スマホ ゲーム おすすめ。 おすすめパズルアプリランキング!本当に面白い無料スマホパズルゲームこれだ!

スマホゲームに最適!おすすめの液晶保護フィルム5選!

スマホ ゲーム おすすめ

ゲーミングスマホの選び方!目的別に長所を活かす選び方をしよう おすすめスマホを紹介する前に、ゲームを目的としたスマホを選ぶ際にチェックしておきたい要素をお話しておきます。 あなたの目的に合わせてどんな性能のものを選ぶか参考にしてください。 処理能力・速度で選ぶ ほぼ据え置きゲームと変わらない見た目、ゲーム性を実現してきたスマホゲームを快適にプレイするには、それだけの処理能力を持ったスマホを選択する必要があります。 CPUを確認しよう その中でまず見てほしいのはCPU。 CPUはスマホの頭脳とも言え、処理の計算スピードに大きく影響を及ぼすので腸重要。 優秀なものとして「 Snapdragon」や「 Kirin」が挙げられます。 Androidであれば、 Snapdragon845以上のCPUを選べばまず間違いなしです。 動作周波数を確認しよう 「GHz」という単位で表される動作周波数を確認しましょう。 この数値が大きいほど処理速度はUPします。 ゲーミングスマホの場合は 1,8GHzを基準として考えればOK。 ゲームの種類にもよりますが、基本的に1. 8GHz以上であれば快適なプレイが可能です。 コア数を確認しよう スマホの中央処理装置でもあるコア数も確認しましょう。 この数値が増えるほど、同時に処理できる内容も多くなります。 ゲーミングスマホであれば、 4コア(クアッドコア)は必須。 さらに快適さを重視するなら8コア(オクタコア)以上のものを選択しましょう! ちなみに、これら処理能力で最強のゲーミングスマホはダントツでASUSの「」となります。 ぶっちゃけ、これを持っておけば他要素においてもスマホゲームで困ることはありません。 メモリの容量で選ぶ 作業領域を表すRAMを確認しよう RAMというのは、分かりやすく言えば机の大きさのようなもの。 つまりRAMの数値が大きいほど同時にたくさんの処理を行うことが可能になります。 4GBあれば基本的に安心。 6GBあれば超快適でストレスフリーなプレイが可能です! 保存容量を表すROMを確認しよう データを保存できる容量を表します。 もちろん数値が大きいに越したことはありませんが、 64GBあればひとまずは安心。 AndroidのスマホであればmicroSDで拡張も可能です。 ただ、iPhoneの場合はmicroSDによる拡張が不可能なので、スマホを買う時点である程度大容量のものを選ぶ必要があります。 最低で64GB、理想は256GB。 これらRAM、ROMのメモリ容量を重視するなら「」が最強。 RAM数値はなんと驚異の 12GBを誇り、ここまであれば作業領域で困ることはまずないでしょう。 ROMも理想値の256GBです。 ゲームプレイに最適!おすすめゲーミングスマホ10選 前置きが長くなりましたが、ここから本題に入りゲームのプレイにおすすめなスマホを紹介していきます! 性能はもちろん、価格もさまざまなのであなたの用途に合ったモデルを見つけ出してみてください。 お金に余裕があるなら迷わずこれを買うべし。 初期ROG Phoneも素晴らしいモデルでしたが、こちらのバージョンアップでさらに飛躍しています。 ゲームのプレイにおいてこの進化はパフォーマンスを大きく上げること間違いありません。 その他、カメラ性能など普通のスマホとして使う場合でも圧倒的な性能を誇りますので、ぜひ手にしてみてください。 96GHz 、RAMは8GB、ROMは512GB、電池容量は4,000mAh。 どの項目を見ても他のスマホの一歩先を行っているのが分かると思います。 高速なネットワーク通信が必要とされるオンラインゲームも難なくプレイ可能。 その分価格は10万円を超えてきますが、それを差し置いてもとにかく高性能なスマホでプレイしたい人にとてもおすすめ。 低価格でありながらスペックも十分にあり、さらにこのスマホのおすすめポイントでもあるディスプレイによって大迫力でゲームを楽しむことが可能! ディスプレイはなんと6. これによってディスプレイサイズは大きいのにコンパクトさも兼ね備えているモデル。 8GHz )を搭載し、さらにRAM6GBと余裕もアリ。 上記の「ZenFone 5Z」同様にASUS特有のゲームサポート機能「Game Genie」も搭載。 ゲームに特化したスマホになっております。 2インチ 6. 0インチ 6. 2インチ 6. 0インチ 5. 8インチ 6. 0インチ 5. 72インチ 6. 39インチ 5. 93インチ 6. 4インチ 購入リンク ゲーミングスマホでのプレイにおすすめ!アプリの紹介 高性能のスマホを手に入れたらレッツプレイ! ということで、おすすめゲームもまとめています。 2インチ 6. 0インチ 6. 2インチ 6. 0インチ 5. 8インチ 6. 0インチ 5. 72インチ 6. 39インチ 5. 93インチ 6. 4インチ 購入リンク.

