どうすればいいのか 敬語。 「教えてください」の敬語・「ご教授」と「ご教示」の使い方

「都合がいいか」を敬語にすると?【例文】|「マイナビウーマン」

どうすればいいのか 敬語

何かしてもらったときや、贈り物をもらったとき、自然と「ありがとうございます」という言葉が口をついて出ると思います。 その「ありがとう」に対するお礼の言葉について、考えたことはありますか?実は、「ありがとう」というお礼の返事も大切なマナーなのです。 ありがとうへの返事は、あまり深く考えず素直に伝えるべき! 相手に何かをしてもらった時の返事に使う「どういたしまして」。 これがお礼への「お礼」です。 「どういたしまして」は、相手にしてもらった行為に対して感謝やお礼の意を伝えるものです。 友人や同僚には伝えやすい「どういたしまして」ですが、目上の方や上司にありがとうと言われたらなんて返すといいのか、返事に詰まってしまう場合も多いかもしれません。 ですが、目上や上司であっても相手からお礼の言葉をもらったらお礼の気持ちで返事をするべきですし、ありがとうと言われたらなんて返すのか、とあまり深く考えなくても感謝の気持ちをありのまま素直にお礼の返事をすれば、気持ちよくその思いを受け止めてもらえるものです。 目上の人や上司のお礼に「どういたしまして」と言うことに抵抗を感じる人もいる 目上の人や上司・先輩からありがとうと言われたとき、そのお礼の返事として「どういたしまして」という返し方は失礼じゃないか。 そう考えて、ありがとうの返事に戸惑う人も多いようです。 確かに目上の方にありがとうと言われて「どういたしまして」とお礼の返事をするのは、偉そうな印象を与えてしまいますよね。 「どういたしまして」は目上の人へのお礼の返事としては不適切 どういたしまして」は別の言葉で言い変えると「大したことはありません」と同義です。 「適当に対応したまでですから、お気になさらなくとも」という返し方でもあるのです。 これでは上司に対してどうしても上から物を言っている印象を与えてしまいますので、上司や先輩といった目上の人に対して返事をする言葉として不適切です。 「どういたしまして」以外の適切な返事は? 上司や先輩といった目上の人からからありがとうと言われたらなんて返すのか、悩みながらも、お礼の返事に対して「どういたしまして」と答えるのは、あまり良いことではないと感じている人が多いようです。 しかし、すべての場合でNGというわけではありません。 親しい間柄であれば、「どういたしまして」でもマナー違反ではないのです。 「どういたしまして」を使うなら、相手との距離感を掴むのが先決 上司や先輩といった目上の人に対して親しさを持っている、またはそういったニュアンスで接したいときには、むしろ「ありがとう」に対して「どういたしまして」の使用が好ましい場合もあります。 使い方によっては上司との距離を縮められるので上手に使いたいものです。 その上司の性格なども踏まえて使うと場違いな使い方にはならないでしょう。 「どういたしまして」を使うなら、普段上司とどんな関係で接しているのかを頭に置き、上司との距離感を掴むのが先決です。 結局は「ありがとう」に対して「どういたしまして」というお礼の返事の言葉を使うかどうかというよりも、上司とどのような関係なのか、どのようなニュアンスで伝えるのか、がコミュニケーションとしては大きいのかもしれません。 目上の人からの「ありがとう」というお礼の返事に「どういたしまして」と答えるのは避ける! 上司や先輩など目上の人から「ありがとう」と感謝の意を表されたときになんと返事をすればいいのか、とっさにありがとうと言われたらなんて返すのか正解の返し方が出てこないときってありますよね。 「どういたしまして」も「とんでもありません」も「はい!」も全部間違っていないように思えて悩んでしまいます。 いちいち迷わなくても、お礼の返事として「お役に立てて嬉しいです!」という言葉が自然に口から出てくるようになれば素晴らしいですね。

