アルバイト 夏期講習。 [オープニング]創英ゼミナール 瀬谷校 夏期講習中の5日間の短期からできる個別塾講師 / オープニングの求人詳細

個別指導塾のバイト(夏期・冬期講習)で注意すべきこと3選

アルバイト 夏期講習

メニュー• ホーム• FLAPSとは• 教育理念• REACHサイクルシステム• フラップスの国語対策• 脱ゆとり教育とは?• フラップスのイベント• フラップスは担任制• 合格実績• 高校受験• 大学受験• オリジナルカリキュラム• ドリームプランニング(小学生向け)• 合格プランニング(中学生向け)• みらいプランニング• 夢ラボ(高校生向け)• フラップスの夏合宿• コース案内• 小学生コース• 中学生コース• 高校生コース• AO入試• 指定校推薦• 大学入試で使える検定試験• 英検対策• 大学入試改革について• 春期講習• 夏期講習• 冬期講習• インフォメーション• 入塾案内・説明会• よくあるご質問• 生徒さん・保護者の方の声• フラップス通信• 教室案内・講師紹介• 資料請求・お問い合わせ 学習塾フラップスの夏期講習のポイント 学校の授業が止まる時期、今までに習ったことを整理し、学び直すことがとても大事です。 孔子も、「学びて時に之を習ふ。 亦説 よろこ ばしからずや。 」と言っています。 二学期につながる重要ポイントをしっかり復習しておきましょう。 夏期講習は苦手にピンポイント!! フラップスの夏期講習は、今後の学びに必要な単元をピンポイントで学ぶことができます。 小学生は3時間、中学生は5時間、受験対策は10時間を一講座の基本としてカリキュラムを作成しており、1講座からの受講も可能です。 十分に理解している単元は生徒自身の自学自習で十分です。 自力では時間がかかる単元はぜひ、日々研さんしているFLAPSの講師の授業を聞きに来てください! 学習塾フラップスは実力派講師ばかり! 学習塾FLAPSでは、アルバイト講師は採用しておりません。 思春期かつ、学校の授業で理解できない生徒を教えるには、アルバイトでは不十分です。 まさにメンタルコーチのように生徒に寄り添いながら、教科専属の講師が、小中高までのつながりを踏まえて、ハイクオリティの授業を展開します。 夏期講習は勉強の仕方から豊富な演習まで 学習塾FLAPSの授業は、単純に教えるのではなく、生徒自らが勉強において自律することを目的に行われます。 そのため、勉強の仕方のアドバイス自体も授業に組み込まれているため、授業を受けるほどに自学力が高まります。 同時に、豊富な問題量も用意しています。 特に、受験対策に関しては、他塾の約2倍の時間をかけてこの夏休みに行うことで学習塾としては、異例の合格実績を叩きだしています。 お得なキャンペーン 受講講座が増えると、割引になる仕組みになっています。 小学生では、最大15%、中学生では、最大30%の割引実施中! この夏休みにとことん勉強したい方は、ぜひ、FLAPSで夏期講習を受講して、友達との差をつけましょう! 詳しくはお問い合わせください。 受付時間10:00~22:00 学習塾フラップスの夏期講習で学べること 国語では、選択問題の読解法を中心に教えていきます。 本文の抽象と具体の言いかえ、本文と選択肢の言いかえに注目するやり方を解説していきます。 算数・数学では、計算力に関連する単元を中心に扱い、基礎力を身に付けることで発展・応用問題へとつなげていきます。 英語では、各学年の文法の復習を行うことで長文読解、対話文読解、リスニングの基礎力を養います。 受験対策では、各教科の受験問題の解法のコツ、得点ポイントなどを近年の受験の傾向を踏まえながら解説していきます。 学年ごとにこの時期に習得しておきたい授業を行います! 小学生の夏期講習 小学生の夏期講習では、「今のわからないを解決すること」「楽しく学んでもらうこと」が大事です。 特に、低学年の勉強は、概念を理解することが大事ですし、今後の基礎はここで決まるといっても過言ではないです。 低学年の内はまだいいやとお思いの方が多いですが、大人にしたら簡単でも生徒には死活問題になる超基礎です。 スポーツで言えば、「歩くこと」「走ること」といった基本動作を教えるのはナンセンスですが、勉強は教えることができます。 小学生のうちから、しっかりした指導を受けさせましょう。 中学生の夏期講習 中学生の夏期講習では、「勉強時間を確保すること」「ふり返って学習すること」を重要視しています。 そもそも、勉強時間が足りない生徒さんはやはり多く存在します。 これでは、どんなにいい授業を受けても成績は伸びません。 また、そもそもその単元を理解するための土台の知識がぬけていると言う場合もいくら勉強しても伸びません。 FLAPSでは、生徒の状況をヒアリングして、適切な講習をおすすめします。 講習開始後も、もしついてこれない場合は積極的に講座の差し替えを行いますのでご安心ください。 高校生の夏期講習 学校の授業がストップする夏休みは、苦手を克服するとてもいい時期です。 しかし、この夏の勉強の大切さはそれだけに限りません。 そもそも、高1・2の学習範囲は大学受験の基礎になります。 特に高校1年生の皆さんは、3年後大学入学共通テストもしくは、指定校やAO入試を選ぶのかというのは切実な問題です。 定期テストで内申が取れなければ、指定校もAO入試も受けれられず、今の学校の内容が理解できなければ、一般入試も受からないでしょう。 ある日、突然理解できるなど夢のまた夢。 今、ここで苦手な教科・単元を克服し、秋以降の成績アップにつなげましょう。 行動したものだけが、未来を掴み取ります。