次の

おすすめパズルアプリランキング!本当に面白い無料スマホパズルゲームこれだ!

スマホ ゲーム おすすめ

ゲーミングスマホはゲームをサクサク動かすことを一番に考えた、ハイスペックなスマホ。 スマホの使い方はゲームがメインという人にぴったりですね。 最近のゲームはとてもリアル、画像や音もきれいで3D画像を使ったゲームなども人気です。 しかしスマホが遅いと動画がカクカクしたり、画面が固まってうまく動かないなど十分に楽しめないことも。 そうならないための十分な性能を積んでいるスマホなのです。 2017年の6月にゲーム専用のスマホRazer Phoneが発売されたのを皮切りに、続々とモンスター級のスペックを積んだゲーミングスマホが発売されています。 価格はスペックが高い分少し高めです。 1万円前後のものも多いスマホですが、ゲームに最適なスペックのものを探すと4万円以上。 人気のゲーミングスマホでは10万円以上するものも多くなっています。 ゲーミングスマホの特徴 高速のCPUと大容量のRAMを搭載した超ハイスペック機 ゲームを快適にするためには、搭載されているCPUの種類やRAMの容量も大事。 CPUはスマホの頭脳に当たる部分で、ゲーミングスマホには高性能なCPUが搭載されているのが大きな特徴です。 ハイスペックなCPUとしてはSnapdragon845やKirin970、AppleのA12といったものが有名。 もう一つの特徴としてはRAMの容量が大きいことです。 RAMの容量が大きいと一度に処理できるデータ量が多くなるので、処理が速くなります。 最近のスマホでは2GBくらいのRAM容量が一般的ですがゲーム用に使うなら3GB以上が理想、中には8GBのRAMを積んだハイスペックなゲーミングスマホもあります。 滑らかに動く画像と立体音響でゲームにのめりこめる きれいなCG画像が見られるなど、ゲームの世界をリアルに表現できるのもゲーミングスマホの特徴。 最近ではHDのディスプレイが一般的になり、フルHDや2K、4Kといったものがより美しい画像でプレイできます。 またリフレッシュレート(Hz)が高いとCG動画の動きが滑らかで、ハイスペックなゲーミングスマホでは90Hz以上のものが多くなっています。 さらに音も立体的だと、どの位置から聞こえているのかわかって自分の視点でプレイするFPSゲームなどでも有利。 Dolby Atomsと言う上下方向も含めた立体音響に対応するスマホもあり、迫力のあるゲームが楽しめます。 ゲーミングスマホの種類 安定した動作に定評があるiPhone(アイフォン) 基本的にCPUはクロック周波数が高いほうが速く動きます。 プレイしたいゲームの種類にもよりますが、3Dゲームをするなら最低でも2. 0GHz以上は欲しいところ。 スマホに搭載されているCPUは、カタログなどに載っているスペック表のCPUまたはSoCと書かれている欄で確認することができます。 例えばQualcomm Snapdragon845 オクタコア 2. 8GHz(クアッドコア)といった具合に書かれていたとしましょう。 この場合には、最初のQualcommはメーカー名でSnapdragon845というのが商品名です。 845など最後についている数字が大きい方が、一般的に新しくて性能が高くなっています。 その後ろに書いてある、2. 8GHzというところがクロック周波数です。 クアッドコアやオクタコアというのはコア数。 シングルコアなら1コア、デュアルコアなら2コア、クアドコアなら4コア、オクタコアなら8コアを示します。 コア数は多い方がそれだけ並行して処理できるので、CPUの処理速度は高速。 クアドコア以上のものを選ぶと良いでしょう。 3Dゲームをするときに効いてくるGPUの性能 GPUという名前を聞いたことがありますか。 スマホの動きのほとんどを処理する賢いCPUに対して、GPUは簡単な処理だけをする装置。 数千というコア数を持っているので並行して一気に処理を行うことができます。 用途は主に画像処理で、3Dゲームでは特に大きな能力を発揮します。 GPUはCPUに内蔵されていて、CPUの性能を測るベンチマークというソフトを使うとこのGPUを含めた性能を測ることができます。 色々なCPUのベンチマークを測って一覧にしているサイトもあるので、3Dゲームを中心にプレイする人は参考にしてスマホを選ぶのも良いでしょう。 美しいグラフィック映像を楽しみたければ、この解像度が高いディスプレイを選ぶと良いでしょう。 ハイエンドのスマホでは2Kや4Kの解像度のものもあります。 