あしたでんき キャンペーン。 あしたでんきの口コミ・評判

あしたでんきのキャンペーン2019|キャンペーンコードについても紹介|ココシレル

あしたでんき キャンペーン

この記事の目次• 2018年3月29日、東京電力ホールディングス 以下、東京電力HD は、新会社TRENDEを設立し、「 あしたでんき」という新たな電力小売りサービスの申し込み受付を開始しました。 どんなプランがあるの?どれくらい電気料金が安くなるの?など、詳しく解説していきます。 更新日 2018年4月12日 TRENDE株式会社が、新電力サービス「あしたでんき」を発表しました! 電力小売および周辺商品・サービスの提供を行うベンチャー企業「TRENDE トレンディ 株式会社」が家庭向けの 新しい電力小売りサービス「あしたでんき」の販売を発表しました。 「シンプルでわかりやすい」をコンセプトに、 一般家庭向けの「標準プラン」と 電気使用量の多い家庭向けの「たっぷりプラン」の2つのプランを展開しています。 TRENDE株式会社は、東京電力HDが新しく設立した会社。 歴史は浅いですが、安心して使うことができそうですね! 「あしたでんき」、電気料金プランの特徴やメリットは? 「あしたでんき」の電気料金プランを見ていきましょう。 「あしたでんき」は、誰でも申し込めるの? 「あしたでんき」に申し込みができるのは、以下のエリアになります。 東北電力エリア• 東京電力エリア• 中部電力エリア• 関西電力エリア• 中国電力エリア• 標準プラン 「標準プラン」は、 1~4人家族の一般的な家庭向けのプランです。 基本料金が0円なので、使った分だけ電気料金を支払うシンプルな料金プランです。 毎月300kWh以上使う方におススメです。 たっぷりプラン 「たっぷりプラン」は、 5人家族以上の家庭やペットのいる家庭向けのプランです。 「標準プラン」と同じく、電力量料金 従量単価 は一定価格での設定です。 基本料金を支払う代わりに、電力量料金 従量単価 はオトクな料金になっています。 世帯人数が多く、毎月700kWh以上使う方におススメです。 東北電力エリア 区分 単位 あしたでんき・標準プラン(東北エリア)料金 税込 あしたでんき・たっぷりプラン 東北エリア 料金 税込 東北電力・従量電灯B料金 税込 基本料金 10A 1契約 0円00銭 3000円00円 324円00銭 15A 486円00銭 20A 648円00銭 30A 972円00銭 40A 1296円00銭 50A 1620円00銭 60A 1944円00銭 電力量料金 最初の120kWhまで 1kWh 25円50銭 21円00銭 18円24銭 121kWh〜300kWhまで 24円87銭 301kWh〜 28円75銭 東京電力エリア 区分 単位 あしたでんき・標準プラン(東京エリア)料金 税込 あしたでんき・たっぷりプラン 東京エリア 料金 税込 東京電力・従量電灯B料金 税込 基本料金 10A 1契約 0円00銭 3000円00銭 280円80銭 15A 421円20銭 20A 561円60銭 30A 842円40銭 40A 1123円20銭 50A 1404円00銭 60A 1684円80銭 電力量料金 最初の120kWhまで 1kWh 25円50銭 21円00銭 19円52銭 121kWh〜300kWhまで 26円00銭 301kWh〜 30円02銭 中部電力エリア 区分 単位 あしたでんき・標準プラン(中部エリア)料金 税込 あしたでんき・たっぷりプラン 中部エリア 料金 税込 中部電力・従量電灯B料金 税込 基本料金 10A 1契約 0円00銭 3000円00銭 280円80銭 15A 421円20銭 20A 561円60銭 30A 842円40銭 40A 1123円20銭 50A 1404円00銭 60A 1684円80銭 電力量料金 最初の120kWhまで 1kWh 25円50銭 21円00銭 20円68銭 121kWh〜300kWhまで 25円08銭 301kWh〜 27円97銭 関西電力エリア 中国電力・従量電灯A 区分 単位 中国電力・従量電灯A料金 税込 最低料金 15kWhまで 1契約 331円23銭 電力量料金 15kWh~120kWhまで 1kWh 20円40銭 121kWh〜300kWhまで 26円96銭 301kWh〜 29円04銭 九州電力エリア 区分 単位 あしたでんき・標準プラン(九州エリア)料金 税込 あしたでんき・たっぷりプラン 九州エリア 料金 税込 九州電力・従量電灯B料金 税込 基本料金 10A 1契約 0円00銭 3000円00銭 291円60銭 15A 437円40銭 20A 583円20銭 30A 874円80銭 40A 1166円40銭 50A 1458円00銭 60A 1749円60銭 電力量料金 最初の120kWhまで 1kWh 22円50銭 18円00銭 17円19銭 121kWh〜300kWhまで 22円69銭 301kWh〜 25円63銭 「あしたでんき」、契約手数料、支払い方法は? 