す が ななこ 電通。 電通グループ特集

電通

す が ななこ 電通

経産省の民間委託事業をめぐって、「週刊文春」6月18日発売号で報じたの「下請け圧力問題」。 メッセージは、株式会社テー・オー・ダブリュー(TOW)の担当者が、複数の下請け企業に対して送ったもの。 イベント企画会社であるTOWは、電通を通して、今回の持続化給付金事業の一部を請け負っている。 電通本社 メッセージは5月24日、持続化給付金事務局のSlack内でTOWの責任者から一斉送信された。 その文面は〈*責任者の方以外社外秘でお願いします〉という注意書きの後、次のように言及する(以下原文ママ)。 〈今後電通がある理由で受託に乗り出さないコロナ対策支援策があります。 具体的には家賃補助の給付事業です。 この話は電通がやりたくない、かつ中企庁(編集部注・中小企業庁)もいろんなところに相談をして全て断られ、最終的に博報堂が受注の可能性があるものになりそうです〉 「家賃補助の給付事業」とは、売り上げが減った中小事業者へ家賃を給付する家賃支援給付金事業のこと。 メッセージの送信日は同事業の公示日より前で、電通の競合他社への警戒ぶりが窺える。 文面はこう続く。 〈そのため、電通傘下で本事業にかかわった会社が、この博報堂受託事業に協力をした場合、給付金、補助金のノウハウ流出ととらえ言葉を選らばないと出禁レベルの対応をするとなりました。 対象はこのリストに載っている各社の皆様にご協力をお願いできればと思います。 TOWとしても長年の関係と信頼があるうえで、今回の仕事をいただいているため、当然ですが弊社が協力をお願いした皆様にもすいませんが、強制的にお願いしたい次第です〉 さらに、〈支部のプロダクションの皆様にはリーダーからご説明いただきたく、末端の人材派遣会社などは受けざるお願いこともあると思いますが、もしそんな声が聞こえてきたら報告をいただければと思います。 イベント会社関係者が明かす。 「つまり、持続化給付金事業を電通から請け負っていた会社が博報堂に協力した場合は、今後一切仕事を回さないと脅迫している。 このメッセージは電通の指令のもと送られ、それを受けた各エリアの担当者たちが各県のプロダクション等に伝達する流れです。 結局、家賃支援給付金事業は942億円でリクルートが受託することになりましたが、電通によって公正な競争が阻害され続けてきた証拠に他なりません」 小誌は、本件について、事実確認の質問状を送ったが、電通から回答はなかった。 しかし、「週刊文春」の発売日前日の6月17日夜、ホームページに「当社社員が受発注関係にある協力会社の従業員に対し、業務にまつわる不適切な発言を行ったことが判明いたしました」と発表。 また個別の問い合わせには「回答は差し控えさせていただきたい」とし、説明を拒んでいる。 TOWからの回答はなかった。 関係者によれば、今回のメッセージは、電通社員の意向を受けて、下請けのTOWが発信したものと見られる。 競争相手と取引しないよう圧力をかける行為は、独占禁止法に抵触する恐れもある。 経産省が、こうした委託先への不適切行為に対し、どのように対処するのか、注目される。 (「週刊文春」編集部/週刊文春 2020年7月2日号) 外部サイト.

次の

電通

す が ななこ 電通

概要 [ ] 日本国内2位のの売上高の約4倍と日本最大のであり「 広告界の」の異名を持つ。 その圧倒的なシェアゆえ、市場の化が問題視され、 2005年(17年)には(当時・委員長)が調査を開始し、調査報告書において電通の広告業界における寡占化の進行の事実を指摘した上で「公平性、透明性の確保が必要」と結論づけた。 近年では海外の広告会社を積極的に傘下に加えることにより規模を拡大し、広告代理店グループとして世界5位の規模となっている。 (昭和62年)に制定された「CED」の5番目の社章は「Communications Excellence DENTSU -卓越したコミュニケーション活動を」を表しており、(平成14年)12月まで使用された。 現在使用されている「dentsu」の社章は2002年(平成14年)12月の汐留移転を機に制定された6代目である。 前より、新入社員の敢闘精神を養うことを目的として「電通」が毎年行われている。 また、・等の著名人ないし有力者子弟を社員として多く採用している。 沿革 [ ]• - によって当社の前身「 日本広告」が設立された。 - 光永が通信社を設立したことで日本広告は吸収され、 日本電報通信社(電通)となる。 - において新聞聯合社と電通の通信網を統合した「満洲国通信社」(国通)が創立。 同社はに本社を置きを主筆として活動していた。 - 国通の通信部門はに譲渡され、電通は広告代理店専業となる。 - によりされたの後任としてが第4代社長に就任し、広告取引システムの近代化に努めた。 軍隊的な社則「 」を作るなど、電通発展の礎を築いた。 - よりスポーツイベントに本格参入。 以降、スポーツイベントでの業務拡大が続く。 - (NHK)との肝いりで、NHKの子会社である25%、当社25%の共同出資によるを設立したが、これは諸般の事情により付けでNHKエンタープライズに吸収合併される形で解散した。 - イギリスの大手広告会社を買収し、の「レオ・バーネット」などと共に、広告会社グループ「bcom3」を結成。 - 株式を東証一部にした。 - レオ・バーネットを買収したに本拠を置く世界有数(世界3位)の規模を持つ広告代理店「」グループと資本提携を締結。 - 英国大手で世界8位の広告代理店Aegis社を買収し、ロンドンにを設立。 世界140か国に拡がる約10社の広告代理店を擁し、その売り上げはグループの半分以上(2015年で54. 3%)に及ぶ。 11月 - ドイツで創業のと業務提携したことを発表した。 - 麻雀プロリーグ「」に参加表明。 「」をスポンサードする。 - 株式会社電通グループに社名変更し、体制へ移行。 企業文化 [ ] 鬼十則 [ ] 4代目社長・によりにつくられた電通社員の行動規範。 