しかし解像度の高い画像でCG動画を見るには、表示の速度も速くないとカクカクした映像になってしまいます。 高解像度のディスプレイなら、CPUの速度やRAM容量などのもハイスペックなものを。 動きが遅かったら、試しに設定で解像度を下げてみると改善されることもあります。 ゲーミングスマホのおすすめブランド・メーカー ASUS(エイスース) 注目のゲーミングスマホROG Phoneを発表した台湾のパソコンメーカー 価格は135,000円と非常に高価ですが、それだけの価値は十分。 まずAppleのA12というCPUは、ベンチマークを見るとKirin 980やSnapdragon 845と比較しても圧倒的な速さ。 高いスペックが要求される3Dゲームではとても有利ですね。 ディスプレイは有機ELを使っていて、フレームのないオールスクリーンなので5. 8インチの画面でも本体はコンパクト。 表面には指紋がつきにくい加工がされています。 顔認証によってロック解除ができるFACE IDも搭載。 もちろん髪型や服装が変わっても認証は可能、画面をのぞき込むだけで安全かつ便利に使用することができます。 4Kのビデオ撮影ができたり、耐水性防塵性も備えるなどオールマイティに使用できる正にハイエンドなスマホです。 Black Sharkは日本でもかなり話題になっている、ハイスペックなゲーミングスマホです。 CPU はSnapdragon 845、RAMは通常モデルが6GBで上位モデルが8GBというモンスタースペック。 大きな話題を呼んだのが液体冷却システムで、ノートパソコンなどで使われているヒートパイプが使われています。 ディスプレイのサイズは5. 99インチ、19:9の画面が真ん中に配置されていてゲームするときに持ちやすい形。 ジョイスティックなどを配置した、専用のゲームコントローラーを付けると携帯ゲーム機のように使えます。 高音質なステレオスピーカーを内蔵しているので、敵の位置を把握しやすく迫力のあるゲームが楽しめます。 まさにゲーマーのためのゲーミングスマホですね。 2018年10月にアメリカで発売が決まったROG Phone、日本での発売も間近と噂されています。 最大2. 8GHzで動作するCPU、Snapdragon 845をさらにクロックアップして2. 96GHz で動作させることができます。 ディスプレイは6インチの有機 EL、リフレッシュレートは90Hzと処理速度も画像もハイスペック。 ROG Phoneはアクセサリーが充実していることも魅力の1つです。 気になる冷却性能をは外付けの背面装着型冷却ユニット、AeroActive Coolerでカバー。 Black Sharkを折り畳みゲーム機のように使えるモニターTwinViewや、ワイヤレス接続でテレビに画面を写すことができるDockWiGig Dockなど別売りのアクセサリーを追加することで多彩な楽しみ方ができるゲーミングスマホです。 2017年に発売された元祖ゲーミングスマホRazer Phoneがリニューアル、更なるモンスタースマホとなって帰ってきました。 CPUはSnapdragon 845、RAMは8GB、リフレッシュレートは120Hz。 ディスプレイの横に2つのスピーカーを配置した、デュアルフロントスピーカーはDolby Atomsにも対応。 立体的な音を再生します。 表面は指紋が付きにくい加工がされていて、Razerの蛇が3匹絡まったようなロゴはLEDでカラフルに光ります。 ゲーミングスマホらしくてクールですね。 冷却にはヒートパイプ内の液体を蒸発させて、効率よく放熱するベイパーチャンバーを採用しているので長時間のプレイでも安心です。 新機種iPhone X が販売されましたが、まだまだ人気の高いiPhone 8。 人気の秘密は高いスペックと、iPhone X に比べると手頃な69,800円という価格です。 iPhone 8に搭載されている CPUのA11は、Snapdragon 845と比較してもベンチマークが上回るという高速の CPU。 ガッツリとゲームを楽しむ方でも不自由のないスペックです。 7インチと画面が小さいので、ゲームをするには少し物足りない感もありますが通勤通学などで持ち歩く方にはおすすめ。 iPhoneXのようなオールスクリーンではありませんが、慣れ親しんだホームボタンがあるのも嬉しいところ。 必要十分な解像度やオートできれいな撮影ができるカメラもついているので、ゲームだけでなくSNSやネットサーフィンなどにもぴったりですね。 ASUS-スマートフォン ZenFone 5Z (94,284円) 6. 