ロボトミー コーポレーション。 ロボトミーコーポレーションの評判・口コミは?世間の声をまとめてみた

Lobotomy Corporation攻略 Wiki

ロボトミー コーポレーション

このゲームについて 予測不能の怪物たちと、それを管理する管理人 Lobotomy Corporationはモンスターを管理するローグライク(Rogue-Lite)シミュレーションゲームです。 私たちはSCP財団や映画『キャビン』、ドラマ『ウェアハウス13 〜秘密の倉庫 事件ファイル〜』などの作品達からインスピレーションを得て、そこから「これらのモンスターが本当に実在し、それらを管理する会社があったらどんな感じだろう?」という考えを広げていった結果、このゲームを作ることになりました。 プレイヤーはモンスターを収容しているロボトミー社の管理人となり、様々な種類のモンスターを管理していきます。 プレイヤーは職員たちに命令し、その結果を観察していきます。 そして、モンスターが生み出すエネルギーを回収してノルマを達成し、会社を拡張していきながら多種多様のモンスターたちを集めていきます。 会社の中で管理人は管理の緊張感と恐ろしいモンスターに直面しながら、日々耐えていくことでしょう。 「私たちの新たな技術は、人類を救うだろう」 ゲームの舞台であり、これから管理人であるプレイヤーが勤めるロボトミー社は、独自の技術でアブノーマリティというモンスターを収容し、それらから無尽蔵のエネルギーを生み出す新エネルギー企業...というのが表向きのロボトミー社のイメージですが、本当のロボトミー社がどうなのかは、プレイヤーがロボトミー社に入社して確かめてみてください。 ロボトミー社では、一般的な会社と同様複数の部門で構成されています。 プレイヤーが大量のエネルギーを集めれば、様々な部門を使うことができます。 部門がたくさんあるほど、より効率的なアブノーマリティたちの管理が求められます。 また、ロボトミー社では「アンジェラ」や「セフィラ」といったAIが存在し、円滑な業務のために惜しみなく管理人をサポートするでしょう。 あなたが絶え間なく観測し、研究するべき存在たち ロボトミーに存在するモンスターの事を、私たちは「アブノーマリティ」と呼んでいます。 あなたはアブノーマリティから、できるだけ多くのエネルギーを抽出しつつ、職員が死なないように努力しなければなりません。 しかし、どのアブノーマリティにどんな作業をするのが良いのかを知るには、多くの試行錯誤が必要です。 プレイヤーは最初、アブノーマリティに対して何の情報も持っていません。 プレイヤーが最初に知ることができるのは、アブノーマリティの姿と管理番号がほとんどでしょう。 プレイヤーの勘や推測を頼りにアブノーマリティごとにどのような作業が適しているかを予想し、その作業が得意な職員に作業を命令して、作業の経過を見守りましょう。 アブノーマリティを管理することで、そのアブノーマリティの情報を得ることができます。 アブノーマリティにどんな作業をしたかによって、獲得できるエネルギー量の差は大きく違います。 これは決して平和な経営シミュレーション ゲームではありません 前述したようにアブノーマリティは非常に慎重に対応すべき存在です。 彼らの中には拘束されている状態に不満を持つと、収容室から脱出を図る個体もいます。 脱出したアブノーマリティは職員を攻撃したり、他のアブノーマリティの収容室の扉を開けるなど、様々な方法で施設を破壊します。 また、特定のアブノーマリティに侵食されたり、汚染された職員は、他の職員にも非常に深刻な影響を与えます。 アブノーマリティに洗脳されてしまった従業員が正気を失って他の職員を無差別に攻撃するかもしれません。 あるいは精神が汚染された職員が周りの職員の精神まで汚染していき、職員全体がプレイヤーの命令を受け付けなくなるかもしれません。 災いが災いを呼び、最後はすべてが混沌に包まれることでしょう 管理人はあらゆる事態に即座に対応していかなければ、状況はさらに悪化し、会社全体が混乱に陥ります。 管理人としてプレイヤーは事態を収めるために、職員に対し、制圧や避難、処分などの指示を行い会社を守らなければなりません。 「管理人、答えてください。 あなたに願いはありますか?」 ゲームは、作業パートとストーリーパートに分かれています。 アブノーマリティを管理し、エネルギーを生産していく作業パートでノルマを達成するとその日を終え、ストーリーパートに繋がります。 ストーリーパートでは作業パートでも登場するAIの「アンジェラ」を含む「セフィラ」とのストーリーが展開されます。 プレイヤーはAIから下される任務をこなしていきながら、会社に隠された真実に近づいていきます。 プレイヤーは質問を迫られたり、あるいは質問への返事を迫られることでしょう。 この場所でプレイヤーは、会社の秘密や管理人の正体、あるいはそれ以上の真実を知っていくことでしょう。

