけどね。 28㎜はパンケーキ化したようで、40㎜ともども、小型化を追求してDXフォーマットでも普段使いできるものを期待します。 明るさはF2. 8位でも良いです、この際。 ズームはやはり望遠の要望が非常に大きいみたいですね。 一方で昔あった35㎜スタートで70、100、135、200まであったように、24㎜スタートも複数あれば大きさとズームレンジを鑑みた選択が出来るようになるので、いづれ期待したいです。

次の

ニコン 2021年までのZレンズロードマップがリークされる デジカメライフ

ニコン レンズ ロード マップ

匿名のソースからニコンZレンズロードマップを受け取った。 すぐに新しいロードマップがリリースされると報告しましたが、これが本物かどうかはわからない。 リストされた新しいレンズはもっともらしい。 2020:• 8 S• 2 S• 8-3. 5 S• 8 S• 8 S• 8 S• 2 S• 8-5. 6 S•

次の