シャニマス 取材。 『シャニマス』和久井優さん(浅倉透役)インタビュー。「透ちゃんは、私が思っていたよりもずっとずっと純粋で、透明感のある女の子です」

【シャニマス】記者登場イベント追加│ごみにんぐblog

シャニマス 取材

シャニマスをやれ …取り乱しました。 という事で今更すぎて需要があるかも分からないなんちゃってTrue攻略記事です。 タイトルにあるようにこの攻略ではTrueを見ることだけが目標のため、 ・グレフェスやフェスリハーサルのベリーハードを勝ち抜く育成 ・確実にWING優勝が出来る立ち回り ・ランクSアイドルの誕生 を目指す、またそれを可能とするような攻略 ではありません のでご了承ください。 要は ランクAアイドル(ファン数50万人)の安定性を上げるための攻略記事未満の備忘録ぐらいの気持ちで見てくだされば幸いです。 ちなみにまだP-SSRでしか試していませんが、P-SRでも基本的に変わる所は無いと思います。 【サポートアイドル】 この攻略では DaVi型の育成を目指します。 5倍で殴れるサポートSSRアイドルが存在することです。 従ってまずはViサポートのオススメから紹介します。 55でViマスタリー10なのでこの辺りを目指しましょう。 レベルは高ければ高いほどいいですが、最低限50は確保しておくべきだと思います(全てのサポートアイドルに言えることですが)。 Viカードが足りている場合や4凸ではない場合はサポートSSRでいいと思います。 他にも色々とVi型サポートアイドルはいますが、大事なのはViに関してはプロデュースアイドルを育てる目的で入れるというよりは、 サポートアイドルのVi札が目的で入れるという事です。 よって基本的には SSRのViサポートを2枚入れておけば問題ありません。 ただし、先述のようにDaVi型で育てるのにユニークスキルがVoである等の理由でライブスキルがイマイチ揃わないのであれば4凸金魚霧子を入れておくと良いでしょう。 続いてDaサポートアイドルですが、Daは プロデュースアイドルの育成が目的です。 よってサポートスキルが要になってきますので以下にオススメを記します。 50でDaマスタリー8、Lv. 70では14にまで上がるためDa育成ではかなり強力。 まぁ私は1枚しか持ってないんですけどね!なので2凸以上なら入れておいて間違いはないですが、そうでないなら優先度は低いです。 ライブスキルの意地っ張りサンセットが強い。 また、Lv65でDaマスタリー9まで上がり、サポートイベントが全部発生すればDaが60上がるので育成にもかなり役立ちますので4凸なら確実に入れたい。 また、Da40%UPの強力なパッシブスキルもありますが、デメリットに注目度25%が付きますので、審査員からのダメージの大きいシーズン4でこのスキルは取らずにWING準決勝~決勝で取るようにしましょう。 WINGは審査員の与えるダメージが大した事ないので取得しても問題ありません。 樹里よりは優先度低いが、樹里がいない場合やDaサポートのSSRがいない場合はほぼ確定。 こちらもサポートイベント全部見た場合Da+60、Lv. 60でDaマスタリー7のため樹里には劣るものの育成性能は高い。 イベントオールでDa+60、Vi+20であり、1凸以上あればLv. 65まで上げた際にDaマスタリー8となるため、1凸以上ならほぼゲストは夏葉で確定。 オススメはこんな所です。 大事なのは Daサポートは育成、Viサポートはサポート札を基準に選ぶ事です。 【シーズンごとの立ち回り】 各シーズンごとの説明に入る前に、シーズン全体通しての思い出レベル等への意識の話をします。 ・思い出レベルは2~3で十分 シーズン1・2までは約束優先で構いませんが、シーズン3以降は思い出レベルが2以上あるならば育てたい属性と一致した場合や休みたいタイミングで休みの申し出が来た場合でも無い限りは無視しましょう。 思い出アピールの使い方としては 基本的にはラストアピールを狙える時に使う事になるので、 レベル1は話になりませんがレベル2あればまだラストアピール狙いが出来ますし、レベル3以上ならば狙いの属性審査員に対して少しでも自分のアピール値を増やすために使いましょう。 とはいえ シーズン3以降はファン数獲得の為にオーディションの回数を増やすので、 育成の方が重要です。 ・プロデュースイベントはDaかViの数値が足りてない方が上がる選択肢を選ぶ DaVi型で育てるので当たり前ですが、各シーズンごとの話をする時に目標値についても記しますのでそれを参考に足りてない方を上げましょう。 以下シーズンごとの育成方針の話となります。 ~シーズン1~ ラジオかトークでファン数を稼ぎましょう。 具体的な目標値はこの時点ではありません。 ~シーズン2~ 残り1週まではDa・Viレッスンとラジオ・トークでステータス上げ。 最後に1万オーディションを受けてファン数を達成。 目標値ですが残り一週時点で、 Da200・ Vi200・ Me200・ SP200が理想ですが、 DaとViは150以上 であれば許容範囲です。 SPはここまで上げなくても良いかもしれませんが、 意地っ張りサンセット等を組み込む場合は200あった方が無難だと思います。 