なつぞら 大泉洋。 【なつぞら】最終週に大泉洋の出演が決定 TEAMNACS全員出演「本当に感謝です」

『なつぞら』大泉洋が“水曜日”に登場! ファン歓喜「TEAM NACS揃った!」 /2019年9月25日 1ページ目

なつぞら 大泉洋

チケット入手困難な北海道発の5人組人気演劇ユニット「TEAM NACS」のリーダーで俳優の森崎博之(47)がNHK連続テレビ小説「なつぞら」(月~土曜前8・00)で朝ドラに初出演することが25日、分かった。 第19週(8月5~10日)に、十勝支庁の支庁長・大清水洋(おおしみず・ひろし)役で登場。 北海道・十勝が舞台の「なつぞら」には「TEAM NACS」から安田顕(45)戸次重幸(45)音尾琢真(43)が既に出演済みで、森崎は4人目。 「TEAM NACS」が朝ドラを席巻中だが、残るは大泉洋(46)だけとなり、メンバー全員の出演が実現するか、注目される。 女優の広瀬すず(21)がヒロインを務める節目の朝ドラ通算100作目。 大河ドラマ「風林火山」や「64」「精霊の守り人」「フランケンシュタインの恋」、映画「39 刑法第三十九条」「風が強く吹いている」などで知られる脚本家の大森寿美男氏(51)が2003年後期「てるてる家族」以来となる朝ドラ2作目を手掛けるオリジナル作品。 戦争で両親を亡くし、北海道・十勝の酪農家に引き取られた少女・奥原なつ(広瀬)が、高校卒業後に上京してアニメーターとして瑞々しい感性を発揮していく姿を描く。 安田は帯広の和菓子屋「雪月」の店主で、なつの幼なじみ・雪次郎(山田裕貴)の父・小畑雪之助を、戸次はなつに絵心を教えた天陽(吉沢亮)の父・山田正治を、音尾は柴田牧場で働き、なつにとって酪農の良き先生となった戸村菊介を好演。 森崎は十勝支庁の支庁長・大清水洋を演じ、3人に続き、道産子パワーをドラマに注入する。 森崎はこの日夜、所属事務所サイト内の日記を更新。 インターネット上でも話題を呼んだ大泉洋と似た役名について「うん。 そうだね、そう思うよね。 俺も最初は二度見したもん。 感じるよね。 感じすぎるよね。 そこまで似せるか?と思うよね(笑)」と心境を明かした。 「4人目、ってこともあるし、期待するよね。 アイツ(大泉)が今後、登場するのかどうか私にはまったく分からないのですが、まあ、こうなったら揃いたいよね~」と願いながら「でもなぁ~~。 なんとなく忙しいんだろうな~~。 (主演のTBS日曜劇場『ノーサイド・ゲーム』でラグビー部の)GMだもんな~~。 無理かな~~。 なのでひとまず、彼の名前も背負うつもりで収録に挑んでまいりました。 豪華キャストの皆様と共演できて幸せでした(その中にうちのメンバーもいてホッとした)」と報告。 「愛する北海道が舞台の作品、しかも酪農業の話です!大きな顔、大きな声、大きな愛でしっかり演じてまいりました。 ぜひご覧ください」とアピールしている。

次の

「なつぞら」大泉洋が【最終週】に出演、演じる役はミルコス社長・松武博|NHK朝ドラマニア

なつぞら 大泉洋

俳優の大泉洋さんが、放送中のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「なつぞら」に出演することが9月18日、明らかになった。 詳細は放送回をもって発表されるといい、ビジュアルのみ公開された。 これで北海道発の演劇ユニット「TEAM NACS(チーム・ナックス)」のメンバー5人全員が「なつぞら」に出演することが決定。 大泉さんも「『なつぞら』をご覧の皆様、私大泉洋も、この度ついに『なつぞら』に出演させていただけることになりました! これでTEAM NACS全員が出演させていただくことになります。 他のメンバーが出ているのをうらやましく見ており、『もう出られないのかな……』と半ば諦めていたので、本当にうれしいです」と喜びのコメントを寄せた。 さらに大泉さんは「この北海道が舞台の記念すべき朝ドラに、我々TEAM NACSを全員出演させてくれたスタッフの皆様、そして我々全員の出演を願ってくれたファンの皆様に本当に感謝です。 他のメンバーと同じく、私が演じる役も、北海道と関係の深い人物です。 放送をお楽しみに!」とアピール。 最後に「さまさまな関係者の皆様、長い間、辛抱強くスケジュール調整していただき、ありがとうございました」と改めて感謝していた。 「なつぞら」は、100作目の朝ドラで、脚本家の大森寿美男さんのオリジナル作。 戦後、北海道・十勝地方に移り住み、移民1世の柴田泰樹から開拓者精神を学んだなつ(広瀬すずさん)は、高校卒業後に上京。 当時「漫画映画」と呼ばれ、草創期を迎えていたアニメ業界に飛び込む。 画家志望の友人・山田天陽に手ほどきを受けたデッサンの腕前を生かし、自然の中での生活で磨かれたみずみずしい感性を発揮していく。

