志村 けん 新型 コロナ。 「がん治療」は新型コロナと似ている 志村けんの死が衝撃だった理由

感染ルートは?志村けんが新型コロナに感染するまでの足どりを追ってみた

志村 けん 新型 コロナ

「陽性だと聞いて、心配でしょうがない……。 映画(『キネマの神様』)を降板したというのも知り、けんは出演を楽しみにしていたから」 3月27日、「週刊文春デジタル」の取材にそう語るのは、志村けん(70)の実兄・志村知之氏(73)だ。 世界中で新型コロナウイルス感染が拡大する中、激震が走ったのは3月25日だった。 所属事務所のイザワオフィスが志村の新型コロナウイルス陽性と入院を公表。 重度の肺炎を患い、ICU(集中治療室)で治療を受けているという。 19日に発熱や呼吸困難の症状が現れたため、20日に主治医の診断を受けた結果、医師の判断で港区の病院に搬送され、緊急入院した。 重度の肺炎と診断され、23日に新型コロナウイルス検査で陽性と判明。 24日に行われた保健所の調査で濃厚接触者の特定は終了しているが、感染経路は不明だという。 24日午後には、人工心肺をつけるため別の病院に転院した。 人気タレントの志村はレギュラー番組「天才!志村どうぶつ園」(日本テレビ系)、「志村でナイト」(フジテレビ系)に加え、多くの仕事を抱えていた。 3月30日から始まるNHK連続テレビ小説「エール」には音楽家役で出演予定。 初の主演映画「キネマの神様」の撮影も4月上旬に控えていたが、所属事務所は26日に志村の降板を発表した。 志村と言えば趣味のガールズバー通いが有名。 不摂生と多忙な日々が続いていた。 「以前は毎日お酒を飲んで、タバコは1日3箱が必需品でした。 過去に何度も胃潰瘍を経験していて2016年に肺炎を患い、2月には胃のポリープを切除する内視鏡手術を受けたばかりです。 最近では、健康のために自分で朝ご飯を作り、岩盤浴通いもして飲酒の量も減らしていたそうです」(スポーツ紙記者) 「志村さんの家の前に救急車と消防車が長時間止まった」 都内にある志村の自宅に救急車が駆けつけたのを目撃したという近隣住民の男性が振り返る。 「志村さんはほとんど家にいないくらい忙しい人で、時折、運転手付きの車が迎えに来ているのを見かける程度です。 新型コロナの陽性報道のあった数日前だったと思います、日中の14時頃、志村さんの家の前に救急車と消防車が長時間止まったんです。 最初はどこかでボヤでもあったのかと思いましたが、近所でも『どうも志村さんの家らしいよ』と会話がありました。 志村さんはとても犬を可愛がっていた。 早くよくなってほしいです。 心配しています」 現在、志村は感染症の専門医がいる新宿区内の病院に転院して、人工心肺装置を装着しているという。 容体について事務所は「本人も病状の回復に全力で努めております」と、コメントしている。 「人工心肺装置を装着していることから、回復には月単位の期間が必要になるとも言われています。 年齢を重ねて体力も落ちている。 事務所の発表したコメントには志村さん本人の談話がなく、意識がはっきりしていない可能性がある」(前出・スポーツ紙記者) 現在の志村の病状について実兄・志村知之氏に話を聞いた。 ——志村さんの容態は? 「報道では、私が病院で付き添っていると報じられていましたが、私は行っていません。 (新型コロナに)感染してしまうのでいけない。 私だって行けるものなら看病に行ってやりたいです。 全然、何も出来ません。 こういう状況だから、病院の方や井澤さん(『イザワオフィス』代表取締役社長の井澤健氏)からの連絡を待つしかない。 井澤さんも病院に行けていなくて、医者の説明を聞いては、毎日連絡をくれています」 ——入院の一報はどのように? 「井澤さんだったかな……。 もう、動揺してしまって覚えてない」 ——病状について事務所からはどう聞いていますか? 「報道の通りです。 集中治療室に入ったというのも、井澤さんからの連絡で知りました」 「会話は出来ていないんじゃないか」 ——志村さんはお話できる状態でしょうか? 「……わからない。 でも会話は出来ていないんじゃないかなぁ。 井澤さんからも意識のことは聞けていない」 ——病院への搬送前に体調が悪いという連絡や相談はありましたか? 「けんがいつもお世話になっている病院の主治医が家に診にきてくれて、そこで体調がよくないから入院しようとなったと聞きました。 私はその主治医に会ったことがないからわからないけど、だいぶ前から色んな薬をもらっていたみたい。 肺か肝臓かな? けんは持病があるから。 肝臓が弱っていたからそれかとも思うけど、詳しくはわからない」 ——志村さんと最後にあったのはいつですか? 「年に1回か2回くらいしか会わないんだけど、けんは毎年大晦日に来て正月を実家で過ごすんです。 今年の正月に会ったのが最後で、そのときには『今度、NHKの朝ドラに出るんだ』とか、『映画の話があるんだよ』と、嬉しそうに話していた。 酒はだいぶ減ったみたいだった。 何年か前に肺炎やってから、気をつけていたように思います。 日本中が知っている人間ですからね。 いつもがんばっているなと。 早く回復して元気になってほしい。 すぐにでも会いに行きたいよ……」 「身体の動く限りは、ずっとコントをやっていたい」と関係者らに語っていたという志村。 日本中が元気になった志村の「だいじょうぶだあ」を待っている。 (「週刊文春デジタル」編集部/週刊文春デジタル).

