二 度目 の 勇者 は 復習 の 道 を な ろう。 images.djdownload.com:カスタマーレビュー: 二度目の勇者は復讐の道を嗤い歩む (1) 〜裏切り王女〜 (MFブックス)

二度目の勇者は復讐の道を嗤い歩む(ラノベ/小説・紹介・感想)

二 度目 の 勇者 は 復習 の 道 を な ろう

小説情報 あらすじ 魔王を倒し、世界を救えと勇者として召喚され、必死に救った主人公、宇景海人。 彼は魔王を倒し、世界を救ったが、仲間と信じていたモノたちにことごとく裏切られ、剣に貫かれ死んでしまう。 そのときに、彼は誓った。 もし次があるのなら、信じるという言葉にすがるのはやめよう、と。 もし次があるのなら、できる限り残虐にこいつらに復讐しよう、と。 もし次があるのなら、今度こそ間違えないようにしよう、と。 「あぁ、お前ら全員、絶対に殺してやるよ……」 その言葉を最後に、彼が死んだ。 そして、声が響き渡った。 ………【システムメッセージ・チュートリアルモードを終了します】と。 勇者が裏切られるお話は今までもたくさんありました。 王女に裏切られたり、国から裏切られたり、味方に裏切られたりとさまざまなものがありましたね。 しかし、それら 世界中のすべてから裏切られる物語はあっただろうか。 Web小説を読んで5年経つが今まで一度も見たことはありません。 主人公は異世界に転移し、その世界のために戦います。 その世界で唯一仲良くなった魔王を倒してまで世界のために頑張ったのです。 しかし、役目を果たした勇者は邪魔者でしかありません。 王女から、勇者の仲間から、果ては国民までもから疎まれ裏切られる。 そしてついには捕まえられ、殺されてしまう。 どうしてこんな奴らのために戦ったのだろうかと後悔しながら。 しかし、物語はそこで終わりではない。 もう一度チャンスがあったのだ。 この物語はその最後のチャンスから始まるお話。 そこから勇者の狂気に満ちた復讐が始まる。 文字数 およそ23万文字。 長編とは言えませんが、十分楽しめる文字数です。 本作の魅力 本作の 物語の設定が素晴らしいことは言うまでもありません。 裏切られるお話はそれこそたくさんありますが、世界中から裏切られるようなお話は見たことがありません。 裏切られることのどこがいいのか?と頭にクエスチョンマークを浮かべている人もいるでしょう。 裏切られることがいいのではありません。 裏切られるという逆境に立ち向かっていく主人公がいいのです。 最近のWeb小説はどれも似たようなものばかり。 異世界へと行くと決まってチート能力が手に入り、主人公最強となる。 その世界で冒険者ギルドへ入り、ほのぼのと薬草採取したり女の子とイチャイチャしたりと一本道。 強敵が出現してもチート能力で一撃。 困難なんてあってないようなもの。 そういった小説は物語としてつまらない。 一方、本作では逆境からスタートする。 冒頭で心を鷲掴みしてきます。 汚い、穢らわしい、気持ちが悪い、吐き気がする。 改めて周りを見回せばどいつもこいつもそんな人間ばかりだった。 笑顔を浮かべて裏切り、ニヤニヤ笑って善意を踏みつけ、哄笑混じりに毒を盛る。 こんな奴らのために必死に闘っていたバカみたいな自分をしばき倒したいが、時間を巻き戻すことはできず、絶望するばかりである。 冒頭の4行を読むだけでそこらへんの有象無象とは違うことを見せつけてくれる。 この小説がよくあるようなストーリーとは違って、 困難に満ちたストーリーを見せてくれるだろうと期待させてくれるのです。 そして、その4行から文章力の高さも伝わってきます。 復讐ものというのは読者に感情移入させることができなければ、読んでも面白くありません。 主人公の空回りとなるだけです。 そのため、 どれだけ読者に感情移入させることができるかで面白さが決まるといっても過言ではありません。 その点、この小説はこれ以上ないほど訴えかけてきます。 主人公が裏切られたときの感情や心の痛みが、作者による巧みな文章力によって僕たちの心へとダイレクトに届きます。 ほぅーうまいなーと思わずため息がこぼれそうになる、それだけ書き方が上手いのです。 「キンキンッと響く嗤い声は近く、遠く、鋭く鈍く俺の心にヒビを入れていく。 」 こんな表現、そうそう書けるWeb小説作家なんていません。 冗談抜きに100人に一人もいないでしょう。 こういった表現がいたるところで使われているのがこの小説です。 言葉が心を侵食し、気が付けば勇者へと感情移入してしまう。 もう一つこの小説の特徴があります。 それは登場人物たちのキャラの濃さです。 キャラクターが凝っている小説はたくさんありますが、この小説はそれらとベクトルが違います。 「正常なキャラクターが一人もいない」のです。 どいつもこいつも頭のねじが何本も飛んでいるようなキャラクター。 勇者を裏切った人たちの頭がおかしいならともかく、ヒロインまで普通ではない。 ヒロインも復讐者なのだ。 それも、尋常ではない恨みを抱えた。 「ただ殺すだけなんてダメ、苦しめて、痛めつけて、泣き叫ばせて、それからゆっくりと、ねぶり尽くすように壊して壊して壊して、壊し尽くしてからじゃないとダメ。 ただ殺すだけなんて、そんなのもったいなさすぎるもの」 これがヒロインのセリフですよ?開いた口がふさがりませんでした。 しかし、 それがまたこの小説にいい味を出しているんです。 登場人物全てが狂気に満ちており、その渦の中心に勇者がいる。 まさに狂気のスパイラル。 狂気に満ちた登場人物によって紡がれる物語が普通のはずがありません。 展開が全く読めない作品は心をワクワクさせてくれます。 ただ、復讐のこととなると頭がおかしくなるのです。 まとめ この小説は復習に満ちた物語。 そのため、人を選ぶと思います。 最初から最後までほのぼのとすることなんてありません、常に私たちをハラハラワクワクとさせてくれます。 しかし、ぬるま湯につかり切ったWeb小説に飽きた方にはたまらなく魅力的な作品でしょう。 僕のように。

