シアリス 薬価。 シアリスジェネリックの徹底比較!

シアリス処方|効果や特徴、副作用について

シアリス 薬価

販売名 シアリス錠5mg 有効成分 1錠中 タダラフィル 5mg 添加剤 乳糖水和物、結晶セルロース、クロスカルメロースナトリウム、ヒドロキシプロピルセルロース、ラウリル硫酸ナトリウム、ステアリン酸マグネシウム、ヒプロメロース、酸化チタン、黄色三二酸化鉄、トリアセチン、タルク 添加剤 : 乳糖水和物 添加剤 : 結晶セルロース 添加剤 : クロスカルメロースナトリウム 添加剤 : ヒドロキシプロピルセルロース 添加剤 : ラウリル硫酸ナトリウム 添加剤 : ステアリン酸マグネシウム 添加剤 : ヒプロメロース 添加剤 : 酸化チタン 添加剤 : 黄色三二酸化鉄 添加剤 : トリアセチン 添加剤 : タルク 3. 2 製剤の性状 通常、成人には1日1回タダラフィルとして10mgを性行為の約1時間前に経口投与する。 10mgの投与で十分な効果が得られず、忍容性が良好と判断された器質性又は混合型勃起不全患者に対しては、20mgに増量することができる。 軽度又は中等度の肝障害のある患者では10mgを超えないこと。 なお、いずれの場合も1日の投与は1回とし、投与間隔は24時間以上とすること。 中等度又は重度の腎障害のある患者では、5mgから開始し、投与間隔は24時間以上とすること。 なお、中等度の腎障害のある患者では最高用量は10mgを超えないこととし、10mgを投与する場合には投与間隔を48時間以上とすること。 重度の腎障害のある患者では5mgを超えないこと。 効能又は効果に関連する注意 販売名 シアリス錠10mg 有効成分 1錠中 タダラフィル 10mg 添加剤 乳糖水和物、結晶セルロース、クロスカルメロースナトリウム、ヒドロキシプロピルセルロース、ラウリル硫酸ナトリウム、ステアリン酸マグネシウム、ヒプロメロース、酸化チタン、黄色三二酸化鉄、トリアセチン、タルク 添加剤 : 乳糖水和物 添加剤 : 結晶セルロース 添加剤 : クロスカルメロースナトリウム 添加剤 : ヒドロキシプロピルセルロース 添加剤 : ラウリル硫酸ナトリウム 添加剤 : ステアリン酸マグネシウム 添加剤 : ヒプロメロース 添加剤 : 酸化チタン 添加剤 : 黄色三二酸化鉄 添加剤 : トリアセチン 添加剤 : タルク 3. 2 製剤の性状 販売名 シアリス錠20mg 有効成分 1錠中 タダラフィル 20mg 添加剤 乳糖水和物、結晶セルロース、クロスカルメロースナトリウム、ヒドロキシプロピルセルロース、ラウリル硫酸ナトリウム、ステアリン酸マグネシウム、ヒプロメロース、酸化チタン、黄色三二酸化鉄、トリアセチン、タルク 添加剤 : 乳糖水和物 添加剤 : 結晶セルロース 添加剤 : クロスカルメロースナトリウム 添加剤 : ヒドロキシプロピルセルロース 添加剤 : ラウリル硫酸ナトリウム 添加剤 : ステアリン酸マグネシウム 添加剤 : ヒプロメロース 添加剤 : 酸化チタン 添加剤 : 黄色三二酸化鉄 添加剤 : トリアセチン 添加剤 : タルク 3. 2 製剤の性状.

次の

シアリスの価格や値段の相場を比較!

