おーい お茶 玉露。 【たのめーる】伊藤園 おーいお茶 玉露 190g 缶 1ケース(30本)の通販

おーいお茶と伊右衛門の【水出し緑茶】を飲み比べしてみた。

おーい お茶 玉露

内容量は375ml。 ペットボトルではなく、瓶の容器に入っているのが特徴です。 JANコードは4901085175316。 賞味期限は6ケ月です。 そして、なんと価格は¥1,080 税込!!! おーいお茶 玉露 の手提げ袋はギフト向きの証 おーいお茶 玉露 には、 おーいお茶 玉露 がぴったり入る大きさの手提げ袋が付いてきます。 マット系の再生紙で作られた紙の手提げ袋。 色はお茶の色の黄緑色です。 結構しっかりした作りの手提げ袋なので、持ち運ぶ際に破れたりすることはありません。 この手提げ袋が付いていることにより、ギフトとしてピッタリ。 予算¥1,000程度の誕生日プレゼントとしても良いと思いますし、ちょっとしたお礼に渡すと喜ばれると思います。 プライベートでも、ビジネスでも使えるプチギフトだと思います。 おーいお茶 玉露 の瓶の手触りがとにかく良い!手に吸い付く感じが凄い! 手提げ袋からおーいお茶 玉露 を取り出すと、下の写真のような瓶が出てきます。 比較のために、普通のおーいお茶 500ml のペットボトルを並べてみました。 蓋の部分に被さっている赤紫色の生地は、いかにも和という感じがします。 そしてこの瓶が凄い。 何が凄いかというと、手触りがとにかく凄い。 瓶が手に吸い付くような感じで、ずっと持っていたくなるような瓶。 形は円柱状ですが、手で持つ部分だけ細くなっていて、計算されて作られた形状なのです。 しかも、「玉露」の文字部分が、エンボス加工のように盛り上げっています。 こんな所にもこだわりを感じました。 裏面には、原材料名などの品質表示ラベル。 よく振ってから飲むべき飲料のようです。 おーいお茶 玉露 の色について おーいお茶 玉露 の色は、薄い色をしています。 比較のため、一般的なおーいお茶を並べて撮影していますが、本当に薄いお茶の色です。 何だか、ラベルの色と中身のお茶の色が逆のように思えますね。 おーいお茶 玉露 を飲むには、やはりグラスもこだわるべき せっかく高いお茶を飲むのですから、形から入るべきでしょう。 という事で、バカラのグラスを用意しました。 「高級な湯のみじゃないのかよ!」という声も聞こえますが、それはご愛嬌。 バカラのグラスに入れて、おーいお茶 玉露 の香りを楽しみつつ、試飲してみたのです。 もちろん、普通のおーいお茶も一緒に。 試飲して分かった!「おーいお茶 玉露 」と「普通のおーいお茶」の比較について 2つのおーいお茶 玉露のものと普通のもの を飲み比べ、香りと味に分けて、何が違うかチェックしてみました。 香りの違いについて 普通のおーいお茶より、おーいお茶 玉露 の方が、豊かで柔らかな香りがしました。 ただ、明確に差があるかと言えば、正直な所、若干の差という程度に思えました。 味の違いについて おーいお茶 玉露 の味を一言で表すとしたら、急須で入れたお茶みたいな感じの味であるということ。 最後の一滴 ゴールデン・ドロップ まで残さず詰め込んだような味です。 緑茶の旨味の部分でもある渋みを旨味だけを生かし、玉露本来の甘味に包まれており、とてもまろやかで、舌触りの良いお茶だと思いました。 座って落ち着いた時に飲みたい味で、年配の人も納得する味だと思います。 飲み比べてわかった事は、 普通のおーいお茶の方が味が濃く、おーいお茶 玉露 の方が味が薄いということです。 飲み比べると、普通のペットボトルのおーいお茶は、人工的な味に感じましたが、それでもコストパフォーマンスを考えると、普通のおーいお茶で十分だと思います。 まとめ おーいお茶 玉露 は、香りが良く、急須で入れたようなお茶が飲みたい時にピッタリのお茶です。 1度は飲んでみても良いでしょう。 ただ、コストパフォーマンスは良くないので、自分で飲むというよりかは、誰かにプレゼントとして渡すお茶だと思います。 この おーいお茶 玉露 を飲んでいない人がいれば、プチギフトとして渡すと喜んでくれると思います。 カテゴリー• 467• 212• 142• 1,007• 379• 366• 615•