契約手数料は? かかりません。 支払い方法は? クレジットカード支払いのみとなります。 「あしたでんき」、解約時の手数料や違約金は? 契約期間は? 料金適用開始日から1年間(自動更新)です。 解約手数料は? かかりません。 解約違約金は? かかりません。 「あしたでんき」、アパートやマンションは申し込める? 電力会社と直接契約している場合は、マンションやアパートにお住まいでも、賃貸であっても、電力自由化で「あしたでんき」に切り替えることができます。 しかしながら、建物全体が電力会社と一括で契約をしている場合には、残念ながら個別に電力会社を切り替えることができません。 「あしたでんき」、オール電化向けプランはある? 2018年4月現在、「あしたでんき」にはオール電化用、および時間帯別の電気料金プランはありません。 オール電化プランや特定の時間帯に電気代がお得になる電気料金プランを契約の方は、注意が必要です。 「あしたでんき」は、基本料金がなく、従量料金設定が一定の単価で、シンプルでわかりやすいプランです。 2018年4月10日現在、 利用開始 電力切り替え時期 は5月以降順次を予定しているとのこと。 申し込みはすでに開始されているので、気になる方はお早めに申し込んでみては?.

次の

あしたでんきとLooopでんき(ループでんき)を徹底比較!どちらの方が安い?

あしたでんき キャンペーン

Looopでんきとあしたでんきの特徴&メリット 「Looopでんき」と「あしたでんき」それぞれの特徴を見ていくぞ。 Looopでんきの特徴&メリット Looopでんきと言えば 「基本料金0円」「従量料一律単価」といった特徴を持つ新電力会社じゃな。 今でこそ基本料金0円の単価一律という料金設定が増えておるが、Looopでんきが電力供給を開始した2016年当時は画期的だったんじゃよ。 基本料金0円と単価一律のパイオニア的な存在なんですね! 2016年はまだまだ電力自由化が始まったばかりで、新電力に切り替える人も少なかったのじゃが、2017年、2018年と契約者数を増やしていき、2018年の末には 15万件以上の契約を達成したんじゃ! 15万件もですか!?最近は新電力に切り替える人が増えてるっていいますけど、その中でも特に契約者数が多そうですね! やはり電気料金プランがシンプルなのは大きいようじゃ。 シンプルで電気代の計算もしやすいプランに切り替えられるうえ、多くの家庭が電気代の割安にできる。 それでいて契約料などはかからないんじゃから、切り替える人が多いのも納得じゃないかのう。 いいですねぇ。 僕も切り替えたくなってきました。 さらに、Looopでんきは 環境に配慮して再生可能エネルギーに力を入れておるんじゃ!今風に言うなら「エコ」じゃの! (今風・・・?) あしたでんきの特徴&メリット あしたでんきも 「基本料金0円」の「従量料一律単価」で有名な新電力会社じゃ。 設立が2017年、電力供給の開始が2018年と、他の会社に少し遅れをとっておるが、そのシンプルで安価な料金設定が人気を博し、どんどん加入者を増やしておるんじゃぞ。 なんだか、あしたでんきって最近よく聞く気がしますねぇ。 あしたでんきは特別な加入特典やポイント制度などは用意されていないんじゃが、その分だけ 料金がとにかくシンプルで安いんじゃ。 この「面倒さが一切ない料金プラン」が、ごちゃっとしたのが苦手な人にも人気なんじゃよ。 セット割りやポイント付与で実質的に安い料金プランも嫌いじゃないですけど・・・いろいろ条件とかあって、正直面倒ですもんね。 シンプルならそっちの方がいいかも! あしたでんきは 各エリアで最低水準を実現しているから、自分の住んでいるところがあしたでんきの供給エリア内だったら、まず第一候補にしても良いじゃろうな。 あしたでんきとLooopでんきの比較 「Looopでんき」と「あしたでんき」の料金プランや付帯サービスなどを比較していくぞ! 電気料金プランを比較!安いのはどっち? まずは電気料金の比較じゃ。 今回は分かりやすいよう、それぞれの一般家庭向け標準プランの料金を比較したぞ! 