次の

[四方屋やも×木塚ネロ] 二度目の勇者は復讐の道を嗤い歩む 第01巻

二 度目 の 勇者 は 復習 の 道 を な ろう

小説情報 あらすじ 魔王を倒し、世界を救えと勇者として召喚され、必死に救った主人公、宇景海人。 彼は魔王を倒し、世界を救ったが、仲間と信じていたモノたちにことごとく裏切られ、剣に貫かれ死んでしまう。 そのときに、彼は誓った。 もし次があるのなら、信じるという言葉にすがるのはやめよう、と。 もし次があるのなら、できる限り残虐にこいつらに復讐しよう、と。 もし次があるのなら、今度こそ間違えないようにしよう、と。 「あぁ、お前ら全員、絶対に殺してやるよ……」 その言葉を最後に、彼が死んだ。 そして、声が響き渡った。 ………【システムメッセージ・チュートリアルモードを終了します】と。 勇者が裏切られるお話は今までもたくさんありました。 王女に裏切られたり、国から裏切られたり、味方に裏切られたりとさまざまなものがありましたね。 しかし、それら 世界中のすべてから裏切られる物語はあっただろうか。 Web小説を読んで5年経つが今まで一度も見たことはありません。 主人公は異世界に転移し、その世界のために戦います。 その世界で唯一仲良くなった魔王を倒してまで世界のために頑張ったのです。 しかし、役目を果たした勇者は邪魔者でしかありません。 王女から、勇者の仲間から、果ては国民までもから疎まれ裏切られる。 そしてついには捕まえられ、殺されてしまう。 どうしてこんな奴らのために戦ったのだろうかと後悔しながら。 しかし、物語はそこで終わりではない。 もう一度チャンスがあったのだ。 この物語はその最後のチャンスから始まるお話。 そこから勇者の狂気に満ちた復讐が始まる。 文字数 およそ23万文字。 長編とは言えませんが、十分楽しめる文字数です。 本作の魅力 本作の 物語の設定が素晴らしいことは言うまでもありません。 裏切られるお話はそれこそたくさんありますが、世界中から裏切られるようなお話は見たことがありません。 裏切られることのどこがいいのか?と頭にクエスチョンマークを浮かべている人もいるでしょう。 裏切られることがいいのではありません。 裏切られるという逆境に立ち向かっていく主人公がいいのです。 最近のWeb小説はどれも似たようなものばかり。 異世界へと行くと決まってチート能力が手に入り、主人公最強となる。 その世界で冒険者ギルドへ入り、ほのぼのと薬草採取したり女の子とイチャイチャしたりと一本道。 強敵が出現してもチート能力で一撃。 困難なんてあってないようなもの。 そういった小説は物語としてつまらない。 一方、本作では逆境からスタートする。 冒頭で心を鷲掴みしてきます。 汚い、穢らわしい、気持ちが悪い、吐き気がする。 改めて周りを見回せばどいつもこいつもそんな人間ばかりだった。 笑顔を浮かべて裏切り、ニヤニヤ笑って善意を踏みつけ、哄笑混じりに毒を盛る。 こんな奴らのために必死に闘っていたバカみたいな自分をしばき倒したいが、時間を巻き戻すことはできず、絶望するばかりである。 冒頭の4行を読むだけでそこらへんの有象無象とは違うことを見せつけてくれる。 この小説がよくあるようなストーリーとは違って、 困難に満ちたストーリーを見せてくれるだろうと期待させてくれるのです。 そして、その4行から文章力の高さも伝わってきます。 復讐ものというのは読者に感情移入させることができなければ、読んでも面白くありません。 主人公の空回りとなるだけです。 そのため、 どれだけ読者に感情移入させることができるかで面白さが決まるといっても過言ではありません。 その点、この小説はこれ以上ないほど訴えかけてきます。 