の男性社員の()の発生後、新入社員研修の教本などからは除外されたが、その後も社員手帳には記載が続けられ、電通の労働体質の背景になっているとされた(特に第5項)。 12月に発生したを受け、度より社員手帳から記述を削除すると発表された。 仕事は自ら創るべきで、与えられるべきでない。 仕事とは、先手先手と働き掛けていくことで、受け身でやるものではない。 大きな仕事と取り組め、小さな仕事はおのれを小さくする。 難しい仕事を狙え、そしてこれを成し遂げるところに進歩がある。 取り組んだら放すな、殺されても放すな、目的完遂までは……。 周囲を引きずり回せ、引きずるのと引きずられるのとでは、永い間に天地のひらきができる。 計画を持て、長期の計画を持っていれば、忍耐と工夫と、そして正しい努力と希望が生まれる。 自信を持て、自信がないから君の仕事には、迫力も粘りも、そして厚味すらがない。 頭は常に全回転、八方に気を配って、一分の隙もあってはならぬ、サービスとはそのようなものだ。 摩擦を怖れるな、摩擦は進歩の母、積極の肥料だ、でないと君は卑屈未練になる。 責任三カ条 [ ] 鬼十則と同じく4代目社長・吉田秀雄によりにつくられたが、に社員手帳から記述が除外され、現在では使われていない。 命令・復命・連絡・報告は、その結果を確認しその効果を把握するまではこれをなした者の責任である。 その限度内に於ける責任は断じて回避出来ない。 一を聞いて十を知り、これを行う叡智と才能がないならば、一を聞いて一を完全に行う注意力と責任感を持たねばならぬ。 一を聞いて十を誤る如き者は百害あって一利ない。 正に組織活動の癌である。 削除せらるべきである。 我々にとっては、形式的な責任論はもはや一片の価値もない。 我々の仕事は突けば血を噴くのだ。 我々はその日その日に生命をかけている。 戦略十訓 [ ] 、(現・)社長だったにより提唱されたとされる。 もっと使わせろ• 捨てさせろ• 無駄使いさせろ• 季節を忘れさせろ• 贈り物をさせろ• 組み合わせ(コンビナート)で買わせろ• きっかけを投じろ• 流行遅れにさせろ• 気安く買わせろ• 混乱をつくり出せ 経営者・役員 [ ] 歴代社長 [ ] 氏名 在任期間 初代 - 2代 光永眞三 1940年 - 3代 1945年 - 4代 1947年 - 5代 1963年 - 6代 1973年 - 7代 1977年 - 8代 1985年 - 9代 1993年 - 10代 2002年 - 11代 2007年 - 12代 2011年 - 13代 2017年 - 14代 五十嵐博 - 歴代会長 [ ] 氏名 在任期間 初代 - 2代 2002年 - 3代 2007年 - 4代 2011年 - 取締役 [ ] 株式会社電通グループ(2020年1月1日付けでに移行)• 〈代表取締役〉• 〈〉ティム・アンドレー• 〈取締役〉五十嵐博• 〈取締役〉曽我有信• 〈取締役〉ニック・プライデイ• 〈取締役(独立)〉• 〈取締役()〉大越いづみ• 〈取締役(監査等委員・独立社外取締役)〉、古賀健太郎、、サイモン・ラフィン• 会社再編前後までの取締役経験者は以下。 〈取締役〉、〈取締役(監査等委員)〉千石義治 株式会社電通(2020年1月1日付けでとしての機能を引き継いだ)• 〈代表取締役〉五十嵐博• 〈代表取締役〉髙田佳夫• 〈代表取締役〉遠谷信幸• 〈取締役〉榑谷典洋 執行役・執行役員等 [ ] 株式会社電通グループ(同)• (社長執行役員)山本敏博• (副社長執行役員)桜井俊、ティム・アンドレー• (執行役員)五十嵐博、曽我有信、ニック・プライデイ、柴田淳、日比野貴樹、石田茂、高橋祐子、樋口景一、ドミニク・シャイン、サイモン・ジンガー、アナ・モルトン• 会社再編前後までの構成は以下。 (社長執行役員)山本敏博(執行役員)髙田佳夫、遠谷信幸、ティム・アンドレー、曽我有信、五十嵐博、桜井俊、柴田淳、八木隆史、石川豊、大久保裕一、前田圭一、日比野貴樹、松尾秀実、榑谷典洋、石田茂、中村潔上、上條典夫、山岸紀寛、安藤亮、広瀬哲治、坂田憲彦、伊谷以知郎、中村将也、足達則史、高橋惣一、辰馬政夫、大内智重子、鈴木宏美、孫生京、吉崎圭一、ニック・プライデイ、前田真一、林信貴、山口修治、佐藤光紀 株式会社電通(同)• 〈執行役員〉• (社長執行役員)五十嵐博• (副社長執行役員)遠谷信幸、榑谷典洋• (執行役員)髙田佳夫、徳山日出男、石川豊、松尾秀実、中村潔、上條典夫、広瀬哲治、坂田憲彦、伊谷以知郎、中村将也、足達則史、高橋惣一、辰馬政夫、大内智重子、鈴木宏美、孫生京、吉崎圭一、林信貴、前田真一、山口修治、鹿毛輝雅、福本勝彦、鈴木禎久• 〈〉久島伸昭 国内拠点 [ ] 東京本社 [ ] 〒105-7001 東新橋1-8-1 関西支社 [ ] 〒530-8228 大阪市北区中之島3-2-4 中之島フェスティバルタワー・ウエスト17F 京都支社 [ ] 〒600-8009 京都市下京区四条通室町東入函谷鉾町101 アーバンネット四条烏丸ビル5F 中部支社 [ ] 〒450-6429 名古屋市中村区名駅3丁目28-12 大名古屋ビルヂング29F 岐阜連絡事務所 [ ] 〒500-8828 岐阜市若宮町9-16 トーカイビル3F 三重連絡事務所 [ ] 〒514-0009 津市羽所町375 百五・明治安田ビル3F 関わりがあるプロジェクト・イベント [ ]• ペイオペラクレス星人(メンタンタンドン) オリジナルで、架空の。 著書の『電通』(朝日新聞社、1981年)内でも語られており、キャラクターを作った後に局所的に展開をする戦略だった。 実際にからレコードが、から絵本が出版された。 IBスポーツ(の前所属事務所)のマネージメント支援 、 当時スポーツ選手のマネージメント経験が浅かったIBスポーツに対してグランプリシリーズ開催、中継権事業協力など破格の条件を提示してマネージメントを支援。 キム・ヨナの可能性を見い出した電通(当時の電通グループ会長は)の韓国市場開拓戦略だったとされる。 での統一世界 ・とタイアップし を招聘した。 (仮称)• 製作に関わった映画作品 [ ] 実写映画 [ ]• (1987年版)• (2003年版)• (2006年版)• (実写映画版)• ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌• シリーズ• -第1章-終わりの始まり• -第2章-最後の希望• -最終章-ぼくらの旗• (2009年版)• (2010年版)• (漫画原作版)• (実写映画2011年版)• (実写映画版)• (実写映画版)• アニメ映画 [ ]• 制作作品• 劇場版シリーズ• 劇場版シリーズ• 劇場版シリーズ• 劇場版 天元突破グレンラガン 紅蓮篇• 劇場版 天元突破グレンラガン 螺巌篇• 映画シリーズ• (日本語吹き替え版及び字幕スーパー版は、とともに「提供」としてクレジットされている)• (2012年版)• シリーズ• カードファイト!! ヴァンガード• カードファイト!! ヴァンガード• カードファイト!! ヴァンガード アジアサーキット編• カードファイト!! ヴァンガード リンクジョーカー編• カードファイト!! ヴァンガード レギオンメイト編• カードファイト!! ヴァンガード ヴァンガードG• カードファイト!! ヴァンガード ヴァンガードG• カードファイト!! ヴァンガード ヴァンガードG ギアースクライシス編• (テレビドラマ)(特番)• シリーズ• 銀魂'• 金魂'• 銀魂'延長戦• 銀魂゜• 幻想魔伝 最遊記• 最遊記RELOAD• 最遊記RELOAD GUNLOCK• (制作協力)• (制作協力)• (制作協力)• シリーズ(宣伝協力)• (制作協力)• (2003年版)• フューチャーカード バディファイト• フューチャーカード バディファイト100• フューチャーカード バディファイトDDD• フューチャーカード バディファイトX• シリーズ• (制作協力)• めだかボックス アブノーマル• 版(制作協力) コピーライトに表記されていないが関わった作品 [ ]• シリーズ(オープニングとエンディングに両方クレジットされている)• (オープニングとエンディングに両方クレジットされている)• 作品(ノンクレジット)• (エンディングにクレジットされている)• シリーズ(ノンクレジット)• (オープニングとエンディングに両方クレジットされている)• (オープニングとエンディングに両方クレジットされている)• イナズマイレブンGO クロノ・ストーン• イナズマイレブンGO ギャラクシー• (オープニングとエンディングに両方クレジットされている)• (オープニングとエンディングに両方クレジットされている)• (オープニングとエンディングに両方クレジットされている)• (オープニングにクレジットされている)• (オープニングにクレジットされている)• (オープニングにクレジットされている)• (エンディングにクレジットされている)• (オープニングとエンディングに両方クレジットされている)• シリーズ(ノンクレジット)• (エンディングにクレジットされている)• (ノンクレジット)• (オープニングとエンディングに両方クレジットされている)• (エンディングにクレジットされている)• (ガンダムシリーズ4作品は、競合でもある(旧・創通エージェンシー)とともに「制作協力」としてクレジットされている)• (オープニングにクレジットされている)• (オープニングにクレジットされている)• (オープニングにクレジットされている)• (オープニングにクレジットされている)• (オープニングとエンディングに両方クレジットされている)• (オープニングとエンディングに両方クレジットされている)• (オープニングとエンディングに両方クレジットされている)• (エンディングにクレジットされている)• (エンディングにクレジットされている)• (オープニングとエンディングに両方クレジットされている)• シリーズ• (エンディングにクレジットされている)• (エンディングにクレジットされている)• (バラエティ番組)• (エンディングにクレジットされている)• シリーズ(エンディングにクレジットされている)• (オープニングとエンディングに両方クレジットされている)• (オープニングとエンディングに両方クレジットされている)• (オープニングとエンディングに両方クレジットされている)• シリーズ(ノンクレジット)• (エンディングにクレジットされている)• (エンディングにクレジットされている)• (オープニングとエンディングに両方クレジットされている)• シリーズ(オープニングとエンディングに両方クレジットされている)• (オープニングとエンディングに両方クレジットされている)• (オープニングとエンディングに両方クレジットされている)• シリーズ(オープニングとエンディングに両方クレジットされている)• ダンボール戦機• ダンボール戦機W• ダンボール戦機WARS• (エンディングにクレジットされている)• (オープニングとエンディングに両方クレジットされている)• (劇場版第4弾のエンディングにクレジットされている)• (オープニングとエンディングに両方クレジットされている)• シリーズ(オープニングとエンディングに両方クレジットされている)• 作品(エンディングにクレジットされている)• シリーズ• シリーズ• (アニメ版・ドラマ版)• (オープニングとエンディングに両方クレジットされている)• シリーズ(ノンクレジット)• (オープニングとエンディングに両方クレジットされている)• (エンディングにクレジットされている)• (ノンクレジット)• (オープニングとエンディングに両方クレジットされている)• (2ndシーズン)(オープニングとエンディングに両方クレジットされている)• (エンディングにクレジットされている)• (エンディングにクレジットされている)• (オープニングとエンディングに両方クレジットされている)• (ノンクレジット)• (オープニングとエンディングに両方クレジットされている)• (オープニングとエンディングに両方クレジットされている)• (オープニングにクレジットされている)• (日本語吹き替え版は、とともに「制作」としてクレジットされている)• (オープニングとエンディングに両方クレジットされている)• シリーズ(エンディングにクレジットされている)• (制作協力)• シリーズ(オープニングとエンディングに両方クレジットされている)• シリーズ(オープニングとエンディングに両方クレジットされている)• プランナーとしてクレジットされている 事件・不祥事・疑惑 [ ] 男性社員の過労自殺(電通事件) 発生。 