私は後から上限やパッシブスキルなどをカバーしやすいという理由から200まで上げていますが、正直この辺はお好みで良いと思います。 とはいえ、 シーズン3でオーディションを受けるまでには必要なライブスキルは全て確保してある状態にはしておきましょう。 ユニークがVo等のアイドルの場合は意地っ張りか金魚のどちらかは入れておくといいと思います。 つまりSPを200取る理由はとにかく ライブスキルから1倍を消すのが目的です。 ちなみにパッシブスキルについてはライブスキルを取った後に好みで取るのが良いかと思いますが、注目度が上がるようなデメリット付きのパッシブスキルは先述のようにWING準決勝になってから取ることをオススメします。 シーズン2のオーディション自体は属性のステータスが150以上あれば流行1位を属性関係なく殴れば1位を取れますので特に問題ないかと思います。 ~シーズン3~ ここからが試練です。 まずシーズン3での目標値ですが、 Da300 ・ Vi300を超える事です。 メンタルはシーズン2時点で200を超えているなら Da・Vi値に余裕がある時以外は上げなくてもいいですが、 250を超えていると安定してくる事は念頭に置いておきましょう。 これらの数値を超えたら4万オーディション、ファン数5万で開放される5万オーディションを受けていきましょう。 流行はDaかViの流行の順位が高い方の属性を一致で殴りましょう。 流行1位がVoでも2位を殴れば、2位に突っ込んでくるライバルはいないのでまず勝てます。 シーズン3でファン数を稼げば稼ぐほどシーズン4が楽になるので、少なくともファン数10万人は稼ぐために遅くとも残り2週時点ではオーディションを受けるようにしましょう。 ~シーズン4~ ここまで来たらステータスを上げながらファン数10万人を超えている場合に開放される10万オーディションを受けます。 ただし、10万オーディションを受ける週は ・Vi流行1位の週 ・Da流行2位の週 の2パターンです。 それ以外は基本ステータスを上げましょう。 ステータスの理想は Da500弱・ Vi400弱ですが、 10万オーディションを勝つだけならViは300で十分です。 Daは400ぐらいあった方が安定するとは思いますが、この辺は検証不足なのでもう少し低くてもいいかもしれません。 ただしあくまでも10万オーディションで勝つだけならの話です。 何故10万オーディションを勝つだけならVi300で十分かと言うと、Vi1位の場合は1位を狙ってくるライバルにVi特化がいないため、 数値としては4000~6000ぐらいしか出ません。 なのでVi300もあれば Vi2. 5倍でパーフェクトを出した場合7000~8000は出ます。 また、甜花ちゃんや凛世のサポート札で殴った場合は 8000~9000は出るので、ライバルは追いつけなくなりトータルアピールで星24をほぼ確実に獲得でき、星24以上ならオーディションで2位以上にはなるのでまず合格できます。 そのためVi2. 5倍持ちでVi値が高めの凛世や甜花ちゃんをサポートで採用する必要がある訳ですね。 Da2位も同様で、Vi1位の時のようにDa特化かつDaばかり狙ってくる所謂スピア組のライバルがいないので取りやすいということですね。 ただし、Me200ぐらいだと 審査員の狙い方次第ではMeが足りずに落ちるというリスクもあるのでその点はご留意ください(250超えてると確率はグッと下がります。 300あればまず安定ですが、私なら250ぐらいあったらDaVi上げを優先します)。 ここは運と割り切るしかないので、それを回避するためにもシーズン3でファン数を稼いでおいて10万オーディションを受ける回数を出来るだけ減らしましょう。 (追記) 10万オーディションをVi1位、Da2位の週だけ受けていると、確率によっては3回しか来ない場合があるらしいので、その場合はDa1位の週で5万オーディションを受けましょう。 これらを踏まえれば50万人は超えられるかと思います。 ~WING準決勝~ ここは正直運要素が強いです。 Vo1位の場合はライバルにVo特化型がいないので、1位を殴ってもワンチャン取れるかもしれませんが、1~2ターンの他ライバルの様子を見てPerfectやExcellentが多く、3ターン目には審査員が帰ると思ったら属性2位・3位のトータルアピール+ラストアピール狙いに移行した方が良いかと思います。 また、移行した後でも思い出アピールで確実にVoのラストアピールが取れると思ったら確実に取りましょう。 Da1位やVi1位の場合はステータスが500近いのであれば殴り続けて勝てるかもしれませんが、Da1位やVi1位は特化かつスピアのライバルがいますし、そもそも準決勝ではほぼ全員が1ターン目では1位を殴ってくるのでかなり進みが早いため、運次第では負けます。 ~WING決勝~ Vo1位以外なら勝ちです。 Vo1位なら諦めましょう。 以上です。 その答えにたどり着いたアイドル達を見届けた時の感動は、Trueを迎えるための苦労をかけただけの甲斐があるものですので、ぜひ多くの人に見て頂きたいですし、そうした中でもっとアイドル達を愛して頂きたいと思いますので、まだTrueを見られていない方も挑戦してみてはいかがでしょうか。 最後に一言だけ。 シャニマスをやれ。 ありがとうございました。

