私が姑を殺しネタバレ。 【嫁vs姑 殺したい程イヤな女】ネタバレ結末とあらすじ感想!無料漫画試し読み

「嫁と姑デラックス 私が生んだモンスター」 あらすじや感想です

私が姑を殺しネタバレ

ntv. いつも1人でレストランで美食を楽しむ。 食べ方に品があり、ワインの選び方も完璧。 料理の写真を撮るようなダサイ真似はしない。 ワインレッドのスーツにループタイがトレードマーク。 運転免許を持ってないので車移動の時は小林苺に頼む。 PC操作時はブルーライトメガネをかける。 実は一流デパート「扇屋百貨店」の御曹司で、父親はの社長の明智大五郎。 小中高一貫の男子校育ちでおじいちゃん子。 明智五郎から「小林一号」のあだ名で呼ばれ、弁当の味を認められてる。 美食と交換に探偵の仕事を手伝う。 月に一度の食事会がある「東京美食倶楽部」に、大学の同級生・明智に無理やり入会させられたがグルメ音痴。 左利き。 「現場じゃ使えないヤツ」といわれる一方で、大好きな明智に捜査情報をペラペラしゃべる。 都内に多数ビルを所有するピーチ不動産の1人娘。 大食いで食べること大好きで、明智に負けず劣らず食に詳しく、物事の真理を見抜く力もある。 「扇屋百貨店」副社長。 頭はいいけどくるくるパー。 ntv. 平凡な主婦だったが、研究員でカタブツの旦那の浮気を知って刺殺。 明智に追い詰められるが、崖から飛び降りる偽装自殺を演出したあと「マグダラのマリア」と名乗り、殺意を抱く犯人たちをマリアファミリーとして仲間に引き入れ、黒幕として暗躍する。 大学進学で上京した彼氏の浮気に悩んでネット相談した結果マリアと出会い、浮気相手を殺してもらう。 昔パリで修行中、まだ主婦だったマリアと出会い、東京出店を誓い有言実行した。 ところが食べリポのレビュアーに店をこき下ろされ客が激減してしまい殺意を抱く。 結婚当初、旦那のための愛妻料理で大きな冷蔵庫をいっぱいにすると夢見ていたが、旦那は母親の料理ばかり好み、姑から送られてくる煮物で冷蔵庫はいっぱいになった。 ネットでマリアに相談し、旦那を殺し、シェフに解体を手伝ってもらう。 ストーカー化したファンに悩んでいたところ苺の仲介で明智に相談。 その一方でネットでマリアに出会い、ストーカーを殺す方法を教わる。 旦那の竹澤賢治の服から毎日違う香り、香水ではなく料理のスパイスの香りがする。 理系のカタブツIT研究職で、毎晩定時に帰宅し、自宅では御飯とみそ汁と焼き魚しか食べないのにおかしいから、竹澤夫人は浮気を疑ってる。 明智が旦那を尾行すると昼休みに若い女性のアパートに通っていた。 相手は会社の近くのカフェで働く27才女性。 滞在1時間なので食事のほかに不貞行為もしてるかは判断しかねる。 しかし竹澤夫人は浮気確定と判断し、子供はいないから慰謝料たっぷりもらって離婚すると言い残して浮気調査は終わった。 竹澤夫人が犯人だとにらんだ明智は捕まえるため電話してデートに誘うと「最後の晩餐ね」と約束した。 「葉山の1日1組の予約制レストラン」を予約したが明智は免許もってないから小林苺の車で連れていってもらう。 レストランつくと竹澤夫人は地味な主婦から妖艶なマダムに変身していた。 そのころ浮気相手は警察の事情聴取。 将来自分の店を出したい彼女を応援するため、賢治は料理の試食をしていただけで、浮気はしてなかった。 賢治は不能だから体の関係はないことは知っていたが、食事は死ぬまで続く大事な夫婦の営みだ。 それなのに若い女の料理を食べたことは浮気であり許せなかった。 新婚のときに買い揃えて一度も使うチャンスがなかったドイツ製の包丁で、クビを刺し殺した。 明智はアパートの場所を知らせたのは自分のミス、依頼人を犯罪者にしてしまい探偵失格だと自分を責める。 目が覚めた明智は小林苺の車で身投げしそうな崖を探し、竹澤夫人を見つけたが、目の前で飛び降り自殺されてしまった。 その後マグダラのマリアは、誰かに殺意を抱く人々に知恵と手を貸し、犯人たちの黒幕として暗躍していく。 目的は明智にもう一度会いたいから。 ところが食べリポのレビュアーに店をこき下ろされ客が激減してしまい殺意を抱く。 ネットでマリアに相談し、旦那を殺し、シェフに解体を手伝ってもらう。 その一方でネットでマリアに出会い、ストーカーを殺す方法を教わる。 マリアは老婆に変装してケータリングを依頼し、苺をクルーザー船に乗せて海へ繰り出す。 客がいないことを不審に思う苺は明智に電話して、ピンクのワインから老婆の正体がマリアだと知る。 苺はマリアに突き落とされ海で溺れるが、ボートで駆け付けた明智に救われる。 明智は泳いでクルーザ船を追いかけ、それにこたえるようにマリアも海に飛び込み、惹かれあう2人はキスをする。 明智「僕と一緒になろう」「もうこれ以上罪を重ねるのはやめてくれ」 マリア「罪を犯してるのはあいつらのほうよ」「あいつらを放ったらかしてるのは国のほうよ」「だから私がやるしかないの」 一歩もひかないマリア。 最後にマリアは「だから待ってて明智さん」「この腐った罪人たちを皆殺しにしたら・・・もう一度プロポーズして」と言い残し去っていった。 6巻の発売日は2020年4月24日です!ドラマの第3話が4月26日放送なので、その直前にわかりますね! 「僕と一緒になろう」とプロポーズした明智ですが、苺ではなくマリアと結婚したいのですね。 マリアは全員殺したら結婚するよう匂わせてますが、明智はそれを阻止するため結婚したい。 どちらの想いも叶わない気もしますが。 最終回では普通マリアは逮捕と思いますが。 もしくはマリアを追い詰めても結局また逃げられる・・・というすっきりしない最終回の結末になるかもしれません。