次の

お〜いお茶

おーい お茶 玉露

緑茶、煎茶、玉露、抹茶の違い 日本で親しまれているお茶といえば、緑茶があります。 それでは、緑茶とは何でしょうか。 実は緑茶には多くの種類があります。 例えば、日本の伝統文化として知られる茶道では、抹茶(まっちゃ)が飲まれます。 抹茶は緑茶の一種です。 ただし、日常的に茶道をしている人でない限り、普段の生活で抹茶を飲む日本人はほぼいません。 その代わり、 多くの日本人は煎茶(せんちゃ)を飲みます。 煎茶も緑茶の一種です。 他にも、日本には玉露やほうじ茶など、お茶の葉っぱによって種類があります。 これらをすべて含めた日本茶のことを緑茶といいます。 緑茶は日本で最も一般的な飲み物の一つです。 緑茶とは何か 紅茶でも緑茶でも、すべて同じ葉から作られます。 摘み取った葉をどれだけ発酵させるかによって、紅茶になったり緑茶になったりします。 これが、同じ葉でも味や風味が違ってくる理由です。 茶葉にはカテキン(タンニン)と呼ばれる渋味成分が含まれています。 酸化や発酵が進んでいくと、カテキンは赤色に変化していきます。 茶葉を完全に発酵させたものが紅茶であり、紅茶が赤色なのはカテキンが赤くなっているからなのです。 一方、 緑茶では茶葉を発酵させません。 摘みたての茶葉をそのまま加工するため、茶葉は緑色のままです。 また、茶葉には渋味成分のタンニンが多く残っており、日本人は渋いお茶を好んで飲みます。 これら緑茶の中で、日本で最も一般的なお茶を「煎茶」といいます。 ただ、茶葉の種類や製法の違いにより、煎茶になったり抹茶になったりします。 以下にそれぞれの緑茶について簡単に解説していきます。 ・煎茶 お茶の木から取れるもののうち、葉の部分だけを集めたものが煎茶です。 針のような形をしており、日光を当てて栽培します。 ・玉露 玉露では、お茶の木自体は煎茶と同じです。 ただ、玉露では日光を遮る被覆を用いることで、茶葉に日光が当たらないようにします。 こうして栽培されたお茶が玉露です。 日光を遮ると、苦味成分であるカテキンの生成が抑えられます。 その代わり、旨み成分のテアニンが増えます。 こうした味の違いや手間などの理由から、玉露は高級茶として知られています。 ・抹茶 玉露と同じように、抹茶では日光を遮って栽培した茶葉を使用します。 このときの茶葉を蒸して乾燥させたものを「碾茶(てんちゃ)」と呼び、これを粉状にしたものが抹茶です。 茶道では抹茶が用いられます。 簡単に考えれば、玉露を粉状にしたものが抹茶です。 ただ、飲み方はまったく異なります。 玉露では急須にお湯を注ぐだけですが、抹茶は粉状なので専用の道具を用いて溶かさなければいけません。 日本人は抹茶を日常的に飲まないものの、茶道で用いられることから、抹茶のブランド力は高いです。 そのため、高級菓子に抹茶が含まれることがあれば、食材に応用されることもあります。 ちなみに、日本で飲まれる緑茶は素材そのままの味を活かします。 紅茶のように、砂糖を入れることはありません。 しかし、日本以外の国では緑茶に砂糖が入れられていることが多々あります。 ただ、渋味や苦味なども含めて、その独特の味を楽しむのが本来の緑茶です。