次の

Trueが見たいだけの人向けのランクAアイドル作成シャニマス攻略(今更感):なぐりがき

シャニマス 取材

シャニマスをやれ …取り乱しました。 という事で今更すぎて需要があるかも分からないなんちゃってTrue攻略記事です。 タイトルにあるようにこの攻略ではTrueを見ることだけが目標のため、 ・グレフェスやフェスリハーサルのベリーハードを勝ち抜く育成 ・確実にWING優勝が出来る立ち回り ・ランクSアイドルの誕生 を目指す、またそれを可能とするような攻略 ではありません のでご了承ください。 要は ランクAアイドル(ファン数50万人)の安定性を上げるための攻略記事未満の備忘録ぐらいの気持ちで見てくだされば幸いです。 ちなみにまだP-SSRでしか試していませんが、P-SRでも基本的に変わる所は無いと思います。 【サポートアイドル】 この攻略では DaVi型の育成を目指します。 5倍で殴れるサポートSSRアイドルが存在することです。 従ってまずはViサポートのオススメから紹介します。 55でViマスタリー10なのでこの辺りを目指しましょう。 レベルは高ければ高いほどいいですが、最低限50は確保しておくべきだと思います(全てのサポートアイドルに言えることですが)。 Viカードが足りている場合や4凸ではない場合はサポートSSRでいいと思います。 他にも色々とVi型サポートアイドルはいますが、大事なのはViに関してはプロデュースアイドルを育てる目的で入れるというよりは、 サポートアイドルのVi札が目的で入れるという事です。 よって基本的には SSRのViサポートを2枚入れておけば問題ありません。 ただし、先述のようにDaVi型で育てるのにユニークスキルがVoである等の理由でライブスキルがイマイチ揃わないのであれば4凸金魚霧子を入れておくと良いでしょう。 続いてDaサポートアイドルですが、Daは プロデュースアイドルの育成が目的です。 よってサポートスキルが要になってきますので以下にオススメを記します。 50でDaマスタリー8、Lv. 70では14にまで上がるためDa育成ではかなり強力。 まぁ私は1枚しか持ってないんですけどね!なので2凸以上なら入れておいて間違いはないですが、そうでないなら優先度は低いです。 ライブスキルの意地っ張りサンセットが強い。 また、Lv65でDaマスタリー9まで上がり、サポートイベントが全部発生すればDaが60上がるので育成にもかなり役立ちますので4凸なら確実に入れたい。 また、Da40%UPの強力なパッシブスキルもありますが、デメリットに注目度25%が付きますので、審査員からのダメージの大きいシーズン4でこのスキルは取らずにWING準決勝~決勝で取るようにしましょう。 WINGは審査員の与えるダメージが大した事ないので取得しても問題ありません。 樹里よりは優先度低いが、樹里がいない場合やDaサポートのSSRがいない場合はほぼ確定。 こちらもサポートイベント全部見た場合Da+60、Lv. 60でDaマスタリー7のため樹里には劣るものの育成性能は高い。 イベントオールでDa+60、Vi+20であり、1凸以上あればLv. 65まで上げた際にDaマスタリー8となるため、1凸以上ならほぼゲストは夏葉で確定。 オススメはこんな所です。 大事なのは Daサポートは育成、Viサポートはサポート札を基準に選ぶ事です。 【シーズンごとの立ち回り】 各シーズンごとの説明に入る前に、シーズン全体通しての思い出レベル等への意識の話をします。 ・思い出レベルは2~3で十分 シーズン1・2までは約束優先で構いませんが、シーズン3以降は思い出レベルが2以上あるならば育てたい属性と一致した場合や休みたいタイミングで休みの申し出が来た場合でも無い限りは無視しましょう。 思い出アピールの使い方としては 基本的にはラストアピールを狙える時に使う事になるので、 レベル1は話になりませんがレベル2あればまだラストアピール狙いが出来ますし、レベル3以上ならば狙いの属性審査員に対して少しでも自分のアピール値を増やすために使いましょう。 とはいえ シーズン3以降はファン数獲得の為にオーディションの回数を増やすので、 育成の方が重要です。 ・プロデュースイベントはDaかViの数値が足りてない方が上がる選択肢を選ぶ DaVi型で育てるので当たり前ですが、各シーズンごとの話をする時に目標値についても記しますのでそれを参考に足りてない方を上げましょう。 以下シーズンごとの育成方針の話となります。 ~シーズン1~ ラジオかトークでファン数を稼ぎましょう。 具体的な目標値はこの時点ではありません。 ~シーズン2~ 残り1週まではDa・Viレッスンとラジオ・トークでステータス上げ。 最後に1万オーディションを受けてファン数を達成。 目標値ですが残り一週時点で、 Da200・ Vi200・ Me200・ SP200が理想ですが、 DaとViは150以上 であれば許容範囲です。 SPはここまで上げなくても良いかもしれませんが、 意地っ張りサンセット等を組み込む場合は200あった方が無難だと思います。 私は後から上限やパッシブスキルなどをカバーしやすいという理由から200まで上げていますが、正直この辺はお好みで良いと思います。 