2インチの大画面ゲーム用としても人気のスマホ ZenFone 5Zはゲーム用としても人気の高いスマホの1つです。 2インチの大画面なので、スマホというより小さめのタブレットの感覚でプレイできます。 ホームボタンがなく本体サイズに対してディスプレイが占める割合が大きいので、持った感じは5. 5インチのスマホとほぼ変わりません。 重さも165gと軽量です。 CPUはSnapdragon 845、RAMが6GB、ROMが128GBとゲームをするのに申し分のないスペックです。 SIMカードを2枚入れられるDSDV機能があり、auのVoLTEにも対応しています。 オンラインゲームをしていると、データの使用量はあっという間に増えてしまいますよね。 DSDVがついていると通話SIMに加えてデータ専用のSIMを入れることもできて便利です。 ゲームがサクサク動くおすすめのゲーミングスマホの比較表 商品画像 ブランド Apple Xiaomi ASUS Razer Apple ASUS 商品名 価格 135,000円 69,800円 148,990円 148,300円 69,800円 94,284円 特徴 圧倒的な速さのCPUとGPU見た目も美しいハイエンドスマホ 液体冷却機能のついた話題のゲーミングスマホ 2. 96Hzの高速処理アクセサリーも充実して楽しみ方いろいろ 元祖ゲーミングスマホがリニューアル噂の光るロゴも ハイスペックで低価格ネット通販の人気種 6. 2インチの大画面ゲーム用としても人気のスマホ ディスプレイ 5. 8インチ 5. 99インチ 6インチ 5. 72インチ 4. 7インチ 6. カメラは撮影時の明るさに合わせて自動で光の量を調整、真夏の太陽が降り注ぐビーチも美しい夜景も鮮明に写します。 さらにプロっぽいスーパースローや、ぼかしの入ったSNS映えしそうな写真も簡単。 ゲームもSNSもたっぷり楽しめますね。 画面は5. 8インチ、フレームを極限まで小さくした全画面ディスプレイ。 ディスプレイの明るさが調節できるので、日中の明るい場所でも画面が見やすいもの特徴。 世界有数の音響機器メーカーAKGによって最高の音質に調整された、パワーのあるステレオスピーカーは多次元のサウンドDolby Atmosにも対応。 映画館にいるような迫力があって美しい音に仕上がっています。 最近では音ゲーの音もクオリティが高いので、ぜひオーディオ性能の良いスマホで試してみたいですね。 ソニーの人気シリーズXperiaの最新機種はXZ3、おすすめのXZ1は2017年夏のモデル。 4 mmの薄さ156gという軽さ、XZ3より手頃な価格とあって現在でも売れ筋のスマホです。 CPUはSnapdragon 835と一世代前のハイエンドモデルではありますが、クロック周波数は2. 45GHz、オクタコアと現在でもハイスペック。 RAMも4Gで3Dゲームが余裕で楽しめるスペックです。 色が鮮やかに映る HDR 対応ディスプレイを採用、フロントに配置されたステレオのスピーカーはスマホとは思えないほど高音質。 Bluetoothもハイレゾに対応していて、転送方式は高音質なLDACと遅延の少ないaptXが使えます。 もちろんゲームを楽しむなら低遅延のaptXがおすすめ、イヤホンもaptX対応の製品を選びましょう。 Razer PhoneやBlack Sharkなどゲームの性能のみに特化した、本格的なゲーミングスマホは海外の製品に少し押され気味の傾向。 しかしAQUOS R compactはそれに負けない性能を持っています。 CPUはSnapdragon 630を搭載。 ミドルレンジ向けと言われていますがクロック周波数は2. 2GHzの8コア、GPUの性能が高くRAMへのアクセスも速いので画像の処理が速くゲーム向けと言えます。 リフレッシュレートは120Hz、激しい動きのアクションゲームでも画像がクリアに見えますよ。 さらに効率の良い放熱板を内蔵しているので、冷却性能が高く長時間のプレイでも安心です。 海外のとんがったゲーミングスマホにはない、シンプルでスタイリッシュなデザイン。 ディスプレイは4. 9インチとゲームだけ考えると、少し物足りない気もしますがその分持ち歩きには便利です。 本体サイズは幅66cm、長さ132cm、厚さ9. 6mm、手の中にすっぽりと収まります。 重さは約140gと軽量で、丸みを帯びた形は持ちやすいので片手での操作も楽です。 台湾のスマホメーカーHTCは日本での認知度は低めですが、欧米では高性能なスマホとして人気があります。 U11は2017年夏のハイエンドモデル。 