次の

「なつぞら」大清水洋役・森崎博之 大泉洋の「名前も背負うつもりで収録」NACS5人「揃いたいよね~」― スポニチ Sponichi Annex 芸能

なつぞら 大泉洋

2019年度前期のNHK連続テレビ小説 『なつぞら』北海道十勝編の出演者が発表されましたね。 広瀬すずヒロイン朝ドラ、岡田将生・松嶋菜々子ら主要キャスト14名発表<なつぞら> 【ほか写真あり】 — モデルプレス modelpress ヒロイン役の広瀬すずさんを始め、その豪華すぎる面々は 記念すべき100作目だからでしょうか。 これは普段あまりドラマを見ない私でもつい観たくなってしまいます(笑) ところでこのキャストの中に チームナックスの3人がいることに気が付いたでしょうか?チームナックスといえば北海道で結成された劇団で、全国公演のチケットは即完売してしまうというバケモノ的人気がありますね。 という訳で今回は『なつぞら』のキャストに選ばれたNACSの3人のメンバーについて、また大泉洋さんやリーダーの森崎博之さんの出演の可能性について書いてみましたよ。 スポンサーリンク 目次• 『なつぞら』あらすじ 太平洋戦争で両親を失い、父の戦友に養女として引き取られた主人公の少女奥原なつ。 引き取られた先の北海道・十勝で、当時のアニメーション「漫画映画」に触れその魅力に魅了される。 そしてなつは十勝で育まれた豊かな想像力と開拓者精神を活かし、アニメーションの世界に挑戦していく。 作:大森寿美男 放送予定:2019年4月~9月 全156回の予定 演出:木村隆文 田中正 渡辺哲也 制作開始:2018年6月 クランクインの予定 ロケ地:北海道十勝地方、他 『なつぞら』主要キャスト スポンサーリンク 奥原なつ(おくはら なつ): 広瀬すず(ひろせ すず) 戦争で両親を亡くし、父の戦友・柴田剛男(藤木直人)に引き取られ十勝に移ってきた。 剛男の義父・柴田泰樹(草刈正雄)の元で牧場を手伝ううちに生来の明るさを取り戻す。 奥原咲太郎(おくはら さいたろう): 岡田将生(おかだ まさき) なつの兄で歌とタップダンスが大好き。 妹のなつと千遥の親代わりとして2人を育ててきた。 なつを柴田家に、千遥を親戚に預け孤児院で過ごすが行方が分からなくなる。 柴田泰樹(しばた たいじゅ): 草刈正雄(くさかり まさお) 「十勝のガンコじいさん」と呼ばれている。 18歳でひとりで十勝に入植してきた。 偏屈で頑固だが、深い愛を持った大樹のような男。 なつに人生を生き抜く術を教え込む。 柴田富士子(しばた ふじこ): 松嶋菜々子(まつしま ななこ) 柴田泰樹の娘にして、なつの母親代わり。 芯が強く、明るくて前向きな性格。 お菓子や料理が得意。 柴田剛男(しばた たけお): 藤木直人(ふじき なおと) 富士子に恋をして、柴田家に婿養子としてやってきた。 戦友だったなつの父親と、どちらかが亡くなった時は互いの家族の面倒を見る約束をしていた。 義理堅く、とても優しい性格で泰樹には常に気を使っている。 柴田照男(しばた てるお): 清原翔(きよはら しょう) 柴田家の長男。 真面目で責任感が強いのは父親譲り。 しかし要領が悪く、牛飼いの仕事に関してはなつの方が上手。 泰樹から、なつとの結婚を勧められ、密かにそうなってほしいと思っている。 柴田夕見子(しばた ゆみこ): 福地桃子(ふくち ももこ) 柴田家の長女。 甘やかされて育ち、牛乳も酪農も北海道も大嫌い。 読書が大好き。 生意気盛りでツンデレだが、同い年のなつとの出会いで少しづつ変わっていく。 戸村悠吉(とむら ゆうきち): 小林隆(こばやし たかし) 牛のことならこの人!と言われるほどの人物。 泰樹の酪農を手伝いに来た時に彼の情熱にひかれ、今は右腕として働いている。 穏やかで楽しい人柄だがとても頼りになる。 戸村菊介(とむら きくすけ): 音尾琢真(おとお たくま) 悠吉(小林隆)の息子。 独立して自分の土地で牧場を経営したいと思っている。 しかし泰樹の牧場を大きくする夢にも魅力を感じている。 なつにとって、頼りになる酪農の先生。 小畑雪之助(おばた ゆきのすけ): 安田顕(やすだ けん) 帯広に父の代からの和菓子屋を構える。 