とはいえ、 シーズン3でオーディションを受けるまでには必要なライブスキルは全て確保してある状態にはしておきましょう。 ユニークがVo等のアイドルの場合は意地っ張りか金魚のどちらかは入れておくといいと思います。 つまりSPを200取る理由はとにかく ライブスキルから1倍を消すのが目的です。 ちなみにパッシブスキルについてはライブスキルを取った後に好みで取るのが良いかと思いますが、注目度が上がるようなデメリット付きのパッシブスキルは先述のようにWING準決勝になってから取ることをオススメします。 シーズン2のオーディション自体は属性のステータスが150以上あれば流行1位を属性関係なく殴れば1位を取れますので特に問題ないかと思います。 ~シーズン3~ ここからが試練です。 まずシーズン3での目標値ですが、 Da300 ・ Vi300を超える事です。 メンタルはシーズン2時点で200を超えているなら Da・Vi値に余裕がある時以外は上げなくてもいいですが、 250を超えていると安定してくる事は念頭に置いておきましょう。 これらの数値を超えたら4万オーディション、ファン数5万で開放される5万オーディションを受けていきましょう。 流行はDaかViの流行の順位が高い方の属性を一致で殴りましょう。 流行1位がVoでも2位を殴れば、2位に突っ込んでくるライバルはいないのでまず勝てます。 シーズン3でファン数を稼げば稼ぐほどシーズン4が楽になるので、少なくともファン数10万人は稼ぐために遅くとも残り2週時点ではオーディションを受けるようにしましょう。 ~シーズン4~ ここまで来たらステータスを上げながらファン数10万人を超えている場合に開放される10万オーディションを受けます。 ただし、10万オーディションを受ける週は ・Vi流行1位の週 ・Da流行2位の週 の2パターンです。 それ以外は基本ステータスを上げましょう。 ステータスの理想は Da500弱・ Vi400弱ですが、 10万オーディションを勝つだけならViは300で十分です。 Daは400ぐらいあった方が安定するとは思いますが、この辺は検証不足なのでもう少し低くてもいいかもしれません。 ただしあくまでも10万オーディションで勝つだけならの話です。 何故10万オーディションを勝つだけならVi300で十分かと言うと、Vi1位の場合は1位を狙ってくるライバルにVi特化がいないため、 数値としては4000~6000ぐらいしか出ません。 なのでVi300もあれば Vi2. 5倍でパーフェクトを出した場合7000~8000は出ます。 また、甜花ちゃんや凛世のサポート札で殴った場合は 8000~9000は出るので、ライバルは追いつけなくなりトータルアピールで星24をほぼ確実に獲得でき、星24以上ならオーディションで2位以上にはなるのでまず合格できます。 そのためVi2. 5倍持ちでVi値が高めの凛世や甜花ちゃんをサポートで採用する必要がある訳ですね。 Da2位も同様で、Vi1位の時のようにDa特化かつDaばかり狙ってくる所謂スピア組のライバルがいないので取りやすいということですね。 ただし、Me200ぐらいだと 審査員の狙い方次第ではMeが足りずに落ちるというリスクもあるのでその点はご留意ください(250超えてると確率はグッと下がります。 300あればまず安定ですが、私なら250ぐらいあったらDaVi上げを優先します)。 ここは運と割り切るしかないので、それを回避するためにもシーズン3でファン数を稼いでおいて10万オーディションを受ける回数を出来るだけ減らしましょう。 (追記) 10万オーディションをVi1位、Da2位の週だけ受けていると、確率によっては3回しか来ない場合があるらしいので、その場合はDa1位の週で5万オーディションを受けましょう。 これらを踏まえれば50万人は超えられるかと思います。 ~WING準決勝~ ここは正直運要素が強いです。 Vo1位の場合はライバルにVo特化型がいないので、1位を殴ってもワンチャン取れるかもしれませんが、1~2ターンの他ライバルの様子を見てPerfectやExcellentが多く、3ターン目には審査員が帰ると思ったら属性2位・3位のトータルアピール+ラストアピール狙いに移行した方が良いかと思います。 また、移行した後でも思い出アピールで確実にVoのラストアピールが取れると思ったら確実に取りましょう。 Da1位やVi1位の場合はステータスが500近いのであれば殴り続けて勝てるかもしれませんが、Da1位やVi1位は特化かつスピアのライバルがいますし、そもそも準決勝ではほぼ全員が1ターン目では1位を殴ってくるのでかなり進みが早いため、運次第では負けます。 ~WING決勝~ Vo1位以外なら勝ちです。 Vo1位なら諦めましょう。 以上です。 その答えにたどり着いたアイドル達を見届けた時の感動は、Trueを迎えるための苦労をかけただけの甲斐があるものですので、ぜひ多くの人に見て頂きたいですし、そうした中でもっとアイドル達を愛して頂きたいと思いますので、まだTrueを見られていない方も挑戦してみてはいかがでしょうか。 最後に一言だけ。 シャニマスをやれ。 ありがとうございました。

