バック トゥー スクール。 アフガニスタン / バック・トゥー・スクール・キャンペーン / NPO法人 ADRA Japan (アドラ・ジャパン) / 国際協力NGO

【楽天市場】おしゃれなおもちゃ P.L.A.Y バックトゥースクール フットボール 【ペット/おもちゃ/犬/ぬいぐるみ】:こだわりのペット用品 バディーズ

バック トゥー スクール

アメリカの学校生活は 9 月から始まります。 アメリカの多くの学校では基本9月から新しい学年がスタートし、6月に終わります。 Back to school バック トゥー スクール とは? アメリカの学校は、9月に新学期がスタートします。 長い夏休み 約2~3ヶ月 を終えて、学校に戻ってくることから9月からの新学期スタートのことを "Back to school バック トゥー スクール " といいます。 8~9月はお店でBack to school Sale バック トゥー スクール セール が 開催されます。 新学期に備えて、アメリカでは夏休み中にお店で Back to school Sale が開催され、 学校生活に必要なもの school Supplies を買い揃えます。 アメリカの学校生活の質需品は Backpack バックパック、リュックサック と Lunch Bag ランチバック、お弁当入れ アメリカでは Kindergarten から義務教育がスタートしますが、子供たちはランドセルなど決められたかばんを持ちません。 思い思いの Backpack と Lunch bag を持って通学します。 Backpack リュックサック や Lunch bag お弁当入れ は毎年買い換える?それとも使い続ける? 日本では、ランドセルを小学校の6年間使い続けることが多いですが、アメリカでは毎年買い換える方が多いです。 特に低学年の子供たちは 娘の通う学校では 大多数が進級とともにカバンも新しくしています。 上級生になると、進級とともにというよりは、長持ちするようなカバンを買って、使い続けるという子も多いようです。 キンダーガーテンや下級生の子供たちはデザイン重視!人気の Back Pack と Lunch bag 小さな子供たちは好きなキャラクターや色、模様で選んでる場合が多いようです。 上級生になると機能性重視!人気の通学用カバン 上級生になると、重いものを入れてもでも丈夫で長持ち、運びやすいタイプのカバンが人気です。 カバンの底にタイヤがついているタイプや、スポーツブランドなど、丈夫で長持ちで使いやすいカバンを選ぶことが多いようです。 School Supplies スクール サプライ ってどんなものを用意したらいいの? これは通う学校や、担任の先生からお便りをもらって揃えるのが一般的ですが、 必要なものがわかってからお店に行ってもすでに品切れでいろんなお店を回らなくてはいけなくなったりします。 また、文房具だけでなくWipes ウェットティッシュ やZiplock、ティッシュなどの日用品も揃える場合が多いです。 ごくごく一般的な School Supplies を例として書いておきます。 School Suppliesの例• テーブルや椅子のそこにつける• アメリカ子育て 学校、教育 について日本語で書かれているお勧め本 当サイト内アメリカの学校生活に関する記事一覧•

次の

バック・トゥ・スクール : 作品情報

バック トゥー スクール

8月下旬に新学期が始まりました。 学校が始まって1週間ほどすると、 バック トゥー スクール ナイト(Back to School Night) という 保護者対象の説明会が開かれます。 これが結構長いの、だいたい 午後6時半〜9時ごろまであります。 どこの家庭もたいてい両親そろって参加してます。 で、一体なにがあるのかというと、まず体育館に全学年の保護者と全教職員が集まって、新入生の保護者と新任の先生たちへの歓迎の挨拶から始まり、今年度の学校のいろいろな状況説明や将来の展望などが校長先生からあります。 そしてお決まりの 寄付金のお願い ですね。 集まった寄付金でこれまでにどんなことができたかとか、今後、寄付金でどんなことをするのかという説明もあります。 でも毎年すごい寄付金を集めております。 で、集めたお金でクラブ活動の充実、図書の購入、パソコンや備品などの購入、校舎の増改築などもやっているわけです。 そして、保護者ボランティアの募集も行われます。 小学校と違って、中学・高校にもなると、さすがにクラスでの授業のお手伝いとか、読み聞かせとか、宿題の仕分けとかファイルのお手伝いといった細々したのはありません。 遠足のドライバーとか、卒業式の手伝いとか、BBQなどのイベントのお手伝いとか、テストの監視役ってのもあります。 おもしろいのは、専門職の保護者に対して特別授業をやってみませんかってのがあります。 体育館のロビーでは保護者会が学校のロゴがついたグッズの販売を行っています。 体育館での話が30分ほどで終わると、小学校の場合は自分の子供の教室へ移動します。 そこには担任の先生が待ち受けていて、これから行う1年間の授業についての説明があります。 またクラス委員やボランティアの募集、クラス費や1年分の遠足費用の回収なども行います。 中学・高校では自分の子供が履修する授業のスケジュールをもらい、決められた時間通りにその教室に移動し、そこでその授業を担当する先生から1年間の授業内容や方針の説明を受けます。 先生の持ち時間は15分、そして保護者たちが次の教室に移動する時間が5分。 全部で8つの教室を周り、説明を聞いてきました。 終わったら9時過ぎてました。 どの教科の先生も熱心に説明をしてくれ、質問があればいつでもご連絡をと、メールアドレスや電話番号、自分や宿題で利用しているウェブサイトアドレスを教えてくれます。 先生方は大変ですよ、保護者を前に2時間もずっとプレゼンテーションしないといけません。 ここまでやってくれると親としてもありがたいですし、学校に子供を丸投げするのではなく、親もどんどん学校に関わっていけて面白いですね。 このような保護者全員が学校に集まる機会は年に2回あります。 1回目は新学期早々にあるこの バック トゥー スクール ナイト(Back to School Night) 、2回目は学年の終わり頃の5月にある オープン ハウス(Open House) といって、子供達の一年間の成果発表や展示品を保護者たちが見に行くというもの。 あっという間に一年が過ぎてしまいます。 140• 124• 224• 289•