次の

ビジネスメールは、ライトで短くていい――「目的」と「読む相手」を意識すること

どうすればいいのか 敬語

「どうすればいい」という言葉を無意識のうちに会話の中で使ってしまうことがあるのではないでしょうか。 誰でもそんな経験したことがあるはずです。 しかし「どうすればいい」という表現が周りの人に対して不快感を与えてしまうような言葉なのであれば、敬意を込めた表現を使うことができるようにならなければなりません。 そうしなければ、結果として長い年月をかけて築いてきて友情であったとしても、言葉遣いによってその友情にヒビが入ってしまう可能性があるからです。 そのような不必要なトラブルを避けるために「どうすればいい」の敬語表現を学ぶのは大切といえます。 あなたは「どうすればいい」というフレーズを使いたいと感じた時に、どのような敬語表現を使うようにしていますか。 「どうすればいい」の敬語表現について詳しく紹介します。 基本的にビジネスでは控えるべき表現 「どうすればいい」という言葉をビジネスの場面でも使ってしまうことがあります。 普段の会話の延長として「どうすればいい」という言葉を使ってしまっていますが、その言葉遣いは本当に正しいのでしょうか。 結論から言うのであれば「どうすればいい」はビジネスの場面で使うことはあまりお勧めすることはできません。 なぜなら「どうすればいい」と言う敬語ではない表現が使われていることを聞いて、不快に感じてしまう取引先の人がいるのも事実ですし、馴れ馴れしい雰囲気を相手に対して伝えてしまう可能性があるからです。 ビジネスでは言葉遣いに十分に気をつけなければなりません。 自分の言葉遣い1つで、 新しい契約を取ることができれば、今まで長年交わした契約を打ち切られてしまう可能性もあるでしょう。 どのようにいたせば 「どうすればいい」という言葉をどうしてもビジネスの場面で使いたいのであれば、このフレーズを敬語表現に変える必要が生じるでしょう。 では、どのようにして、不敬な意味に伝わってしまう可能性のある「どうすればいい」というフレーズを敬語表現に言い換えることができるのでしょうか。 もし、言い換えるのであれば「どうすればいい」は「どのようにいたせば」 と言う敬語表現にすることができるでしょう。 確実に「どうすればいい」というフレーズよりも「どのようにいたせば」というフレーズの方が敬意が示されていることになるので、実用的ということができるでしょう。 「どうすればいい」の敬語での使い方とは? 普段の友達との会話に慣れすぎてしまって「どうすればいい」という言葉を何度も使ってしまう人がいます。 しかし「どうすればいい」を使うことが多いのであれば注意してください。 なぜなら、取引先の人は職場の上司に対して「どうすればいい」というフレーズを無意識のうちに使ってしまったとしたら、相手はどのように感じるのでしょうか。 おそらく「この人言葉遣いがわかっていないな」もしくは「常識知らずな人だ」と周りの人に感じられてしまう可能性があります。 その時に言葉遣いについて注意されなかったとしても、その言葉遣いをすることによって不快感を抱いてしまうことがあるので「どうすればいい」は目上の人と話してる時には、特に使ってしまうことのないように注意するべきです。 もっと深い敬意は「よろしいでしょうか」で示せる 「どうすればいい」という表現であったとしても「どうすればいいでしょうか」という表現であったとしても、会話をしている相手によっては、いつでも使うことができるフレーズになるでしょう。 それでも「どうすればいいでしょうか」というフレーズに敬意が含まれていたとしても、他の表現で、もっと深い敬意を示したいと感じる人もいることでしょう。 そのような人におすすめなのが「よろしいでしょうか」というフレーズを使うことです。 この表現は当然敬語ですし「どうすればいいでしょうか」よりも、もっと深い敬意が示されていることになります。 そのため「どうすればよろしいでしょうか」というフレーズを作成することができるでしょう。 しっかりとした敬語として成り立っている文章になります。 使い方とは? 「どうすればいい」という言葉や言い換えた敬語表現について理解することができたとしても、実際に使うのは簡単なことではありません。 なぜなら、普段の生活の中で「どうすればいい」を言い換えた敬語表現を使うためには、それなりに例文や具体的な状況に精通していなければならないからです。 では、具体的にどのようにして「どうすればいい」を言い換え敬語表現を使うことができるのでしょうか。 これから出てくる例文をそのままおぼえましょう。 そのようにすることによって、例文に出てくる同じ状況に直面した時に、記憶しておいた例文をそのまま使うことができるようになるでしょう。 いかがいたしましょうか 「いかがいたしましょうか」というフレーズを聞くと「どうすればいい」という言葉と全然違う響きがあるのではないでしょうか。 そのため、ある人たちは「どうすればいい」の敬語表現が「いかがいたしましょうか」であることに気づいていないことがあります。 しかし、実際のところ表現されている考えは、どちらのフレーズであったとしてもほとんど同じなので「いかがいたしましょうか」は「どうすればいい」の敬語表現ということができます。 お客さんに対して使える 例えば、あなたがお客さんを相手に仕事をしているとしましょう。 つまり、簡単に言うのであれば接客業をしているということになります。 接客をしてる時には、お客さんの意見に耳を傾けなければならない場合も訪れるはずです。 しかし、質問の仕方を知らなかったら、失礼な言葉遣いでお客さんに対して質問してしまう可能性があります。 そのような事態を避けるためにも「いかがいたしましょうか」という敬語表現を使うことは非常に重要なことと言えます。 具体的な状況 例えば、お客さんがいくつかある商品のうちの1つを購入しようとしています。 でも、それぞれの商品を魅力的に感じているので、どの商品を購入したら良いのか非常に迷っています。 そのような時には、お店で働いている店員として、それぞれの商品のメリットとデメリットについて紹介する必要があるでしょう。 メリットとデメリットについて紹介することができたとしても、最終的に決定するのはお客さん自身になります。 では、商品について詳しく紹介した後で、お客さんの意見を聞きたいのであれば、どのような質問をすることができるでしょうか。 この場面でも「いかがいたしましょうか」というフレーズを使うことができます。 この敬語表現によって「どの商品にしますか」という質問を投げかけていることになります。 言われているお客さんも不快な気持ちになることはないでしょう。 深い敬意が示されているフレーズだからです。 メールでの使い方とは?.