電力エリア Looopでんき あしたでんき 北海道電力 29. つまり単純に1kWhあたりの料金が安い方がお得になるぞ。 ってことは・・・提供してるエリアに限定すれば、あしたでんきの方がお得ってことですか? その通りじゃ。 残念ながら北海道・北陸・四国・沖縄電力エリアでは提供がないものの、提供エリアにおいては、 あしたでんきの方がLooopでんきよりお得じゃ!どのエリアもLooopでんきに比べて電力単価が0. 4円も安いぞ! 一般的な4人家族で1ヶ月の使用量は500kWhくらいですかね?そうなると、あしたでんきの方が1ヶ月あたり200円も安くなる計算ですね。 1年なら2400円にもなる! ちなみに、 あしたでんきには電気使用量が多い家庭向けの「たっぷりプラン」も用意されておるぞ。 こちらは基本料金が3000円ほどかかるものの、さらに1kWhあたりの料金が安くなるんじゃ!この点においても、あしたでんきはLooopでんきよりお得じゃな。 付帯サービスの違い!便利なのはどっち? あしたでんきは、とにかくシンプルさを追求したような新電力会社で、 付帯サービスは特に用意されていないんじゃよ。 ポイントサービスやお得な特典は無しじゃ。 ちょっと寂しい気もするけど、僕はその分だけ電気代が安い方がいいですね。 ポイント管理とかも不要で楽ですし。 とはいえ、Looopでんきの方も大きな付帯サービスは無いんじゃがな。 用意されておるのは東京電力エリア限定で利用できる「かけつけるーぷ」くらいのものじゃ。 かけつけるーぷ? かけつけるーぷは、 24時間365日、電気トラブルに対応してくれるサービスで、本来なら9000~1万3000円ほどかかる作業量が無料になるんじゃよ(作業内容により別途費用がかかる場合もあり)。 何かあった時の保険にはなりますね。 でも東京電力エリア限定ってことは、他の地域の人はどっちと契約しても特に変わらないってことですね。 付帯サービス的には。 そういうことになるのう。 解約金・違約金の違い!手軽なのはどっち? 解約金・違約金についてはLooopでんき、あしたでんき、共に不要じゃぞ。 もし契約後に合わないと思えば、違約金なしで解約できるんじゃから安心じゃな。 キャンペーンの違い!お得なのはどっち? Looopでんき、あしたでんき、 共に現在(2019年10月)はキャンペーンを実施していないようじゃ。 現在は?前はやってたんですか? 過去にはどちらもAmazonギフト券などが貰えるキャンペーンをやってたようじゃぞ。 また開催されるかもしれんから、キャンペーン時に加入したいのなら定期的にチェックしておくのがおすすめじゃ。 環境・エコの違い!環境に優しいのはどっち? Looopでんきは電源構成をきちんと公表しており、2018年4月1日~2019年3月31日までの実績で 約25. 8%が再生可能エネルギーだと分かっておる。 2018年に電力供給を開始したばかりじゃから、これから発表する予定なのかもしれん。 今のところ、あしたでんきのエコ度については何とも言えんのう。 再生可能エネルギーに力を入れてる新電力を選びたいって人は、今のところLooopでんきを選んだ方がいいって感じですかね。 「Looopでんき」より「あしたでんき」がお得! 今回の内容をまとめると、お得度は「あしたでんき」に軍配が上がるのう。 電気料金プランについては、 全ての提供エリアにおいて「あしたでんき」の方が安価なうえ、「あしたでんき」には電気使用量が多い家庭向けのプランまで用意されておる。 また違約金・解約金はどちらも0円じゃし、現在のところキャンペーンはどちらも実施していないようじゃ。 一応、「Looopでんき」には「かけつけるーぷ」という電気トラブルに対応してくれるサービスがあるものの、これも東京電力エリア限定じゃから、大きなメリットとしては紹介しにくいのう。 というわけで、 特に理由が無ければ「あしたでんき」を選択するのがおすすめじゃ。 1kWhあたりの料金差はたった0. 4円じゃが、それが1ヶ月、1年単位になれば数百~数千円の差がつくぞ!5年、10年もすれば数万円の差がついたって何らおかしくないんじゃ! ただ「あしたでんき」は「Looopでんき」に比べて提供エリアが狭く、北海道・北陸・四国電力エリアでは利用不可じゃ。 これらのエリアに住んでいる人は、ひとまず「Looopでんき」に登録し、「あしたでんき」の提供エリアが広がるのを待つといいかもしれん。

次の

あしたでんき2020キャンペーンコード5000円分Amazonギフト券申し込み情報!