次の

[オープニング]創英ゼミナール 瀬谷校 夏期講習中の5日間の短期からできる個別塾講師 / オープニングの求人詳細

アルバイト 夏期講習

塾講師って気になるけど実際稼げるの? 友達が塾講師やってるけどよくブラックって聞くし…。 夏期講習、冬期講習とか忙しそう…。 そんな疑問を解消すべく、長期講習から塾講師バイトの給料、実態まで、塾講師経験4年目の筆者が現場をレポートいたします! 夏期講習とか冬期講習ってどんな感じ? 夏休みや冬休みになると塾講師バイト勢は毎日塾に入り浸って朝から晩まで忙しい日々を過ごす…そんなイメージをお持ちの方もいるかと思います。 夏期や冬期等の長期講習は一言で言えば、まとまった時間集中して勉強して一気に成果を出そう!というものです。 個別塾には、小学生、中学生、高校生、浪人生まで様々な生徒が通っているため、生徒によって掲げる目標は様々ですが。 受験生であれば、長期講習を使って演習量を確保して基礎を固め、実力を伸ばします。 学校の補習が目的の生徒であれば、学校の授業が進まない夏休みや冬休みは苦手を潰す絶好のチャンス。 このように、それぞれの目標は違えど、長期講習は目標達成に近付くためにものすごーく重要な機会。 長期講習をいかに過ごすかで、その生徒の明暗を分けると言っても過言ではありません。 生徒だけでなく講師にとっても、長期講習は一大勝負なのです。 夏期&冬期講習の1日の流れ 長期講習ってすごく忙しいイメージ…自分の長期休み返上で働かないといけないの…? と、私も講師になる時は不安でした。 そんなあなたのために、これは一例ですが、長期講習の1日をご紹介したいと思います。 9:15 出勤・授業準備 生徒の前回の授業内容やその日の授業予定等を確認します。 英語長文や現代文、古文、過去問題などの解説を行う場合には事前に本文や問題に目を通し、授業がスムーズに進められるようにします。 9:30 授業開始 授業80分、休憩兼次の授業準備10分の合わせて90分を1コマとしています。 集中力の切れやすい生徒へは時々雑談を挟んで気分転換が出来るようにしたり、生徒のタイプや現状に合わせて少し厳しめに接したりと、生徒一人一人に合わせて関わり方も少しずつ変えています。 12:15 昼休憩 生徒も講師も昼休みです。 買ってきたものを教室で食べたり、外のお店に食べに行ったり様々です。 中にはお昼代がもったいないからと昼休憩を挟まないように日程を組むなど、この時間も教室で作業している講師もいます。 13:15 授業開始 午前中から授業続きの生徒は少し疲れが出てきます。 昼食後なので眠気もあります。 会話を沢山しながら集中できるようサポートします。 講師自身も眠くなる時間帯なので、自分自身が寝ないように…という意図もあったりなかったり。 16:00 午後の休憩 この時間は授業がないので、生徒も講師も休みます。 おやつを買って食べる講師が多いです。 