CPUはSnapdragon 835、4GBのRAMを搭載しているので、3Dゲームを高画質でプレイしても動作はサクサクです。 形遅れとはいえこれだけのハイスペックで、価格は50,800円とコストパフォーマンスにも優れています。 本体は水をイメージしたという、美しい輝きのリキッド・サーフェイスガラス。 強く握るだけでお気に入りの機能やアプリを立ち上げることができる、エッジ・センスも便利です。 お気に入りのゲームアプリやGoogleアシスタントに割り当てても良いですね。 Android(キャリアモデル)でおすすめのゲーミングスマホの比較表 商品画像 ブランド Samsung ソニー シャープ HTC 商品名 価格 79,800円 74,800円 81,000円 50,800円 特徴 高性能で高画質ゲームもSNSも楽しみたい人におすすめ スピーカーの音質が抜群コスパも良い2017年夏モデル 海外のゲーミングスマホに負けないゲーム向けの性能 コスパも魅力握るだけでお気に入りのアプリが立ち上がる ディスプレイ 5. 8インチ 5. 2インチ 4. 9インチ 5. 5インチ メモリ容量 64GB 64GB 32GB 64GB Android(SIMフリーモデル)でおすすめのゲーミングスマホ HTC-HUAWEI P20 lite (42,000円) ミドルレンジでゲームにおすすめのスマホ 2017年に最も売れたスマホP10liteの後継機として発売されました。 価格は42,000円でミドルレンジと言われる機種ですが、比較的優秀なCPUと4GのRAMを搭載。 ディスプレイは5. 84インチと大き目のオールスクリーン、解像度はフルHDなので動画の観賞やゲームにも最適です。 持ち上げるとスリープが解除され、顔認証でのロック解除もできます。 搭載されているCPUのKirin 659は、ファーウェイのグループ企業であるHiSiliconが製造するミドルレンジのCPU。 クロック周波数は2. 36GHzでオクタコア、FGOなどの重いゲームは少し苦しいですが大抵のゲームで不便を感じることはありません。 ミドルレンジのスマホでゲームがしたい方におすすめです。 ASUSのZenFone5シリーズの中では一番リーズナブル。 ミドルレンジに位置するスマホです。 特徴はシーンに合わせて素敵な画像が撮れるダブルデュアルカメラ、前面と背面両方に2つずつカメラを配置しています。 上位モデルよりも高画質で、奥行きのある写真が撮れる広角120度のレンズも持っているのでSNSなどでも活躍しそうですね。 上位モデルのZenFone5Zなどに比べるとCPUのスペックは低めですが、3Dゲームも十分に楽しめるクラスです。 ディスプレイは6インチのオールスクリーン、4GBのRAMがあるので高画質なゲームでもサクサク動きますね。 バッテリーも大容量なので電池持ちが良く、安心して長時間のプレイが楽しめます。 低価格で写真もゲームも楽しめる一台です。 日本では知名度が低めのOPPOというメーカーですが、2017年の世界シェアは第4位の大手企業。 そのOPPOの日本市場初参入モデルがR11s、2018年2月に発売されています。 クールなメタルボディと6インチの大画面で、ミドルハイレンジに位置するスマホ。 搭載されているCPUはSnapdragon 660、ZenFone 4などでも使われるCPUで重めの3Dゲームも楽しめます。 ゲーミングスマホとしておすすめのポイントは、ゲームモードが充実しいていること。 ゲームに集中したい時に着信やメールなどの通知をオフにしたり、リフレッシュレートを60Hzに上げる機能が搭載されています。 スピーカーもスマホを持ってプレイする時に、音が小さくなりにくい設計。 ゲーマーに嬉しいスマホです。 Android(SIMフリーモデル)でおすすめのゲーミングスマホの比較表 商品画像 ブランド HTC MOTOROLA ASUS OPPO HUAWEI 商品名 価格 42,000円 38,454円 70,524円 40,100円 35,208円 特徴 ミドルレンジでゲームにおすすめのスマホ ゲーマーにも十分な機能で独自のMotoアクションも便利 ゲーム性能も十分なミドルレンジのスマホ4つのカメラで素敵な写真も コスパの高いミドルハイエンドスマホはゲームモードも充実 上品なアルミボディでコスパが抜群2Dゲームにおすすめ ディスプレイ 5. 84インチ 5. 93インチ 6インチ 6インチ 5. 65インチ メモリ容量 64GB 64GB 64GB 64GB 32GB まとめ CPUの性能が高いゲーミングスマホがおすすめ.