あしたでんき キャンペーン

シンプルな2つの料金プラン! あしたでんきの料金プランはとてもシンプル!あしたでんきの従量料金は「電気使用量に関わらず常に一定の料金単価」です。 例えば東京電力の場合、電気使用量に応じて段階的に従量料金が変わるので料金が計算しづらい面がありました。 このわかりにくい料金プランを一新し、あしたでんきでは ご家庭での電気使用量に応じて選べる2つの料金プランを用意しています。 標準プラン:一人暮らしやファミリー世帯向け あしたでんき 標準プラン は、一人暮らしや二人暮らし〜4人暮らしのご家庭など、毎月300kWh以上電気を使用するご家庭向けの料金プラン。 基本料金は0円、従量料金は26. 0円 東京電力エリア と最安級の料金プランです! あしたでんき 標準プラン 料金表 地域 基本料金 従量料金 東北電力エリア 0円 26. 00円 東京電力エリア 26. 00円 中部電力エリア 26. 00円 関西電力エリア 22. 00円 中国電力エリア 24. 00円 九州電力エリア 23. 00円 たっぷりプラン:大家族やペットがいる家庭向け あしたでんき たっぷりプラン は、ペットを飼っているご家庭や5人以上の大家族など、毎月700kWh以上電気を使用するご家庭向けの料金プラン。 標準プランと違い基本料金は3,000円かかりますが、従量料金の単価はかなり安くなっているので、たくさん電気を使うほどお得になります。 あしたでんき たっぷりプラン 料金表 地域 基本料金 従量料金 東北電力エリア 3,000円 21. 50円 東京電力エリア 21. 50円 中部電力エリア 21. 50円 関西電力エリア 17. 50円 中国電力エリア 19. 50円 九州電力エリア 18. 50円 初期費用0円・解約金0円で試しやすい! お得な電気会社に乗り換えて自分のライフスタイルにぴったり合って電気料金が安くなればいいですが、もし自分のライフスタイルに合わなかったりしたらすぐに別の電気会社に変更すべきです。 しかし、そこで問題となるのが 初期費用や 解約金。 「もし合わなかったら変更するのに解約金かかるからなぁ…」という理由で新電力への乗り換えを躊躇している方も多くいらっしゃいます。 ただでさえ乗り換え手続きなどの煩わしさがあるのに、辞めるのにもお金がかかるとあっては気軽に試すことはできません。 そんな悩みを解消したあしたでんきは、業界最安級の料金プランながら 初期費用も解約金も0円!お試し感覚でお得な新電力を始められます。 使用状況をいつでも確認できて安心! 夏場や冬場など、電気を多く使った月の翌月は電気料金の検針票を見てびっくりすることがありますよね。 もし、月一のドッキリではなく、途中で今の電気使用量が確認できたら便利だと思いませんか? あしたでんきなら電気の使用状況や請求情報もスマホなどからいつでも確認できてとても便利!電気代の節約にも役立ちます。 各電力会社との比較• クリックすると下へ移動します。 東京電力とあしたでんきの料金比較 基本料金 東京電力など一般的な電力会社は契約アンペア数が大きくなるにつれて基本料金は高くなっていきます。 あしたでんきの基本料金は 標準プランは0円、 たっぷりプランは3,000円となっています。 基本料金 あしたでんき 標準プラン あしたでんき たっぷりプラン 東京電力 10A 0円 3,000円 286. 00円 15A 429. 00円 20A 572. 00円 30A 858. 00円 40A 1,144. 00円 50A 1,430. 00円 60A 1,716. 00円 60Aのご家庭であしたでんきの標準プランを選んだら、 月1,716円、 年間20,592円も節約できますね。 従量料金 あしたでんきの従量料金はどれだけ使用しても一定の料金になっています。 そのため、少ない電力使用量だと割高ですが、電力使用量が多ければ多いほどお得になります。 従量料金 あしたでんき 標準プラン あしたでんき たっぷりプラン 東京電力 ~120kWh 26. 00円 21. 50円 19. 