次の

志村けんが新型コロナウイルス重症化で人工肺装置ECMOを装着。感染経路は不明でパニック状態、番組共演者に感染懸念も…

志村 けん 新型 コロナ

われわれはどんな情報を元にどう判断し、どう闘うべきなのか。 保険診療で受けられる標準治療以外に「独自のがん治療」と称した様々な自由診療があるが、これについてどう考えるべきなのか。 世界文化社から、がんになった時のための実用書、「賢いがん患者」になるための指南書として『やってはいけない がん治療』が刊行された。 本書の著者であるジャーナリストの岩澤倫彦氏に、以下ご寄稿いただいた。 「若者は新型コロナに感染しても発病しない」、「マスクの装着は必要ない」……。 3月中旬、ワイドショーなどで、このように力説していた医者がいた。 様々なテレビ番組に出演している医者だから、信じた人も多いだろう。 それから1カ月後、新型コロナで若者も発病することが明らかになり、感染拡大の防止にマスクは必需品となっている。 調べてみると、冒頭の主張をしていた医者の専門は、感染症ではなかった。 命を左右する情報であっても、専門外の医者が根拠もなく「独自理論」を主張していたのだ。 予後が厳しいステージ4の肺がんなどで、画期的な効果が証明された新薬だが、強い副作用によって死亡者も出ている。 患者の安全性を確保するため、製薬会社と関連学会は、オプジーボの使用について条件を設定。 「救急対応が可能な病院」、かつ「専門資格を持った医師」に限定した。 しかも、クリニックの医師が、最近まで専門家としてマスコミに登場していたのは「下肢静脈瘤治療」。 むろん、関連学会が指定する専門資格も有していない。 この自由診療クリニックの治療費は、1クールで約500万円。 自由診療は治療費を自由に設定できるから、莫大な利益を得ることが可能なのだ。 一般的な町のクリニックが「副業」として、がん免疫細胞療法をやるケースもある。 重大な副作用や、がんが悪化した場合の対応を聞くと、クリニックの医者はこう答えた。 「救急車を呼んでください。 ここは入院施設がありませんので」 がん患者の中には、「幼い子供がいるから、いま絶対に死ぬわけにはいかない」という人もいる。 そうした切実な心境を見透かしたように、自由診療クリニックは「末期がんでも完治を目指す」などのキャッチコピーを掲げて宣伝するのだ。 ここで注意しておきたいのが、画期的な「独自理論」のがん自由診療は、外部の客観的な検証ができないブラックボックスになっていること。 ウェブサイトで公表されている治療成績は、額面通り信用しないほうがいい。 志村けんの死が衝撃的だった理由 新型コロナによって、日本を代表するコメディアンが亡くなった。 これは、がん治療においても、同様なのだ。 保険診療で受けられる、がんの「標準治療」は、現時点で最も有効性が高い治療である。 国民皆保険制度に基づく世界に誇れるシステムなのだが、意外にも理解していない人が多い。 慶應大学病院・腫瘍センターの浜本康夫准教授(消化器内科)が、がん治療の現実を話してくれた。 「社会的に成功した人、有名なアスリート、会社経営者の患者さんは、お金をたくさん払ったほうが特別によい治療を受けられると思う傾向が強いです。 根性で人生を乗り切っているので、大きく投資するほど、よい結果が返ってくるという、ご自分の成功体験を医療にも当てはめているようです」 「特別な治療」を希望するセレブ患者に対して、「標準治療」が世界でも最高レベルのがん治療と浜本准教授が説明しても、その後、通院しない患者もいるという。 一方、アメリカは民間の保険会社が、契約内容によって、受診先の病院から検査・治療の内容まで細かく指定する。 高い契約ほど、良質で手厚い治療を受けられる仕組みだ。 残念ながら、「三途の川もカネ次第」という非情な現実がある。 がん治療情報の誤解 がん治療に関する情報には、常識と思われていることが、実は間違っていることも多い。 例えば、次の7項目のなかで、正しいと思う内容は、どれくらいあるだろうか? 1. 「がん検診の結果が〝異常ナシ〟だったので、当分は安心していい」 2. 「自由診療のがん治療は、保険適用の診療よりレべルが高い」 3. 「手術や放射線治療をすると、がんが暴れ出して、かえって早死にする」 4. 「抗がん剤は毒なので、身体を弱らせるだけ。 拒否したほうが長生きできる」 5. 「ステージ4は末期がんなので、延命治療しかない」 6. 「がんのエサは糖。 だから、糖質制限でがんは消える」 7. 「抗がん剤」に関しては、著名な近藤誠医師が、派手に批判を展開してきた影響もあって、今でも治療を拒否する患者がいる。 だが、近藤氏の主張は20年以上も前の抗がん剤について述べていることをご存知だろうか? 現在では、副作用を抑える技術が進み、効果の高い抗がん剤も開発されている。 また、「治療すると、がんが暴れ出す」という近藤理論で引き合いに出されるのは、1993年に胃がんで亡くなった故・逸見政孝さんのケース。 27年前と現在では、治療技術が格段に違う。 こうした古い時代の医療を基準にした「フェイク情報」を信じてしまうと、助かるはずの命を失うことになる。 標準治療を選択しなかった患者の「確証バイアス」 早期の乳がんが判明して、「外科手術でがんを切除すれば、9割以上の確率で助かる」と言われた女性がいた。 標準治療で完治できる、幸運なケースである。 