福島 県 河川 ライブ カメラ。 黒部川 福島のライブカメラ

福島県のライブカメラ

福島 県 河川 ライブ カメラ

福島県の海が見えるライブカメラのリンク先をまとめました。 ライブカメラは保守点検等で視野の変更や休止、廃止など変更がある可能性があります。 相馬 「埒浜 らちはま の埒川河口」>> 場所:福島県相馬郡新地町 配信元:福島県河川流域総合情報システム メモ:河口の様子は良く見えますが、波の状態は判断するのが難しいです。 「相馬港」>> 場所:福島県相馬市原釜 配信元:福島県河川流域総合情報システム メモ:相馬港の様子です。 外洋の波の状態はこのカメラでは見れないです。 南相馬 「右田海岸の真野川河口」>> 場所:福島県南相馬市鹿島区南右田 配信元:福島県河川流域総合情報システム メモ:河川河口の映像メインで波はサイズアップしなければ状態が分からないです。 「北泉海岸」>> 場所:福島県南相馬市原町区金沢浦 配信元:南相馬市 メモ:北泉海岸の状況をリアルタイムで見れます。 カメラ操作可能。 楢葉町 「天神岬公園 旧公園前」>> 場所:楢葉町大字北田字上ノ原27-29 配信元: 双葉地方広域市町村圏組合 メモ:天神岬公園内のライブカメラで高台にありますが、海岸線より離れているため海は少し見える程度。 いわき 「仁井田浦方面」>> 場所:福島県いわき市四倉町上仁井田東山 配信元:福島県河川流域総合情報システム メモ:カメラが仁井田浦方面を向いていて四倉ポイント方面の波の状態は見れません。 「夏井川河口」>> 場所:福島県いわき市平下神谷 配信元:福島県河川流域総合情報システム メモ:夏井川河口の左岸に設置されていて新舞子浜方面を向いています。 「新舞子浜の滑津川河口」>> 場所:福島県いわき市平下高久北谷地 配信元:福島県河川流域総合情報システム メモ:新舞子浜の滑津川河口の海の様子が見れます。 「弁天川の水門」>> 場所:福島県いわき市平沼ノ内浜街 配信元:福島県河川流域総合情報システム メモ:沼ノ内海岸の様子で波の状態もしっかり見れます。 「塩屋崎灯台」>> 場所:福島県いわき市平薄磯宿崎33 配信元:海上保安庁海の安全情報 メモ:アクセスしている人数が多い場合は、つながりにくくなることがあります。 「いわき海星高校前」>> 場所:福島県いわき市小名浜下神白 配信元:福島県河川流域総合情報システム メモ:三崎公園の東側にあるいわき海星高校前の海岸の様子が見れ波の状態もつかめます。 「小名浜港と三崎公園松下海岸」>> 場所:福島県いわき市小名浜下神白松下 配信元:福島県河川流域総合情報システム メモ:三崎公園のそばにある福島県水産試験場あたりのライブカメラだと思います。 松下海岸と小名浜港が見えるほか、堤防の外にわずかに外洋のウネリが確認できます。 「割烹旅館 天地閣」>> 場所:いわき市小名浜下神白字綱取143-23 配信元:割烹旅館 天地閣 メモ:小名浜港が見渡せます。 カメラは固定で画像は小さいですが気温、降水量などのデーターも有り。 「鮫川河口左岸」>> 場所:福島県いわき市佐糠町 配信元:福島県河川流域総合情報システム メモ:鮫川の河口左岸の砂浜から500mほど離れていますが波の様子は見れます。 「鮫川河口右岸の中田川水門」>>」 場所:福島県いわき市錦町吉原 配信元:福島県河川流域総合情報システム メモ:鮫川河口の右岸から勿来火力発電所方面を向いています。 ウェストコースト辺りの波の状況見えました。

次の

ライブカメラ

福島 県 河川 ライブ カメラ

二本松市付近の河川増水に要警戒! 気象庁は、福島県で災害につながるおそれがある猛烈な雨が降ったとみられるとして、 記録的短時間大雨情報を発表しました。 福島県では湿った空気の影響で、大気の状態が不安定となり、局地的に雨雲が発達しています。 中通りでは 夕方まで低い土地の浸水や河川の増水に警戒すると共に、今夜はじめ頃までは土砂災害にも警戒が必要だ。 会津は夕方まで、河川の増水や低い土地の浸水に警戒して下さい。 福島県河川ライブカメラ!阿武隈川 阿武隈川ライブカメラ 二本松市 — すぴか spicacat777 記録的短時間大雨情報とは1時間に80ミリ以上の猛烈な雨を観測または解析し、さらにその地域にとって数年に一度程度しか発生しないような大雨である場合に発表される情報です。 周辺地域では、土砂災害や河川の増水など、災害の危険性が高まっているため警戒しなければなりません。 阿武隈川周辺に数十箇所設置されている観測用ライブカメラからの現地映像がリアルタイムで見られます。 福島県の重要な河川や道路などを観測する為に、阿武隈川の河川ライブカメラを活用してください。 スポンサーリンク NHK気象災害情報 午前中は出掛けられず写真は撮りませんでしので、代わりに増水の心配される阿武隈川の現在の水位の様子を載せておきます。 写真は国土交通省福島河川国道事務所の阿武隈川ライブカメラの福島水位観測所の14時56分現在の様子で、階段の上が遊歩道なので、そこまではまだ1m以上ある様です。 — datemasahiro datemasahiro NHK気象災害情報は、災害関連のニュース、速報、地震・津波などの防災情報に加えて 天気予報、警報・注意報、アメダス、レーダー、衛星、台風情報. 火山情報. 噴火速報. 防災情報. もし宜しければコメントなど頂ければ幸いです。

次の

黒部川 福島のライブカメラ

福島 県 河川 ライブ カメラ

はん濫危険水位とは、土砂堆積や樹木の繁茂などで川の通水面積が小さい箇所で堤防破堤や河岸溢水が起こる可能性のある水位ですので、絶対に川に近づかないでください。 避難判断水位とは、住民の皆さんが避難を開始すべき水位ですので、自治体から避難勧告が出されている場合には従ってください。 はん濫注意水位とは、川の水位が上昇してきており注意が必要な水位ですので、引き続き豪雨などの悪天候が予測される場合には、避難する準備をしてください。 一般的には3年間に1回程度の発生頻度です。 水防団待機水位とは、水防団(自治体)が水防活動を始める目安になる水位ですので、直ちに避難行動などは起こさなくても大丈夫です。 一般的には1年間に5~10回程度の発生頻度です。 データは国土交通省川の防災情報よりリアルタイムで取得していますが、水位計測自体が10分おきですのでご留意ください。 水位センサーは河川の代表点にしか設置されませんので、はん濫危険水位に達していなくても、河川未改修区間などでは氾濫している可能性があります。 システム上では避難判断水位に達していなくても、降雨状況を判断して、出水・洪水への備えは早めに行いましょう。 特に中小河川や上流域では、豪雨時に急激な水位上昇が起きますので注意が必要です。 参考までに、平成20年7月28日に犠牲者を出した都賀川の甲橋水位観測所では10分間で1. 34mの水位上昇を記録しています。 川が溢れそうになってからあわてるのではなく、事前に浸水想定区域図やハザードマップで氾濫する可能性がある範囲を把握しておきましょう。

次の