成田 山 深川 不動 堂。 深川不動尊はパワースポット|ご利益多く、お守りも人気の成田山の別院

門前仲町の地名の由来

成田 山 深川 不動 堂

門前仲町地名の由来、永代寺と深川不動堂 江東区富岡に深川公園という大きな公園があります。 明治に入り都内に整備された最初の公園の1つです。 深川公園にはもともと、富岡八幡宮の別当寺であった永代寺という大きな寺院がありました。 門前仲町の地名の由来は、この地が永代寺の門前町として栄えたことにあります。 永代寺は明治初期の神仏分離令により、廃寺となり、深川公園として整備されました。 その後、永代寺の塔頭の1つであったお寺に名前を引き継ぐ形で深川の永代寺は蘇っています。 深川八幡宮の隣にある深川不動堂も、この永代寺と深い関係があります。 元禄16年 1703年 、徳川五代将軍綱吉が、生母桂昌院のために永代寺境内で成田山新勝寺の不動明王の出開帳を行ったことが深川不動としての起源になります。 そのため、正式な名称は成田山新勝寺東京別院といいます。 永代寺が廃寺となった後の明治2年 1869年 、不動明王信仰の地として、深川不動堂の名称が認められ、明治14年、現在地に本堂が完成し今に至ります。 現在の本堂は平成24年に建てられたものですが、隣には昭和26年、千葉県の竜腹寺から移築された旧本堂が残ります。 永代寺の門前町として発展したことが、門前仲町の地名の由来となったわけですが、この地は江戸時代から、富岡八幡宮、深川不動堂、永代寺の塔頭など多くの神社仏閣がありました。 永代寺に限らず、たくさんの人が集まり、門前町として発展、賑わいを見せたことと考えられます。 不動明王人気のきっかけ 江戸時代の出開帳から始まり、今日に至るまで、不動明王の人気、また深川不動堂の本院である、成田山新勝寺の人気を作ったものはなんだったのでしょうか。 もちろん不動明王の持つ、「霊験あらかたである」「信仰によるご利益」がベースとなっていることは間違いありません。 ただ、歴史的に見ると、「江戸への出開帳」、「歌舞伎」が大きな役割を持っています。 成田山新勝寺の不動明王出開帳 出開帳はあるお寺が本尊を別の場所に移して開帳 公開 することです。 開帳は本来、33年に1度、仏と一般信者の縁を結ぶ宗教行事でした。 このイベントは、開帳元の寺院にとっては、護摩料などによる経済的な効果、信仰を広め信者を増やすという一石二鳥の行事でした。 そのため、各寺院は33年に1度ではなく、たびたびこの開帳を行ったようです。 成田山新勝寺も3回目以降は10年に1度の割合、計12回の出開帳を行っています。 また、出開帳は実施場所である町にとっても集客による経済効果が見込めるイベントでした。 天保4年 1833年 の出開帳では火災による消失を受けた江戸深川の町人が町を盛り立てるため、成田山新勝寺に対して再三の出開帳を要請したことが記録されています 支倉清、伊藤時彦著 お稲荷様って、神様?仏様?。 また成田山新勝寺側も「不動堂と鐘楼堂等の修復」を目的として、この出開帳を行っています。 出開帳が経済的な利益が一致したイベントであったことがうかがえます。 成田山新勝寺と歌舞伎 不動明王の人気を作ったもう一つのきっかけは歌舞伎です。 歌舞伎の市川家は成田屋の屋号を用いており、成田山との関係が深いことで知られています。 成田山との関係のきっかけに成田出身であったとされる初代団十郎が成田山に祈願し、子宝に恵まれたというエピソードがあります。 上記のエピソードの信ぴょう性がどこまで高いかわかりません。 しかし、初代団十郎による「成田山分身不動」が上演され、この芝居が大ヒットしたことがきっかけで成田不動の人気が高まったことは事実のようです。 このことをきっかけに市川家は成田屋の屋号を使うようになります。 新勝寺住職照範の手腕 不動明王人気、成田山新勝寺の人気を作った上記のエピソードはそれぞれ時期が合致します。 また、新勝寺本堂の建立の時期も近い時期に行われています。 元禄14年 1701年 -本堂建立• 元禄16年 1703年 -永代寺での出開帳• 元禄16年 1703年 -市川團十郎による「成田山分身不動」上演 深川不動堂発行の「成田山 深川不動堂三百年史」では本堂を建立した新勝寺住職照範の手腕により新勝寺の今日の隆興、不動明王信仰の発展を作った点を指摘しています。 照範は出開帳などのイベント、また、マスメディアによる宣伝をおこない、不動明王信仰の拡大に大きな役割を果たしました。 今でも深川不動堂、また、成田山新勝寺では不動明王を参拝する方々が多く訪れています。 東京に残された江戸時代に由来する地名 この記事で紹介した以外にも、東京には江戸時代に由来する地名が多く残されています。