次の

わたしの幸せな結婚5章(小説)のネタバレと感想・結末【美世の異能が発動するキッカケ?話は終結へと向かう!】

私が姑を殺しネタバレ

by 10話読了。 保身の夫。 本音の娘。 配信10話、読みました。 ネタバレ感想ご注意ください。 あらすじ通り、事件のきっかけは嫁姑問題で、妻彩美は自首をするつもりでしたが、 夫蔵人は、自分の積み上げて来たキャリアを守るのに必死。 遺棄を先導したのは夫です。 娘の瑠理亜(るりあ)には、夫婦共に巻き添えにさせたくなかったのですが、 自らの意思で、遺棄に行く両親について行きました。 夫の口癖は、「計算しろ!」 素人考えでネットの情報も駆使、 全部シミュレーションして、 バラバラ、数ヶ所に遺棄しました。 計算通り!。 10話おわり。 やっちまった彩美さん。 夫は年収億のエリート。 贅沢な暮らしが出来てるから幸せ。 な訳もなく、10年前から暮らしている姑の人格否定。 夫は傲慢。 娘とまともな会話もなし。 姑、姉夫婦の実家に1週間帰省する予定で、先が憂鬱ながらも楽しみにしてましたが、 姉夫婦が腹を下し、まさかの帰省は1年延期。 夫と娘の為に、カレーを作っていたのですが、 姑がカレーを否定。 駄目押しで彩美の母まで否定。 壊れた彩美はついに、、 これが物語のプロローグです。 ここからは、サスペンスになっていくのですが、 夫は、築き上げた地位と大金がパーになるので、彩美の自首を許さず、 自ら遺棄を主導していきます。 が、実行役は妻彩美。 皮肉だけど、この件をきっかけに娘は本音を話始めるんだよね。 保身夫VS本音娘。 ならどうしてパパがしないの? うるさい!だから女は何とかカンとか。 夫、実の母を見て、、それでも夫の保身が勝った。 あのシーンは狂気に思えた。 家族3人、会話がまともに出来たのがこの事件というのは、ホント皮肉。 離婚しない夫婦の話に似てますが、この親子の逃走劇はこの後、どうなるのでしょうか。 この展開は長編になりそうだね。

次の

陳情令、最終回の感想

私が姑を殺しネタバレ

今いちばん続きが楽しみな作品。 主人公の彩美が姑を衝動的に殺してしまうところから物語が始まります。 地獄のような嫁いじめ、夫に訴えても聞く耳を持たず、娘も反抗期なのか無関心。 よくある話なのかもしれませんが、これは死にたくなるか殺したくなるかの二択だわ…なんて思ってしまいます。 事件を隠蔽するために家族が一致団結していくお話なのか?と思いきや、決してそんなことはなく。 母親が殺されたことを悲しむでもなく、世間体を守るために彩美を罵りながら死体を隠す算段を立てる夫。 こちらもまた祖母の死を悲しむことはなく、母親を責めるだけの父親に軽蔑の眼差しを向ける娘。 死体を隠すという目的は一緒ですが、家族としての歪さがどんどん浮き彫りになっていきます。 夫が作った完璧な死体遺棄計画の杜撰さに彩美が気づいてしまっているのが面白い見せ方だなあと思いました。 このまま逃げ切れるのか?彩美だけ捕まるのか?家族の形はどうなるのか?娘のクラスメイトが真相に迫るのか? などなど展開が楽しみですが、まず間違いなくハッピーエンドは訪れないことでしょう。 彩美にはちょっとでも救いがあるといいな、せめて夫にはめちゃめちゃ罰当たるといいな、なんて思ってみたり。

次の