訴訟に発展し、判決では上司からの中に注がれたを飲むよう強要されたり、靴の踵で叩かれるなどのの事実も認定された。 詳細は「」を参照 大麻所持等容疑による社員の逮捕 、複数の電通社員が違反容疑により逮捕され、いずれも同社により処分に処されたが、これら以外でも同種の事案が度々起きている。 性的暴行容疑で子会社社員逮捕 、電通子会社の社員が強姦など複数人にわたる容疑で及びに逮捕された。 同年3月、同社から処分に処された。 社員による出資法違反事件 、のコンサルタント会社『インベストメント・パートナーズ』が、高利回りがあると虚偽の勧誘をして多額の現金を集めた違反事件のとして、事件当時電通関西支社に勤務していた元社員の男(OB)がにされた。 CM撮影における迷惑行為 2010年、でのテレビCM撮影を巡り、を使用し登山者に迷惑をかけたとして、は電通、、の3社に文書指導を行った。 環境省はヘリによる撮影の自粛を事前に求めていたが、担当者が撮影を強行し、撮影中の約30分間、一般登山者への山頂への立ち入りを無断で拒むという迷惑行為を行っていた。 2020年東京五輪エンブレム盗作騒動 8月、のとそのロゴデザイナーが、によるのデザインは自作の盗作であるとして、を相手取りベルギーの裁判所にエンブレムの使用差し止めを求める訴訟を起こした。 この中で、に出向し、クリエイティブディレクターとエンブレム審査員を務めていた電通社員のが、佐野が制作した原案を2度にわたり修正した上で審査に推薦したことが明らかになり、選考の公平性に疑惑が生じた。 さらに、電通マーケティング局長を務め、組織委員会に出向していた槙英俊、審査委員代表らの判断で、公募前に佐野を含む国内の8人のデザイナーに応募を要請していたことや 、彼らの作品を2次審査に残すための不正が行われたことも明らかになった。 こうした一連の騒動から佐野によるエンブレムは白紙撤回され、高崎と槙も組織委員会からの出向を解かれ事実上更迭された。 「」も参照 租税回避疑惑 のによって作成されたに関する『』に、『 DENTSU SECURITIES INC. 』という電通に類似した名称の会社が見つかったことから 、租税回避に関与しているとの疑惑が生じた。 電通はこの会社との関係を否定し、は一連の疑惑を「風評被害」であると報じた。 2020年東京五輪招致における裏金関与疑惑 5月、英・紙がにおける疑惑を報じ、その中で電通の関与を指摘した。 記事によると、東京五輪開催決定に関し、日本のはの、ブラック・タイディングス社の銀行口座に7月と10月の2回に分けて計200万ユーロ(約2億2000万円)を振り込んでおり、この資金が当時の委員であるへ渡ったとされる。 この口座を所有するブラック・タイディングス社のコンサルタントは、電通の子会社とされる・のアスリートマネジメント・アンド・サービス社(Athlete Management and Services)社のコンサルタントも務めていた。 JOCの調査チームによると、ブラック・タイディングス社のコンサルタントから招致委員会に対して業務の売り込みがあり、電通からも同社のコンサルタントがラミーヌ・ディアックと繋がりがあるとの情報提供を受けたことから契約に至ったが、招致委員会はこの取引がにあたると認識することができたとは認められないとし、違法性はないと結論づけた。 電通は、「知る範囲内の実績を伝えただけであり、招致委員会とブラック・タイディングス社の契約について関与していない」と述べ、アスリートマネジメント・アンド・サービス社についても出資関係を否定した。 2018年12月、電通 らとIOCを巡るを続けていたJOC日本オリンピック委員会会長が、東京五輪招致をめぐる容疑で検察捜査当局による捜査過程で容疑者となったため 、竹田は2019年6月の任期満了に伴い、JOC日本オリンピック委員会会長、IOC国際オリンピック委員会委員、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会副会長・理事のいずれも退任した。 インターネット広告における不正詐欺 7月に、広告主であるからで効果が出ていないという指摘があり、社内の調査で不正が発覚。 電通は8月に、外部の弁護士を含む内部調査委員会を発足し、電通とグループ会社18社がネット広告を提供した2263社に聞き取りなどの調査を実施した。 9月に予備調査を公表し、インターネット上に掲載する広告について、契約通りに掲載しなかった上、約111社に対し広告料を不当に請求していたことが明らかにされ、この時点で不正被害は計約2億3000万円に上ると想定された。 不正は主に、バナー広告や動画の中で、主に年齢や検索傾向などから興味のありそうな広告を表示する「運用型」で見つかった。 2016年12月に調査結果を公表するはずだったが、調査データが膨大だったこと、女性社員の過労死事件の後は残業時間が制限されたことを言い訳に、予定は遅れ2017年1月に発表された。 不正被害にあった企業は96社、作業件数は997件、金額は計1億1482万円分。 犯罪であるという認識の欠如により、実際に広告が掲載されず架空請求が行われたのは10社、40件、338万円分。 被害にあった企業には過大請求していた代金を返金するなど、各社の要望に沿う対応をとるとしている。 また、担当が一人で出稿からレポートの作成まで行うなど、ミスを隠したり数字の改竄が行われても見抜く体制が整っておらず、ミスを組織として補う体制も不十分という凄惨な形態であった。 