次の

深川不動尊はパワースポット|ご利益多く、お守りも人気の成田山の別院

成田 山 深川 不動 堂

門前仲町地名の由来、永代寺と深川不動堂 江東区富岡に深川公園という大きな公園があります。 明治に入り都内に整備された最初の公園の1つです。 深川公園にはもともと、富岡八幡宮の別当寺であった永代寺という大きな寺院がありました。 門前仲町の地名の由来は、この地が永代寺の門前町として栄えたことにあります。 永代寺は明治初期の神仏分離令により、廃寺となり、深川公園として整備されました。 その後、永代寺の塔頭の1つであったお寺に名前を引き継ぐ形で深川の永代寺は蘇っています。 深川八幡宮の隣にある深川不動堂も、この永代寺と深い関係があります。 元禄16年 1703年 、徳川五代将軍綱吉が、生母桂昌院のために永代寺境内で成田山新勝寺の不動明王の出開帳を行ったことが深川不動としての起源になります。 そのため、正式な名称は成田山新勝寺東京別院といいます。 永代寺が廃寺となった後の明治2年 1869年 、不動明王信仰の地として、深川不動堂の名称が認められ、明治14年、現在地に本堂が完成し今に至ります。 現在の本堂は平成24年に建てられたものですが、隣には昭和26年、千葉県の竜腹寺から移築された旧本堂が残ります。 永代寺の門前町として発展したことが、門前仲町の地名の由来となったわけですが、この地は江戸時代から、富岡八幡宮、深川不動堂、永代寺の塔頭など多くの神社仏閣がありました。 永代寺に限らず、たくさんの人が集まり、門前町として発展、賑わいを見せたことと考えられます。 不動明王人気のきっかけ 江戸時代の出開帳から始まり、今日に至るまで、不動明王の人気、また深川不動堂の本院である、成田山新勝寺の人気を作ったものはなんだったのでしょうか。 もちろん不動明王の持つ、「霊験あらかたである」「信仰によるご利益」がベースとなっていることは間違いありません。 ただ、歴史的に見ると、「江戸への出開帳」、「歌舞伎」が大きな役割を持っています。 成田山新勝寺の不動明王出開帳 出開帳はあるお寺が本尊を別の場所に移して開帳 公開 することです。 開帳は本来、33年に1度、仏と一般信者の縁を結ぶ宗教行事でした。 このイベントは、開帳元の寺院にとっては、護摩料などによる経済的な効果、信仰を広め信者を増やすという一石二鳥の行事でした。 そのため、各寺院は33年に1度ではなく、たびたびこの開帳を行ったようです。 成田山新勝寺も3回目以降は10年に1度の割合、計12回の出開帳を行っています。 また、出開帳は実施場所である町にとっても集客による経済効果が見込めるイベントでした。 天保4年 1833年 の出開帳では火災による消失を受けた江戸深川の町人が町を盛り立てるため、成田山新勝寺に対して再三の出開帳を要請したことが記録されています 支倉清、伊藤時彦著 お稲荷様って、神様?仏様?。 また成田山新勝寺側も「不動堂と鐘楼堂等の修復」を目的として、この出開帳を行っています。 出開帳が経済的な利益が一致したイベントであったことがうかがえます。 成田山新勝寺と歌舞伎 不動明王の人気を作ったもう一つのきっかけは歌舞伎です。 歌舞伎の市川家は成田屋の屋号を用いており、成田山との関係が深いことで知られています。 成田山との関係のきっかけに成田出身であったとされる初代団十郎が成田山に祈願し、子宝に恵まれたというエピソードがあります。 上記のエピソードの信ぴょう性がどこまで高いかわかりません。 しかし、初代団十郎による「成田山分身不動」が上演され、この芝居が大ヒットしたことがきっかけで成田不動の人気が高まったことは事実のようです。 このことをきっかけに市川家は成田屋の屋号を使うようになります。 新勝寺住職照範の手腕 不動明王人気、成田山新勝寺の人気を作った上記のエピソードはそれぞれ時期が合致します。 また、新勝寺本堂の建立の時期も近い時期に行われています。 元禄14年 1701年 -本堂建立• 元禄16年 1703年 -永代寺での出開帳• 元禄16年 1703年 -市川團十郎による「成田山分身不動」上演 深川不動堂発行の「成田山 深川不動堂三百年史」では本堂を建立した新勝寺住職照範の手腕により新勝寺の今日の隆興、不動明王信仰の発展を作った点を指摘しています。 照範は出開帳などのイベント、また、マスメディアによる宣伝をおこない、不動明王信仰の拡大に大きな役割を果たしました。 今でも深川不動堂、また、成田山新勝寺では不動明王を参拝する方々が多く訪れています。 東京に残された江戸時代に由来する地名 この記事で紹介した以外にも、東京には江戸時代に由来する地名が多く残されています。