しかし、女性は手術予定日の直前にキャンセル。 自由診療クリニックの温熱療法に切り替えてしまった。 温熱療法は外部からがんを熱する治療で、体に優しいというイメージがある。 自由診療クリニックの医師は、「3カ月も治療をすれば、がんが消える」と説明したという。 外科手術で身体にメスを入れることに、恐怖感や拒絶感が先行してしまう患者は少なくない。 この場合、「手術を受けたくない」という自分の気持ちを肯定する情報を、無意識に求めてしまう傾向が強くなる。 これを心理学で、「確証バイアス」と呼ぶ。 本来は否定的な意見や、客観的事実などのデータも意識的に検討しなければ、適正な判断はできない。 Image created by Redgirl Lee 乳がんが見つかってから1年9カ月後、女性は亡くなった。 肺と肝臓に転移して、最期の一週間は会話もままならなかったという。 温熱療法は、放射線治療や抗がん剤と併用すると、上乗せ効果があるとされ、保険適用にもなっている。 だが、各がんのガイドラインで推奨されてはいない為、一般的ながん治療では普及していない。 自由診療クリニックでは、温熱療法を単独で実施しているが、外科手術のように完治できるエビデンスはない。 「3カ月でがんが消える」という医師の言葉は、確固たる根拠はなかったのだ。 乳がんの女性を最初に担当した医者が、標準治療を受けるように、なぜ強く引き留めなかったのか、と疑問を抱く人もいるだろう。 現在の医療は、インフォームド・コンセントの普及に伴い、「患者の自己決定権」が尊重されるようになった。 そのため、有効性が怪しい自由診療を患者が選択しても、担当医は余程のことがない限り、強く反対しない。 結果として、間違った選択をした場合、助かるはずの命を失うリスクを、患者自身が負うことになるのだ。 日本の医療には「治外法権」が存在する 大半の人は、「フェイク情報に自分が騙されるはずがない」と思っているだろう。 だが、知的レベルや社会経験は、関係ない。 私が取材してきた中では、「フェイク情報」に翻弄された人々は、会社経営者、国立大学の教授、医療関係者の人もいた。 むしろ、社会的な成功を収めた人や、常識的な思考回路の人が「偽のがん情報」を信用してしまう傾向がある。 最大の理由は、「医者」と「経歴」に対する信頼感だ。 あの近藤誠氏も慶應大学というブランド力を利用して、「がん放置療法」を世に広めた。 「野菜スープでがんが消える」という荒唐無稽な本も、ハーバード大学、千葉大学という肩書きを持つ医者が書いているから、人々は信用してしまう。 本当に効くなら、どこの病院でも「野菜ジュースやスープ」で治療するだろう。 つまり、誰かが「嘘」を言っている。 巷では「独自のがん治療」と称した、様々な自由診療が行われている。 これが許されているのは、医者には「裁量権」という特権が認められているからだ。 「裁量権」とは、専門的な医学知識や臨床経験をもとに、検査や治療を選択する権利。 本来、これは医者なら何をやってもよいという免罪符ではない。 「裁量権の行使には医学的根拠が必要」という裁判所の判断もある。 だが、自由診療のクリニックは「裁量権」を盾にして、有効性が定かではない高額ながん治療を行なっているのが現実。 まるで「治外法権」というべき状態にあることが、医療界で問題視されてきたが、患者の多くは知らない。 現時点では法規制が追いついていないため、患者側が自己防衛するしかない。 どんなに立派な肩書きや経歴でも、信頼性を保証するものではないことを知ってほしい。 養うべきは、がん情報のリテラシー、「目利き力」 ノーベル賞を受賞した本庶佑氏は、私の単独インタビューに対して、「明確なエビデンスがない医療をビジネスとしてやるのは〝医の倫理〟に反する」と断言した。 一方で、法律で規制するのは難しいため、「患者が情報の真偽を目利きする、リテラシーを持つことが唯一の対策」と指摘している。 リテラシーとは、がん情報を「目利きする力」と言ってもいいだろう。 難しいのは「標準治療」だけで、すべて解決できるわけではないことだ。 一定の割合で、標準治療でも治らないケースや、長期間の治療で抗がん剤が効かなくなるケースなど、患者によって様々なパターンがある。 では、その先の時間を、患者はどのように生きていくのか? 私は3年間にわたって、がん患者の在宅生活を支援する、緩和ケア診療所「いっぽ」を密着取材してきた。 緩和ケアを受ければ悩みは消える、というお花畑のような景色はない。 だからといって、絶望だけが支配する生活ではなかった。 間近に迫った死を受け入れると、その人にとって一番大切なものがはっきり見えてくるからだ。 限られた時間をどのように生きるのか、それは私たちすべてに共通するテーマかもしれない。 『やってはいけない がん治療』(世界文化社刊)は、がんになった時に使っていただきたい実用書であり、がん患者の本音や治療の現実、実生活をリアルに描いた記録の書でもある。 〝その日〟が訪れた時、少しでもお役に立つことができれば、幸甚の限りだ。 報道番組ディレクターとして救急医療、脳死臓器移植などのテーマに携わり、「血液製剤のC型肝炎ウィルス混入」スクープで新聞協会賞、米・ピーボディ賞を受賞。 著書に『バリウム検査は危ない 1000万人のリスクと600億円利権のカラクリ』 小学館 、『やってはいけない歯科治療』 小学館新書 などがある。