シアリス 薬価

人により副作用の発生傾向は異なります。 記載されている副作用が必ず発生するものではありません。 また、全ての副作用が明らかになっているわけではありません。 1日1回タダラフィルとして10mgを性行為の約1時間前に経口投与する• 10mgの投与で十分な効果が得られず、忍容性が良好と判断された器質性又は混合型勃起不全患者に対しては、20mgに増量することができる• 軽度又は中等度の肝障害のある患者では10mgを超えない• なお、いずれの場合も1日の投与は1回とし、投与間隔は24時間以上とする• 中等度又は重度の腎障害のある患者では、5mgから開始し、投与間隔は24時間以上とする• なお、中等度の腎障害のある患者では最高用量は10mgを超えないこととし、10mgを投与する場合には投与間隔を48時間以上とする• 重度の腎障害のある患者では5mgを超えない シアリス錠5mgの使用上の注意 病気や症状に応じた注意喚起• 以下の病気・症状がみられる方は、• 過敏症• 重度肝障害• 網膜色素変性症• 不安定狭心症• 心血管系障害• 硝酸剤投与中• 一酸化窒素<NO>供与剤投与中• 性行為が不適当• 脳梗塞の既往歴が最近6カ月以内• 脳出血の既往歴が最近6カ月以内• コントロール不良の不整脈• 心筋梗塞の既往歴が最近3カ月以内• 性交中に狭心症• 可溶性グアニル酸シクラーゼ<sGC>刺激剤投与中• 消化性潰瘍• 多発性骨髄腫• 白血病• Peyronie病• 陰茎屈曲• 陰茎構造上欠陥• 陰茎線維化• 鎌状赤血球性貧血• 持続勃起症の素因となり得る疾患• 出血性疾患• チトクロームP450・3A4<CYP3A4>を強く阻害する薬剤投与中• 勃起不全治療剤投与中• PDE5阻害剤投与中• 高血圧• 高脂血症• 糖尿病• NAIONの危険因子を有していた• 冠動脈障害• アルコールを高用量<0. コントロールが十分でない高血圧 患者の属性に応じた注意喚起• 以下にあてはまる方は、• 高齢者• 幼児・小児 年齢や性別に応じた注意喚起• 以下にあてはまる方は、服用・利用の際に慎重な判断が必要です。 高齢者 65歳〜• 高齢者<65歳以上> 65歳〜• 以下にあてはまる方は、服用・利用の際、十分に注意して下さい。 50歳以上 50歳〜• 小児 0歳〜14歳• 以下にあてはまる方は、服用・利用に際する指示があります。 小児 0歳〜14歳• 以下にあてはまる方は、• 81及び5. 33mmHg下降、失神等の症状を伴う血圧低下 ドキサゾシン 立位収縮期及び拡張期血圧は最大それぞれ9. 81及び5. 33mmHg下降、失神等の症状を伴う血圧低下 テラゾシン 立位収縮期及び拡張期血圧は最大それぞれ9. 81及び5. 33mmHg下降、失神等の症状を伴う血圧低下 血圧降下剤 自由行動下収縮期及び拡張期血圧は最大それぞれ8及び4mmHg下降 アムロジピン 自由行動下収縮期及び拡張期血圧は最大それぞれ8及び4mmHg下降 メトプロロール 自由行動下収縮期及び拡張期血圧は最大それぞれ8及び4mmHg下降 エナラプリル 自由行動下収縮期及び拡張期血圧は最大それぞれ8及び4mmHg下降 カンデサルタン 自由行動下収縮期及び拡張期血圧は最大それぞれ8及び4mmHg下降 カルペリチド 降圧作用が増強 アルコール<経口> 眩暈、起立性低血圧 飲食物との組み合わせ注意• グレープフルーツジュース• アルコールを含むもの<ジン、ウオッカ、ラム、ウイスキー、ブランデー など>.

次の

シアリス錠20mgの基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

シアリス 薬価

販売名 シアリス錠5mg 有効成分 1錠中 タダラフィル 5mg 添加剤 乳糖水和物、結晶セルロース、クロスカルメロースナトリウム、ヒドロキシプロピルセルロース、ラウリル硫酸ナトリウム、ステアリン酸マグネシウム、ヒプロメロース、酸化チタン、黄色三二酸化鉄、トリアセチン、タルク 添加剤 : 乳糖水和物 添加剤 : 結晶セルロース 添加剤 : クロスカルメロースナトリウム 添加剤 : ヒドロキシプロピルセルロース 添加剤 : ラウリル硫酸ナトリウム 添加剤 : ステアリン酸マグネシウム 添加剤 : ヒプロメロース 添加剤 : 酸化チタン 添加剤 : 黄色三二酸化鉄 添加剤 : トリアセチン 添加剤 : タルク 3. 2 製剤の性状 通常、成人には1日1回タダラフィルとして10mgを性行為の約1時間前に経口投与する。 10mgの投与で十分な効果が得られず、忍容性が良好と判断された器質性又は混合型勃起不全患者に対しては、20mgに増量することができる。 軽度又は中等度の肝障害のある患者では10mgを超えないこと。 なお、いずれの場合も1日の投与は1回とし、投与間隔は24時間以上とすること。 中等度又は重度の腎障害のある患者では、5mgから開始し、投与間隔は24時間以上とすること。 なお、中等度の腎障害のある患者では最高用量は10mgを超えないこととし、10mgを投与する場合には投与間隔を48時間以上とすること。 重度の腎障害のある患者では5mgを超えないこと。 効能又は効果に関連する注意 販売名 シアリス錠10mg 有効成分 1錠中 タダラフィル 10mg 添加剤 乳糖水和物、結晶セルロース、クロスカルメロースナトリウム、ヒドロキシプロピルセルロース、ラウリル硫酸ナトリウム、ステアリン酸マグネシウム、ヒプロメロース、酸化チタン、黄色三二酸化鉄、トリアセチン、タルク 添加剤 : 乳糖水和物 添加剤 : 結晶セルロース 添加剤 : クロスカルメロースナトリウム 添加剤 : ヒドロキシプロピルセルロース 添加剤 : ラウリル硫酸ナトリウム 添加剤 : ステアリン酸マグネシウム 添加剤 : ヒプロメロース 添加剤 : 酸化チタン 添加剤 : 黄色三二酸化鉄 添加剤 : トリアセチン 添加剤 : タルク 3. 2 製剤の性状 販売名 シアリス錠20mg 有効成分 1錠中 タダラフィル 20mg 添加剤 乳糖水和物、結晶セルロース、クロスカルメロースナトリウム、ヒドロキシプロピルセルロース、ラウリル硫酸ナトリウム、ステアリン酸マグネシウム、ヒプロメロース、酸化チタン、黄色三二酸化鉄、トリアセチン、タルク 添加剤 : 乳糖水和物 添加剤 : 結晶セルロース 添加剤 : クロスカルメロースナトリウム 添加剤 : ヒドロキシプロピルセルロース 添加剤 : ラウリル硫酸ナトリウム 添加剤 : ステアリン酸マグネシウム 添加剤 : ヒプロメロース 添加剤 : 酸化チタン 添加剤 : 黄色三二酸化鉄 添加剤 : トリアセチン 添加剤 : タルク 3. 2 製剤の性状.

次の