88円 120~300kWh 26. 48円 300kWh~ 30. 57円 このように同じ東京電力のグループ会社でも料金プランは全然違います。 ただ、この料金プランを見ただけでは、どれくらいオトクなのかイマイチ分かりづらいですよね? そこで、世帯人数別の料金を計算してみました! 【料金比較】VS 東京電力 VS Looopでんき 東京電力とあしたでんき、そして同じく基本料金0円のLooopでんき。 3社の年間料金と差額を計算してみました。 「毎月どれくらい安くなるのか?」• 「年間どれくらい安くなるのか?」 が具体的に分かるので、申し込み前に一度どの程度オトクになるのか調べてみましょう! クリックすると下へ移動します。 東北電力とあしたでんきの料金比較 基本料金 東北電力など一般的な電力会社は契約アンペア数が大きくなるにつれて基本料金は高くなっていきます。 あしたでんきの基本料金は 標準プランは0円、 たっぷりプランは3,000円となっています。 基本料金 あしたでんき 標準プラン あしたでんき たっぷりプラン 東北電力 10A 0円 3,000円 330. 00円 15A 495. 00円 20A 660. 00円 30A 990. 00円 40A 1,320. 00円 50A 1,650. 00円 60A 1,980. 00円 60Aのご家庭であしたでんきの標準プランを選んだら、 月1,980円、 年間23,760円も節約できますね。 従量料金 あしたでんきの従量料金はどれだけ使用しても一定の料金になっています。 そのため、少ない電力使用量だと割高ですが、電力使用量が多ければ多いほどお得になります。 従量料金 あしたでんき 標準プラン あしたでんき たっぷりプラン 東北電力 ~120kWh 26. 00円 21. 50円 18. 58円 120~300kWh 25. 33円 300kWh~ 29. 28円 このように同じ電力会社でも料金プランは全然違います。 ただ、料金プランを見ただけでは、どれくらいお得なのかイマイチ分かりづらいですよね? そこで、世帯人数別の料金を計算してみました! 【料金比較】VS 東北電力 VS Looopでんき 東北電力とあしたでんき、そして同じく基本料金0円のLooopでんき。 3社の年間料金と差額を計算してみました。 毎月どれくらい安くなるのか?• 年間どれくらい安くなるのか? が具体的に分かるので、申し込み前に一度どの程度オトクになるのか調べてみましょう! クリックすると下へ移動します。 中部電力とあしたでんきの料金比較 基本料金 中部電力など一般的な電力会社は契約アンペア数が大きくなるにつれて基本料金は高くなっていきます。 あしたでんきの基本料金は 標準プランは0円、 たっぷりプランは3,000円となっています。 基本料金 あしたでんき 標準プラン あしたでんき たっぷりプラン 中部電力 10A 0円 3,000円 286. 00円 15A 429. 00円 20A 572. 00円 30A 858. 00円 40A 1,144. 00円 50A 1,430. 00円 60A 1,716. 00円 60Aのご家庭であしたでんきの標準プランを選んだら、 月1,716円、 年間20,592円も節約できますね。 従量料金 あしたでんきの従量料金はどれだけ使用しても一定の料金になっています。 そのため、少ない電力使用量だと割高ですが、電力使用量が多ければ多いほどお得になります。 従量料金 あしたでんき 標準プラン あしたでんき たっぷりプラン 中部電力 ~120kWh 26. 00円 21. 50円 21. 07円 120~300kWh 25. 54円 300kWh~ 28. 49円 このように同じ電力会社でも料金プランは全然違います。 ただ、料金プランを見ただけでは、どれくらいお得なのかイマイチ分かりづらいですよね? そこで、世帯人数別の料金を計算してみました! 【料金比較】VS 中部電力 VS Looopでんき 中部電力とあしたでんき、そして同じく基本料金0円のLooopでんき。 