次の

[2020年最新]Androidスマホおすすめ28選|全キャリア・格安SIMから厳選紹介

スマホ ゲーム おすすめ

ゲーミングスマホをドコモで探している人は多いと思うのですが最有力候補になってくるのが、 文字通りゲーミングスマホとして発売されています。 ゲーム操作に特化しているスマホを検討しているなら、必ず確認しておきたい機種になっています。 この記事では、AQUOS zero2を含むドコモのゲーミングスマホでおすすめの4機種をご紹介しています。 ゲームがサクサク動くスマホを探している人は参考にしてください。 また、 ゲーミングスマホを選ぶポイントについて解説していきますので、ゲームを楽しみたいと思っている人はぜひ最後まで見ていってくださいね。 まずは、ドコモのゲーミングスマホとしておすすめな機種をご紹介していきます。 ・AQUOS zero2 ・Xperia5 ・AQUOS R5G ・galaxy note10+ スマホゲームをストレスなく楽しめるようなスペックや機能を搭載しているのが特徴の機種になります。 では、ドコモで取り扱いのあるゲーミングスマホのおすすめ4機種を詳しく見ていきましょう。 8mm 本体カラー アストロブラック、ミスティホワイト 重量 141g ディスプレイ 6. ゲーミングスマホの今期一押し機種になっており、その機能はまさにゲームをより快適に行うために開発されたようなスペックになっています。 SDM855、GPUAdreno 640で他のハイエンドモデルと同様の最新のハイスペックプロセッサを搭載しつつROMが容量が大きくしてます。 一度に処理できるデータ量を増やしているため、 ゲーム中も動作が遅くなることを防いでいます。 141gってすごく軽くない? AQUOS zero2は他の端末と比べても圧倒的な 超軽量ボディ。 なので長時間ゲームをしていても手首への負担を抑えることができますね。 また、通常のディスプレイよりも4倍速く画像を処理することで残像度を減らし、より滑らかなゲーム映像をみることが可能です。 タッチパネルの速度も240Hzに対応したため、タッチ操作の感度が驚くほど速くなっているので、タッチ操作の速さで勝敗が決まるようなゲームならこの性能はゲームの勝敗にかなりの比率で関わってきますよね。 タッチ性能が高いスマホかどうかでゲームの成績も変わってくるんじゃないでしょうか。 さらに、 二つの充電ICで熱を分散させることで本体に熱がこもるのを抑えることができるパラレル充電にも対応しており、ゲームに必要な4つのポイントを完全に網羅しています。 ゲームをするならAQUOS zero2は一番おすすめしたい機種です。 2mm 本体カラー ブラック、グレー、ブルー、レッド 重量 164g ディスプレイ 6. ソニーの最新モデルで、前機種Xperia1とはデザインやスペックなどが似ていて、ディスプレイサイズが少し小さくなったハイエンドモデルです。 Xperia5とXperia1はともに縦に長いディスプレイが特徴で、 Xperia1では多きすぎて指での操作が片手では難しいという声もありましたが、Xperia5はディスプレイサイズが6. 1インチになったことにより、画面の操作がしやすくなりました。 縦長画面になったため、 マルチタスク機能を使用することでゲームをしながらネット画面を開くこともできます。 お~攻略サイトを見ながらゲームを進めれるのはうれしい! CPU、GPUともにゲーミングスマホとしては十分なスペックになっており、ROM、RAMについてはゲームをする上では最低限の6GBと64GBだったので少し物足りなさを感じます。 しかし、スマホのゲーム機能でメモリ開放の設定をすることができるほか、外部メモリで512GBまでメモリ容量を増やすことができるので、メモリ容量についてはカバーできそうですよね。 リフレッシュレートが120Hz対応しているスマホゲームであれば、 映像は滑らかでちらつきなどがなく快適に操作できます。 また、Xperiaでゲームにより集中して楽しむためのゲームハイエンサーも進化。 SONY公式: ゲーミングスマホとしてもおすすめできる機種になっています。 5インチIGZOディスプレイ CPU SDM865 5G AQUOS R5Gは、5G対応スマホとして登場。 超がつくほどのハイスペックモデルであるとして、ドコモの5g対応スマホの中でも注目機種になっています。 高速通信が可能となる5Gに対応していることをはじめ、CPUは国内では初となるSnapdragonTM 865 5Gを搭載。 ゲーム通信時はもちろんダウンロード速度も飛躍的に向上し、今までにないサクサク感を実感できる操作性を実現しています。 パフォーマンス向上のみならず、QualcommのElite Gamingプログラムにも対応。 120Hzの倍速表示にも対応していることもあり、スマホゲームを快適に楽しめる一台になっています。 