次の

images.djdownload.com

ロボトミー コーポレーション

「審判」 "Judgement" クリフォトカウンターが0になると特殊能力が発動します。 カウンターは以下の条件で1つずつ減少します。 脱走中の審判鳥は750ポイントのHPを持ちます。 あてもなく施設をさまよい歩き、黄金の天秤を掴むためにその場に止まります。 輝きののち、同じ部屋のすべての職員に 30~40%の強い PALEダメージを与えます。 この攻撃でHPが尽きた職員はすべての行動を停止し、 絞首刑に処されます。 彼の攻撃行動にはある程度のクールタイムがあり、連続で攻撃を行うことはありません。 収容違反は、一日を終えるか鎮圧されるまで続きます。 由来 審判鳥はもともとは黒い森の監視者として、やと暮らしていました。 恐ろしい怪物が森を滅ぼすという預言を聞いてからというもの、公正な裁判官として生き物から森を守るため、罪を測る黄金の天秤を使用していました。 しかし、誰かが言ったのです。 「もしも天秤がどちらにも傾かなかったら?」と。 不安になった長鳥は、常に天秤を傾けておき、いかなる場合でも結果が得られるようにしました。 長鳥にはすべてを見通す輝く目もありましたが、大鳥が森を守るのに役立てるために自身の眼球を渡しました。 ぼろ布で目を覆ってからも、まだ森を守りたいと思っていました。 しばらく経つと、その艶やかな羽は日に焼け、色褪せてしまいました。 しかし時が経つにつれ、森は暗闇や悪い噂、日々の諍いに満ち始めました。 解決のために、三羽の鳥は森を守ろうと力をあわせ、新たなとなりました。 それは新たな混沌を引き起こし、すべての生き物はそれを恐れて逃げ出しました。 彼らがいつ、また三羽に別れることにしたかは分かりません。 その果てに、おそらく暗闇と後悔に因るものか、長鳥のもとには不公平に傾き続ける天秤だけが残りました。 それは審判鳥となり、そして今も審判を続けています。 審判鳥がどのように発見され、どのように施設に到着したのかは不明です。 おとぎ話に隠された物語について知っていますか? 実は森にいた鳥は3羽だけではないのです。 いつか機会があれば、壊れゆく森から逃げて行った他の鳥についても話してみましょう。 Do you know about the secrets of the fairy tale? Actually, there were more birds than the three birds. If the chance ever comes, we shall talk about those other birds that fled from that crumbling forest. - 最終観測 森に住んでいた長鳥は、森の生き物たちが怪物に食べられてしまうのを放っておけなかった。 最初の目的は純粋だったと思う。 森は徐々に闇に呑まれていった。 時は思い出と共に後悔に染まっていく。 汝は感じる。 何もない。 長鳥は目が無くともあなたを凝視する。 おそらく罪の重さを測っているだろう。 長鳥は、幾多の時を共にした天秤を下ろした。 長い長い審判が終わる時だ。 『永遠に片方に傾く天秤』を手にしていた。 長鳥は少しずつ怪物の秘密を悟っている。 そして、待つだろう。 二度とは戻らぬ彼らの森を。 OBSERVATION FAIL OBSERVATION SUCCESS 詳細 審判鳥は、 洞察、 本能と 愛着、 抑圧の順に作業を好みます。 洞察には作業レベル3以上で普通の反応を示し、それ以外だと低い反応を示します。 本能と 愛着には作業レベル4以上で普通の反応を示し、それ以外だと低い反応を示します。 抑圧には作業レベルに関わらず最低の反応を示します。 他のアブノーマリティと同様に、エネルギー生成量は作業終了時のPE-BOXの数によって決まります。 審判鳥の作業結果は、悪い、普通、良いの3つのセクションに分かれています。 作業終了時のPE-BOXが0~6個だと悪い、7~12個だと普通、13~24個だと良い結果になります。 作業終了後の待機時間は約10秒で、クリフォトカウンターの初期値は2です。 <管理方法 1>• 作業結果が普通な場合、中確率で審判鳥のクリフォトカウンターが減少した。 <管理方法 2>• 作業結果が悪い場合、高確率で審判鳥のクリフォトカウンターが減少した。 