コロイド ヨード。 コロイドヨード水は癌に効果があるのでしょうか? クリニックや通販でも...

MKヨード療法│東京中央区日本橋

コロイド ヨード

コロイドヨード療法は、代替医療クリニックで治療を受けるか、もしくはコロイドヨードを販売している製薬会社より購入し、自分で内服治療するかのどちらかです。 ここではコロイドヨード療法にかかる費用とがんの他の治療法である三大療法と先端医療にかかる費用を紹介し、コロイドヨード療法という選択がどういった方に選択されているかについて、ご紹介いたします。 コロイドヨード療法にかかる費用ってどれくらいなの? コロイドヨード療法は、保険適用外の自由診療のため、保険が適用される三大治療に比べて非常に高額です。 コロイドヨードは、クリック、またコロイドヨードを取り扱っている製薬会社より購入することが可能ですが、500mlの内服液の場合、1本あたりの価格はクリニックで購入した場合は5万円~7万円程度、個人で製薬会社から購入した場合は3万円程度とかなり高額です。 内服によるコロイドヨード療法は、1回30mlを2時間おきに1日に7回、即ち2日で1本使用することになりますので、1ヶ月に換算すると15本程必要になります。 従って、 個人でコロイドヨードを購入して自宅で治療を行う場合、1ヶ月あたり45万円、 クリニックで購入して自宅で治療する場合は75万円、クリニックで診察や検査も受けながらの場合にかかる治療費は、約100万円程度になると言われています。 三大療法で治療した場合の費用は? 国民保険、または社会保険に加入されている方が、保険が適用される三大療法でがんを治療した場合、1ヶ月あたりに負担しなければならない治療費は9万円以下になります。 これは、1ヶ月あたりの自己負担額が、一定の金額内に収まる高額医療制度が適用されるからです。 通常の3割負担のがんの治療費は、がんの病種や進行状況にもよりますが、1ヶ月あたり約30万円程度で、仮にこれらの治療が保険適用外の自由診療だったとしたら、およそ100万円程度で、コロイドヨード療法と同等の治療費になります。 なお、最新の検査装置を使用した診察や、新薬を使用した抗がん剤治療などは、保険が適用されない場合があり、自由診察扱いにより、別途治療費が発生する場合があります。 先端医療で治療した場合の費用は? がんの先端医療として取り扱われている陽子線治療や重粒子治療などは、保険が適用されないため、これらの治療を受ける場合にかかる費用はおよそ300万円程度と言われています。 コロイドヨード療法の約3倍以上と治療費としては、非常に高額なため、備えがない方が治療に選択することはとても困難です。 がんの治療には費用と期間がかかります がんを患い、保険が適用される外科的手術で治療する場合、病種、がんの進行状況にもよりますが、約1ヶ月程度の入院が必要になります。 その後も治療のため通院や、抗がん剤治療のために入退院を繰り返さなければならないため、経済、身体、精神的負担が大きくのしかかります。 ただ、コロイドヨード療法は、外科的手術による体力の低下や、抗がん剤治療などによる副作用などを招かないからだに負担がかからない投薬だけの療法です。 がんの治療のため、長期間、仕事を休んだり、辞めたりすることなく、仕事を続けながら治療を受けることが出来ますし、病院の付き添いや身の回りの世話などで家族に負担をかける心配もありません。 コロイドヨード療法を取り入れているクリニックの医師や、コロイドヨード療法をがんの治療法として、自身で選択された大半の方は、からだにやさしいことこそが、コロイドヨード療法の最大のメリットとして理解しています。 もし自分ががんになってしまったときのために 日本人の死因の1位はがんで、約3割を占めており、3人に1人の方はがんで亡くなっています。 この状況は35年間ずっと変わらず、またがんが死因で亡くられている方は、年々増加しています。 三大疾病と言われている、「がん」、「心疾患」、「脳卒中」のうち、「心疾患」と「脳卒中」で亡くなられた方は年々減少しているものの、「がん」に限っては、1985年は約150万人だったのに対し、2015年は300万人と約倍以上にまで増えているのです。 また、最近のがん保険は、がんと診断された時点で保険金が給付されるものが殆どです。 従ってコロイドヨード療法といった治療費が高額な代替医療でさえも、自分のがんの治療に選択することは十分に可能です。

次の

コロイドヨード療法は、コロイドヨード製剤のもつ作用を悪性腫瘍(がん)と各種皮膚疾患に応用させた治療法です。

コロイド ヨード

予めご了承ください。 コロイドヨードは保険適用外の治療ですので、完全自費となります。 負担額も大きいため、費用を明記されている方が安心して相談できるのではないでしょうか?金額はクリニックによっも大きく異なるようですので、金額が明記していて、且つ、低価格で提供しているクリニックから優先的に問い合わせてみるのも1つの手だと思います。 使っているコロイドヨードの種類(濃度) コロイドヨードの液の開発メーカーはいくつか有るようで、クリニックによっても取り扱っている商品は様々なようです。 しかし、一般の方がどのメーカーが本当に良いコロイドヨードの商品なのか判断は難しいと思われます。 取り扱っているコロイドヨード液の濃度を書いているクリニックも一部有るため、できるだけ多くの情報を公開しているクリニックの方が患者様側からすると安心できるかと思われます。 通院できる距離かどうか。 郵送してくれるかどうか 癌などの難病の患者様の場合、容態にもよりますが移動はかなり大変になるかと思います。 できるだけ近場が良いかと思いますが、通院となると何度も行き来が必要になります。 クリニックの近くのホテルなどに宿泊しながら通院するという方もいらっしゃるようです。 本当に全く動けないという方はクリニックによっては内服液を郵送してくれる病院もあるようです。 内服だけであれば、自分でもできるため、郵送だけしてもらい自宅で自分で内服治療を行う人も居るようです。 問い合わせた時の対応の良さ 複数のクリニックに問い合わせる患者様もいらっしゃるかと思います。 問い合わせを行ったときに、どれだけ患者さんに寄り添ってくれるか、柔軟に対応してくれるかは判断基準になるかと思います。