ネット広告需要の急増に反して人員の補充や育成を怠ったため人員体制に問題があり、国内デジタルグループ各社との連携も不足していた。 担当の執行役員ら17人を報酬減額処分(額面は不明)し、また、これまで担当者が人力でレポートを作成していたが、今後は広告掲載レポートを人手を介在せず自動で生成するシステムを開発するなど、再発防止に努めるという見当違いな対応であった。 新人女性社員の過労自殺• - 新入女性社員が社員寮からて()した(享年24)。 この社員は2015年4月の入社後、デジタル・アカウント部に配属され、を担当していたが、本採用後の10月以降に仕事量が急増。 遺族側の推計によると、1ヶ月のは約130時間に達し、ラインといわれる80時間を大幅に越えていた。 電通はで決められた残業時間を越えないよう、勤務時間を過少申告するよう指示していたとみられる。 当初は女性社員の別れ話を利用し、個人の問題として片付けようとしていた電通であるが、女性社員個人のにはだけでなく、上司によるやの被害を窺わせる書き込みもされていた。 - は、この社員が自殺したのはによりを発症したのが原因と判断し、(労災)を認定した。 これを受け、2016年、過重労働撲滅特別対策班はに基づき、電通本社に臨検監督と呼ばれる抜き打ち調査を実施し、名古屋・大阪・京都の各支社も、地元労働局がそれぞれ調査した。 こうした中で、社員に違法な長時間労働をさせたり、労働時間を適切に把握していなかったとして、には中部支社、には関西支社、2015年には東京本社と子会社の電通九州が、それぞれ各地元労働基準監督署から是正勧告()を受けていたことが分かった。 また、本社に勤務していた男性社員がに病死したのは長時間労働が原因だったとして、2016年にに認定されていたことも明らかになった。 - 複数回にわたる是正勧告後も違法な時間外労働が全社的に常態化していた疑いが強まったことを受け、過重労働撲滅特別対策班などは強制捜査に切り替え、電通本社と全国の3支社に労働基準法違反の疑いでを行った。 - こうした一連の事実を受け、電通は2016年の「大賞」を受賞。 - 社員に違法な長時間労働をさせた上、を過小に申告させる犯罪行為をしたとして、東京労働局は法人としての電通と自殺した女性社員の当時の上司を、労働基準法違反の疑いでにした。 同日、電通社長が、1月の取締役会で引責辞任することを発表。 - 労使協定で定めた上限を超える残業を社員にさせていたとして、は法人としての電通と、中部、関西、京都の各支社の幹部らを労働基準法違反の容疑で書類送検した。 、社員に違法な長時間労働をさせていたとして、電通の子会社である電通東日本、電通西日本、電通九州、電通北海道、電通沖縄の5社が各労働基準監督署から是正勧告を受けた。 - 社員に違法な残業をさせていたとして、法人としての電通がされ、一連の捜査は終結した。 過労死した女性社員の当時の上司は刑事責任を問われず、不起訴処分()となる結果となった。 - が、書面審理だけで量刑を決める略式命令を出すのは「不相当」と判断し、正式なを開廷することを決定したため、電通の刑事責任が公開の法廷で問われることになった。 - 東京簡易裁判所にて初公判が実施され、電通社長のが出廷した。 起訴内容の罪状認否について「間違いありません」と、起訴された罪状を認めた。 は「自社の利益を優先させ、違法な残業が常態化していた」として罰金50万円を求刑し、裁判は結審した。 - 東京簡易裁判所は「違法な長時間労働が常態化し、サービス残業が蔓延していた」とし、電通に対して労働基準法違反により罰金50万円の支払いを命じる判決を下した。 50万円という額であったため、電通は控訴期限日まで控訴せず、に罰金刑がとなった。 子会社による医療報道記事への成功報酬の支払い 子会社の(電通PR)が医薬品を宣伝する記事を、広告ではなく通常の記事としてのグループ会社に配信させた。 その記事の見返りに成功報酬を支払っていたことが、に明らかとなった。 はあちゅうによるセクハラ・パワハラ証言 2017年12月、アフィリエイターの(ペンネーム・はあちゅう)が電通在籍中に、当時の上司であるからやを受けていたことを告発した。 当該ディレクターはセクハラなどの一部事実は否定したが謝罪した。 特殊詐欺グループへの名義貸しで社員を書類送検 7月、グループ一員のマンションへの入居を幇助するために貸しをしたとして、により電通の男性社員が詐欺容疑でされた。 暴行容疑で新聞局長逮捕 2019年10月、 日本 - スコットランド戦を観戦後、観客誘導用の柵に体当たりしたり、前の人を追い抜こうとしたところ、注意した警備員のアルバイト大学生に逆ギレし顔を殴ったとして、同大会のマーケティングも担当していた電通の新聞局長がに暴行容疑で逮捕された。 持続化給付金事業の受託をめぐる問題 に伴う外局による持続化給付金事業を、が受託し電通に再委託した。 さらに電通から、、、、などに再々委託し、電通ライブからは、、、(TOW) などに再々々委託していたが、その過程で電通本体だけでおよそ104億円あまり、電通グループ子会社6社を含めると少なくとも154億円あまりの緊急支援的意味合いのあるないしが大規模に中抜きされていたことが判明し、国会審議などで波紋を呼び起こしている。 また、は、度からの3年間、から35件160億円の事業を受託して電通に再委託していたが 、を使ってポイント還元するのマイナポイント事業でも、同環境共創イニシアチブが受託していた。 代表取締役に元総務次官らが在籍する電通を再委託先として、電通ライブや電通国際情報サービスなど、さらにトランスコスモス、大日本印刷などに再々委託、再々々委託されていたことが明らかとなっている。 家賃支援給付金事業の受託をめぐる問題 上記持続化給付金事業の受託を巡る問題に引き続き、2020年(2年)6月、経済産業省中小企業庁による家賃支援給付金事業を巡り、、電通、そしてを通して持続化給付金事業の一部を再々々受託していた大手イベント会社(TOW)担当者がこの家賃給付金事業について複数の下請け会社に、もし電通とは別の広告大手がこの事業を受託しそれに協力した場合、相当の対応をとるなどと電通以外の広告会社に協力しないよう圧力をかけ、さらに電通社員がこの問題に関与していた疑いが判明した。 