次の

【1分でわかる】尽力を尽くすの意味やメールでの使い方と例文!類義語や敬語表現も

どうすればいいのか 敬語

<例文> はご招待のメールをありがとうございました。 お言葉に甘えて、東京ではご自宅にお邪魔させていただきたいと思います。 この場合は、相手から先にメールで「遊びに来てください」と言われた言葉に対して「甘えて」を使っています。 ただし相手がそう返事をしたことを忘れている可能性もあるので、断られても大丈夫なように事前に一度連絡を入れると安心です。 メールや手紙のやり取りは相手との意思疎通で時間差ができることがあるので、どの言葉に甘えるのかをはっきりさせるようにしましょう。 2-4.目下の相手や友人に対しては「遠慮なく」を使う 「お言葉に甘えて」は自分と同じ立場の人や、目上の方や上司に対して使うことができる表現です。 そのため、 自分より目下の相手や友人に対しては「遠慮なく」を使います。 例文で見てみましょう。 <例文> 自分が勝ったらおごってもらう約束をしていたので、 遠慮なくごちそうになった。 また素直に相手の親切や好意に対し、感謝の気持ちを伝えるのであれば「ありがとう」でもいいでしょう。 「お言葉に甘えて」が一つの敬語表現なので、目下の相手や友人に対して「言葉に甘えて」と言い換えるのは不自然です。 2-5.「甘えて」もいいかどうか相手を見て判断してから使う 「お言葉に甘えて」を使う場合、その言葉を素直に受け入れていいのかどうか、相手をみて判断する必要があります。 かけられた言葉が、相手の社交辞令なのかそれとも好意なのかは、会話の流れや相手の表情などから判断するしかありません。 判断できないのであれば、安易に「お言葉に甘えて」は使わないのが無難です。 2-6.「甘えて」はいけない状況のときにはお詫びの言葉を添える 「お言葉に甘えて」はいけない状況のときには、お詫びの言葉を付け加えましょう。 「お言葉に甘えて」は、「相手の親切や好意を遠慮せず受け入れる」ときに使いますが、素直に相手の好意に従えない状況のときもあります。 例えば体調が悪いときに、上司から「体調が悪いなら無理せず早退していいよ」と言われたような場合です。 「お言葉に甘えて」早退したいところですが、仕事がたまっていて自分が早退すると他の人に迷惑がかかってしまう場合には、考えてしまいますよね。 また上司からすると「早退されると困るけれど、気遣っている」という態度を示すために言ってくれている場合もあります。 この場合には、の例文のように、周りへ気遣いの言葉をかけてお言葉に甘えた方がいいでしょう。 <例文> Can I give you a ride? (車に乗っていきますか?) I will take you up on your kind offer. (ありがとう、お言葉に甘えます) この例文の場合は、相手が言ってくれたことに対しての受け答えですが、 相手の申し出に「もしかしたらお言葉に甘えるかもしれないので、よろしく」という将来の可能性の表現にも使うことができます。 この場合は、「I might take you up on your offer. 」(お言葉に甘えるかもしれません)とします。 「might」は「may」の過去形で、「かもしれない」という可能性の意味です。 英語2.Thanks for your kind offer, I appreciate it. こちらは「お言葉に甘えて」という直接の意味はありませんが、 「親切にありがとう、感謝しています」というお礼の言葉です。 この答えで、相手の言葉に従う気持ちを表現できます。 「appreciate」は、「人の好意をありがたく思う、感謝する」という意味です。 例文を見てみましょう。 (そこまでおっしゃるのなら、お言葉に甘えます) 「accept」は「受け入れる」という意味です。 「If you insist. 」だけでも使うことができますが、続けて感謝する意味の「Thank you very much」を付け加えると、より丁寧な表現になります。 まとめ 「お言葉に甘えて」は、「相手がこちらを気遣って言ってくれた言葉に素直に従う」という意味です。 相手からの「お言葉」がないと使うことができないため、相手の行為や態度に対しては、「ご厚意に甘えて」や「お気持ちに甘えて」を使います。 ビジネスの場では、相手の本音を考えて、お言葉に甘えてもいいかどうかことが大切です。 社交辞令で言っている場合もあるので、相手の表情や状況をよく見て判断しましょう。

次の