夜の授業に向けて糖分補給です。 あともうひと息! 17:00 授業開始 長期講習の1日もラストスパート。 5コマ、6コマと連続で授業を受けている生徒とは謎の一体感が生まれてきます。 あともうちょっと頑張ろう、と生徒に声を掛けながら講師自身も気合を入れて授業に臨みます。 21:30 授業終了、生徒の見送り 最後の授業が終わると生徒を入口まで見送り、お疲れ様と声をかけます。 自習室の生徒も帰宅準備をし帰ります。 翌日の授業の準備や生徒との日程調整、保護者への電話等の作業がある場合にはそれらを済ませ、講師も速やかに帰宅します。 明日も朝から授業!それでも今日の疲れをなくしたい!と飲みに行く講師もちらほら。 明日も頑張ろう! 長期講習の日程は生徒と講師の都合を合わせて講師自身が組んでいきます。 そのため、大学の用事や実習、就活、サークル等の予定を優先して組むことも可能です。 自分の予定が長期講習で潰れてしまう…シフト制ではなく完全担当制の塾ならその心配はありません! 予備校の講師のアルバイトの時給と月収 塾講師というと、高時給のイメージを持っている方が多いのではないでしょうか。 個別指導よりも集団指導の方が、時給は高くなります。 私は個別指導でしたが、時給は1,500円で、集団指導をしている方は2,000円を超えていた方もいました。 そのため夏期講習や冬期講習など、アルバイトをガンガンできるときには、 月収が20万円を超えていた方もちらほら。 塾講師のアルバイトのメリット ・生徒や保護者と継続的な関係を築くことができる 模試の結果やテスト結果、受験合格など、生徒の頑張りが数値になって表れた時の喜びと達成感は何にも変えがたいものです。 生徒や保護者から感謝の気持ちを伝えてもらった時にはやはり、やっていて良かったと強く感じます。 ・頭は使うが体力は使わない 個人的にこれが1番のメリットです。 授業中は座っていられることや1コマごとに休憩を挟むことができるおかげで、バイトでヘトヘト…帰ってバタンキュー。 になることはまずありません。 楽!というのは違う気もしますが、楽といえば楽です。 ・自分自身も成長できる これは塾講師に限らずどのバイトでもそうですが、とにかく自己成長を感じられます。 特に、保護者と関わる際のマナーや言葉遣い、電話対応等の経験は就活の際や社会に出てから役に立った!という声が多数です。 塾講師のアルバイトのデメリット ・授業以外にもやることが多い 授業時間以外の時間も、授業準備や生徒の日程調整、カリキュラム作成、保護者への連絡、面談、講師会議などなど、事務作業はたくさんあります。 うげーー大変そう!と思われるかもしれませんが、生徒の目標達成のためには一つ一つ大切なんです。 だから生徒のことを思ったらなんとかやれてしまいます。 もちろん、このような作業をした場合もちゃんとお給料は出ます! 授業給しか出ないというところもたまに聞きますが、そんな塾はブラックなのでご注意を。