これを受けて電通は、取引先企業が下請け会社に圧力ないし脅迫をかける違反・違反行為に同電通社員が関与した疑いがあることを認めた、と報じられた。 電通は同年6月17日、「社員が受発注関係にある協力会社の従業員に業務にまつわる不適切な発言を行った」として厳正に処分すると発表したが、当該社員の上司へのに留まった。 結果、家賃給付金事業に参加していた博報堂が同事業を落札できなかったことが明らかとなっている。 さらに上記持続化給付金事業でサービスデザイン推進協議会が落札した過程同様に、この家賃給付金事業においても委託先選びなど入札過程が不透明だと指摘されている。 これに対し経産省による渦中のサービスデザイン推進協議会への聞き取りで、当該担当電通社員が個人としてテー・オー・ダブリュー(TOW)担当社員に対し圧力をかけたものであり、電通が当該社員を処分し再発防止策等を示したとして、経産相は追加調査をしない考えを示した。 一方で山田弘審査局長は、独禁法の規定に基づいて適切に対処したいと述べた。 電通グループ [ ] 株式会社電通グループ DENTSU GROUP INC. 機関設計 市場情報 2001年11月30日上場 本社所在地 〒105-7050 1丁目8番1号 設立 1901年7月1日 事業内容 グループ全体の成長持続および競争力強化に向けた各種環境の整備と支援、ならびにグループガバナンスの推進 代表者 (社長) (代表取締役副社長執行役員) 資本金 746億981万円(2020年1月1日現在) 発行済株式総数 288,410,000株(2019年6月30日現在) 従業員数 140名(2020年1月1日現在) 決算期 12月31日 会計監査人 主要子会社 を参照 外部リンク 特記事項:設立年月日は、商号変更前の 株 電通の設立年月日。 株式会社電通グループ( : DENTSU GROUP INC. )は、に設立( 株 電通から商号変更)。 電通グループを統括する純粋持株会社。 関連会社 [ ] 出典: 電通グループ公式ホームページ たる株式会社電通グループのとして発足した、Dentsu Japan Network(電通ジャパンネットワーク)が国内のの統括・支援を行っている。 国際事業会社については、3月に買収した Aegis Group(・)を社名変更した、Dentsu Aegis Network(電通イージス・ネットワーク社)が国際事業会社のネットワークの統括・支援を行っている。 国内事業 [ ] 電通ジャパンネットワーク [ ] 直接出資子会社 [ ]• 電通アメリカ• 電通ボス• 電通ブラジル• 電通アルゼンチン• 電通スマート• 電通ニューアイディアズ• 電通インド(バンガロール)• 電通ワン• 電通インパクト(グルガオン)• タプルート電通• 電通ウェブチャットニー(グルガオン)• 電通ミドルイーストアンドアフリカ• ドライブ電通• 北京電通広告有限公司• 北京電通広告有限公司 上海支社• 北京電通広告有限公司 広州支社• 電通東派広告有限公司• 電通日海広告有限公司• 電通公共関係顧問(北京)有限公司• 電通香港• 台湾電通• 電通國華• 電通シンガポール• 電通タイランド• 電通ワン(バンコク)• 電通インドネシア• 電通コンサルタンツ・インドネシア• 電通ワン(ジャカルタ)• 電通インパクト(ジャカルタ)• 電通LHS• 電通ワン(クアラルンプール)• 電通ジェイミーサイフー• 電通ベトナム• 電通韓国• 電通オーストラリア• オッドフェローズ電通• BWM電通(シドニー)• CARAT• dentsu• dentsu X• iProspect• Isobar• MKTG:• Posterscope• Vizeum スペシャリスト/マルチマーケット・ブランド [ ]• Amnet• Amplifi• Data2Decisions• Mitchell Communications Group• psLive ローカル・ブランド [ ]• Copernicus• Jumptank• LOV• Team Epic その他 電通スポーツネットワーク [ ]• 電通スポーツアメリカ• 電通スポーツヨーロッパ• 電通スポーツアジア• 電通スポーツLLC• アスリーツ・ファースト• チーム12• ワールド・スポーツ・グループ・ホールディングス 電通エンタテインメントネットワーク [ ]• 電通エンタテインメントUSA• レベルファイブ アビー• DCTP• 上海上影電通影視文化傅播 ISIDネットワーク [ ]• ISIDアメリカ• ISIDヨーロッパ• 上海電通信息服務• ISID香港• ISIDサウスイーストアジア• ISIDタイ• ISIDインドネシア 電通テックネットワーク [ ]• プロモテック・プライベート・リミテッド• 電通テック北京広告有限公司 関連書籍 [ ]• 『小説電通』 、、• 『電通』 、、(文庫版:、)• 日向夏平、川手浩次 『電通』 、、• 取材班 『増補版 電通の正体 マスコミ最大のタブー』 金曜日、2006年、 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 2016年8月19日. 2019年7月28日閲覧。 『増補版 電通の正体 マスコミ最大のタブー』 週刊金曜日編集部 2006年09月• 2016年10月18日閲覧。 - 2012年8月31日 Business Journal• 「満洲国通信社の使命と事」、満洲国通信社。 1935年。 『満洲国現勢. 康徳2年版』収録:• 2016, 訳・内田樹• 東洋経済、2012年7月13日• 、Cnet Japan。 2014年3月3日。 株式会社インプレス 2018年7月17日. 日本語. AV Watch. 2018年7月17日閲覧。 株式会社電通. 2019年2月20日閲覧。 2016年10月19日閲覧。 