次の

【徹底検証】1本1000円で話題の『瓶 お~いお茶 玉露』はガチでウマいのか? 編集部で飲み比べた結果「おれたちには高級すぎる」

おーい お茶 玉露

歴史 [ ] 伊藤園は2月に緑茶飲料として「煎茶」の発売を開始した。 発売当初は「 缶入り煎茶」という名称であり、発売から4年後の2月に広告会社シマ・クリエイティブハウス社長、島崎保彦により「 お〜いお茶」に商品名が変更された。 それまでの「お茶は暖かいもの」「お茶は自宅や会社で飲むもの」というイメージを払拭し、冷たい緑茶が全国に広まるきっかけになった。 翌には緑茶飲料としては世界初のペットボトル入り(当初は1. 5L)を発売。 当初はボトルが緑色に加工されていたが、これはリサイクルが困難であったため、分別リサイクルの普及にともなう社会的要求の高まりを受け、他社競合品と同様の透明色となった。 に入り緑茶の抽出法「ナチュラル・クリアー製法」で取得。 にはホット対応のペットボトル緑茶飲料を発売した。 には、競合商品となる「」がから発売され 、対抗してパッケージをかっちりした字体に変更してはどうかという意見も出されたものの、従来からのブランドイメージを重視して筆文字は残されることとなった。 以降、1L入りのミディボトルも発売され、売り上げが拡大している。 また、5月には「お〜いお茶濃い味」(現・お〜いお茶濃茶)を発売し、ラインナップの多角化を図った。 には500mlのペットボトル換算で200億本を突破した。 に「缶入り煎茶」を開発してから30年を迎えている。 、「お〜いお茶」のかけ声が、より、日本で初めてののとして認められた(21件のうちのひとつ)。 から国内で日本茶飲料「お〜いお茶」の販売を開始した。 シンガポールでは砂糖や蜂蜜が入った緑茶が広く販売されているが、同ブランドは日本で販売されている製品と同様、糖分だけでなく、保存料、着色料、香料を使用せず、カロリーゼロが特徴。 製品 [ ] 緑茶のほかに味の濃い「濃い茶」や「」、「」などさまざまなバリエーションがあり、期間限定や季節限定の商品も多く存在する。 2014年10月現在、ボトル入り日本茶飲料8種類、茶葉(リーフ)製品10種類(地域限定品2種類を含む)、製品5種類、インスタント(粉末)製品3種類の計26種類がある。 が始め、人気となった、対応も季節限定で販売されている。 通常のペットボトルは冷凍時の内容物の膨張に耐えられず破損する場合があるが、冷凍対応ペットボトルは破損しないため、安心して常に冷たい状態で飲む事ができる。 2015年からは、受注生産の高級品(価格1000円)として『瓶 お~いお茶 』を販売している。 なお、伊藤園は「お〜いお茶」を名乗らない緑茶飲料として、廉価品の「茶の間」を発売している。 伊藤園お〜いお茶新俳句大賞 [ ]• 2020年4月6日. 2020年4月13日閲覧。 1970年からの伊藤園の緑茶リーフ商品(茶葉)のCMのセリフ「お〜いお茶」が、商品名の由来という説がある。 の販売は2004年当時。 4月以降の販売元はとなる。 伊藤園 2012年1月. 2014年10月22日閲覧。 PDF プレスリリース , 特許庁, 2015年10月27日 , 2016年2月7日閲覧。 石井淳蔵. 2014年10月22日閲覧。 伊藤園プレスリリース. 2017年8月10日閲覧。 伊藤園プレスリリース. 2017年8月10日閲覧。 伊藤園. 2014年10月22日閲覧。 外部リンク [ ]• などしてくださる()。

次の