脱走情報 Cost: 20 PE Boxes 脱走可能であるかの情報と属性耐性、クリフォトカウンターの最大値 2 をアンロックします。 収容違反時の耐性: RED:耐性 0. 8 - WHITE:耐性 0. 8 - BLACK:耐性 0. 8 - PALE: 脆弱 2. 防護服「」をアンロックします。 ストーリー 審判鳥の肖像• 暗い森の中で不公平な天秤を持ち歩き、生き物たちを裁いてきた鳥。 天秤は常に決まった方向に傾くが、目が塞がれているため気づかない。 もしかすると、知っていて知らないふりをしているのかもしれない。 元々は公平な審判者だった。 彼の天秤はどんな罪の重さでも見逃さなかった。 長鳥は森の平和を守るために、どんな罪でも測れる天秤を作り出した。 長鳥の目は何でも見抜くことができた。 その目は夜空の星のようにいつも輝いていた。 しかし、森を守るために長鳥はその目を大鳥に渡した。 今では目があるべき場所に何もない空間だけが存在する。 包帯は今すぐにでも破れそうにボロボロである。 彼もまた輝く羽に覆われていたが、長い間太陽の光を浴びなかった結果、羽は消えてしまった。 残ったのは不公平な天秤だけである。 長鳥の審判は決して止まらない。 フレーバーテキスト• "我々の間では『審判の鳥を決して忘れるな。 それはどれほど時間が掛かろうとも必ずあなたの元にやってくる』と言われている。 "もしかすると既にあなたの家に来ているかもしれない。 "「許しのない世界に生きる我らの魂を御納め、御救いください。 "高鳥は森の番人だった。 森を守ろうとする心が強すぎるあまり、一番大事なものを見失った。 "それから森には真っ暗な夜だけが続くようになった。 "元より人は卑怯であるため自らの魂を救うことはできない。 ゆえに高鳥が我々の元にやって来たのだ。 "自身の過ちを自分で悟れるものは極少数しかいない。 高鳥の天秤はこれを代行する。 "高鳥は決して焦らない。 " 余談• Lobotomy Corporationのティーザートレーラーを見ると、当時未発表だった多くのアブノーマリティに交じって、終わり付近に審判鳥が登場している。 彼の能力は、憑依された職員や変異した職員でさえも天秤に掛けることが可能である。 審判鳥を含む三羽の鳥は、他のアブノーマリティをイベントとして呼び寄せられる最初のアブノーマリティである。 審判鳥は、他のアブノーマリティのストーリーに絡むアブノーマリティの一つである。 の説明や、アンジェラのの引用。 (レガシーバージョンのみ)• 審判鳥は、から危険レベルが引き上げられたアブノーマリティの一つである。 アートブックメモ• 「見ざる、聞かざる、 言わざる」• もはや私的感情が妨げとなることはないだろう(目隠し)• 数多の鳥の数多の羽が怨念を変わり、絞首台の形を成した• 鳥の絞首台、即座に執行される 参考文献:• 要検証 以下の項目について情報が不足しています。 また、記載情報に誤りの可能性があれば、コメントしてください。 O Treitの効果について• 火の鳥の作業速度デバフを受けないという報告があったため記載 ギャラリー.

次の

ロボトミーコーポレーションプレイ日記5

ロボトミー コーポレーション

主な違い• アブノーマリティの世話のシステムが変更された。 今まで[栄養][清潔][交信][娯楽][暴力][スペシャル]にてお世話ができたが、今度から[本能][洞察][愛着][抑圧]と抽象的なものになった。 他 世界観も全体的に精神的な意味合いが強くなったように感じる。 任意のタイミングで一日の業務を終了できるようになった。 ただしアブノーマリティが脱走している最中に業務を終了すると、もらえるLOBポイントが減少するようになった。 漠然としたエネルギーを貯めるのではなく、一日の規定の量のPEBOXを集める形式になった。 PEBOXはアブノーマリティの世話をすることで獲得できる。 職員の外見が大きく変更された。 新職員は等身が高くなり、髪と顔のパーツが細かく分けられている。 9月予定のアップデートでまた変更される予定。 変更されました。 Oシステム• エージェントに任意で武器、防具を装備させられるようになった。 また 接するアブノーマリティによってはギフトというアクセサリーをつけられたりする。 以前の2頭身エージェントは?.

次の