次の

〖成田山〗深川不動堂の御朱印と和楽器集団のパフォーマンスのようだった護摩供養

成田 山 深川 不動 堂

旧本堂には見事な彫刻も 江戸時代元禄の頃、庶民を中心として不動明王を不動尊信仰が高まった際、とくに成田山新勝寺は信仰を集め、成田山の不動尊を江戸で参拝したいという声におされる形で、期間限定の「出開帳」(出張開帳)が1703(元禄16)年、 富岡八幡宮の別当・永代寺で行なわれました。 成田不動の「出開帳」は幕末の1856(安政3)年まで、合計12回を数えましたが、そのうち船橋宿・正福寺、平井村・燈明寺(現・江戸川区平井)、千住宿・勝専寺、品川宿・願行寺、江戸城内という巡行開帳の1回(認めたのは大岡忠相)を除いて深川の永代寺が会場となっています。 出張開帳の時に選ばれた場所が永代寺の境内である現在地。 明治になり廃仏毀釈、神仏分離令が出ると永代寺は廃寺となり、旧境内は明治6年、日本初の公園である深川公園に。 明治になって神道を重んじる明治政府の廃仏毀釈の嵐が吹き荒れても、成田山信仰は衰えることがなく、明治11年に正式に「深川不動堂」建立が東京府に認可され、明治14年に本堂が建立されたのです。 旧本堂には「おねがい不動尊」が安置されています 往時の本堂は、関東大震災、そして第二次世界大戦の戦火で焼失。 戦後、千葉県本埜村(現・印西市)にある龍腹寺の1863(文久3)年築のお堂を移築したものを本堂としていましたが、平成23年に近代的な本堂が完成して、旧本堂と呼ばれています。 帆刈黌童(ほかりこうどう)作、楠の霊木を使用した身の丈1丈8尺の「おねがい不動尊」が安置されてた旧本堂と、旧本堂に隣接する本堂に靴を脱いで参詣するのが一般的(マナーを守って拝観を)。 内仏殿1階には澤田政廣作の不動明王立像などの仏像が安置されています。 外壁に梵字(不動明王真言)が散りばめられた本堂は、旧本堂の西側に建ち、本尊・不動明王像(秘仏)、脇侍の二童子像、四大明王像が安置されています。 今でも9:00から2時間おきに一日数回護摩炊きが行なわれるので必見。 毎月1・15・28日に縁日が立ち、多くの人が集まります。 年末年始を除いて有料で、「般若心経」または「仏説聖不動経」の写経、「不動明王」または「大日如来」の写仏も可能(毎日9:00~14:00の間、随時)。 関東三十六不動尊霊場20番札所。 門前仲町の地名の由来と永代島 門前の参道は、「人情深川ご利益通り」というネーミングですが、門前仲町の門前とは、深川不動堂の門前ではなく、廃仏毀釈で廃寺となった永代寺の門前の意。 永代寺は、明治29年、旧永代寺の塔頭(たっちゅう)・吉祥院が名を引き継いでいます。 また永代寺という寺の名は、富岡八幡宮が建っている一帯が、北に十五間川(通称「油堀」=現在は首都高速9号深川線下の埋立地)が流れる永代島という島だったから。 永代橋、永代通りという橋名、通り名にその名を残しています。 深川不動堂のおもな年中行事 1月1日/修正会元朝大護摩供=0:00〜僧侶が総出仕し、天下泰平、五穀豊穣、あわせて信徒の開運成就を祈念する大護摩供が執り行なわれます 1月成人の日/成人祝祷会=新成人の身体健全・災難消除を祈願 1月28日/初不動=毎月28日には不動明王の縁日。 この日に参詣すると御利益も絶大とのことですが、とくに1年の最初の縁日は『初不動』として重要視されてきました。 境内旧本堂正面にて特別法楽を厳修 2月3日/星まつり祈祷会=空海が伝えた密教の修法「星供法」によるご祈祷で、個人が持つ宿命星の星回りからくる災厄を取り除き福徳を招きます 2月15日/開運出世稲荷例大祭=境内社の開運出世稲荷の大祭。 