次の

I

バック トゥー スクール

アメリカの学校システム 日本では学校や会社のスタートは4月ですが、アメリカでは通常9月が一般的です。 かと言って、日本の様にキッチリ4月1日等というのではなく、8月の中頃から9月の中旬まで学校によって本当にバラバラです。 こういう所がアメリカという感じでしょうかね。。 アメリカの会社では新入社員が4月に一斉に入社する、というシステム自体が無いので、スタートという区切りはありません。 (過去記事参考にして下さい。 ) という訳で、アメリカの学校のスタートは基本は9月近辺なので、夏休み明けがスタートとなります。 アメリカの学校の休みはとても長いです。 大体、6月の頭位から夏休みがスタートして、8月の中から9月の頭まで位が一般的かと思います。 なので、約2か月から3か月間の夏休みです。 とても長い為、その間の数週間位、多くの家庭ではサマースクールと言われる課外活動を中心とした学校に通わせる親御さんも多いみたいです。 アメリカのバックトゥースクール商戦の大切さ これだけ長い休み明け後に学校に戻るので、復帰前には学校で必要な物、洋服等が必要になってきますし、気持ちの切り替えの為にも「買わないと!」という気持ちにもさせると思います。 そうなんです!その為、気持ちの早い準備万端型の親御さんは7月から、ギリギリ型の親御さんは8月末に一気に学校で必要になる物を購入します。 日本で例えるならば、小学校に入学前に必ず必要になるランドセル購入シーズン到来!といった感じでしょうかね。 その位、親御さんはこの7月から8月一杯の時期に一斉に学校グッズを購入します。 なので、アメリカの小売業にとっては一大イベントなんです。 アメリカのほとんどの学校は私服で通学の為、アパレル系だとバックパック、シューズ、子供服、帽子、靴下、住んでいる地域によってはレインジャケットが必要になったり。 その他、ランチボックス、水筒、冷却バック。 後は当然文房具一式ですね。 ウォールマートでは、バックトゥースクール商戦用として、バックトゥースクールヘルパーを専属のヘルパーとしてお店に常勤させて、よりスムーズに対応が出来る様にしています。 ウォールマートみたいに、このバックトゥースクール用の商品をトータル的に扱っている大型店だと、ここで稼いでおかないと、この厳しい状況を乗り越えれない!と必死だと思います。 勿論、専門的に扱っている子供服店や文房具店なんかは死活問題です。 まとめ アメリカの一大商戦時期と言えば、サンクスギビング前の11月中旬から12月一杯までのホリデーシーズンが一年の大半の売り上げをその時期に稼ぐ、と言われる位です。 勿論、扱う商品によって変わってきますが、上記に明記した商品を扱っているお店は、そのホリデーシーズンに次ぐ稼ぎ時だと言われています。 当然、最近のアメリカの小売業の傾向として、オンライン販売がもはや実店販売よりも利用されている、というアメリカでの現状の元、お店側としては大々的な商戦チャンスとして、必死に売り上げを確保する努力をする事になるでしょう。 どうしたら、オンラインの利便性、値段の安さを超えるサービスを提供出来るか、とお店側も生き残る為に必死です。 もし、必死になっていない時代の波に乗り遅れている小売店は当然の如く潰れて行っています。。 下記過去記事参考にしてみて下さい。

次の