次の

シャニマス超初心者向けプロデュース攻略:ちょーうんのブロマガ

シャニマス 取材

シャニマスの初心者が、アイドルマスターシャイニーカラーズを楽しむために知っておくべき事をまとめています。 初心者が知っておきたいこと 前提編 前提で知っておきたいこと一覧• シャニマスは「アイドルの成長」を楽しむ• 他ゲームよりガシャを楽しめる• 一日20分程度やればいい• クリアは、最低1カ月はかかる• カードの種類を知る 「アイドルの成長」を楽しむゲーム 初心者がシャニマスをやるにあたって、最初に知るべきことがあります。 それは、シャニマスは 「アイドルの成長を楽しむゲーム」であり、 「誰かに勝つゲーム」ではないということです。 アイドル単体のコミュを見たり、ユニットの悩みや苦労を乗り越える姿をみて感動するゲームです。 そのため、 シナリオに興味がないという人はそもそもハマりません。 下記に該当する人が、ハマるゲームなので是非やってみてください。 シャニマスにハマる人の特徴• 可愛いアイドルの会話を聞きたい• ユニット間での人間関係を近くで見たい• シャニマスのライブを楽しみたい• ガチャを沢山回したい• 他ゲームのようにイベント周回したくない 該当したら、是非シャニマスをやりましょう。 他のゲームよりガチャを楽しめる シャニマスは、他のゲームよりガチャを楽しむことが出来ます。 理由として、多くのジュエル ガチャを回す素材 や、ガチャチケット しかもSR以上確定 を沢山くれます。 ガチャを回して可愛いと思ったキャラが出た時だけ遊ぶでも良いんです。 例として、どの位貰えるか例を挙げます。 多くのジュエルを貰える例• 1週間のログインボーナスで5回• デイリーミッションで1回 週5回• ウィークリーミッションで5回• クリア TrueEnd で20連or10連• アイドル5人育てて50連 1週間普通にやってれば15連回すことが出来ます。 超凄い。 また、難しいですがゲームをクリアすることで、1カードにつき20連 SSRキャラ 、10連 SRキャラ 回すことが出来ます。 ガチャでSSRをゲットすると、20連分ペイ出来るんです。 ヤバい。 焦らず一日20分程度やる シャニマスは、どんなに一生懸命沢山やっても、すぐに強くなることはないことは知っておきましょう。 毎日コツコツ、デイリークエストをこなすことこそが、シャニマスを楽しむ為の近道になります。 クリアには最低1カ月はかかる シャニマスには、プロデュースカード1枚1枚にクリア TrueEnd が用意されています。 が、このTrueEndを達成するのが、初心者にはまじで難しいです。 普通にゲームをやること 1日20分 を踏まえても、最低1カ月で何とか1体クリアできるようになると思ってください。 それゆえに、初めてTrueEndが出来たときは非常にうれしいですよ。 カードについて知る 本当にチョコっとだけ必要な知識を教えます チョコだけに。 ゲームの遊び方ではなく、カードについてです。 カードについて知らないと、そもそもリセマラとかも意味なくやることになります。 このゲーム、同じカードを4枚重ねます まず初めに、シャニマスというゲームは、同じカードを4枚も重ねるゲームです。 