この日に限り、開運招福を祈念した赤札を特別授与 3月彼岸の中日/彼岸大法会=春のお彼岸。 先祖や水子のお塔婆を建立しご回向します 4月1日/慈恩如来遷座法要=釈迦の誕生日を祝い、慈恩如来のお練り行列が行なわれます 4月上旬/花まつり灌仏会=釈迦の誕生日を祝い、境内に花御堂を設けて特別法要を厳修 4月15日/大般若経転読会=11:00〜・15:00〜全600巻という大般若経を僧侶が読み上げ諸願成就を祈ります 5月15日/大般若経転読会=11:00〜・15:00〜全600巻という大般若経を僧侶が読み上げ諸願成就を祈ります 7月15日/盂蘭盆会萬燈供養=大日如来ご宝前にたくさんの燈明を捧げて亡き御霊を弔う『萬燈供養』が行なわれます 8月15日/盂蘭盆会萬燈供養=大日如来ご宝前にたくさんの燈明を捧げて亡き御霊を弔う『萬燈供養』が行なわれます 9月15日/開運出世稲荷開創記念大祭・貫首巡錫特別大護摩供=開運出世稲荷社での特別法楽と、大本山成田山新勝寺から貫首猊下を招いて特別大護摩供を奉修 9月彼岸の中日/彼岸大法会=秋のお彼岸。 先祖や水子のお塔婆を建立しご回向します 10月15日/大般若経転読会=11:00〜・15:00〜全600巻という大般若経を僧侶が読み上げ諸願成就を祈ります 11月1日〜/七五三祝祷会=七五三を迎えた男女を祝し、身体健全、災難消除を祈念 11月15日/大般若経転読会=11:00〜・15:00〜全600巻という大般若経を僧侶が読み上げ諸願成就を祈ります 12月28日/納め不動=毎月28日には不動明王の縁日。 この日に参詣すると御利益も絶大とのことですが、とくに1年の最後の縁日は『納め不動』として重要視されてきました。 境内旧本堂正面にて特別法楽を厳修(雨天中止) 深川開運出世稲荷 小さいながらも総檜造り檜皮葺きの見事な社殿の開運出世稲荷。 成田山新勝寺境内の「成田山開運出世稲荷」の分霊を勧請した境内社。 開運成就、立身出世に御利益大。 2月15日には例大祭、9月15日には開創記念大祭が開かれます。 本尊として祀られる荼枳尼天(だきにてん)は、中世に稲荷と習合し、戦国時代には武将が城鎮守稲荷として城内に祀りました(小諸城、浜松城などに祀られています)。 豊川稲荷(妙厳寺)、最上稲荷(妙教寺)、王子稲荷 別当・金輪寺)も荼吉尼天を祀っています。 織田信長や徳川家康は天下統一の為に荼枳尼天を信仰して出世開運につながったとされ、江戸周辺に多いのは家康が信仰したからといわれています。 社務所には開運出世稲荷願い札も用意 江戸切絵図に見る永代寺(現・深川不動堂)周辺 永代寺、富ヶ岡八幡宮(富岡八幡宮)が運河によって囲まれ、永代島と呼ばれていた様子がよくわかります。 永代島の北を流れる十五間川は埋め立てられ、上を首都高速道路9号深川線が走っています。 江戸切絵図/門前仲町周辺 深川不動堂(成田山新勝寺東京別院) DATA 名称 深川不動堂(成田山新勝寺東京別院) /ふかがわふどうどう(なりたさんしんしょうじとうきょうべついん) 所在地 東京都江東区富岡1-17-13 関連HP 時間 開扉は8:00〜18:00(縁日は20:00まで) 料金 参拝無料 電車・バスで 東京メトロ東西線門前仲町駅から徒歩2分。 都営地下鉄大江戸線門前仲町駅から徒歩5分 ドライブで 首都高速木場ランプから約900m(3分) 駐車場 30台/無料 問い合わせ TEL:03-3641-8288/FAX:03-5245-2728 掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。 