産経新聞 2016年10月15日• 産経新聞 2016年12月9日• 日経新聞2016年12月9日• Yahoo! ニュース 2016年11月19日• アサヒコミュニケーションズ• 経営コンサルタント・グロマコン• 2016年10月19日閲覧。 販促会議2020年1月号 デジタルマガジン• pressian 2013年3月26日• ブラジル 2015年9月12日• ブラジル 2016年1月19日• 2016年10月19日閲覧。 「」『』1996年6月13日、 2020年6月21日閲覧。 日本経済新聞 2010年8月25日• 日刊スポーツ 2010年9月14日• 朝日新聞 2010年10月19日• 日本経済新聞 2015年8月4日• 週刊新潮 2016年10月20日号• 産経新聞 2015年10月2日• 読売新聞 2015年10月02日• 2016年10月19日閲覧。 The Guardian Saturday 21 May 2016• AFPBB News 2015年2016年5月13日• The Huffington Post 2016年9月1日• BuzzFeed News 2016年5月16日• 東洋経済オンライン 2016年5月22日• 2020年3月31日. 2020年6月25日閲覧。 2020年3月31日. 2020年6月25日閲覧。 朝日新聞 2019年1月11日• 読売新聞 2019年1月11日• 共同通信2019年3月15日• 東洋経済オンライン 2016年9月24日• - リテラ(2016. LITERA 2016年10月10日• 毎日新聞 2016年10月15日• 産経新聞 2016年11月12日• 産経新聞 2016年11月16日• 産経新聞 2016年10月20日• 産経新聞 2016年11月7日• ブラック企業大賞 2016年12月23日• 産経新聞 2016年12月28日• 産経新聞 2016年12月28日• 産経新聞 2016年12月28日• 産経新聞 2017年4月25日• 産経新聞 2017年5月15日• 産経新聞 2017年7月6日• 産経新聞 2017年7月7日• 産経新聞 2017年7月7日• 産経新聞 2017年7月7日• ワセダクロニクル 2017年2月1日. 2019年2月18日閲覧。 Harimaya, Takumi 2017年12月17日. 2020年6月24日閲覧。 2019年7月24日. 2020年6月20日閲覧。 2019年10月15日. 2020年6月20日閲覧。 2019年10月15日. 2020年6月20日閲覧。 2020年6月24日. 2020年6月25日閲覧。 2020年6月6日. 2020年6月19日閲覧。 2020年6月19日閲覧。 東京新聞 2020年6月13日. 2020年6月17日閲覧。 東京新聞 2020年6月17日. 2020年6月18日閲覧。 2020年6月18日. 2020年6月18日閲覧。 毎日新聞 2020年6月18日. 2020年6月19日閲覧。 オンライン. 2020年6月21日. 2020年6月23日閲覧。 dentsu 2020年6月17日. 2020年6月18日閲覧。 新宅あゆみ、箱谷真司 2020年6月24日. 2020年6月25日閲覧。 清水律子 2020年6月24日. 2020年6月25日閲覧。 株式会社電通グループ. 2020年1月1日閲覧。 株式会社電通グループ. 2020年1月1日閲覧。 関連項目 [ ] 吉田秀雄記念事業財団が運営する カレッタ汐留• - 同電通の筆頭株主• - - -• - 電通により創作された同電通のオリジナルキャラクター。 - 1947年創設の広告賞。 との共同出資だったが、2013年同社に吸収合併され解散した。 ユニバーサル・ピクチャーズ・インターナショナル・エンターテインメント日本法人と合併し系列に移行。 の子会社だった旧パイオニアLDC。 - 1933年竣工、1962年まで電通が本社を置いていた、現在もに存在するビル。 - の旧電通本社ビル。 2002年に現在ののに移転するまでの本社社屋。 出身著名人等 [ ]• (写真家)• (CMプランナー)• (・)• (CMプランナー、TUGBOAT代表)• (大学院教授)(哲学研究者)• (マルチクリエーター)• (SF作家、)• (プロ野球元・球団社長)• (漫画原作者)• (古典芸能評論家)• (CMプランナー)• (元・副社長)• 映画監督• (メディアクリエーター、)• (経営者)• (大学院教授・論)• (元・)• (議員、大阪府連会長、現在)• (第45代当主、)• (CMプランナーー、コピーライター)• (キャンペーンプランナー)• (運動家)• () 外部リンク [ ]• - 公式ウェブサイト (日本語)• - 公式ウェブサイト (日本語)• (日本語)• - (日本語)• dentsuho - (日本語)• - 公式ウェブサイト (日本語)• タカハタプレシジョンジャパン• 南開工業• 錦城護謨• 原田鋼業• サクラパックス• ハギワラソリューションズ• 愛媛パッケージ• 中西金属工業• アンコール・アン• プリプレス・センター• フロイント産業• ヤマグチマイカ• 三栄源エフ・エフ・アイ• キューズ• 藤本化学製品• フルハシEPO• クレアン• インパクトジャパン• アイ・シー・アイ• ニッセイエブロ• イースクエア• プランニング・ホッコー• ポジティブ• エッジ・インターナショナル• DNV GL ビジネス・アシュアランス・ジャパン• ピー・アンド・イー・ディレクションズ• ピープルフォーカス・コンサルティング• 大谷清運• アルメックVPI• PwCアドバイザリー• トータルケア• ビジネスコンサルタント• エコロジーパス• SDGパートナーズ• レックス・インターナショナル• 日経ビーピーコンサルティング• エコツーラボ• リビエラホールディングス• あかつき• vKirirom Japan• かいはつマネジメント・コンサルティング• ネットラーニングホールディングス• 川内美登子・植物代替療法研究所• 教育・学習支援.