ガシャを多く回せる理由には、こういう事情があるからかもしれません。 4枚重ねることで、そのキャラの本領が発揮できるので、初心者は、 同じカードを5枚集めることが目標になります。 左上に「P」の記載がされているので、ガチャを行ったときに確認してみてください。 最初はSSRが1枚あれば十分です。 このサポートカードが メチャクチャ重要です。 サポートカードを4枚重ねることで、威力の高い技 ライブスキル を発動できます。 4枚重ねを目指さないことには、このゲームをクリアするのは非常に難しいです。 4枚重ねた時に得られる能力 ライブスキル を知っておき、どれを得意としているかチェックすることをおすすめします。 前提編まとめ 以上がシャニマスを触るにあたっての初心者が知っておくべき内容 前提編 です。 長くなってしまって申し訳ございませんが、もうちょっとだけ続きます。 初心者が知っておきたいこと 攻略編 攻略で知っておきたいこと一覧• リセマラはSRのサポートアイドルを取ろう• トレーニングチケットを集めよう• サポートキャラ5体をLV50くらいにしよう• クリアを目指すプレイングを学ぼう• さぁ更なる目標へ リセマラではサポートを優先 プロデュースカードよりも、サポートアイドルのSRやSSRカードを優先しましょう。 理想は、プロデュースSSRが1枚、サポートSSRが1枚、属性が同じサポートSRが2枚です。 まぁサポートが多めにきたら何でもいいです。 リセマラのおすすめカードは下記をご覧ください。 SRサポートの4凸がクリアへの近道 シャニマスでは、SRのサポートを4枚重ねることが、クリアへの近道です。 SSRの1凸よりも、SRの4凸のほうが強い場合が多いです。 そのため、リセマラでもSRのサポートが来たら、テンションを上げましょう。 トレーニングチケットを集める サポートアイドルを育てるために、「トレーニングチケット」を頑張って集めましょう。 サポートアイドルを育てることで、プロデュースキャラの能力の上り幅や恩恵が大きく異なります。 そのため、サポートアイドルを育てないことには、プロデュースをしても、WINGやゲームクリア TrueEnd を達成出来ません。 属性が同じ5体のキャラをLv50以上 得意属性が同じサポートキャラ5体をLv50以上にしましょう。 辛くね?って思うかもしれませんが、そういうゲームです。 コツコツやって、Lvを上げて物理で殴る。 そうすればそれなりに安定してWINGやゲームクリアを狙えます。 クリアを目指す方法を覚える ここまでやってやっと、クリアを目指せるようになります。 運よくクリアできることもあるかもしれませんが、普通はここまで頑張る必要があります。 一回クリア方法を覚えたら、何回でもクリア出来るので、覚えてしまいましょう。 さぁ更なる目標へ WINGやTrueがクリアできるようになったら、もう君はシャニマスのとりこになっているはずです。 コミュを楽しみながら、フェスアイドルを作りましょう。 まとめ 以上が、初心者が楽しむために知っておきたいことでした。 ここでは書けていなかった深めの話は少しずつ作成していきます。 をフォローしておくと情報がすぐに入って楽です。 是非フォローをお願いいたします。

次の