3社の年間料金と差額を計算してみました。 毎月どれくらい安くなるのか?• 年間どれくらい安くなるのか? が具体的に分かるので、申し込み前に一度どの程度オトクになるのか調べてみましょう! クリックすると下へ移動します。 関西電力とあしたでんきの料金比較 基本料金 関西電力の基本料金は最低料金制を採用しており、必ず341. 02円かかります。 あしたでんきの基本料金は 標準プランは0円、 たっぷりプランは3,000円となっています。 基本料金 あしたでんき 標準プラン あしたでんき たっぷりプラン 関西電力 0円 3,000円 341. 02円 従量料金 あしたでんきの従量料金はどれだけ使用しても一定の料金になっています。 そのため、少ない電力使用量だと割高ですが、電力使用量が多ければ多いほどお得になります。 従量料金 あしたでんき 標準プラン あしたでんき たっぷりプラン 関西電力 15~120kWh 22. 00円 17. 50円 20. 32円 120~300kWh 25. 80円 300kWh~ 29. 29円 このように同じ電力会社でも料金プランは全然違います。 ただ、料金プランを見ただけでは、どれくらいお得なのかイマイチ分かりづらいですよね? そこで、世帯人数別の料金を計算してみました! 【料金比較】VS 関西電力 VS Looopでんき 関西電力とあしたでんき、そして同じく基本料金0円のLooopでんき。 3社の年間料金と差額を計算してみました。 毎月どれくらい安くなるのか?• 年間どれくらい安くなるのか? が具体的に分かるので、申し込み前に一度どの程度オトクになるのか調べてみましょう! クリックすると下へ移動します。 中国電力とあしたでんきの料金比較 基本料金 中国電力の基本料金は最低料金制を採用しており、必ず337. 37円かかります。 あしたでんきの基本料金は 標準プランは0円、 たっぷりプランは3,000円となっています。 基本料金 あしたでんき 標準プラン あしたでんき たっぷりプラン 中国電力 0円 3,000円 337. 37円 従量料金 あしたでんきの従量料金はどれだけ使用しても一定の料金になっています。 そのため、少ない電力使用量だと割高ですが、電力使用量が多ければ多いほどお得になります。 従量料金 あしたでんき 標準プラン あしたでんき たっぷりプラン 関西電力 15~120kWh 24. 00円 19. 50円 20. 79円 120~300kWh 27. 47円 300kWh~ 29. 59円 このように同じ電力会社でも料金プランは全然違います。 ただ、料金プランを見ただけでは、どれくらいお得なのかイマイチ分かりづらいですよね? そこで、世帯人数別の料金を計算してみました! 【料金比較】VS 中国電力 VS Looopでんき 中国電力とあしたでんき、そして同じく基本料金0円のLooopでんき。 3社の年間料金と差額を計算してみました。 毎月どれくらい安くなるのか?• 年間どれくらい安くなるのか? が具体的に分かるので、申し込み前に一度どの程度オトクになるのか調べてみましょう! クリックすると下へ移動します。 九州電力とあしたでんきの料金比較 基本料金 九州電力など一般的な電力会社は契約アンペア数が大きくなるにつれて基本料金は高くなっていきます。 あしたでんきの基本料金は 標準プランは0円、 たっぷりプランは3,000円となっています。 基本料金 あしたでんき 標準プラン あしたでんき たっぷりプラン 九州電力 10A 0円 3,000円 297. 00円 15A 445. 50円 20A 594. 00円 30A 891. 00円 40A 1,188. 00円 50A 1,485. 00円 60A 1,782. 00円 60Aのご家庭であしたでんきの標準プランを選んだら、 月1,782円、 年間21,38円も節約できますね。 従量料金 あしたでんきの従量料金はどれだけ使用しても一定の料金になっています。 そのため、少ない電力使用量だと割高ですが、電力使用量が多ければ多いほどお得になります。 