次の

<電通とパソナが絡む「幽霊法人」 東京新聞が1面トップ報道!>中小企業給付 遅れ続出 運営団体 実態不透明 電通など設立 … 赤かぶ

す が ななこ 電通

「騙されるの嫌なんだな」 19年12月に開始し、1日1枚の4コマ漫画で連載された「100日後に死ぬワニ」は、3月20日で100日目を迎え完結した。 最終回は13コマの長さ。 ワニの最期や人生の過ごし方をめぐっては、直後からさまざまな解釈、考察がなされ、「何気ない日常の輝き ワニくんありがとう」といった感想が大量に寄せられた。 ネットの空気が変わったのはその数時間後。 漫画はきくちさんのツイッターで細々と投稿されてきたが、これと別に「100日後に死ぬワニ 公式」アカウントが開設され、書籍化、映画化、グッズ発売、イベント開催などの展開が一気に発表された。 「いきものがかり」とのコラボ曲「生きる」も同じタイミングでYouTubeに公開。 こうした発表の中にクレジットされたスタッフや企業の取引先から、広告代理店大手・電通が関わっていたとの憶測が流れ、「電通案件」がツイッタートレンド入りした。 こうした中、有吉さんはラジオで「『100日後に死ぬワニ』が作者の手から離れて、大きな話題になって、クレームすごいんだろうな。 なんでか知らないけど」と言及。 「騙されるの嫌なんだな。 騙したわけではないけどな」と述べると、「嫌なんだな、あれな。 『え、思ってたのと違う!』となったらウーン!(怒る様子)って」とネット上で怒りをぶつける人々の感情を推察した。 この直前には、番組に出演したお笑いコンビ「アルコ&ピース」酒井健太さんが最近スベったネタについてトーク。 有吉さんはこれに絡め、「申し訳ないけど、酒井はその言葉(ネタ)を作った人ではあるけど、あとの運用に関しては我々電通に任せてほしい」と皮肉っぽくいじり、酒井さんは「ウーン!」と反応してオチをつけた。 有吉さんは連載中の2月22日、ツイッターに「100日後に死ぬワニ。 あと27日。 桜の咲く頃かしらね。。。 」と投稿するなど、1人のファンとして漫画を楽しんでいた様子。 偶然にも、同作最後の1コマは満開の桜並木を描いた風景画だった。 さらに有吉さんは最終話の公開から数十分後、「お疲れ様でした」として、青空の下で咲いた桜の木の写真を投稿。 100日間を労ったようだ。 いきものがかり水野「電通さんは絡んでない」 なお炎上状態となった完結翌日の21日、きくちさんと「いきものがかり」水野良樹さんが、ツイッターライブで「100日後に死ぬワニ」の舞台裏を語った。 水野さんは「『電通案件』なんて出てますけど、大きな誤解で、電通さんは絡んでない」とネットの噂をキッパリ否定。 「電通さんが、プロジェクトの仕組み(に関わっている)とか、壮大な企画があって、何か月も前から巨大組織がいろいろな手を使っていろんな人を集めて、僕らも『いきもの』だからってことでやってるんじゃないかとか、そういう壮大なプロジェクトではない。 電通さんは入ってない」とした。 きくちさん自身も「本当に何もしてないです」と重ねて否定し、「僕が個人的に始めて、メッセージを込めて、みんなにいろんなことを考えてほしい思いでワニの話を描きました。 それにいろんな人が共感してくれて、仲間ができて、盛り上げてくれて、僕は感謝しかないです。 裏ででかいことになってるんだろとか言われるのは悲しいなと思うけど、たくさんの人に見てもらえたから、それがまず嬉しいなと思います」と率直な心境を述べた。 きくちさんが「100日後に死ぬワニ」を描き始めたのは、20歳の時に「産まれた時から一緒にいた友達が事故に遭った」ことがきっかけと明かす。 友達からの遊びの誘いを断った後、その友達は事故に遭い、その後きくちさんは「終わり」を意識して生活するようになった。 「限りある時間の中で生きているわけで、周りにいる人を大事にして、一緒にいる時間を大切にしてほしいと、そういうメッセージを伝えられたらいいかなと思って、始めたのがこのワニの話です」と涙ながらに語っている。 事故に遭った友達や自身の経験が盛り込まれているという。

次の