イヤホンジャックも使えるので、有線イヤホンで場所問わずサウンドありでゲームをすることができるのもポイントでしょう。 9mm 本体カラー オーラブラック、オーラホワイト 重量 197g ディスプレイ 6. その4つのポイントをクリアしてるのがさっきの3機種なんだね 上記の4つのポイントを満たしているスマホは、ゲームアプリの処理に優れます。 そしてAQUOS zero2、Xperia5、galaxy note10+はゲーミングスマホとして持つべき機能を搭載してるんです。 ゲーミングスマホを選ぶなら、どの機能がどのポイントにあたるのかをしっかりと理解して選ぶようにしなくてはなりません。 この4つのポイントがどのようなスペックのことを言っているのかをできるだけ詳しく解説していきますね。 最新のCPUとGPUを搭載している CPUとはデータ処理の中核に値するもので、より最新のハイスペック向けCPUを搭載している程、データの処理スピードが速く、サクサクゲームをプレイすることができます。 CPUにはappleが開発し、iPhoneに搭載されているA13Bionicやandroidスマホに搭載されているクアルコムのSnapdragon などがあり、この CPUがどれだけ高性能なのかでスマホの基本性能が決まると言われています。 しかし、CPUだけの性能がよくてもゲームをするには高性能なスマホだとは言えないのです。 CPUは1秒間にデータ処理を行う作業スピードを表していて、後で解説するRAMは一度にデータ処理を行う作業量を表しています。 CPUとROMが大事なのね なので、いくらCPUが高性能であっても、RAMが少なければ一度に処理できるデータの量が少ないなめ、処理スピードが遅くなってしまいます。 Androidスマホには、Snapdragonの630や845、855などの種類があり、最新モデルのミドルレンジモデルならSnapdragon630や730が搭載されていて、ハイエンドモデルならSnapdragon855が搭載されていることがほとんどです。 ゲームを快適に操作するためには高性能なCPUを搭載したスマホである必要があるので、 Snapdragon855が搭載されている機種を選びましょう. Snapdragon855が搭載されているスマホは他の機能もすべてハイスペックになっているので、本体価格が高くなってしまいますが、ここをケチってしまったらスマホでゲームを快適に操作することはできませんので、CPUは必ず最新のものが搭載されているスマホを選ぶようにしましょう。 GPUって何? 続いて、GPUは画像処理装置のことで、ゲームなどの3D画像などの処理を行ってくれるプロセッサです。 このGPUの処理能力が高いと計算が早く、画像や映像を早く美しく動かすことができますが、性能が低ければ画像処理ができずカクカクとした動きになったり止まってしまったりしてしまいます。 スマホでゲームをしているときに画像が止まってしまったり変な動きをしたりすることがありませんか? 画像が止まってしまうと全く操作ができなくてそもそもゲームを続けることができませんよね。 スマホのゲームはリアルタイムでデータが更新されていくので、GPUの性能が高いことが求められています。 CPUがいくら高い性能でもGPUが低ければいつまでも画像が動きませんので操作が全くできないということになってしまいます。 大容量ストレージのROMとRAMを搭載している ROMは、簡単に言えばデータを保存できる記録容量です。 容量が大きいほどより多くの写真や動画、ゲームアプリのデータを保存することができます。 ゲームアプリは記録するために必要とする容量が、ものによってはかなり大きくなるため、 一度に処理する容量が大きくても大丈夫なように大容量ROMを搭載したスマホである必要があります。 どのくらいのROM容量があれば大丈夫? ゲーミング向けのROM目安は128GB~256GBですが、iPhoneなどはROM容量がいくつかに分けて販売していますよね。 この場合、iPhone11なら64GB、128GB、256GB、512GBの容量があり ゲームをするなら128GB、欲を言えば256GBや512GBの容量があれば複数のゲームデータを保存するには安心です。 RAMは、データ処理の作業場のようなイメージで、RAMの容量が大きい程作業効率があがり一度にたくさんのデータ処理を行うことができます。 ゲームはリアルタイムで多数のデータを処理することで進行していくものなので、1度に複数のデータを処理する容量がないと、動作が止まってしまったり遅くなってしまいます。 つまりリフレッシュレートの数字が高いとどうゲームに影響するわけ? このリフレッシュレートが高ければ高いほど、 滑らかな映像になりチカチカしたりせずに見やすい操作画面になります。 