次の

東京都の夏期講習のアルバイト・バイト求人情報

アルバイト 夏期講習

塾講師って気になるけど実際稼げるの? 友達が塾講師やってるけどよくブラックって聞くし…。 夏期講習、冬期講習とか忙しそう…。 そんな疑問を解消すべく、長期講習から塾講師バイトの給料、実態まで、塾講師経験4年目の筆者が現場をレポートいたします! 夏期講習とか冬期講習ってどんな感じ? 夏休みや冬休みになると塾講師バイト勢は毎日塾に入り浸って朝から晩まで忙しい日々を過ごす…そんなイメージをお持ちの方もいるかと思います。 夏期や冬期等の長期講習は一言で言えば、まとまった時間集中して勉強して一気に成果を出そう!というものです。 個別塾には、小学生、中学生、高校生、浪人生まで様々な生徒が通っているため、生徒によって掲げる目標は様々ですが。 受験生であれば、長期講習を使って演習量を確保して基礎を固め、実力を伸ばします。 学校の補習が目的の生徒であれば、学校の授業が進まない夏休みや冬休みは苦手を潰す絶好のチャンス。 このように、それぞれの目標は違えど、長期講習は目標達成に近付くためにものすごーく重要な機会。 長期講習をいかに過ごすかで、その生徒の明暗を分けると言っても過言ではありません。 生徒だけでなく講師にとっても、長期講習は一大勝負なのです。 夏期&冬期講習の1日の流れ 長期講習ってすごく忙しいイメージ…自分の長期休み返上で働かないといけないの…? と、私も講師になる時は不安でした。 そんなあなたのために、これは一例ですが、長期講習の1日をご紹介したいと思います。 9:15 出勤・授業準備 生徒の前回の授業内容やその日の授業予定等を確認します。 英語長文や現代文、古文、過去問題などの解説を行う場合には事前に本文や問題に目を通し、授業がスムーズに進められるようにします。 9:30 授業開始 授業80分、休憩兼次の授業準備10分の合わせて90分を1コマとしています。 集中力の切れやすい生徒へは時々雑談を挟んで気分転換が出来るようにしたり、生徒のタイプや現状に合わせて少し厳しめに接したりと、生徒一人一人に合わせて関わり方も少しずつ変えています。 12:15 昼休憩 生徒も講師も昼休みです。 買ってきたものを教室で食べたり、外のお店に食べに行ったり様々です。 中にはお昼代がもったいないからと昼休憩を挟まないように日程を組むなど、この時間も教室で作業している講師もいます。 13:15 授業開始 午前中から授業続きの生徒は少し疲れが出てきます。 昼食後なので眠気もあります。 会話を沢山しながら集中できるようサポートします。 講師自身も眠くなる時間帯なので、自分自身が寝ないように…という意図もあったりなかったり。 16:00 午後の休憩 この時間は授業がないので、生徒も講師も休みます。 おやつを買って食べる講師が多いです。 夜の授業に向けて糖分補給です。 あともうひと息! 17:00 授業開始 長期講習の1日もラストスパート。 5コマ、6コマと連続で授業を受けている生徒とは謎の一体感が生まれてきます。 あともうちょっと頑張ろう、と生徒に声を掛けながら講師自身も気合を入れて授業に臨みます。 21:30 授業終了、生徒の見送り 最後の授業が終わると生徒を入口まで見送り、お疲れ様と声をかけます。 自習室の生徒も帰宅準備をし帰ります。 翌日の授業の準備や生徒との日程調整、保護者への電話等の作業がある場合にはそれらを済ませ、講師も速やかに帰宅します。 明日も朝から授業!それでも今日の疲れをなくしたい!と飲みに行く講師もちらほら。 明日も頑張ろう! 長期講習の日程は生徒と講師の都合を合わせて講師自身が組んでいきます。 そのため、大学の用事や実習、就活、サークル等の予定を優先して組むことも可能です。 自分の予定が長期講習で潰れてしまう…シフト制ではなく完全担当制の塾ならその心配はありません! 予備校の講師のアルバイトの時給と月収 塾講師というと、高時給のイメージを持っている方が多いのではないでしょうか。 個別指導よりも集団指導の方が、時給は高くなります。 私は個別指導でしたが、時給は1,500円で、集団指導をしている方は2,000円を超えていた方もいました。 そのため夏期講習や冬期講習など、アルバイトをガンガンできるときには、 月収が20万円を超えていた方もちらほら。 塾講師のアルバイトのメリット ・生徒や保護者と継続的な関係を築くことができる 模試の結果やテスト結果、受験合格など、生徒の頑張りが数値になって表れた時の喜びと達成感は何にも変えがたいものです。 生徒や保護者から感謝の気持ちを伝えてもらった時にはやはり、やっていて良かったと強く感じます。 ・頭は使うが体力は使わない 個人的にこれが1番のメリットです。 授業中は座っていられることや1コマごとに休憩を挟むことができるおかげで、バイトでヘトヘト…帰ってバタンキュー。 になることはまずありません。 楽!というのは違う気もしますが、楽といえば楽です。 ・自分自身も成長できる これは塾講師に限らずどのバイトでもそうですが、とにかく自己成長を感じられます。 特に、保護者と関わる際のマナーや言葉遣い、電話対応等の経験は就活の際や社会に出てから役に立った!という声が多数です。 塾講師のアルバイトのデメリット ・授業以外にもやることが多い 授業時間以外の時間も、授業準備や生徒の日程調整、カリキュラム作成、保護者への連絡、面談、講師会議などなど、事務作業はたくさんあります。 うげーー大変そう!と思われるかもしれませんが、生徒の目標達成のためには一つ一つ大切なんです。 だから生徒のことを思ったらなんとかやれてしまいます。 もちろん、このような作業をした場合もちゃんとお給料は出ます! 授業給しか出ないというところもたまに聞きますが、そんな塾はブラックなのでご注意を。

次の