従量料金 あしたでんき 標準プラン あしたでんき たっぷりプラン 九州電力 ~120kWh 23. 00円 18. 50円 17. 46円 120~300kWh 23. 06円 300kWh~ 26. 06円 このように同じ電力会社でも料金プランは全然違います。 ただ、料金プランを見ただけでは、どれくらいお得なのかイマイチ分かりづらいですよね? そこで、世帯人数別の料金を計算してみました! 【料金比較】VS 九州電力 VS Looopでんき 九州電力とあしたでんき、そして同じく基本料金0円のLooopでんき。 3社の年間料金と差額を計算してみました。 毎月どれくらい安くなるのか?• 年間どれくらい安くなるのか? が具体的に分かるので、申し込み前に一度どの程度オトクになるのか調べてみましょう! 【料金比較結果】あしたでんき標準プランが圧勝の結果に! 東京電力、私が契約しているLooopでんきよりも、 あしたでんきのほうがお得ということが判明しました! 特に標準プランは世帯人数や電力使用量が少なくても多くても安定して安い料金になるということが分かりましたね。 たっぷりプランは、この結果ではあまりお得になりませんでしたが、恐らく60A、700kwhを超えるご家庭だと標準プランよりもオトクになりそうです。 あしたでんきまとめ• それぞれのご家庭で契約アンペア数や電力使用量は様々ですし、地域が変わればまた結果は変わってきます。 そんな時に便利なのが 料金シミュレーションです。 には現在の電力会社と比べて、電気代がどれだけ安くなるか計算してくれる機能が付いています。 まずは実際に自分の家だとどれくらいオトクになるのかを調べてみましょう! あしたでんきの料金シミュレーションのやり方 必要なものは毎月電力会社から送られてくる「電気ご使用量のお知らせ 検針票 」を使います。 郵便番号• 現在の電力会社• ご契約プラン• そこで、Twitterや2ch 2ちゃんねる で口コミや評判を調べてみました。 料金プランに関してメリットを感じているような書き込みが多い印象です。 Twitterでの評判 「Looopでんき」が最強かと思ったら、新しく「あしたでんき」「ピタでん」ってやつが出てきてて電力自由化の競争が激化してた。 そして新しい2つはLooopでんきを意識しててちょっとずつ安い。 — kobayann koba0384 ENEOSでんきにうんざりしたので、あしたでんきに切替申し込みしてみた。 まあ、安いってのが一番の理由だけど。 Looopに始まる基本料金0円+従量一律単価の電気料金体系で、ソフトバンクの「自然でんき」に次ぎ3社目。 極少買電の我が家での最安料金はLooopだったが、今後は「あした」が最安。 — 時の扉 Saigono1ku 2chでの評判 2chの書き込みは良いところだけでなく、悪いところもズバズバと書き込まれるので、結構参考になるんですよね。 あしたでんき自体のスレはありませんでしたが、料金プランの似ているLooopでんきのスレであしたでんきが話題になっていました。 Looopでんき対応エリア 北海道、東北、東京、中部、北陸、関西、中国、四国、九州エリア 離島を除く 駆け付けサービスがない 同じような料金プランのLooopでんきには無料での駆け付けサービスがあります。 停電時や電気周りのトラブルが合った時に 365日24時間無料で対応してくれるサービスです。 東京電力などに頼むと通常価格1万円以上かかるのが、無料になります。 しかし、あしたでんきには、駆け付けサービスはありません。 もし何か合ったときには、自腹を切らないといけませんね。 電話での申し込みができない 今までの電力会社と違って電話での申し込みをすることができません。 すべてパソコン、スマートフォンからWEBサイトにアクセスして申し込みます。 支払いはクレジットカードのみ 今までの電力会社は口座振替、コンビニ支払い、携帯キャリア決済、銀行振込、デビットカード、プリペイドカードなど様々な支払い方法がありましたが、 あしたでんきの支払い方法はクレジットカードのみとなっています。 