スマホのリフレッシュレートは平均60Hzになっていますが、 ゲーミングスマホの場合は最低でも100Hz以上は必要です。 動きが激しいゲーム画面の場合、リフレッシュレートが低いと画像が滑らかに流れていかないことがあり、映像が途切れて見えてしまったり、ちらついて映像が見えづらくなってしまいます。 ちらつきは、頭痛や眼精疲労の原因になりますし、スマホでゲームを快適に使用するためにも、リフレッシュレートはできるだけ高いものを選ぶようにしましょう。 冷却システムの搭載 冷却システムが充実していることもゲーミング用のスマホとして適しているかどうかの判断材料です。 ゲームアプリのようなスマホの処理に負荷がかかる作業をする場合に、駆動システムをフル稼働させることでスマホ自体が熱をもってしまいます。 発熱は本当にストレスなんだよな… 長時間スマホでゲームをしたりしていると手に熱を感じるようになりますよね。 ひどいときには手で持っていられないくらい熱くなることもあり 熱がこもると、システムの動作を鈍くしてしまったり、処理がうまくできずに、突然電源が落ちてしまったりするトラブルが出てしまいます。 スマホ本体が熱を持たないようにするような冷却システムが充実していることが、重要な要素となってくるのです。 ゲーミングスマホを選ぶときは、上記で解説してきた4つのポイントを比較してより性能が高いものを選ぶようにするとゲームを快適に操作することができるスマホを選ぶことができますよ。 【ドコモ】ゲーミングスマホにおすすめ機種は選ぶ基準をすべて満たしている! ドコモのゲーミングスマホでおすすめ機種について解説してきました。 ミドルレンジじゃ性能不足ってこと? そうでうすね、結果的にゲーミングスマホはハイスペックモデルを選ぶことになります。 中でもおすすめはAQUOSzero2で、 ゲーミングスマホとして作られ、今まで以上に快適にゲームを楽しめる機能がたくさん搭載されています。 3つの機種はどれもゲーミングスマホとしてスペックが高いので、どれにしようか悩んだらディスプレイサイズで比較してみるのもアリですよ。 大画面で映像が見やすいというメリットもあれば、画面が大きすぎると指の動きが大きくなってしまいゲームがしずらいというデメリットもあります。 画面の大きさは以外とゲームをするときに重要なポイントだったりします。 この記事を参考に、自分に最適なゲーミングスマホを探してみてくださいね。 もしかしてドコモの機種変更、スマホの購入って最寄りのドコモショップに足を運んでますか? もしそうなら、ドコモオンラインショップを利用してみて下さい。 新規契約はもちろん機種変更も他社からの乗り換えも自宅でパソコン、スマホから簡単にできるんです。 当然、ドコモが運営しているオンラインショップですので安心。 これからは手続きだけでなくアクセサリーの購入もドコモオンラインショップを活用すると便利ですよ。 おすすめな理由は便利なだけではなくて、すっごくお得なところ! 実店舗で機種変更する場合と比べると、ドコモオンラインショップだと 5,000円~13,000円ほど安くなるんです。 何気なく今まで支払ってた人も多いかと思うんですが、この頭金は各ショップや量販店によって値段が違うんです。 頭金はお店の運営費になるので、料金はそれぞれで決めているため一律ではありません。 相場としては3,000円~10,000円といわれてます。 つまり、店舗をもたない オンラインショップであれば頭金は不要。 頭金の支払いがないだけではなく、店舗であれば当たり前に請求される 事務手数料 3,000円 もドコモオンラインショップだと無料です。 頭金+事務手数料の支払いが、ドコモオンラインショップであれば0円になるんです! 何よりもドコモショップっていつ来店してもめちゃくちゃ待たされませんか? 常に混雑してて、機種変更したいだけなのに数時間待たされるなんてこと珍しくないと思います。 でも、 ドコモオンラインショップであれば待ち時間も0! 24時間いつでも好きな時間に手続きができるメリットもあるんです。 慣れてきたら10~15分くらいでできちゃいますよ。 オンラインショップで注文した端末の受け取り場所は、自宅でなくても大丈夫です。 最寄りのドコモショップに配送先を設定するでもOK。 新しい端末の使い方だったり電話帳の移動が苦手である人は、オンラインショップで手続きは済ませあとの事はショップの人に任せてしまう方法もできちゃいます。 ドコモオンラインショップで機種変更の流れももっと詳しく知りたい人はこちらの記事も参考にして下さいね。 店舗型ショップよりも オンラインショップのほうがメリットが多いです。 機種変更、新規契約、乗り換え、アクセサリー購入などはぜひドコモオンラインショップを活用してください。 いつものように店舗で手続きするのは、 間違いなく損してしまいますので。

次の