次の

コロイドヨード療法は、コロイドヨード製剤のもつ作用を悪性腫瘍(がん)と各種皮膚疾患に応用させた治療法です。

コロイド ヨード

コロイドヨード療法の費用は自由診療で保険が適用されないため、どれだけ費用が掛かるかが心配というのも当然です。 がんになったら治療費だけでなく、治療のために働けなくなった場合の生活費や何かと余分な出費がかさみます。 そこで今回は、 主ながん治療とコロイドヨード療法の費用がいくらかかるのかを、わかりやすくお伝えしたいと思います。 3大療法の費用 がんの種類 平均入院日数 入院費用(1日) 入院費用(窓口総支払額) 胃がん 19. 3日 約14,400円 約278,000円 肝臓がん 18. 8日 約14,880円 約280,000円 結腸がん 16. 6日 約15,610円 約259,000円 直腸がん 20. 5日 約17,110円 約351,000円 乳がん 12. 5日 約16,870円 約211,000円 子宮がん 13. 高額療養費制度は負担上限が決められており、自営業の国民健康保険でも会社員の健康保険でも利用できる制度です。 自己負担額は20万から30万ほどです。 実際には高額療養費制度があるため、公的保険の範囲内での治療費に関しては、実質、月9万円程度が上限になります。 高額療養費制度の上限金額は月単位であり、ひと月の出費は9万円程度で済んだとしても次の月にも同じだけかかった場合、総額では18万円ということになります。 そして、三大療法は長期間の治療になりがちだということに注意しなくてはなりません。 例えば、抗がん剤は3~4週間をワンセットにして治療を行います。 抗がん剤には耐性というものがあり、1回目の投与で効果があった薬でもいずれ効かなくなってしまう時が来ます。 耐性ができたと判断されると違う薬に変更されて、また1クール目から行なうことになります。 時には高価な新薬の使用や、保険適用外の未承認薬を使用し、長期にわたって高額な治療費を払う場合もあります。 この費用はあくまで平均であり、近年、お金のかかる新薬が次々に登場しているため、抗がん剤治療にかかるお金も上昇しています。 また、入院が長引けば仕事をする時間も取れず、経済面でも心配になりますよね。 免疫療法についても1クールで100万円を超える治療費になることも珍しくありません。 自己腫瘍・組織及び樹状細胞を用いた活性化自己リンパ球移入療法とは、がん細胞を免疫により異物と判断し、排除する免疫療法という治療法です。 しかし、免疫が弱まった状態や、がん細胞が免疫の働きを抑制することがあり、がん細胞を異物として排除しきれないことがあります。 内視鏡下甲状腺悪性腫瘍手術は、甲状腺がんの手術に内視鏡を使用した治療のことです。 甲状腺がんの手術では首を大きく切開する方法が一般的ですが、内視鏡を用いることで、傷跡が小さくなり、術後の痛みや皮膚の引きつれなどの違和感が少なくなります。 先進医療は健康保険適用前の治療法なので、本来ならかかった医療費が全額自己負担になりますが、例外的に三大療法との混合診療が認められています。 今は健康保険の適用はないですが、保険診療部分(診察、検査、投薬、入院料など)を3割負担にして、先進医療の技術料部分は全額自己負担、と言うのが現状で、金銭的な負担が大きい治療です。 コロイドヨード療法の費用 日本で取り扱っているコロイドヨードは多くはありません。 独自に調べた現時点の結果1本300ml~500mlで、31,120円~75,000円で販売している医療機関があります。 1日の服用量は1回30mlを7、8回服用ですので、約2日で1本という計算になります。 合計すると、1ヵ月の費用は700,000~1,000,000円前後になりますね。 保険適用の3大療法に比べれば高いですが、先進医療などに比べればコストパフォーマンスはぐっと抑えられます。 まとめ コロイドヨード療法の費用を見たときに、みなさんはどう思いましたか? 他の自由診療に比べれば安い!だけど、保険がきかないから経済面できつい。 なんて思った方は少なくないでしょう。 その場合はやはり働きながら、または在宅ワークをしながら治療が行えるといいですよね。 コロイドヨード療法は在宅療法のため、症状によっては仕事を辞めずに働きながら行える療法です。 もし入院して、がん治療が長引けば社会復帰も長引き、経済面でもかなり大打撃になることもあります。 皆さんも今一度、自分ががんになった場合、またはがんを患っているご家族がいる場合、どの療法があっているかを費用も踏まえて考えてみてはいかがでしょうか。

次の