使用できるカードは VISA、MasterCard、JCB、American Express となっています。 新電力会社の支払い方法のほとんどはクレジットカード決済です。 口座振替での支払いが唯一できるのは、親指でんきだけです。 親指でんきはあしたでんきよりも従量料金が0. 4円高いですが、Looopでんきと同じ料金体系なので、口座振替で支払いたいのなら親指でんきをおすすめします。 紙の請求書・領収書がない 今までの電力会社なら毎月ポストの紙の請求書が郵送されてきましたが、あしたでんきの場合、WEBサイトのからしか確認することができません。 紙が必要であれば、自身で印刷する必要があります。 また、領収書自体もなく、クレジットカードの明細のみとなっています。 法人申し込みはできない あしたでんきには法人向けプランはなく、一般家庭向けのプランしかありません。 あしたでんきのキャンペーン・キャッシュバック情報 【Amazon ギフト券 5,000円プレゼントキャンペーン】暑い夏を節約で乗り切ろう!真夏の節約キャンペーン開催 2020年9月30日まで 現在、あしたでんきでは、 2020年7月1日 水 〜2020年9月30日 日 の期間内に新しく他電力会社から「あしたでんき」に切り替え申込を完了した方全員を対象に、Amazonギフト券5,000円分をプレゼントする「 暑い夏を節約で乗り切ろう!真夏の節約キャンペーン」を実施中です。 キャンペーン適用条件• キャンペーン期間内にあしたでんきの申し込みが完了していること• 契約電流が一般家庭向け 低圧 であること• あしたでんきの供給後、ギフト券の配布前 8ヶ月程度 までに解約をしていないこと• このキャンペーンは現在終了しています。 キャンペーン適用条件• キャンペーン期間内にあしたでんきの申し込みが完了していること• 契約電流が一般家庭向け 低圧 であること• あしたでんきの供給後、ギフト券の配布前 3ヶ月程度 までに解約をしていないこと• 申し込み方法は、• から申し込む• 電力供給開始から1ヶ月後に特典案内メールが届く• AmazonギフトコードをAmazonアカウントに登録する このキャンペーンは 2019年8月31日(土)までの期間限定なので、これを機会に乗り換えるのが一番オトクです! このキャンペーンは現在終了しています。 終了 【冬季】Amazonギフト券2,000円分プレゼントキャンペーン 現在あしたでんきでは新規申し込みでAmazonギフト券2,000円分プレゼントキャンペーンを実施中です。 申し込み方法は、• から申し込む• 電力供給開始から1ヶ月後に特典案内メールが届く• AmazonギフトコードをAmazonアカウントに登録する このキャンペーンは 2019年3月31日 日 までの期間限定なので、これを機会に乗り換えるのが一番オトクです! このキャンペーンは現在終了しています。 まとめ:サービス面を我慢できるなら最安値のあしたでんきがおすすめ あしたでんきの特徴を簡単にまとめると、 「 ちょっと安くなったけど、サービスが物足りないLooopでんき」 って感じです。 あくまで個人的な見解です… また、新しすぎる電力会社の場合、ある程度したら料金プランが変更されたり、内容が色々変わることが多いです。 あしたでんきに興味はありますが、Looopでんきを契約している私は、しばらくは様子見をしようと思っています。 まずは、チェックしてみてください! もう悩まない!おまかせ電気・ガスコンシェルジュがあなたにぴったりのプランをご提案! 料金シミュレーションでおよそ最適な電力会社を決めることはできますが、実際には、ガスと一緒に契約した方がお得に利用できるなど、 電気料金だけでなく、ガス料金も併せて検討した方が良い場合もあります。 その上、電気の使用状況、ガスの使用状況なども考慮しなければならないため、自分のライフプランに最適な電力会社・ガス会社を選ぶのは本当に大変です。 実際、まだどの電力会社・ガス会社と契約するか迷っている方もいらっしゃるでしょう。

次の