徳川幕府の終焉の時代と、広く世の中が認識した幕末の大事件が『桜田門外の変』。 江戸城西の丸入口、外桜田門で、安政7年3月3日(1860年3月24日)、水戸藩からの脱藩者らが、時の大老・井伊直弼(いいなおすけ)を殺害するという事件が起こります。 その現場は、今も往時... カテゴリ:• 「恐れ入谷(いりや)の鬼子母神(きしもじん)。 びっくり下谷の広徳寺。 そうで有馬の水天宮」というのは江戸っ子の洒落。 入谷は山手線鶯谷界隈の地名。 恐れ入るということを洒落て、入谷の真源寺に祀られる鬼子母神を掛けたものです。 境内と門前で7月に開かれる『朝顔市』は、東... カテゴリ: , ,• 東京都公園協会が管理する葛西臨海公園。 その中心施設である葛西臨海水族園の海側にあるのが同じ東京都公園協会が運航する東京水辺ラインの葛西臨海公園発着場です。 葛西臨海公園とお台場海浜公園、さらには浅草(二天門)、両国を結んで、水上バスが発着しています。 カテゴリ: , ,• 東京都文京区本郷、東京大学本郷キャンパスにあるのが夏目漱石の長編小説『三四郎』のモチーフとなった三四郎池。 東大本郷キャンパスは、江戸時代には加賀藩上屋敷だった地で、三四郎池もかつての大名庭園「育徳園」の一部。 正式名は育徳園心字池ですが、漱石の小説の影響で三四郎... カテゴリ: , ,• 都立公園を管理する東京都公園協会が運航する水上バスが「東京水辺ライン」。 両国発着所をメインポートにして、浅草(二天門)からお台場海浜公園を結ぶ「浅草・お台場クルーズ」、葛西臨海公園まで足を伸ばす「葛西・浅草クルーズ」、そして葛西臨海公園とお台場海浜公園を結ぶ「... カテゴリ: , ,• 御前山、三頭山と並び、奥多摩三山に数えられる大岳山(1266. 4m)を源に、北に流れて海沢渓谷となって多摩川に合流する海沢谷の上流部に懸かる滝が海沢三滝。 三ツ釜の滝、ネジレの滝、大滝の総称で、本来は、大滝のさらに上流に落ちる不動の滝を含めて海沢四滝とも呼ばれて... カテゴリ: , ,• 江戸時代中期、徳川吉宗により行楽地として開発された、王子・飛鳥山周辺(現・東京都北区)。 石神井川(しゃくじいがわ=滝野川)を中心に武蔵野台地の崖線に滝が懸かり、「王子七滝」として庶民にも人気の納涼地となっていました。 この七滝うち、現在唯一残るのが、名主の滝。 カテゴリ: ,• 東京にある大名庭園は、東京とりっぷ取材班の調べで全23。 実は、ひょっとするとという候補がほかにもありますが、(池が大名庭園時代と同じ位置にあるなど)確定しているのは23ヶ所にすぎません。 その23庭園を、取材班が「お気に入り順」に紹介します。 大名庭園の存... カテゴリ: ,• 昭和11年2月26日〜2月29日、北一輝らの影響を受けた天皇親政の下での国家改造(昭和維新)を目指す皇道派の影響を受けた陸軍青年将校らが起こしたクーデター未遂事件が有名な「二・二六事件」。 二・二六事件慰霊碑は、昭和11年7月12日に東京陸軍刑務所敷地(現・東京... カテゴリ: ,• 東京都板橋区赤塚にある乗蓮寺は、徳川家康から10石の朱印地を寄進された浄土宗の寺。 8代将軍・徳川吉宗は、鷹狩の際の「御小休・御膳場」に使っています。 境内に鎮座する東京大仏は、東京大空襲、関東大震災などの悲惨な戦災・震災が起きないように願いを込めて、昭和52年に... カテゴリ: , ,.

次の