主人公が裏切られたときの感情や心の痛みが、作者による巧みな文章力によって僕たちの心へとダイレクトに届きます。 ほぅーうまいなーと思わずため息がこぼれそうになる、それだけ書き方が上手いのです。 「キンキンッと響く嗤い声は近く、遠く、鋭く鈍く俺の心にヒビを入れていく。 」 こんな表現、そうそう書けるWeb小説作家なんていません。 冗談抜きに100人に一人もいないでしょう。 こういった表現がいたるところで使われているのがこの小説です。 言葉が心を侵食し、気が付けば勇者へと感情移入してしまう。 もう一つこの小説の特徴があります。 それは登場人物たちのキャラの濃さです。 キャラクターが凝っている小説はたくさんありますが、この小説はそれらとベクトルが違います。 「正常なキャラクターが一人もいない」のです。 どいつもこいつも頭のねじが何本も飛んでいるようなキャラクター。 勇者を裏切った人たちの頭がおかしいならともかく、ヒロインまで普通ではない。 ヒロインも復讐者なのだ。 それも、尋常ではない恨みを抱えた。 「ただ殺すだけなんてダメ、苦しめて、痛めつけて、泣き叫ばせて、それからゆっくりと、ねぶり尽くすように壊して壊して壊して、壊し尽くしてからじゃないとダメ。 ただ殺すだけなんて、そんなのもったいなさすぎるもの」 これがヒロインのセリフですよ?開いた口がふさがりませんでした。 しかし、 それがまたこの小説にいい味を出しているんです。 登場人物全てが狂気に満ちており、その渦の中心に勇者がいる。 まさに狂気のスパイラル。 狂気に満ちた登場人物によって紡がれる物語が普通のはずがありません。 展開が全く読めない作品は心をワクワクさせてくれます。 ただ、復讐のこととなると頭がおかしくなるのです。 まとめ この小説は復習に満ちた物語。 そのため、人を選ぶと思います。 最初から最後までほのぼのとすることなんてありません、常に私たちをハラハラワクワクとさせてくれます。 しかし、ぬるま湯につかり切ったWeb小説に飽きた方にはたまらなく魅力的な作品でしょう。 僕のように。

次の

[四方屋やも×木塚ネロ] 二度目の勇者は復讐の道を嗤い歩む 第01巻

二 度目 の 勇者 は 復習 の 道 を な ろう

6,250 views• 5,430 views• 2,660 views• 2,570 views• 2,390 views• 2,120 views• 1,890 views• 1,840 views• 1,800 views• 1,720 views• 1,690 views• 1,550 views• 1,530 views• 1,530 views• 1,430 views• 1,370 views• 1,350 views• 1,320 views• 1,290 views• 1,280 views• 1,280 views• 1,280 views• 1,270 views• 1,250 views• 1,230 views• 1,170 views• 1,150 views• 1,140 views• 1,070 views• 1,000 views• 990 views• 950 views• 940 views• 930 views• 890 views• 870 views• 860 views• 860 views• 840 views• 830 views• 830 views• 830 views• 830 views• 820 views• 790 views• 790 views• 760 views• 760 views• 760 views• 750 views•

次の