戦争により砂糖が手に入りにくくなるが、替わりにビート(砂糖大根)を使ったアイデア商品で戦後の混乱を乗り切る。 小畑とよ(おばた とよ): 高畑淳子(たかはた あつこ) 雪之助(安田顕)の母親。 わがままな夫に苦労するうちに、常連客の泰樹にも毒舌を浴びせるような強い性格になった。 十勝のことなら何でも知っている。 小畑雪次郎(おばた ゆきじろう): 山田裕貴(やまだ ゆうき) 雪之助の息子。 お調子者で目立ちたがり屋な性格。 農業高校では演劇部に入り、なつにも入るように勧める。 なつの幼馴染にして親友。 山田天陽(やまだ てんよう): 吉沢亮(よしざわ りょう) 美術の才能があったが貧しかったため、進学せずに農業を手伝う。 躍動感あふれる馬の絵が得意。 アニメーターを目指すなつに絵心を教え、彼女の生涯に大きな影響を与える。 山田正治(やまだ まさはる): 戸次重幸(とつぎ しげゆき) 戦争で家財を失ったため、移民として一家で北海道にやってきた。 しかし政府からあてがわれた土地は荒れ地で開墾も進まず、郵便配達で生活費を稼ぐ。 泰樹たちの助けで人並みの生活が送れるようになった。 山田タミ(やまだ たみ): 小林綾子(こばやし あやこ) 正治(戸次重幸)の妻で天陽(吉沢亮)の母。 近くの農家を手伝い、その収入で家計を支えている。 同じ東京育ちのなつがお気に入りで、会うと話が弾んでしまう。 『なつぞら』に出演するTEAM NACSのメンバー 安田顕(やすだ けん) 小畑雪之助(おばた ゆきのすけ) 役どころは「帯広のお菓子発明王」だそうです。 北海道といえば牛乳ですよね。 今回鼻から牛乳を出すシーンなどがあれば飛び上がるくらい嬉しいです、私が。 音尾琢真(おとお たくま) 戸村悠吉の息子、戸村菊介(とむら きくすけ)役です。 5月12日全国公開の映画「孤狼の血」で全身入れ墨姿になっちゃってます。 写真見たけどマジこわいです。 戸次重幸(とつぎ しげゆき) 山田天陽の父親、山田正治(やまだ まさはる)役です。 「ミスター残念」を想起させるようなシーンがあるとのたうち回って喜びます、私が。 大泉洋と森崎博之の出演の可能性 今回TEAM NACSから3人が 『なつぞら』に出演しますが、あとの2人の出演の可能性はあるのでしょうか? 制作統括の磯智明さんはキャスト発表の会見後の取材で以下のように話されていました。 地元の人に喜んでもらえる人に出てもらいたいですし、北海道に行くとわかりますが、TEAM NACSの人気は凄い。 そういった方々のお力を借りたいなと思っていて3人の方にご出演いただきます。 残り2人の方にも出演していただけるよう、頑張って交渉していきたい。 sponichi. html この発表にネットでは様々な反応がありました。 朝ドラなつぞらに森崎博之と大泉洋朝ドラなつぞらに森崎博之と大泉洋朝ドラなつぞらに森崎博之と大泉洋朝ドラなつぞらに森崎博之と大泉洋朝ドラなつぞらに森崎博之と大泉洋朝ドラなつぞらに森崎博之と大泉洋朝ドラなつぞらに森崎博之と大泉洋朝ドラなつぞらに森崎博之と大泉洋朝ドラなつぞらに森崎博之 — 海外旅行に畳持参 5. 【楽しみ】TEAM NACSが3人出演の『なつぞら』大泉洋&森崎博之に待望論 ミスターこと鈴井貴之や、藤村D、嬉野Dの出演を期待する声も。 藤村Dは「あさイチ」に出演したことがある。 — ライブドアニュース livedoornews 草刈正雄さんに 高畑淳子さんに 小林隆さんで、演出にも 木村隆文さんに 田中正さんときて、しかも 北海道が舞台とくればイヤでも期待はしますよね。 『真田丸どうでしょう』の再来を。 大泉さん、また騙される! — れいん lain51201 そして大泉さんが出るならリーダーも出ないわけには行かないでしょう! まとめ TEAM NACSの人気は既に全国区ですが、やはり北海道の人に取って北海道のスターの活躍は嬉しいものなのですね。 私も是非、朝の連続テレビ小説に出演する大泉さんやミスターを見てみたいです(笑)NACSメンバーの絡みが見られるだけでも最高なんですけどね。 統括の磯さんの言葉を信じて待ちたいと思います。

次の