次の

【志村けんさん死去】《実兄が告白》新型コロナ入院の志村けん「会話はできてないんじゃないか」

志村 けん 新型 コロナ

しかし、残り20%は確実に入院が必要で、全体の5%は集中治療室に入らないと助けられない。 しかも、重症化のスピードが異様に速く、たった数時間で、それまで話ができていた患者が、どんどん酸素が足りなくなり、「人工呼吸器」が必要だと思ったら、すでに「人工心肺装置」をつけないと助からない状況に陥っている。 そう語ったのは、感染者の治療に最前線で当たっている国際感染症センターの大曲貴夫センター長だ(3月25日の都庁会見)。 治療現場の緊迫感と、ウイルスの恐怖が端的に伝わってくる。 どんな感染者が、その「異様なスピードで重症化する5%」に当たるのか。 ビートたけし(73才)はこのウイルス特有の脅威を「ロシアンルーレットのようだ」と表現した。 「風邪のような症状で自宅のベッドで寝込んでいた志村さんは、かかりつけの医師を自宅に呼ぶと、肺炎と診断され、病院に搬送されてそのまま入院しました。 その翌日、人工呼吸器をつけるときに意識を失うと、もう二度と目覚めることはありませんでした。 実は、志村さんは自分が新型コロナに侵されているという事実を知ることなく、本当にあっという間に逝ってしまったんです」(芸能関係者) 3月29日午後11時10分、タレントの志村けんさんが、新型コロナウイルス感染による肺炎のため亡くなった。 70才だった。 前出の芸能関係者が続ける。 「3月17日に倦怠感を訴えて自宅静養に入りました。 2日後に発熱や呼吸困難の症状が現れると、20日に自宅で訪問診断を受け、重度の肺炎で東京・港区の病院に緊急入院。 その際に新型コロナの検査を受け、3日後の23日に陽性と判明しましたが、そのときにはすでに志村さんの意識は混濁していたそうです。 ほんの軽い風邪のような症状が出てから、意識を失うまでは、たったの3日間でした。 近しい関係者も、突然の事態にもう何がなんだか…」 24日に病院を転院した志村さんは、人工心肺装置である体外式膜型人工肺「ECMO」を使用した治療を受けたという。 血液内科医の中村幸嗣さんが解説する。 「肺炎が重症化して、自力で肺に酸素を取り入れられなくなると、人工呼吸器を用いて機械の力で肺に酸素を送ります。 それでも症状が改善しないときには、ECMOを使って血液に酸素を直接注入します。

次の